FXの練習方法は

ローソク足の包み足とはらみ足とは

ローソク足の包み足とはらみ足とは
Step2. 日足チャートにて、相場の特徴を見つけていきます。

ローソク足の包み足とはらみ足とは

泳ぎの無駄の無さを数値で表す指標として,推進効率という量があります. 推進効率は,船舶工学や,魚やイルカなどの生物の泳ぎを評価するときなどにも用いられています. 推進効率は,式で書くと以下のようになります.

つまり,同じ推進力を生み出して,同じ泳ぎの速さで泳ぐときに, 泳ぐのに使われるパワー(一定時間あたりのエネルギー)が少なければ少ないほど, 推進効率は高くなります. 感覚的に言えば, 私達が泳いでいて,「あ,今なんか楽にすーっと泳げるな」と感じるときがありますが,これが推進効率が高い状態と考えてよいでしょう.

「スイム?スワム?スワム!」では,推進効率は「エネルギーの効率」 ローソク足の包み足とはらみ足とは として表示されています. では「スイム?スワム?スワム!」を使って,4泳法の推進効率の比較をしてみましょう. それぞれの泳法を呼び出したら, 「エネルギーの効率」を読み取ってメモしてみましょう.

どうでしょうか? 平泳ぎ以外の3つの泳法,つまり,クロール,背泳ぎ,バタフライは, どれも20%前後であることがわかると思います. これは,基本的に,この3泳法が同じような動作であるためと考えられます. つまり,腕を大きく回して水をかいて(押して),足はバタ足です. やや乱暴な言い方をすれば,クロールをひっくり返したのが背泳ぎですし, クロールの手足の動きを左右対称にしたのがバタフライと考えられます.

一方,平泳ぎだけは他の3泳法よりずっと低い値となりました. これは意外な気がするかもしれません. 平泳ぎはのんびり泳ぐことに適していますから,推進効率は高そうに思えます. しかし推進効率は,あくまで,同じ泳ぎの速さで泳ぐときにエネルギーが多いか少ないかです. つまり,同じ泳ぎの速さで泳ごうと思ったら,平泳ぎよりクロールの方が楽ということですね.

ちなみに,この推進効率,例えばスクリューで進む船では40~65%程度です. 魚やイルカなどの生物の泳ぎでも,40~70%程度と言われています. 人間の泳ぎの推進効率は,これらに比べると低いですが, 進むことだけのために作られたスクリューや, 効率よく泳ぐために進化した生物に比べると, 人間の泳ぎは,手をぐるぐる回したり,足をバタバタさせたりと,ずいぶんと不恰好です. そのため,20%ぐらいにしかならないことはしょうがないと言えるでしょう.

4泳法ではいずれも,手と足で推進力を生み出していました. 「スイム?スワム?スワム!」では,手と足の大きさを変えることができます. そこで,これまでの内容をふまえた総合演習として, 4泳法で手足の大きさを変えて,その影響の泳法ごとの違いを見てみましょう.

~ やってみよう ~
「スイム?スワム?スワム!」で4泳法それぞれを呼び出し, 「じょうけんをかえてシミュレーションする」をクリックし, 右側の条件の中から,手の大きさ,足の大きさを変えてみましょう. 下の例は,バタフライで,手の大きさを2倍,足の大きさを3倍にした様子です. 手にパドル,足にフィンを付けたようになりますね.


バタフライで手の大きさを2倍,足の大きさを3倍にした様子

どうでしょうか? 泳ぎの速さも推進効率(エネルギーの効率)も,ぐんと高くなりました. 手足が大きいと大きな推進力を生み出すことができるわけですね. 例えば,北京オリンピックで大活躍したマイケル・フェルプス選手は, 足のサイズは35cmと言われています. こうなると,もとからフィンを付けているようなものです.

では,この例だけでなく,他の泳法についても,手だけ,足だけの大きさを変えてみて, 泳ぎの速さや推進効率がどれぐらい変化するか, またその変化の仕方が,泳法によってどのように異なるかなどを調べてみましょう.

【図解】ローソク足の基本的な形・パターンとは??

チャート分析

今回は、ローソク足の基本的な形、パターンとそれらの見方について解説します。
ローソク足の形からは様々な相場の状況が読み取れます。
FXトレーダーとしてレベルアップするという事は、このチャートを読めるようになるという事でもあるので今日ここでしっかりと理解してしまいましょう!

相場の値動きを読み取ることができる『ローソク足』

221-1

こちらがローソク足で相場の流れを表示したものです。
このように相場の流れを表示したものを『チャート』と呼びます。
これは日足のローソク足チャート。
つまり、1日1本のローソク足を形成して値動きを表していくものになります。

ローソク足は4つの値から成る

・始値・・・そのローソク足が形成され始めた時の値
・終値・・・そのローソク足が形成し終わった時の値
・高値・・・そのローソク足が形成している最中についた最高値
・安値・・・そのローソク足が形成している最中についた最安値

221-2

221-3

ローソク足の形から相場を読む

1本のローソク足から相場を読む

221-4

  1. 大陽線・・大きく上昇した際に現れる形。底値圏で形成された際には、そこが底になる可能性が高い。
  2. 大陰線・・大きく下落した際に現れる形。天井圏で形成された際には、そこが天井になる可能性が高い。
  3. 小陽線・・小さな上昇時に見られる形。
  4. 小陰線・・小さな下落時に見られる形。
  5. 索引同時線・・上下に動くも、始値と終値が同じ値になるパターン。十字のようなローソク足が形成される。この形は相場がどちらに進むか迷っている合図であり、ここをきっかけに相場の反転が起こることがある。
  6. 下ヒゲ陽線・・下げた後、始値よりも上昇した際に形成される。下落相場で出た際には、そこから反転上昇することを暗示する。
  7. 上ヒゲ陰線・・上げた後、始値よりも下落した際に形成される。上昇相場で出た際には、そこから反転下落することを暗示する
  8. 上ヒゲ陽線・・上げた後、始値までには及ばないが下落した際に形成される。上昇相場で見られる場合、上昇が一服することを暗示する。
  9. 下ヒゲ陰線・・下げた後、始値までには及ばないが上昇した際に形成される。下落相場で見られる場合、下落が一服することを暗示する。

複数のローソク足から相場を読む

221-5

・前のローソク足の実体よりも今の実体の方が大きい
・安値、高値共に前の実体よりも大きい
・前のローソク足と今のローソク足の色が違う

221-6

221-7

振り分け線

221-8

221-9

高値や安値は「その値を抜けるか」ということに注目が集まります。
毛抜きというのは、「高値や安値を抜けようとチャレンジしたけれど抜けなかった」ということを意味し、そこから反転する可能性があると考えられています。
ちなみに、高値圏での高値同士の毛抜きを『毛抜き天井』、安値圏での毛抜きを『毛抜き底』と呼びます。

陽線が連続したものを『赤三兵』、陰線が連続したものを『黒三兵』と呼びます。
続けて同じ色のローソク足が出ている三兵は、そろそろ大きく動き始める予兆と考えられています。
ただし、天井圏での赤三兵、底付近での黒三兵は、『そろそろトレンドも一服する頃合』と見られる事もあるので注意が必要です。

221-10

三尊はトレンドの反転を意味します。
2つ目の山の高値を3つ目の山の高値が越えられなかったため、上昇トレンドの勢いが弱まり下落トレンドの勢いが強まっているということになります。
下落トレンドでは三尊を上下反転させた3つの谷のような形が出現し、これを『逆三尊』と呼びます。

ローソク足の形には意味がある

単体でも複数でも、ローソク足の形には意味があるものです。
例えば、長い下ヒゲをつけたローソク足は「はじめは売りの勢いが強かったが、途中で買いの勢いが強まり、結局売りは買いの圧力に負けた」ということを意味します。
買いの圧力が強い時に、売りの取引はするべきではありませんよね。
そうやって、取引のタイミングを見定めていくことも大切です。

ということで、今回はローソク足の形についてでした。
ローソク足の形にはどんな意味があるのかを考えながらトレードをしていけば、少し相場の見え方も変わってきます。
普段のトレードでもローソク足の形を意識してトレードしてみてくださいね。

【取引タイミングまで網羅】マルチタイムフレーム分析とは

為替取引を行なっている人は、必ずしも下位足を観察している人ばかりではないからです。
大半の方が確認されていると言っても過言ではない足としては、日足があたるでしょう。
日足は、 投機筋のトレーダーだけではなく、機関投資家の方も確認することが多いためです。もちろん、日足などは株式投資などを行う人も確認することが多い指標の一つです。
そのため、週足や日足レベルのチャートで、現在の方向感を掴むことは非常に重要になってきます。

マルチタイムタイムフレーム分析の具体的な方法

日足チャート

Step2. 日足チャートにて、相場の特徴を見つけていきます。

捉えるべきポイント

各波形についての詳しい説明は、こちらの記事を確認ください。
www.xn--t8jva4l.shop


Step3. 4時間・1時間足のチャートの分析を行います。


Step4. step2と同様に、4時間・1時間足チャートでも特徴(波形・maが意識されているなど)を掴みましょう。

捉えるべきポイント

この時間足で把握すべきこととしては、上昇フラッグの下限でダブルボトムを形成後、ネックラインに対して戻しを見せているという認識です。
ネックラインは、 レジサポ転換として意識される可能性が非常に高いため、現在は、ネックラインがサポートラインの役割を担っていると考え、反発して再度上昇していく可能性が高いことを視野に入れます。

Step5. 下位足(15分・5分・1分足)にチャート分析を行います。

【取引タイミングまで網羅】マルチタイムフレーム分析とは ローソク足の包み足とはらみ足とは

為替取引を行なっている人は、必ずしも下位足を観察している人ばかりではないからです。
大半の方が確認されていると言っても過言ではない足としては、日足があたるでしょう。
日足は、 投機筋のトレーダーだけではなく、機関投資家の方も確認することが多いためです。もちろん、日足などは株式投資などを行う人も確認することが多い指標の一つです。
そのため、週足や日足レベルのチャートで、現在の方向感を掴むことは非常に重要になってきます。

マルチタイムタイムフレーム分析の具体的な方法

日足チャート

Step2. 日足チャートにて、相場の特徴を見つけていきます。

捉えるべきポイント

各波形についての詳しい説明は、こちらの記事を確認ください。
www.xn--t8jva4l.shop


Step3. 4時間・1時間足のチャートの分析を行います。


Step4. step2と同様に、4時間・1時間足チャートでも特徴(波形・maが意識されているなど)を掴みましょう。
ローソク足の包み足とはらみ足とは

捉えるべきポイント

この時間足で把握すべきこととしては、上昇フラッグの下限でダブルボトムを形成後、ネックラインに対して戻しを見せているという認識です。
ネックラインは、 レジサポ転換として意識される可能性が非常に高いため、現在は、ネックラインがサポートラインの役割を担っていると考え、反発して再度上昇していく可能性が高いことを視野に入れます。

Step5. 下位足(15分・5分・1分足)にチャート分析を行います。

【取引タイミングまで網羅】マルチタイムフレーム分析とは

為替取引を行なっている人は、必ずしも下位足を観察している人ばかりではないからです。
大半の方が確認されていると言っても過言ではない足としては、日足があたるでしょう。
日足は、 投機筋のトレーダーだけではなく、機関投資家の方も確認することが多いためです。もちろん、日足などは株式投資などを行う人も確認することが多い指標の一つです。
そのため、週足や日足レベルのチャートで、現在の方向感を掴むことは非常に重要になってきます。

マルチタイムタイムフレーム分析の具体的な方法

日足チャート

Step2. 日足チャートにて、相場の特徴を見つけていきます。

捉えるべきポイント

各波形についての詳しい説明は、こちらの記事を確認ください。
www.xn--t8jva4l.shop


Step3. 4時間・1時間足のチャートの分析を行います。


Step4. step2と同様に、4時間・1時間足チャートでも特徴(波形・maが意識されているなど)を掴みましょう。

捉えるべきポイント

この時間足で把握すべきこととしては、上昇フラッグの下限でダブルボトムを形成後、ネックラインに対して戻しを見せているという認識です。
ネックラインは、 レジサポ転換として意識される可能性が非常に高いため、現在は、ネックラインがサポートラインの役割を担っていると考え、反発して再度上昇していく可能性が高いことを視野に入れます。

Step5. 下位足(15分・5分・1分足)にチャート分析を行います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる