取引ガイド

スプレッド取引

スプレッド取引
送る

これからの予定【発言・イベント】

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

これからの予定【発言・イベント】

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

FX【スプレッド】取引コスト計算と変動について解説します

LINE

送る

スプレッドとは?

1.0pips=1銭=0.01円」ということを覚えておきましょう。

取引手数料に見る「スプレッドの違い」:損益の差

スプレッドの計算

  • 1千通貨 × スプレッド3.8pips × 0.1ロット = 38円
  • 1万通貨 × スプレッド3.8pips × 1ロット = 380円

仮に10.0pipsの値幅を利益確定できたとすると、1千円 - 38円 = 962円利益、1万通貨で9620円の利益となります。初心者のうちは「プラスになればいい」と思うものですが、これが10回取引したら単純に10倍の手数料が引かれる計算になるため、実際のトレード成績を比較した時に「高いなぁ」と感じることでしょう。次に「原則固定:USD/JPY=片道0.2銭」で計算してみましょう。

  • 1千通貨 × スプレッド0.4銭(0.スプレッド取引 004)× 0.1ロット = 4円
  • 1万通貨 × スプレッド0.4銭(0.004) × 1ロット = 40円

スプレッドが広い!:理由があります

時間帯

他のサービスが充実している

取引方式を確認しよう

NDD方式」を採用しているFX会社は、スプレッドが少し広めの傾向があります。「NDD方式」とは、「ノン・ディーリングデスク方式」の略で、「利用するFX会社のディーラーの意思を受けない、完全にトレーダーの意志による取引」のことです。NDD方式のメリットとしては、自分のトレードが不正な操作をされることなく直接インターバンクに流れるため透明性があり、約定拒否なども起こらないことがあげられます。国内のFX会社でも数社あるようです。

対して「DD方式」では顧客の注文を一旦、自社で受け付ける処理になります。そのため、透明性が低いといえるのです。国内FX会社では、まだこの方式を採用しているところも多く、直接的な取引をFX会社を相手にしているカタチになります。これは非常に残念な方式であり、FX会社が利益を得るために操作することが可能なのです。トレーダーが勝てばFX会社が損をして、FX会社が勝てばトレーダーが損をするのです。

ハイロー オーストラリアのスプレッド取引とは?2種類の取引方法を徹底解説!

ハイローオーストラリア

  • ハイローオーストラリアにおけるスプレッドの正体がわかる
  • スプレッドへの対策がわかる

1pipsの価格の違いで勝敗が変わってしまうバイナリーオプションにとっては 非常に重要なポイント です。

単純に「HighLowスプレッド」と「Turboスプレッド」の事を想像した方も、 「HighLow」取引におけるスプレッド に関しても詳しく解説していますので必ずご覧になって下さい。

  • 1 ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは
  • 2 「HighLowスプレッド」と「Turboスプレッド」
    • 2.1 通常の取引とスプレッド取引の違い
    • 2.2 実際の取引画面でスプレッド取引を確認
    • 2.3 通貨ペア別スプレッド幅一覧
    • 2.4 スプレッド取引のデメリット
    • 2.5 スプレッド取引のメリット
    • 3.1 スプレッド取引をおこなう場合の攻略法
    • 4.1 スプレッドへの対策

    ハイローオーストラリアのスプレッド取引とは

    FXでの取引経験がある方であればご存知だとは思いますが、FXにおけるスプレッドとは「 売値と買値の差 」を示しています(つまり 価格差 の事を指します)。

    「HighLowスプレッド」と「Turboスプレッド」

    通常の取引とスプレッド取引の違い

    では「HighLow」と「HighLowスプレッド」、「Turbo」と「Turboスプレッド」で何が異なるかというと、「HighLowスプレッド」と「Turboスプレッド」ではスプレッド(価格差)が設けられているため、エントリーの時点で不利な価格で約定されてしまうということです。

    実際の取引画面でスプレッド取引を確認

    このように 現在価格に対してエントリーの間で価格差が設けられている のがスプレッド取引の特徴です。

    通貨ペア別スプレッド幅一覧

    • AUD/JPY:±0.20
    • AUD/NZD:±0.20
    • AUD/USD:±0.20
    • CAD/JPY:±0.20
    • CHF/JPY:±0.30
    • EUR/AUD:±0.40
    • EUR/GBP:±0.30
    • EUR/JPY:±0.30
    • EUR/USD:±0.20
    • GBP/AUD:±0.60
    • スプレッド取引
    • GBP/JPY:±0.50
    • GBP/USD:±0.30
    • NZD/JPY:±0.20
    • NZD/USD:±0.スプレッド取引 20
    • USD/CAD:±0.20
    • USD/CHF:±0.20
    • USD/JPY:±0.20

    スプレッド取引のデメリット

    すると現在価格は109.186円にもかかわらず、 109.189円でポジションを保有 することとなります。

    スプレッド取引のメリット

    このようにスプレッド取引は不利な価格で約定されるというデメリットを持つ反面、 ペイアウト倍率が高く設定 されているのが大きなメリットです。

    取引時間HighLowHighLowスプレッド
    15分1.85倍(54.05%)2.00倍(50%)
    1時間1.90倍(52.63%)2.00倍(50%)
    1日1.95倍(51.28%)2.00倍(50%)

    取引時間TurboTurboスプレッド
    30秒2.00倍(50%)2.20倍(45.45%)
    1分1.95倍(51.28%)2.10倍(47.62%)
    3分1.90倍(52.63%)2.05倍(48.78%)
    5分1.85倍(54.05%)2.00倍(50%)

    例えば、HighLowの15分取り引きの場合、ペイアウト倍率は1.85倍ですので利益を出すには 最低でも54.05%以上の勝率が必要 となるのですが(掛金が一定の条件)、スプレッド取引の場合だとペイアウト倍率が2.00倍なので 勝率50%を超えれば利益を出すことができます。

    スプレッド取引を行うべきか?

    ここまででスプレッド取引のメリットとデメリットをお伝えしましたが、結論をお伝えすると、僕自身この スプレッド取引の利用はおすすめできません。

    【FX】スプレッドとは?スプレッドが広がる3つの具体例を解説

    FX初心者向け

    スプレッド

    為替取引を行う時の通貨の 売値 と 買値 の 差 のこと

    この記事では、 スプレッドについてもう少し掘り下げて、以下のような疑問にも答えられるように説明していきます。

    FXで見かける「スプレッド」とは?

    スプレッドとは?

    FXでよく見かける 「スプレッド」とは、通貨の売値(Bid)買値(Ask)レートの差のことを指します。

    図1

    例えば、ドル円レートでBIDが100.001で、ASKが99.999円の場合、円を売った瞬間に買うと0.スプレッド取引 2銭(0.002円)損をしますが、この差を「スプレッド」と言い、 売値と買値の差が小さいことを「スプレッドが狭い」、売値と買値の差が大きいことを「スプレッドが広い」と言ったりします。

    スプレッドはFX会社や通貨ペアによって異なる

    スプレッドは、FX会社通貨ペアによって異なります。

    ドル円、ユーロドル、ユーロ円などは取引量が多く流動性も高いため、スプレッドは狭い傾向がありますが、高金利通貨などは流動性が低いためスプレッドは広くなりがちです。

    スプレッドの表記について

    スプレッドの表記は、「銭」「pips」の2種類で表記される場合があります。

    ドル円やユーロ円などの日本円が絡む通貨ペアの場合は「銭」で表記し、ユーロドルやポンドドルなどの 日本 円が絡まない通貨ペアの場合は「pips」で表記されていることが多いです。

    スプレッドとスリッページの違い

    スプレッドが売値と買値の差であるのに対して、 スリッページ」とは注文した値約定した値を言います。

    スリッページは「滑る」と表現することもあり、例えば、ドル円を100.01円でロング注文を出したが、値動きが激しく、実際に約定した時は100.05円になっていて、自分が思っていた価格よりも0.4銭不利な方向で約定してしまうなど、実際の注文価格と約定価格が異なることを言います。

    FXでスプレッドが広がる3つのケース

    FX会社が提示している スプレッドが「原則固定」となっていても、スプレッドの幅が広がることがあります。

    FX会社は顧客から注文があった時に、金融機関に注文を出して外貨を調達する「カバー取引」を行いますが、 流動性が低かったり急な相場変動があったりすると、金融機関が提示するレートのスプレッドが広がるため、その差をFX会社で吸収することが出来ずに、FX会社が提示するスプレッド広がることがあります。

    1. 経済指標発表時

    FOMCや雇用統計などの注目度の高い経済指標発表時や要人発言の時にはスプレッドが広がることがあります。

    2. 朝一などの流動性の低い時間帯

    東京市場、ロンドン市場、ニューヨーク市場が開いている時間帯は取引量も多く流動性も高いのですが、 オセアニア市場の朝の時間帯は市場参加者が少なく流動性が低くなり、急な価格変動が起こりやすくなります。

    3. 突発的な政治ニュース発表時

    テロや紛争、デフォルトなどの 政治情勢に大きな影響を与えるニュースが流れた時に為替レートは大きく動く可能性があり 、その場合もスプレッドが広がることあります。

    スプレッドの狭いFX会社を選ぶ

    スプレッドはできるだけ狭い方がトレードするには有利 ですので、条件のいいFX会社を選んだ方がいいです。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる