デモトレード

GEMFOREXの評判

GEMFOREXの評判

商品交換の完了

【GEMFOREX】「AUDNZD Otaku Grid Version」のEA検証!超長期向きのトラップ系EA!バックテスト・フォワードテストの結果【随時更新】

ゲムフォレックス ハーフ

言い方を変えれば ナンピンマーチン系のEA で、安いところでのロング、高いところでのショートを繰り返し、逆行したらロットを上げながらポジションを獲り続けます。安定感抜群の「AUDNZD Otaku」の新バージョンEAがまさかのナンピンマーチンですw 「超長期トレード(理想は10年以上)向き」という触れ込み なので、ほんとに超長期で放置しても大丈夫そうなのかはこれから検証していきたいと思いますが・・・

尚、相場状況によりエントリーの頻度に波が大きくあり、暫く全くエントリーしない時期もあれば、EAがチャンスと判断すれば急にエントリーが増えるという特徴があります。また、旧バージョンと同様、 全時間軸に対応 しているという特徴もあり、ここはバックテストで確認する必要がありますね。

GEMFOREX公式サイトでのパフォーマンスは?(新旧バージョン)

現時点(2022年7月3日)でのGEMFOREXで公開されているフォワードテストのパフォーマンスは下記の通りです。

「AUDNZD Otaku Grid Version」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス1

「AUDNZD Otaku Grid Version」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス2

尚、旧バージョンの「AUDNZD Otaku」のフォワードテストのパフォーマンスはGEMFOREX公式では下記の通りです(2022年7月3日現在)。

「AUDNZD Otaku」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス1

「AUDNZD Otaku」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス2

しかし、それでも長期に渡って安定して成績を残しているのは事実ですので、「AUDNZD Otaku GEMFOREXの評判 Grid Version」がナンピンマーチンだとしても旧バージョンと同様の安定感を期待できそうなのかどうかというのをこれからバックテスト・フォワードテストで見ていきたいと思います。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のパラメーター設定

ゲムフォレックス 令嬢

下記「AUDNZD Otaku Grid Version」のパラメーター設定(初期値)①~③について簡単に説明していきます。

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター初期設定

  1. minLots(最小ロット数)・maxLots(最大ロット数)に入力された数値内でナンピンマーチンのロットが変わる為、 本EAで最も重要な項目 です。基本的にはminLots0.01で固定し、maxLotsで調整するのが望ましいです。尚、 1ポジション目のロットがminLotsになるとは限らない のでご注意ください。
  2. forceSlPips(強制損切を行うpips数)・forceTpPips(強制利確を行うpips数)に入力したpipsにレートが到達したら損切or利確が入りますが、 この設定とは別に内部ロジックで自動的に決済 が 入る 仕様 になっています。未入力(0と入力)でも内部ロジックで自動的に決済が入ります。
  3. magicNumber0で入力した数値がマジックナンバーの先頭になるのですが、本EAでは 1ポジション毎マジックナンバーが割り当てられる仕様 です。maxPosition(最大ポジション数)30の場合、上記の設定であれば1ポジション目316228で、30ポジション目316257です。もし同一口座で他のEAも稼働させる場合、316228~316257以外のマジックナンバーを割り当てないと不具合の原因になるので気を付けましょう。

尚、「AUDNZD Otaku Grid Version」のEAマニュアルには初期証拠金1万ドル・5千ドル・2千ドルの場合の推奨パラメーター設定が下記のように記載されています。

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金1万ドル)

証拠金1万ドル時の推奨設定

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金5千ドル)

証拠金5千ドル時の推奨設定

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金2千ドル)

証拠金2千ドル時の推奨設定

maxLots( 赤丸 )のみ数値を変更し、他の項目は変更しないことを推奨されています。最小ロット・最大ロットを同比率で変えるのではなく、最大ロットだけで調整することを推奨するとは一体どういうことなのでしょうか?最大ロットを変えたらナンピン幅やマーチン倍率も自動的に調整されるのでしょうか?

細かい部分は次のバックテストで見ていきたいと思います。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のバックテスト結果

ピンク髪女の子

実はドローダウン大きめ!なぜか1分足が一番安定

AUDNZD Otaku Grid Version」は全時間軸対応EAですが、バックテストしてみたら GEMFOREXの評判 5分足以上だと最大ドローダウンが大きい のが気になります。まあ1年毎でやってもドローダウン大きめなのですが、超長期向きEAということなので下記は5分足の初期設定で過去10年間分バックテストしてみた結果です。

「AUDNZD Otaku Grid Version」バックテスト初期設定結果過去10年間分

最大ドローダウンのところ以外だけ見たら凄い優秀そうな数値ですけど、最大ドローダウン88.02%はさすがにやばいですねw このパフォーマンスを見ると初期設定=推奨設定のままだと危ないのでmaxLots(最大ロット数)は少し落とした方がいいのかなと判断せざるを得ないと思うのですが・・・

しかし、バックテストをいろんな時間軸で試していたらなぜか 1分足だと一番ドローダウンが少なく、時間軸が大きいほどドローダウンが大きくなりがちになる ことを確認しました。時間軸が大きいほど利確が遅くなるのか、含み損が溜まりがちになるようです。まあその場合はドローダウンが大きくてもロットも大きくなるので利幅も大きくなりますが・・・

というわけで、AUDNZD1分足・スプレッド3.5pips固定で、過去5年間分バックテストを1年毎に行っているのですが、証拠金1万ドル or 5千ドルの場合の推奨設定2パターン分実施してます。

証拠金1万ドル・推奨設定時(maxLots1.5)のバックテスト結果

純益781.GEMFOREXの評判 343,001.8619,097.091,282.651,211.33
プロフィットファクター2.978.3942.4940.694.51
損益レシオ0.480.831.701.680.63
最大ドローダウン16.43%51.53%47.88%5.42%4.49%
総取引数2865131247302423
勝率86.01%91.03%96.15%96.03%87.71%

1分足にすることで、証拠金1万ドルの時は①④⑤の3つの期間で最大ドローダウンを大きく抑えることができました。②③の期間は利益は大きいですが、これは含み損を大きく抱えていた為であり、その証拠に総取引数も多くなってますし、最大ドローダウン50%前後とかなり大きいですね。

まあ50%でも他の時間軸よりは大分ましなのですが、一般的には大きめの数値ですので、これを許容できないのであれば証拠金を増やすか、maxLots(最大ロット数)を少し落とすしかないかと思います。

証拠金2千ドル・推奨設定時(maxLots0.1)のバックテスト結果

純益134.00445.632,199.38317.82244.70
プロフィットファクター1.983.8519.8022.352.51
損益レシオ0.320.380.790.930.35
最大ドローダウン17.68%41.23%31.78%7.86%6.99%
総取引数2865131247302423
勝率86.01%91.03%96.15%96.03%87.71%

証拠金2千ドルの時は、②③の期間の最大ドローダウンをもう少し抑えることができました(それでもはまだ高めですが・・・)。但し、ロットが低い分期待できる利益も当然少なくなります。利益をもっと増やしたいならそのままmaxLotsの数値を上げるとリスクが上がるので、証拠金を増額した上でmaxLotsを調整するのが無難かと思います。

結局ナンピン幅・マーチン倍率はどうなってる?

maxLotsの数値を変えることで、ナンピン幅・マーチン倍率がどうなっているのかをバックテストの取引履歴で見てみましたが・・・

maxLots1.5でも0.1でも ナンピン幅は最初4~5pips程度で、ロットが上がってきたら8~10pips程度まで広くなる といった程度のことは確認できましたが、 それ以外の規則性は現時点では確認できていません。

ナンピンする時にロットは上がったり上がらなかったりで(むしろ下がる場合も)、マニュアルに記載の通り1ポジション目からminLots(ここでは0.01)ではなく、高いロットが始まることもあります。あとそもそもmaxLots0.1の時はナンピンしてもなかなかロットが上がりませんけどね・・・

これについてはフォワードテストで何か新しい気付きがあればまた追記させて頂きます。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のフォワードテスト結果【随時更新】

ゲムフォレックス ハーフ

AUDNZD Otaku Grid Version」のフォワードテストデモ口座で実施予定ですが、まずは証拠金1万ドル・推奨設定時maxLots1.5)で想定しています。

バックテストの結果を見る限り、リアル口座だったらもう少しロットを落とした方がいいかもですが、デモなので少し強気にいってデータを取りにいきたいと思います。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設2万円ボーナス キャンペーン を開催中!

7月は初回2万円ボーナスの常時開催+入金100%ボーナス週1回ランダム開催だと思われますが、1週目は水曜日に入金100%ボーナスがきましたね!2週目は火~木のいずれかでしょうか?尚、ここ暫く入金ボーナス上限は 500万円⇒200万円 に下がってますのでご注意ください。

XMが2022年夏の100%入金ボーナスキャンペーンを実施中!ルールや獲得方法などの詳細を総まとめ

ボーナスキャンペーン

そんなXMですが、2022年夏の期間限定キャンペーンとして、 500ドルまでの100%入金ボーナス を開催中。キャンペーンの開催は2022年7月1日〜7月29日までの期間限定となっているため、証拠金を増やす絶好の入金タイミングと言えるでしょう。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」概要

キャンペーン開催期間

今回の2022年夏の100%ボーナスでは、 2022年7月1日〜7月29日まで という期間設定があります。7月の末日である31日までではなく、7月最後の営業日にあたる29日までとなっている点には注意しましょう。

ボーナス額

本キャンペーンのボーナス額は、 最大500ドル(相当額) です。上限に達するまでは何度入金しても、入金額に対して100%のボーナスが付与される形ですね。

ボーナスの対象者

2022年夏の100%ボーナスは、新規/既存を問わず、基本的に すべてのXMユーザーが対象 になっています。ただし、例えばTariTali(タリタリ)のような キャッシュバックサイトなどを経由して口座開設したユーザーは、キャンペーンの対象外 となるため注意しましょう。(当サイトはキャッシュバックサイトではありませんので、当サイトのリンクから口座開設をした場合はボーナス対象となります。)

ボーナスの対象口座

本ボーナスは、XMが提供する他のボーナスと同様に、スタンダード口座とマイクロ口座だけが対象となっています。 XM Zero口座はボーナス対象外 となっているため、注意しましょう。

ボーナスはクッション機能付き

2022年夏の100%ボーナスも、XMが提供する他のボーナスと同様に、 クッション機能付き となっています。

ボーナスのクッション機能とは、口座にあるボーナスが、入金額などの残高と同じ証拠金の働きをする機能のことですね。ボーナスにクッション機能がある場合、 入金額以上の損失が出てもボーナスだけで取引を続けられる ことが最大のメリットと言えるでしょう。そのほか、ロスカット水準や最大レバレッジの計算にボーナス額が含められるなどの特徴もあり、証拠金を倍増させられる非常に使い勝手の良いボーナスとなっています。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」獲得方法

500ドルまでの入金に対して自動的に付与される

通常開催の100%入金ボーナスや、20%入金ボーナスの獲得可能な残高がまだ残っている場合でも、入金した場合は、 本ボーナスが優先して付与 されます。

キャンペーン期間中の入金なら、ボーナス上限額まで何度でも受け取れる

このボーナスは、キャンペーン期間中であれば、500ドル(相当額)の ボーナス上限額まで入金のたびに受け取ることが可能 です。一度に全額をもらわなくても、例えば1万円ずつ5回に分けて受け取ることもできますね。

ThreeTraderのポイントプログラムとは?商品の種類と交換方法

threetrader ポイント

ThreeTrader

threetrader ポイント

ThreeTraderのポイントプログラムとは?

貯めたポイントは現金に交換して出金できる

キャッシュバックサイトを使ってもポイントが貯まる

ポイントプログラムの評判・口コミ

ThreeTraderのTariTaliひも付けしてもポイントに影響はないそうです。これは、とてもいい。

— TREND (@TREND07694730) February 2, 2022

何気にスリートレーダーのポイントめっちゃめちゃ貯まってたので交換申請したんだけど、同日に着金してびっくり。

iPadとかにしようと思ったけど結局全部現金にしますた。

— ぶるすな (@BlueSnyaiper) May GEMFOREXの評判 30, 2022

裁量口座でスリートレーダーを検討している理由はポイントでダイソンの掃除機ほしいから笑(普通に買えばええやんって話なんだけどね)

— K2 (@systemtrader_kk) March 29, 2022

ポイント獲得の取引条件

1ロットあたりの獲得ポイント

FX 貴金属 エネルギー 株価指数 仮想通貨
10P 10P 1P 1P 1P

ポイントは翌日に自動的に付与される

ポイントプログラムで交換できる商品

GEMFOREXの評判
現金/商品 必要ポイント
10ドル 170P
50ドル825P
100ドル 1,600P
500ドル 7,750P
1,000ドル 15,000P
5,000ドル 72,500P
AirPods Max 12,500P
Apple Watch 16,000P
ipad mini 14,000P
iphone13mini 18,000P
PlayStation5 20,000P
iphone13pro 30,000P
24インチiMac 40,000P
13インチMacBook Pro 40,000P
Dyson 360 heurist 20,000P
Dyson V12 20,000P
BLACK BAY CHRONO 110,000P
BLACK BAY FIFTY-EIGHT 82,000P
Beoplay A9 64,000P
Samsung G9 QLED Gaming Monitor 44,000P
Bearbrick(各種) 76,000P

ポイントの交換手順・流れ

ログインしてからポイントストアを選択


商品を選択してRedeem Now!


配達先住所の入力

右上にある「Add New GEMFOREXの評判 Delivery Address」をクリックします。


名前と電話、住所を入力

Coutry and Region: Japan
Name: Taro Akasaka
Phone Number: 818011223344(+81-80-1122-3344)
Address1: Akasaka-Tower101(赤坂タワー101)
Address2: Akasaka1-1(赤坂1-1)
Postcode: 107-0052
City: Minato-ku(港区)
State: Tokyo(東京都)


商品を確認してPaymentをクリック


商品交換の完了

【GEMFOREX】「AUDNZD Otaku Grid Version」のEA検証!超長期向きのトラップ系EA!バックテスト・フォワードテストの結果【随時更新】

ゲムフォレックス ハーフ

言い方を変えれば ナンピンマーチン系のEA で、安いところでのロング、高いところでのショートを繰り返し、逆行したらロットを上げながらポジションを獲り続けます。安定感抜群の「AUDNZD Otaku」の新バージョンEAがまさかのナンピンマーチンですw 「超長期トレード(理想は10年以上)向き」という触れ込み なので、ほんとに超長期で放置しても大丈夫そうなのかはこれから検証していきたいと思いますが・・・

尚、相場状況によりエントリーの頻度に波が大きくあり、暫く全くエントリーしない時期もあれば、EAがチャンスと判断すれば急にエントリーが増えるという特徴があります。また、旧バージョンと同様、 全時間軸に対応 しているという特徴もあり、ここはバックテストで確認する必要がありますね。

GEMFOREX公式サイトでのパフォーマンスは?(新旧バージョン)

現時点(2022年7月3日)でのGEMFOREXで公開されているフォワードテストのパフォーマンスは下記の通りです。

「AUDNZD Otaku Grid Version」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス1

「AUDNZD Otaku Grid Version」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス2

尚、旧バージョンの「AUDNZD Otaku」のフォワードテストのパフォーマンスはGEMFOREX公式では下記の通りです(2022年7月3日現在)。

「AUDNZD Otaku」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス1

「AUDNZD Otaku」GEMFOREX公開フォワードテストパフォーマンス2

しかし、それでも長期に渡って安定して成績を残しているのは事実ですので、「AUDNZD Otaku Grid Version」がナンピンマーチンだとしても旧バージョンと同様の安定感を期待できそうなのかどうかというのをこれからバックテスト・フォワードテストで見ていきたいと思います。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のパラメーター設定

ゲムフォレックス 令嬢

下記「AUDNZD Otaku Grid Version」のパラメーター設定(初期値)①~③について簡単に説明していきます。

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター初期設定

  1. minLots(最小ロット数)・maxLots(最大ロット数)に入力された数値内でナンピンマーチンのロットが変わる為、 本EAで最も重要な項目 です。基本的にはminLots0.01で固定し、maxLotsで調整するのが望ましいです。尚、 1ポジション目のロットがminLotsになるとは限らない のでご注意ください。
  2. forceSlPips(強制損切を行うpips数)・forceTpPips(強制利確を行うpips数)に入力したpipsにレートが到達したら損切or利確が入りますが、 この設定とは別に内部ロジックで自動的に決済 が 入る 仕様 になっています。未入力(0と入力)でも内部ロジックで自動的に決済が入ります。
  3. magicNumber0で入力した数値がマジックナンバーの先頭になるのですが、本EAでは 1ポジション毎マジックナンバーが割り当てられる仕様 です。maxPosition(最大ポジション数)30の場合、上記の設定であれば1ポジション目316228で、30ポジション目316257です。もし同一口座で他のEAも稼働させる場合、316228~316257以外のマジックナンバーを割り当てないと不具合の原因になるので気を付けましょう。

尚、「AUDNZD Otaku Grid Version」のEAマニュアルには初期証拠金1万ドル・5千ドル・2千ドルの場合の推奨パラメーター設定が下記のように記載されています。

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金1万ドル)

証拠金1万ドル時の推奨設定

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金5千ドル)

証拠金5千ドル時の推奨設定

「AUDNZD Otaku Grid Version」パラメーター設定(証拠金2千ドル)

証拠金2千ドル時の推奨設定

maxLots( 赤丸 )のみ数値を変更し、他の項目は変更しないことを推奨されています。最小ロット・最大ロットを同比率で変えるのではなく、最大ロットだけで調整することを推奨するとは一体どういうことなのでしょうか?最大ロットを変えたらナンピン幅やマーチン倍率も自動的に調整されるのでしょうか?

細かい部分は次のバックテストで見ていきたいと思います。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のバックテスト結果

ピンク髪女の子

実はドローダウン大きめ!なぜか1分足が一番安定

AUDNZD GEMFOREXの評判 Otaku Grid Version」は全時間軸対応EAですが、バックテストしてみたら 5分足以上だと最大ドローダウンが大きい のが気になります。まあ1年毎でやってもドローダウン大きめなのですが、超長期向きEAということなので下記は5分足の初期設定で過去10年間分バックテストしてみた結果です。

「AUDNZD Otaku Grid Version」バックテスト初期設定結果過去10年間分

最大ドローダウンのところ以外だけ見たら凄い優秀そうな数値ですけど、最大ドローダウン88.02%はさすがにやばいですねw このパフォーマンスを見ると初期設定=推奨設定のままだと危ないのでmaxLots(最大ロット数)は少し落とした方がいいのかなと判断せざるを得ないと思うのですが・・・

しかし、バックテストをいろんな時間軸で試していたらなぜか 1分足だと一番ドローダウンが少なく、時間軸が大きいほどドローダウンが大きくなりがちになる ことを確認しました。時間軸が大きいほど利確が遅くなるのか、含み損が溜まりがちになるようです。まあその場合はドローダウンが大きくてもロットも大きくなるので利幅も大きくなりますが・・・

というわけで、AUDNZD1分足・スプレッド3.5pips固定で、過去5年間分バックテストを1年毎に行っているのですが、証拠金1万ドル or 5千ドルの場合の推奨設定2パターン分実施してます。

証拠金1万ドル・推奨設定時(maxLots1.5)のバックテスト結果

純益781.343,001.8619,097.091,282.651,211.33
プロフィットファクター2.978.3942.4940.694.51
損益レシオ0.480.831.701.680.63
最大ドローダウン16.43%51.53%47.88%5.42%4.49%
総取引数2865131247302423
勝率86.01%91.03%96.15%96.03%87.GEMFOREXの評判 71%

1分足にすることで、証拠金1万ドルの時は①④⑤の3つの期間で最大ドローダウンを大きく抑えることができました。②③の期間は利益は大きいですが、これは含み損を大きく抱えていた為であり、その証拠に総取引数も多くなってますし、最大ドローダウン50%前後とかなり大きいですね。

まあ50%でも他の時間軸よりは大分ましなのですが、一般的には大きめの数値ですので、これを許容できないのであれば証拠金を増やすか、maxLots(最大ロット数)を少し落とすしかないかと思います。

証拠金2千ドル・推奨設定時(maxLots0.1)のバックテスト結果

純益134.00445.632,199.38317.82244.70
プロフィットファクター1.983.8519.8022.352.51
損益レシオ0.320.380.790.930.35
最大ドローダウン17.68%41.23%31.GEMFOREXの評判 78%7.86%6.99%
総取引数2865131247302423
勝率86.01%91.03%96.15%96.03%87.71%

証拠金2千ドルの時は、②③の期間の最大ドローダウンをもう少し抑えることができました(それでもはまだ高めですが・・・)。但し、ロットが低い分期待できる利益も当然少なくなります。利益をもっと増やしたいならそのままmaxLotsの数値を上げるとリスクが上がるので、証拠金を増額した上でmaxLotsを調整するのが無難かと思います。

結局ナンピン幅・マーチン倍率はどうなってる?

maxLotsの数値を変えることで、ナンピン幅・マーチン倍率がどうなっているのかをバックテストの取引履歴で見てみましたが・・・

maxLots1.5でも0.1でも ナンピン幅は最初4~5pips程度で、ロットが上がってきたら8~10pips程度まで広くなる GEMFOREXの評判 といった程度のことは確認できましたが、 それ以外の規則性は現時点では確認できていません。

ナンピンする時にロットは上がったり上がらなかったりで(むしろ下がる場合も)、マニュアルに記載の通り1ポジション目からminLots(ここでは0.01)ではなく、高いロットが始まることもあります。あとそもそもmaxLots0.1の時はナンピンしてもなかなかロットが上がりませんけどね・・・

これについてはフォワードテストで何か新しい気付きがあればまた追記させて頂きます。

「AUDNZD Otaku Grid Version」のフォワードテスト結果【随時更新】

ゲムフォレックス ハーフ

AUDNZD Otaku Grid Version」のフォワードテストデモ口座で実施予定ですが、まずは証拠金1万ドル・推奨設定時maxLots1.5)で想定しています。

バックテストの結果を見る限り、リアル口座だったらもう少しロットを落とした方がいいかもですが、デモなので少し強気にいってデータを取りにいきたいと思います。

現在GEMFOREXでは 新規口座開設2万円ボーナス キャンペーン を開催中!

7月は初回2万円ボーナスの常時開催+入金100%ボーナス週1回ランダム開催だと思われますが、1週目は水曜日に入金100%ボーナスがきましたね!2週目は火~木のいずれかでしょうか?尚、ここ暫く入金ボーナス上限は 500万円⇒200万円 に下がってますのでご注意ください。

XMが2022年夏の100%入金ボーナスキャンペーンを実施中!ルールや獲得方法などの詳細を総まとめ

ボーナスキャンペーン

そんなXMですが、2022年夏の期間限定キャンペーンとして、 500ドルまでの100%入金ボーナス を開催中。キャンペーンの開催は2022年7月1日〜7月29日までの期間限定となっているため、証拠金を増やす絶好の入金タイミングと言えるでしょう。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」概要

キャンペーン開催期間

今回の2022年夏の100%ボーナスでは、 2022年7月1日〜7月29日まで という期間設定があります。7月の末日である31日までではなく、7月最後の営業日にあたる29日までとなっている点には注意しましょう。

ボーナス額

本キャンペーンのボーナス額は、 最大500ドル(相当額) です。上限に達するまでは何度入金しても、入金額に対して100%のボーナスが付与される形ですね。

ボーナスの対象者

2022年夏の100%ボーナスは、新規/既存を問わず、基本的に すべてのXMユーザーが対象 になっています。ただし、例えばTariTali(タリタリ)のような キャッシュバックサイトなどを経由して口座開設したユーザーは、キャンペーンの対象外 となるため注意しましょう。(当サイトはキャッシュバックサイトではありませんので、当サイトのリンクから口座開設をした場合はボーナス対象となります。)

ボーナスの対象口座

本ボーナスは、XMが提供する他のボーナスと同様に、スタンダード口座とマイクロ口座だけが対象となっています。 XM Zero口座はボーナス対象外 となっているため、注意しましょう。

ボーナスはクッション機能付き

2022年夏の100%ボーナスも、XMが提供する他のボーナスと同様に、 クッション機能付き となっています。

ボーナスのクッション機能とは、口座にあるボーナスが、入金額などの残高と同じ証拠金の働きをする機能のことですね。ボーナスにクッション機能がある場合、 入金額以上の損失が出てもボーナスだけで取引を続けられる ことが最大のメリットと言えるでしょう。そのほか、ロスカット水準や最大レバレッジの計算にボーナス額が含められるなどの特徴もあり、証拠金を倍増させられる非常に使い勝手の良いボーナスとなっています。

XMの「2022年夏の100%ボーナスプロモ」獲得方法

500ドルまでの入金に対して自動的に付与される

通常開催の100%入金ボーナスや、20%入金ボーナスの獲得可能な残高がまだ残っている場合でも、入金した場合は、 本ボーナスが優先して付与 されます。

キャンペーン期間中の入金なら、ボーナス上限額まで何度でも受け取れる

このボーナスは、キャンペーン期間中であれば、500ドル(相当額)の ボーナス上限額まで入金のたびに受け取ることが可能 です。一度に全額をもらわなくても、例えば1万円ずつ5回に分けて受け取ることもできますね。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる