FXトレード

貴金属オプション取引

貴金属オプション取引
商品 2022年06月05日 17:30

【先物取引】貴金属の金銀プラチナ銅の先物取引がして

【先物取引】貴金属の金銀プラチナ銅の先物取引がしてみたいです。 日本の証券会社で貴金属の先物取引が出来るところを教えて下さい。 あと先物取引で金を買ったとします。売らずにずっと満期?の半年後には勝手に売却されるのでしょうか? 先物取引商品の購入方法と売却方法を教えて下さい。 勝手に売られるのか、いつ勝手に売られるのか、先物取引は値が下がったからといって途中で株の損切りみたいに売れるのか教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

楽天証券では金、銀、白金(プラチナ)、パラジウムの先物取引を扱っています。 買ってから最終取引日までに売らなかった場合、強制決済となります。買ってから半年後と決まっているわけではありません。同じ銘柄の限月(最終決済月)の異なるものが同時に市場で取引されていて、注文時に選択できます。限月の近いものはすぐ最終取引日が来ますし、限月が遠いものはずっと先です。楽天証券で取扱っている金銀白金パラジウムは、2月、4月、6月、8月、10月、12月の限月取引の直近6限月取引制。この方式に基づくと各限月取引の期間は12か月です。 なお楽天証券には、先物取引でありながら取引期限のない金スポット、白金スポットという銘柄もあります。 取引ルールについての詳細はこちら 楽天証券/商品先物取引 取引ルール/ご注意事項 https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fop/commodity/rule/

質問者からのお礼 2021/11/24 17:51

関連するQ&A

先物初心者です。 ミニ日経先物の半額で取引が出来るオプションがSBI証券にありましたのでそこで取引しようと思っています。 教えて欲しいのは入金は30万円程度で良いでしょうか? また仮に買値より株価が下がってもSQ日までに株価が上がれば利益は出ますが、損切りの目安はどれ位にすれば良いでしょうか? 持越し手数料は発生しませんよね? アドバイス頂けると助かります。 シュミレーション機能があればそれで試してからするつもりです。

ネット証券にて金銀プラチナをスポット取引で売買し、利益が出た場合の確定申告について。 ①売買は事業として行っていないのですが、譲渡所得と雑所得どちらで申告すべきでしょうか? 営利目的で継続的に売買している場合は雑所得とのこと。 株の売買と同じ感覚でスポットでたまに売買している場合、雑所得になるでしょうか?どちらで申告してもよいのでしょうか? ②譲渡所得の場合、"他の譲渡所得"と合わせて50万円が控除額のようですが、他の譲渡所得というのは、 「総合課税の譲渡所得+申告分離課税の譲渡所得」で、かつ特定口座(源泉徴収あり)の所得は含めない額でしょうか? ③金銀プラチナの譲渡所得と他の譲渡所得を合わせた額が20万円未満の場合、確定申告は不要でしょうか?

商品先物取引を始めようと思っています。 商品市況は全くの未経験です。 株取引や日経225先物取引の経験はありますが、特に株取引は地合いに左右されることが多く、ダマシも多くて…。 商品市況のチャートを見ていると、一度トレンドが発生すると、それぞれの個別銘柄が独立して、動いているような気がしました。 商品先物取引といっても、色々な会社があるようで、どこで口座開設すべきかサッパリ分かりません。 イメージが先行して、どこも胡散臭くも感じます。 手法はブレイクアウト狙いのテクニカル一本で、ロスカットにも抵抗ありません。 個別株や日経225先物は、カブドットコム証券のkabuステーションを愛用していて、トレード自体は個別株はGMOクリック証券、日経225先物はカブドットコム証券でやっています。 成績はトントンです。 使いやすい取引ツールも含めて、おすすめの証券会社を教えて下さい。 宜しくお願いしますm(__)m

ロンドン金属取引所の動きによって、金、銅関係の会社の株が動いているような気がします。 これらの動きを勉強したいのですが、なにかよい方法ありますでしょうか? よろしくお願いいたします。

鉄スクラップが商品先物としてあるようです。 これの先物取引ができる会社を探しています。 中部大阪商品取引所が廃止されたようなので今は取引できる会社はないのでしょうか? また取引できる会社があるないにかかわらず、その他の非鉄金属(銅、アルミ等)が 取引できる会社も併せて探しています。 よろしくお願いいたします。

株を今年3月からしようと思って半年くらい取引せずにずっと相場を眺めていましたが 株の銘柄は色々あって迷うので 金先物取引とかDAX指数取引の方に興味が出てきました。 GMOクリックに口座を開いてデモをやってみたのですが、注文方法について質問があります。 クリック証券のCFD取り引きはクリックのみで発注できませんよね? パソコンが一台しかないのいちいち注文画面を開いて入力してとやっていると大変なので 株取り引きみたいにワンクリックですばやく注文したり決済する方法のある証券会社ってないもので しょうか? どうか詳しいかた教えて下さい。

今週の注目CFD

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(貴金属オプション取引 貴金属オプション取引 1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

事業内容

商品先物取引業

商品先物取引業者
農林水産省指令25食産第622号、
20130417商第42号
平成25・5・17日

加入協会

商品先物取引業の概要

当社の業務

日本の当業者がToyota Tsusho Metals Limitedと行う外国商品市場取引および店頭デリバティブ取引等の媒介

媒介とは

お客様とToyota Tsusho Metals Limitedとの間に入り、海外商品先物取引の執行が円滑に行われるように、基本契約締結、取引業務、入出金業務等のサポートを行うこと。

主な提供商品、サービス

海外商品先物ブローカー、Toyota Tsusho Metals Limitedが取扱う主な商品先物取引

  • LME取引 - London Metal Exchange 上場商品取引
  • LME平均取引 - LME上場商品のセトルメント価格月間平均取引
  • 貴金属店頭デリバティブ取引 - ロコ・ロンドン、ロコ・チューリッヒを前提とする貴金属スワップ取引、ロコ・ロンドン、ロコ・チューリッヒ フィキシング価格月間平均取引

サービス

  • Toyota Tsusho Metals Limited 社との基本契約締結、取引業務、入出金業務等のサポート
  • 市況情報、取引所規制等に関する情報の提供
  • 市況セミナーの開催

ビジネスフロー

お客様→豊田通商メタルズジャパン株式会社→Toyota Tsusho Metals Limited→市場

強み、特長

主要取引先

当社及びToyota Tsusho Metals Limitedが行うサービスは、EUの「金融商品指令」Markets in Financial Instruments Directive (MiFID) の顧客カテゴリー規程により、Professional又はElective Professional Clientの基準を満たす法人顧客が対象となる。

エネルギー・貴金属:週次レビューと見通し

商品 貴金属オプション取引 2022年06月05日 17:30

エネルギー・貴金属:週次レビューと見通し

© Reuters

BMO Capital Marketsのシニア・エコノミスト、Sal Guatieri氏は、「FRBは. 失業率が安定し、労働参加率が上昇し、賃金が軟化する可能性を歓迎するだろうが、インフレ目標を達成するには景気がまだ過熱していると懸念している」と述べている。

今後数カ月の労働市場と経済について「非常に悪い」 気分がする というのが、先週金曜日にロイターに流出した、マスク氏がテスラの幹部への電子メール共有した内容だ。世界一の大富豪は、仲間の億万長者たちに「世界中ですべての雇用を一時停止する」よう呼びかけた。テスラ(NASDAQ: TSLA )自体は「多くの分野で人員が過剰」になっているため、給与所得者の人数を10%減らすと述べた。しかし、「実際に自動車やバッテリー・パックを製造したり、太陽光発電を設置したりする」人たちの仕事は増えるだろうとマスク氏は述べ、これは「(インフレには不利な)時間給の人員は増える」ことを意味すると付け加えた。

このように考えるのはマスク氏だけではない。乗り合いタクシー会社のウーバー・テクノロジーズ (NYSE: UBER )とリフト (NASDAQ: LYFT ) は先月、採用を縮小して支出を抑制すると発表し、オンライン中古車販売のカーバナは従業員の12%を削減する計画だとロイター通信は指摘する。

JPMのダイモンCEOは、アメリカ人を Bitcoin から救うスーパーヒーローと自称しているが、以前は経済に嵐雲が近いと予測していたが、「(表現を)変えるつもりだ. 経済にはハリケーンが来るだろう」と警告している。

「気を引き締めた方がいい」と、米国最大の銀行のトップの同氏は 警戒 する。このような状況下において、「JP Morganは気を引き締めて、バランス・シートを非常に保守的にするつもりだ」と述べている。

原油:市場動向と週次見通し

ロンドンのコンサルタント会社Energy Aspectsの共同設立者であるAmrita Sen氏は、すでにOPEC+加盟国のほとんどは最大限の生産を行っていることから、7月から8月にかけての実質的な増産は、予定の130万バレルに対し、日量56万バレル程度にとどまるだろう、と指摘する。

WTIにおけるテクニカル分析による見通し

skcharting.comのチーフ・テクニカル・ストラテジスト、Sunil Kumar Dixit氏は、「原油は、7ヶ月目の強気ラリーに入り、6週間一貫してプラスで引け、130ドルが次のターゲットである」と述べている。

金:週次市場動向&テクニカル分析による見通し

中国、気候変動対策を強化 リスク監視能力の向上目指す

[上海 14日 ロイター] - 中国政府は13日に公表した気候変動適応戦略で、中国経済と社会の気候変動リスクが高まっており、政府の各レベルで適応の仕組みや監視能力を向上させる必要.

中国、コールドチェーン・国家物流ハブ建設へ14億元割り当て

[北京 14日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(発改委)は14日、コールドチェーン(低温流通体系)・国家物流ハブ建設を支援するため14億元(2億0735万ドル)を予算か.

豪農家の信頼感が低下、ウクライナ戦争やコスト高で=調査

[シドニー 14日 ロイター] - 14日公表されたラボバンクの調査によると、豪農家の信頼感は直近の四半期に低下した。コモディティー(商品)価格高や豊作見込みといったプラスの要素.

  • 会話を豊かにしようとする。
  • 集中し、主題から外れない。 論じられたトピックに関することだけを書きこむ。
  • 敬意を示す。 否定的な意見も、前向きに相手を思いやった表現に言い換える。
  • 句読点や大文字小文字などは、標準のライティングスタイルを使う。
  • 注意: スパムやコメント内の宣伝のメッセージやリンクは省かれます。
  • 著者や他のユーザーを冒涜、中傷する個人的攻撃は禁じます。
  • 貴金属オプション取引
  • 日本語での コメントのみ許されています。

日経平均株価26,629.86-357.54-1.32%
日経225先物 (F)26,518.貴金属オプション取引 貴金属オプション取引 0-322.0-1.20%
韓国総合株価指数2,492.97-11.54-0.46%
NYダウ30,516.74-876.05-2.79%
独DAX13,453.01+25.98+0.19%
S&P/ASX 2006,686.00-246.00-3.55%
米ドル指数104.588-0.378-0.36%
貴金属オプション取引 貴金属オプション取引
1,830.60-1.貴金属オプション取引 20-0.07%
原油 WTI121.77+0.84+0.69%
21.233-0.022-0.10%
米国綿花2番145.67+0.01+0.01%
排出権81.90+0.36+0.44%
米国シカゴコーン764.90-3.10-0.40%
米国コーヒー224.08-0.55-0.24%
貴金属オプション取引
ドル/円134.15-0.24-0.18%
ドル/ウォン1,287.30-4.59-0.35%
ユーロ/ドル1.0474+0.0066+0.63%
ユーロ/円140.51+0.66+0.47%
トルコリラ/円7.7757-0.0034-0.04%
豪ドル/円93.010.000.00%
ポンド/円163.20+0.18+0.11%
大塚ホールディングス4,383.0-74.0-1.66%
ソフトバンクグループ5,033.0-132.0-2.56%
トヨタ自動車2,095.0-36.貴金属オプション取引 5-1.71%
三菱UFJフィナンシャル・グループ732.6-3.3-0.45%
ブイ・テクノロジー2,838.0-31.0-1.08%
東芝5,588.0-42.0-0.75%
みずほフィナンシャルグループ1,505.0+4.5+0.貴金属オプション取引 30%

今日の株式市場:ダウは乱高下、S&P500は景気後退懸念で弱気相場入りして取引を終了

今週のFOMC、一部の投資銀行が75bp利上げを予想

生産者物価、コア物価、オラクル決算:注目すべき3つのポイント

米国株式市場=大幅続落、S&P弱気相場入り 景気後退懸念強まる

米景気後退入りの確率約50%=モルガンSのゴーマンCEO

ダウンロードするApp store

リスク開示書: 金融商品や仮想通貨の取引は投資金額を失う高いリスクがあります。仮想通貨の価格は非常にボラティリティーが高く、金融、規制、政治など、外的な要因に影響を受けることがあります。また信用取引はリスクが高いことを十分に理解してください。
金融商品または仮想通貨の取引をする前に、金融市場での取引に関わるリスクやコストについて十分に理解し、専門家の助言を求めたり、ご自身の投資目的や経験値、リスク選好等を注意深く検討することを推奨いたします。
Fusion Media によるこのウェブサイトのデータが、必ずしもリアルタイムおよび正確ではないということをご了承ください。またデータや価格が、必ずしも市場や取引所からではなく、マーケットメーカーにより提供されている場合があります。その為、価格は気配値であり、実際の市場価格とは異なる可能性があります。Fusion Media および当ウェブサイトへのデータの提供者は、当ウェブサイトに含まれる情報を利用したすべての損失に対して一切の責任を負わないものとします。
Fusion Media およびデータ提供者による事前の書面の許可なしに、当ウェブサイト上のデータを使用、保存、複製、表示、変更、送信、配信することを禁じます。すべての知的財産権は当ウェブサイト上のデータの提供者、または取引所が有します。
Fusion Media は当ウェブサイトに表示される広告により報酬を得ることがあります。 上記内容は英語版を翻訳したものであり、英語版と日本語版の間に不一致がある時は英語版が優先されます。

今週の注目CFD

■外国為替証拠金取引は各通貨の価格を、貴金属証拠金取引は各貴金属の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、売買の状況によってはスワップポイントの支払いが発生したり、通貨の金利や貴金属のリースレート等の変動によりスワップポイントが受取りから支払いに転じたりすることがあります。外国為替証拠金取引の手数料については、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。アクティブトレーダーでは取引金額に一定の料率(ステージ1: 0.003%、ステージ2: 0.002%、ステージ3: 0.001%)を掛けて求めた手数料が新規/決済それぞれで課金されます。さらにステージ2と3ではお支払いいただいた手数料の月間合計額が月額標準金額(ステージ2: 6万円、ステージ3: 20万円)に満たない場合は、その差額を追加で徴収させていただきます。ミニマムチャージの設定はありません。ステージはお客様ご自身で事前に選択していただき、月単位で適用されます。変更する場合は翌月以降の月の初日から有効となり、原則として月の途中で変更することはできません。貴金属証拠金取引の手数料についても、無料のスタンダードと有料のアクティブトレーダーの二コースがあります。ただしスタンダードではミニマムチャージが設定されています。アクティブトレーダーの手数料は外国為替証拠金取引と同様の仕組みになります。なお、ステージ2と3における手数料の月間合計額の計算では、外国為替証拠金取引と貴金属証拠金取引で発生した手数料が合算されます。
■外国為替オプション取引は外国為替証拠金取引の通貨を、貴金属オプション取引は貴金属証拠金取引の貴金属を原資産とし、原資産の値動きやその変動率に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、オプションの価値は時間の経過により減少します。手数料については、外国為替オプション取引・貴金属オプション取引ともに無料です。なお、オプションの売り側は権利行使に応える義務があります。
■株価指数CFD取引は株価指数や株価指数を対象としたETFを、個別株CFD取引は個別株や個別株関連のETFを、債券CFD取引は債券や債券を対象としたETFを、その他証券CFD取引はその他の外国上場株式関連ETF等を、商品CFD取引は商品先物取引をそれぞれ原資産とし、それらの価格の変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、建玉や売買の状況によってはオーバーナイト金利、キャリングコスト、借入金利、配当等調整金の支払いが発生したり、通貨の金利の変動によりオーバーナイト金利が受取りから支払いに転じたりすることがあります。手数料については、東京証券取引所上場株式を原資産とするCFD取引の日計り取引は「取引金額×0.05%」の手数料がかかり、建玉を持ち越した場合、キャッシュバック方式により、売買手数料は無料です。ETFを原資産としない株価指数CFD取引と商品CFD取引では売/買、新規/決済の別にかかわらず無料ですが、それ以外は有料となり「取引金額×一定料率」または「取引数量×一定金額」で求めた手数料がかかります。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。手数料の料率や金額または最低手数料は取引所や銘柄などによって異なります。
■上記全ての取引においては、当社が提示する売価格と買価格にスプレッド(価格差)があり、お客様から見た買価格のほうが売価格よりも高くなります。
■先物取引は各原資産の価格を指標とし、それらの変動に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。手数料については、売買手数料と取引所手数料が新規/決済のそれぞれで課金されます。売買手数料は注文単位当りで定められています。ただし、手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また、建玉を翌日に持ち越すとキャリングコストが発生します。
■外国株式オプション取引は、対象とする外国上場株式の市場価格あるいは当該外国上場株式の裏付けとなっている資産の価格や評価額の変動等に対する予測を誤った場合等に損失が発生します。また、対象とする外国上場株式の発行者の信用状況の変化等により、損失が発生することがあります。なお、オプションを行使できる期間には制限がありますので留意が必要です。さらに、外国株式オプションは、市場価格が現実の市場価格等に応じて変動するため、その変動率は現実の市場価格等に比べて大きくなる傾向があり、意図したとおりに取引ができず、場合によっては大きな損失が発生する可能性があります。また取引対象となる外国上場株式が上場廃止となる場合には、当該外国株式オプションも上場廃止され、また、外国株式オプションの取引状況を勘案して当該外国株式オプションが上場廃止とされる場合があり、その際、取引最終日及び権利行使日が繰り上げられることや権利行使の機会が失われることがあります。対象外国上場株式が売買停止となった場合や対象外国上場株式の発行者が、人的分割を行う場合等には、当該外国株式オプションも取引停止となることがあります。また買方特有のリスクとして、外国株式オプションは期限商品であり、買方がアウトオブザマネーの状態で、取引最終日までに転売を行わず、また権利行使日に権利行使を行わない場合には、権利は消滅します。この場合、買方は投資資金の全額を失うことになります。また売方特有のリスクとして、売方は証拠金を上回る取引を行うこととなり、市場価格が予想とは反対の方向に変化したときの損失が限定されていません。売方は、外国株式オプション取引が成立したときは、証拠金を差し入れ又は預託しなければなりません。その後、相場の変動や代用外国上場株式の値下がりにより不足額が発生した場合には、証拠金の追加差入れ又は追加預託が必要となります。また売方は、権利行使の割当てを受けたときには、必ずこれに応じなければなりません。すなわち、売方は、権利行使の割当てを受けた際には、コールオプションの場合には売付外国上場株式が、プットオプションの場合は買付代金が必要となりますから、特に注意が必要です。さらに売方は、所定の時限までに証拠金を差し入れ又は預託しない場合や、約諾書の定めによりその他の期限の利益の喪失の事由に該当した場合には、損失を被った状態で建玉の一部又は全部を決済される場合もあります。更にこの場合、その決済で生じた損失についても責任を負うことになります。外国株式オプション取引の取引手数料については、1ロットあたり3.0米ドルが一回の取引ごとに課金されます。その他にも取引所手数料やキャリングコストなど様々な費用がかかります。手数料の詳細は、発注前の取引画面でご確認ください。外国株式オプション取引(売建て)を行うにあたっては、所定の証拠金を担保として差し入れ又は預託していただきます。証拠金率は各銘柄のリスクによって異なりますので、発注前の取引画面でご確認ください。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、取引証拠金を事前に当社に預託する必要があります。取引証拠金の最低必要額は取引可能な額に比べて小さいため、損失が取引証拠金の額を上回る可能性があります。この最低必要額は、取引金額に対する一定の比率で設定されおり、口座の区分(個人または法人)や個別の銘柄によって異なりますが、平常時の比率は4%から20%が適用されます。ただし法人が行う外国為替証拠金取引については、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用いて通貨ペアごとに算出(1週間に1度)した比率を下回らないように当社が設定します。
■上記全ての取引(ただしオプション取引の買いを除く)は、損失が無制限に拡大することを防止するために自動ロスカット(自動ストップロス)が適用されますが、これによって確定した損失についてもお客様の負担となります。また自動ロスカットは決済価格を保証するものではなく、損失がお預かりしている取引証拠金の額を超える可能性があります。
■外国証券売買取引は、買付け時に比べて売付け時に、価格が下がっている場合や円高になっている場合に損失が発生します。手数料については、「取引金額×一定料率」又は「取引数量×一定金額」で求めた手数料が一回の取引ごとに課金されます。ただし手数料の合計額が当社の定める最低手数料に満たない場合は、手数料に代えて最低手数料を徴収させていただきます。また取引所手数料等の追加費用がかかる場合があります。
■取引にあたっては、取引説明書および取引約款を熟読し十分に仕組みやリスクをご理解いただき、発注前に取引画面で手数料等を確認のうえ、ご自身の判断にてお取引をお願いいたします。

サクソバンク証券株式会社

金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第239号
加入協会/日本証券業協会、一般社団法人金融先物取引業協会、日本投資者保護基金、日本商品先物取引協会

ご使用になられているブラウザ環境によりウェブサイトを正しく表示できません。

本サイトでは iOS 9.X および Microsoft Internet Explorer 10 以降のブラウザのご利用を推奨しています。これ以外の環境でご利用いただいた場合、本サイトの利用に必要な機能が使用できず、画面が正常に表示されない、動作しない等の現象が起きることがあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる