外国 為替 取引 と は

仮想通貨のスプレッドとは

仮想通貨のスプレッドとは

スプレッドを抑えることができれば、利益率の高いトレードが実現できます。

仮想通貨のスプレッドとは?|小さい・安い取引所の徹底比較ランキング発表!

仮想通貨_スプレッド

仮想通貨_スプレッド_3銘柄


仮想通貨で効率的に稼ぐためには、スプレッド幅の小さい銘柄を選ぶ必要あります。

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄①:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_スプレッド_ビットコイン

【ビットコインの基本情報】 時価総額約90兆円 仮想通貨のスプレッドとは (*2022年2月6日現在)

ビットコイン取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄②:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_スプレッド_イーサリアム

【イーサリアムの基本情報】 時価総額約42兆円 (*2022年2月6日現在)

国内取引所[osusume-text-link]、コインチェックなど

イーサリアム取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

仮想通貨のスプレッドとは

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄③:リップル(XRP)

仮想通貨_スプレッド_リップル

【リップルの基本情報】 時価総額約4.7兆円 (*2022年2月6日現在)

リップル(XRP)取引におすすめの仮想通貨取引所は、 500円から購入できる『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

仮想通貨のスプレッドとは

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド注意点

仮想通貨_スプレッド_注意


仮想通貨取引で取引していく上で、注意すべきことが3つあります。

注意点①流動性の低い銘柄はスプレッドが広い

取引する仮想通貨の流動性が低いと、売買するユーザーが少ないため、必然的にスプレッド幅が広くなります。

注意点②急騰・急落を繰り返すチャートには注意

急騰・急落を繰り返すようなチャートでは、 「需要と供給のバランス」が取れていないためスプレッドが広くなりやすいです。

注意点③手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶ

手数料が高い仮想通貨取引所を選ぶと、取引所への利益が大きくなるため、利益率の悪いトレードになってしまいます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドを抑える方法

仮想通貨_スプレッド_抑える


スプレッドを抑えることができれば、利益率の高いトレードが実現できます。

複数の取引所を登録する

DMM BitcoinCoincheck』は全て登録しておきましょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

売買のバランスが取れている時に買う

チャートが安定してる且つ、取引が活発になる18時以降に売買することで、スプレッドの低いトレードが実現できます。

スプレッドが変動しやすいタイミングを避ける

そうならないためにも、 必ずスプレッドが変動しやすいタイミングを避けて取引しましょう。

仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミング

仮想通貨_スプレッド_変動


仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミングがあります。

ニュースや重要発表がある時

仮想通貨にとって、良いニュースや悪い発表があった時、スプレッドが変動しやすくなります。

著名人によるツイート

イーロン・マスク(米電気自動車テスラ社CEO)によるツイートで、 ビットコインの価格が前日比12.5%高に上昇することがありました。

流動性の低い時間帯

深夜〜朝方の時間帯は、トレードしている人が少なくなり流動性が低くなるため、スプレッドが変動しやすくなります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドまとめ

他にも、複数の取引所(DMM BitcoinbitFlyerなど)に登録して売買レートの高い取引を実現しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?|一番安い取引所を徹底比較!

ゴリわかくん

ゴリ美ちゃん

結論から言うと、 スプレッドは手数料のようなものですので、短期トレードをメインで行うなら、スプレッドが狭い取引所を利用するのがオススメです!

  • スプレッドとは購入価格と売却価格の差のことで、業者への実質の手数料。
  • スプレッドは取引の度に必要なので、短期トレードをメインで行う場合は、スプレッドが狭い取引所を利用するのが得策。
  • 国内だと「CoinCheck」「bitFlyer」大手取引所で、スプレッドを抑えることができる。
  • 上記2つの中でも「Coincheck」は 販売手数料が無料 なので、圧倒的にコストを抑えることが可能。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?


まずはスプレッドとはどういったものなのかについて解説していきます。
仮想通貨の取引所だけに限らず、外国為替証拠金取引(巷でFXと呼ばれている)でも使われている言葉です。
FXでは価格の変動が起こった際に通貨の売り買いをすることによって利益を出すことができます。
通貨をトレードする際に発生している、 買う時と売る時の価格の差をスプレッドと言います。

少しわかりにくいですか?

では以下の画像をご覧ください。

上記の画像を見ると、購入価格が733,319円に対し売却価格が715,812円になっていますね。

購入価格から売却価格を引いたもののことをスプレッド と言います。

スプレッドは本来の価格に上乗せされた手数料 と考えて良いでしょう。

教えるゴリわかくん

合点ゴリわかくん

スプレッドと手数料の違い

仮想通貨取引所はスプレッドを収入源としているので、取引手数料が無料の取引所は存在しても、スプレッドがない取引所は存在しません。

販売所と取引所で手数料が違う

仮想通貨取引所には販売所と取引所があり、それぞれ手数料が異なります。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドはどうして発生するの?

基本的に、スプレッドは 仮想通貨取引所の手数料 として徴収されています。

仮想通貨取引には2通りの方法があり、それぞれ 「販売所形式」と「板取引」 と呼ばれています。

スプレッドは「販売所形式」の場合にだけ発生します。

スプレッドイメージ

販売所形式は、ユーザーと仮想通貨取引所が1対1でコインを売買する形式。下の画像のようなイメージです。

実際の売買画面は以下の通りです。

取引所と販売所

取引する時点での購入価格と売却価格が表示されており、ユーザーは購入、売却したい数量を入力して取引を行います。

対して板取引は、ユーザー同士が売買を行い、取引所はそのための「場」を提供します。 仮想通貨のスプレッドとは

板取引のトレード画面はこんな感じ。やや本格的なトレードになり、販売所形式よりも少し難しく感じるかもしれません。

そしてスプレッドが発生するのは、販売所形式の場合のみです

販売所は、コインを高く売って安く買い取ることで利益を得ているんです よ。

板取引の場合は、スプレッドは発生しません。

板取引は慣れるまで少し難しいですが、手数料を抑えるためにも なるべく板取引でビットコインやアルトコインを購入するようにしましょう。

つまり、板取引で買いたい(=安く買いたい)なら、 コインの種類別に取引所を使い分ける必要がある ということです。

【最新】仮想通貨取引所のスプレッドを徹底比較|お得な安い販売所は?

BitMatch

引用元:https://bitcoin.dmm.com/about/bitmatch

販売所の利用でスプレッドを抑えたい場合には、DMM BitcoinのBitMatch注文の利用も検討してみてください。

BitMatch注文とは、買い手と売り手の注文価格においてDMM Bitcoinが提示する価格を参考にしたうえで決まる注文方式のことです。

例えば、DMM Bitcoinが1BTCを111万円の買値に設定していて、売値は110万9,200円の売値に設定していたとしましょう。

すると、買値「111万円」と売値「110万9,200円」800円がスプレッドになります。

2022年3月時点で公開されているBitMatch注文の手数料は0.001BTCあたり2円に設定されています。

つまり、1BTCの取引では実質2,000円程度の取引手数料を支払わなければいけません。

ただし、同時点でのBTCのスプレッドが7万円以上開いていることを踏まえると、いかにBitMatch注文の手数料が安いかがうかがえます。

そのため、販売所でスプレッドを抑えて取引したい人はDMM BitcoinのBitMatch注文の利用も検討してみるべきです。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?|一番安い取引所を徹底比較!

ゴリわかくん

ゴリ美ちゃん

結論から言うと、 スプレッドは手数料のようなものですので、短期トレードをメインで行うなら、スプレッドが狭い取引所を利用するのがオススメです!

  • スプレッドとは購入価格と売却価格の差のことで、業者への実質の手数料。
  • スプレッドは取引の度に必要なので、短期トレードをメインで行う場合は、スプレッドが狭い取引所を利用するのが得策。
  • 国内だと「CoinCheck」「bitFlyer」大手取引所で、スプレッドを抑えることができる。
  • 上記2つの中でも「Coincheck」は 販売手数料が無料 なので、圧倒的にコストを抑えることが可能。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドとは?


まずはスプレッドとはどういったものなのかについて解説していきます。
仮想通貨の取引所だけに限らず、外国為替証拠金取引(巷でFXと呼ばれている)でも使われている言葉です。
FXでは価格の変動が起こった際に通貨の売り買いをすることによって利益を出すことができます。
通貨をトレードする際に発生している、 買う時と売る時の価格の差をスプレッドと言います。

少しわかりにくいですか?

では以下の画像をご覧ください。

上記の画像を見ると、購入価格が733,319円に対し売却価格が715,812円になっていますね。

購入価格から売却価格を引いたもののことをスプレッド と言います。

スプレッドは本来の価格に上乗せされた手数料 と考えて良いでしょう。

教えるゴリわかくん

合点ゴリわかくん

スプレッドと手数料の違い

仮想通貨取引所はスプレッドを収入源としているので、取引手数料が無料の取引所は存在しても、スプレッドがない取引所は存在しません。

販売所と取引所で手数料が違う

仮想通貨取引所には販売所と取引所があり、それぞれ手数料が異なります。

仮想通貨(ビットコイン)のスプレッドはどうして発生するの?

基本的に、スプレッドは 仮想通貨取引所の手数料 として徴収されています。

仮想通貨取引には2通りの方法があり、それぞれ 「販売所形式」と「板取引」 と呼ばれています。

スプレッドは「販売所形式」の場合にだけ発生します。

スプレッドイメージ

販売所形式は、ユーザーと仮想通貨取引所が1対1でコインを売買する形式。下の画像のようなイメージです。

実際の売買画面は以下の通りです。

取引所と販売所

取引する時点での購入価格と売却価格が表示されており、ユーザーは購入、売却したい数量を入力して取引を行います。

対して板取引は、ユーザー同士が売買を行い、取引所はそのための「場」を提供します。

板取引のトレード画面はこんな感じ。やや本格的なトレードになり、販売所形式よりも少し難しく感じるかもしれません。

そしてスプレッドが発生するのは、販売所形式の場合のみです

販売所は、コインを高く売って安く買い取ることで利益を得ているんです よ。

板取引の場合は、スプレッドは発生しません。

板取引は慣れるまで少し難しいですが、手数料を抑えるためにも なるべく板取引でビットコインやアルトコインを購入するようにしましょう。

つまり、板取引で買いたい(=安く買いたい)なら、 コインの種類別に取引所を使い分ける必要がある ということです。

仮想通貨のスプレッドとは?|小さい・安い取引所の徹底比較ランキング発表!

仮想通貨_スプレッド

仮想通貨_スプレッド_3銘柄


仮想通貨で効率的に稼ぐためには、スプレッド幅の小さい銘柄を選ぶ必要あります。

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄①:ビットコイン(BTC)

仮想通貨_スプレッド_ビットコイン

【ビットコインの基本情報】 時価総額約90兆円 (*2022年2月6日現在)

ビットコイン取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄②:イーサリアム(ETH)

仮想通貨_スプレッド_イーサリアム

【イーサリアムの基本情報】 時価総額約42兆円 (*2022年2月6日現在)

国内取引所[osusume-text-link]、コインチェックなど

イーサリアム取引におすすめの仮想通貨取引所は、 取引手数料0.000%の『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド幅が小さいおすすめ銘柄③:リップル(XRP)

仮想通貨_スプレッド_リップル

【リップルの基本情報】 時価総額約4.7兆円 (*2022年2月6日現在)

リップル(XRP)取引におすすめの仮想通貨取引所は、 500円から購入できる『DMMビットコイン』がおすすめです。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッド注意点

仮想通貨_スプレッド_注意


仮想通貨取引で取引していく上で、注意すべきことが3つあります。

注意点①流動性の低い銘柄はスプレッドが広い

取引する仮想通貨の流動性が低いと、売買するユーザーが少ないため、必然的にスプレッド幅が広くなります。

注意点②急騰・急落を繰り返すチャートには注意

急騰・急落を繰り返すようなチャートでは、 「需要と供給のバランス」が取れていないためスプレッドが広くなりやすいです。

注意点③手数料が安い仮想通貨取引所を選ぶ

手数料が高い仮想通貨取引所を選ぶと、取引所への利益が大きくなるため、利益率の悪いトレードになってしまいます。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドを抑える方法

仮想通貨_スプレッド_抑える


スプレッドを抑えることができれば、利益率の高いトレードが実現できます。

複数の取引所を登録する

DMM BitcoinCoincheck』は全て登録しておきましょう。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】 仮想通貨のスプレッドとは

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

売買のバランスが取れている時に買う

チャートが安定してる且つ、取引が活発になる18時以降に売買することで、スプレッドの低いトレードが実現できます。

スプレッドが変動しやすいタイミングを避ける

そうならないためにも、 必ずスプレッドが変動しやすいタイミングを避けて取引しましょう。

仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミング

仮想通貨_スプレッド_変動

仮想通貨のスプレッドとは
仮想通貨のスプレッドが変動しやすいタイミングがあります。

ニュースや重要発表がある時

仮想通貨にとって、良いニュースや悪い発表があった時、スプレッドが変動しやすくなります。

著名人によるツイート

イーロン・マスク(米電気自動車テスラ社CEO)によるツイートで、 ビットコインの価格が前日比12.5%高に上昇することがありました。

流動性の低い時間帯

深夜〜朝方の時間帯は、トレードしている人が少なくなり流動性が低くなるため、スプレッドが変動しやすくなります。

【DMM Bitcoinの口座開設はこちら!】

\ 最短5分でかんたん無料登録! /

仮想通貨のスプレッドまとめ

他にも、複数の取引所(DMM BitcoinbitFlyerなど)に登録して売買レートの高い取引を実現しましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる