初心者におすすめ

サポート/レジスタンスレベルの表示

サポート/レジスタンスレベルの表示
  • CCIを改良をしたトレンドフォロー系のインディケータ。
  • 1本のラインで上昇時は緑、下降時は赤で表示。
  • サポート、レジスタンスとしても機能し、緑色のラインがサポート、赤色はレジスタンスの水準として、ロスカットを置くこともできます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Supertrend

■トレンド系 MT4チャートインディケータ

gazo01

  • 異なる種類の移動平均線を表示して、クロスした時に矢印を出すインディケータ。
  • このインディケータでは、単純移動平均線と指数平滑移動平均線を採用しています。
  • 期間は変更可能で、マルチタイムフレームにも対応しています。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」
    ⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Alert SMA-EMA CrossOver1.mq4

Aroon_Up_Down

gazo02

  • トレンド及びその強弱を確認するアルーンのインディケータです。
  • 期間内の高値更新(安値更新)が何回あったかを探る。
  • アルーンアップが青で表示
  • アルーンダウンが赤で表示
  • 数値が高いほど強いトレンドをして判断します。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Aroon_Up_Down.mq4

Rads HAS

gazo03

  • 期間の異なる指数平滑移動平均の「開き(乖離)」表示するインディケータ。
  • 短期指数平滑移動平均が長期指数平滑移動平均よりも「上」に位置している時は、赤色のヒストグラムが表示されます。
  • トレンドが強くなるにつれて、ヒストグラムが大きく表示されます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Rads HAS

MTF MACD X

gazo04

  • 異なる時間足軸のMACDの状態をサブウインドウに表示するインディケータ
  • 大きな時間軸のトレンドをMACDで確認して実際に売買を行う時間軸のMACDを参考にして売買が出来るインディケータ。
  • 初期設定では、15分、30分、60分、240分のMACDが表示され、ゼロラインを上(下)回ったかどうかを確認できます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ サポート/レジスタンスレベルの表示 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    MTF MACD X

Rads HAS

gazo03

  • 期間の異なる指数平滑移動平均の「開き(乖離)」表示するインディケータ。
  • 短期指数平滑移動平均が長期指数平滑移動平均よりも「上」に位置している時は、赤色のヒストグラムが表示されます。
  • トレンドが強くなるにつれて、ヒストグラムが大きく表示されます。
  • Google サポート/レジスタンスレベルの表示 Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Rads HAS

Supertrend

gazo05

  • CCIを改良をしたトレンドフォロー系のインディケータ。
  • 1本のラインで上昇時は緑、下降時は赤で表示。
  • サポート、レジスタンスとしても機能し、緑色のラインがサポート、赤色はレジスタンスの水準として、ロスカットを置くこともできます。
  • Google Chromeで開き、下記を「右クリック」⇒「名前をつけてリンク先を保存」⇒ サポート/レジスタンスレベルの表示 任意の場所にファイルを保存して下さい。

    Supertrend

ビギナー向けテクニカル分析解説シリーズ「誰でもできる!サポート・レジスタンスを使ったトレード」

FX龍聖

ビギナー向けテクニカル分析解説シリーズ、
今回は、
「誰でもできる!サポート・レジスタンスを使ったトレード」
です!

サポート、レジスタンスを使ったトレードは、
インジケーターを使わない、
「プライスアクショントレード」
と言われているものの一つで、

なんだか、
「できるトレーダー」
って感じですよね!

やはり、
インジケーターを使わない手法
と言うものが賞賛されている様な感じもします。

インジケーターも
使いようによっては
全然使えますけどね^^

動画解説はコチラ!

サポート、レジスタンスとは・・・

サポート・レジスタンスとは、
大衆に意識されているライン
の事ですね。

直近高値、直近安値の価格や、
何度も相場が跳ね返されている価格帯が
「市場に意識されるライン」
として認識されるという事です。

サポートライン は”支持線”とも呼ばれ、
主に安値圏に位置し、
「反発上昇しやすいライン」
と捉えます。

レジスタンスライン は”抵抗線”とも呼ばれ、
主に高値圏に位置し、
「反発下落しやすいライン」
と捉えます。

TC-ZigZag2機能説明動画

みなさん押し安値と戻り高値って、ご存じですか?

こちらのインジケータですね。勝ちトレーダーさんから
押し安値と戻り高値を簡単に確認する方法はないかとの
依頼で、もうどうしても欲しいということで。。
結構時間もかかりまし、、。苦労して作成したインジケータになります。 fa-frown-o

ここでは押し安値、戻り高値の詳細については
たくさんのブログやyoutubeで
語られているので詳細は割愛させていただきますが

なぜ押し安値、戻り高値を確認することが重要なのかは
押し安値であれば、そこが重要なサポートラインになり
戻り高値であれば、そこが重要なレジスタンスラインに
なるからになります。
それは上位足になればなるほど重要なサポートとレジスタンスラインになるからです。

押し安値を抜くと売り目線になる可能性があり、
戻り高値を抜くと買い目線になる可能性がある
そこでトレンドが継続するのか、
トレンドが転換するのかを確認することが
トレードにおいて非常に重要になるからです。
上か下かということの目線を固定するということが非常に重要だということですね!

そうは言っても実際のチャートで押し安値、戻り高値を確認して今
4時間足で売り目線か買い目線か、1時間足では、
15分足ではどうかを判断するの
結構大変だと思うのですが。。。
このインジケータを使うことにより簡単に把握することができます。

こちら話題のビットコイン、BTCの4時間足のチャートになります。
現在6/11 サポート/レジスタンスレベルの表示 金曜日になります。
(スクリーンショットは6/13のものになります)

戻り高値を抜いて

高値を更新した安値 押し安値1
高値を更新した安値 押し安値2
高値を更新した安値 サポート/レジスタンスレベルの表示 押し安値3
高値を更新した安値 押し安値8
高値を更新した安値 押し安値9

ここでトレンドが転換するのではないか場面になっておりますが サポート/レジスタンスレベルの表示 サポート/レジスタンスレベルの表示
逆三尊のような形になり、価格が戻り高値1を抜き
高値を更新したためトレンド転換ではなく
トレンドが継続したということになっています。

その後、高値を更新し 押し安値1、
高値を更新した 押し安値6となっています。

その後、再度価格が押し安値を抜いて 押し安値6ですね。
安値を更新したため戻り高値1となっており、
いよいよここでトレンドが転換かという状況と
なっております。
その後ですね。価格が大きく下げて、
安値を更新したため戻り高値5となっております。

BTCは4時間足では下げトレンドであり戻り高値5 を抜くまでは売り目線ということになります

このように簡単に主要なレジスタンス、サポートラインが確認でき
いま買い目線なのか、売り目線なのか確認できます。

この数字ですね。これは上昇トレンドであればZigZagの山の数になります。
ここが、3,4,5,6,7
8ということになります。下降トレンドであればZigZagの谷の数になります。 サポート/レジスタンスレベルの表示
1,2,3,4,5になります。

Res C5とっておりますがこれは
いまはレジスタンスライン(戻り高値) カウンター5
という意味になります。

BTCの4時間足をまとめるとこのような図になります。

15分足をみると
Sup C6となっており
これはサポートライン(押し安値)カウンター6ということ
になっています。

こちらにですね。いくつか矢印が表示されております。

これはですね。エリオット波動の3波の可能性を
”後出し”なんですが表示しているものになります。

ここが一番分かりやすいところと思われますが
戻り高値を抜いた
エリオット波動
1波、2波、3波を数えられるとおもいますが
で後出しというのは、ZigZagの仕様から
こちら見ていただくと
Back Step 3となっています。


これは山が形成されると判断される数値で、
まあローソク足3つ分ある ※この場合下げたら
ZigZagの基準で下げたら反転したと判断され
山が形成されるとご理解ください。

エントリーのタイミングとしてはこのインジケータは
戻り高値を抜いて
山を形成した後、アラートが出ます。


詳細はTC-ZigZag2のreadmeを参照してみてください。

下位のローソク足のプライスアクションをみて
買いをいれておけばエリオットの3波に サポート/レジスタンスレベルの表示
乗れたということになります。

もちろんそのあとの波、ここでは
フィボナッチの50まで戻して
上昇しております。アラート設定しておけば
このあたりでアラートが出たとおもわれますので
アラートが出た後、フィボナッチを引いて

下位足のローソク足のプライスアクションをみて
下位のエントリーすれば
エリオットの5波をとれたのではないかということに なります。

もちろんこの法則、チャートはフラクタル構造なので
下位の足でも有効になります。

環境認識をすると、BTC、日足では戻り高値1、
レジスタンスライン カウンター1となっております。

4時足では戻り高値
レジスタンスライン カウンター5 売り目線ということになります。

1時足では戻り高値 カウンター6
レジスタンスラインを表示するため

さらにこちらBTC,15分足のチャートになります。
戻り高値3をに抜いて
押し安値6まで上昇しています。
なので15分足レベルでは押し安値6までは
上昇トレンド、上目線だったいうことになります。

機能として過去2つのZigZag谷山で自動で静的フィボナッチを引きます。

さらに拡大していくと
このインジケータの機能として自動的に”過去2つ”のZigZagの山谷で
このようにフィボナッチが引かれます。


※スタティク(static) フィボナッチで谷山が構成された後引かれる
固定したフィボナッチという意味になります。
右側のはフィボナッチ、ディフォルトでは表示されません。


設定すると表示されるようになり、ダイナミックにフィボナッチが
引かれます。

日足では、売り目線
4時間足も、売り目線 サポート/レジスタンスレベルの表示
1時間足も、売り目線
しかし、15分足では押し安値6までは買い目線だった
※つまり、もし1分足や5分足トレードする場合には買い目線でトレード
したほうがよかったのではないかということになります。

あとこちらのボタンですね。。
サポート/レジスタンスレベルの表示

上から、ZはZigZagラインの表示、非表示の切り替えができます。
Nはノーマルフィボナッチ、逆フィボナッチの切り替えができます。
分かりますかね入れ替わっているの?
※逆フィボナッチ表示に時間がかかる場合があります。
なぜ逆フィボナッチを引くのかというと、

161.8まで伸びたら反転する、161.サポート/レジスタンスレベルの表示 8も一気にぬけると
今度は261.8まで価格が伸びる可能性があるという目安に
なるからです。
利確のターゲットを確認するために逆フィボナッチ
を使用することがあるとご理解ください。

次のボタンはこちら試験的で動作しない場合もありますが
1つ上の足のZigZagを表示します。
いま15分足なんですがこれを押すと1時間足のZigZagを
表示することが出来るということになります。

最後Rボタンですがレジスタンスとサポートラインを再描写する
ボタンになります。ディフォルトで30秒ごとに再描写する
設定になっているので押す必要はないかと思います。

本当、環境認識において押し安値、戻り高値を確認
することはいろんなブログでも書いてあるとおもいますが
非常に重要になります。
これはFXトレードだけでなくDOWやNIKKEIなどのCFD、
株、金などのコモディティー、ビットコインなどの仮想通貨の
トレードでも基本同じになります。
なのでこちらのインジ、ご購入を検討いただければと思います。

こちらのインジケータですがMT5用だけになります。
もしMT4をご使用されているのであれば
MT5のデモ口座を開いて環境認識用に使用していただければと思います。
下の概要欄にお勧めのデモ口座の情報を載せておきました
Titan FXという会社なのですけどツールをダウンロードしたあと
簡単にデモ口座が開けますので試してみてください。

あと月足や週足では計算に必要なローソク足がたりないため表示されないので
ご注意ください。 サポート/レジスタンスレベルの表示
以下のようなエラーは出力されます。

このツールはあくまで補助ツールになります。
すべての条件で検証したわけではありませんので意図した動作にならない場合がございます。

実際の投資はご自身のご判断・責任で行って頂くものであり、
投資におけるいかなる利益も保証するものではなく、また、
投資によるいかなる損害に対しても補償を行うものでもありません。
ご理解いただけますようよろしくお願いいたします。

相場環境認識とは?FXの勝率を劇的に上げるコツを完全解説

なぜなら、レジスタンスは価格上昇を阻む障害として機能するので、買いエントリー後にすぐ上のレジスタンスラインで反転してしまうリスクがあるからです。

ファンダメンタルズの認識

ファンダメンタルズの認識とは、経済指標や金融政策会合などのイベントスケジュールを把握することや、経済や金融政策などによる主要なトレンドを分析することです。

上位足で環境認識をして下位足でエントリーを狙う

トレードの基本として、1種類の時間軸のチャートだけを分析してトレードをするのではなく、複数の時間軸のチャートを分析して戦略を立てる事が有効です。

そして、トレードの流れは、 ①時間軸が長い上位足で相場環境認識を行い、②時間軸が短い下位足でエントリーポイントを探す 、です。

環境認識で使う時間足

4つのFXトレードスタイル
トレードスタイルトレード時間の目安上位足下位足
長期トレード数カ月以上月足
週足
日足
スイングトレード数日~数週間週足
日足
4時間足
1時間足
デイトレード数時間~1日日足
4時間足
1時間足
30分足
15分足
5分足
スキャルピング数秒~数分1時間足
30分足
5分足
1分足

上位足で相場環境認識を行う

それでは次に、高値aを抜けた時点で 安値と高値がそれぞれ切り上がる ので上昇トレンドとなり、「 買い 」を狙うエリアとなります。

上位足で上昇トレンドになったことを確認した上で、 下位足で更に勝率の高いポイントを探る ことで高勝率なトレードが実現できるのです。

カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?

カルダノの4時間チャートの価格は$0.46でした|出典:TradingViewのADAUSD

テクニカル分析

カルダノは4時間足チャートで買い力の低下を記録しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書|カルダノ(ADA)は、0.43ドルまで下落した後、回復するように見えます–ブルズに圧力がかかっています

カルダノは4時間足チャートで資本流入の減少を示しました|出典:TradingViewのADAUSD

推奨読書| Dogecoin(DOGE)はリフトを使用できます–イーロンマスクのツイート、おそらく?

Recent Posts
  • カルダノは0.45ドルで、クマはどのレベルを目指していますか?
  • TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの
  • ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?
  • TA:イーサリアムが1,サポート/レジスタンスレベルの表示 000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります
  • 一貫した弱気なスクイーズの後、ライトコイン(LTC)が50ドルを下回る
Recent Comments
Archives
Categories

Related Posts

IT Info

TA:ビットコインは下降トレンドにとどまり、シャープを上向きに刺激する可能性があるもの

ビットコインは、米ドルに対して19,500ドル未満の弱気ゾーンで取引されています。 19,500ドルの抵抗を超える動きがある場合、BTCは急激な回復の波を開始する可能性があります。 ビットコインは19,500ドルと19,600ドルの抵抗レベルを超えるペースを上げることができませんでした。価格は現在、20,000ドルのレベルと100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 BTC/USDペアの時間足チャート(Krakenからのデータフィード)には、19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインがあります。 19,500ドルのレジスタンスゾーンを超える動きがない限り、ペアは新たな衰退を開始する可能性があります。 ビットコイン価格は逆さまに目が離せない ビットコイン価格は、19,500ドルのサポートゾーンを下回り、さらに下落し始めました。価格は19,000ドルのサポートゾーンを下回り、18,800ドルの水準を下回りました。 18,738ドル近くで安値が形成され、価格は現在損失を統合しています。 19,000ドルのレジスタンスゾーンの上にマイナーな上昇がありました。価格は、最近の下落の23.6%フィボナッチリトレースメントレベルを上回り、20,500ドルの高値から18,サポート/レジスタンスレベルの表示 738ドルの安値に上昇しました。 しかし、価格は現在、19,400ドルのゾーンと100時間ごとの単純移動の近くで強い抵抗に直面しています。平均。 BTC/USDペアの時間足チャートには19,500ドル近くの抵抗で形成される重要な弱気トレンドラインもあります。 トレンドラインは、20,500ドルからの最近の下落の50%フィボナッチリトレースメントレベルに近いです。高値から18,738ドルの安値までスイングします。 出典:TradingView.comのBTCUSD 次の主要な抵抗は19,800ドルのゾーンの近くです。トレンドラインの抵抗を明確に上回り、19,800ドルで価格がさらに上昇する可能性があります。記載されている場合、価格は$20,500レベルに向かって上昇する可能性があります。次の主要な抵抗は21,200ドルのレベルの近くにあります。 BTCの新たな衰退? ビットコインが19,500ドルの抵抗ゾーンをクリアできない場合、別の衰退を開始する可能性があります。マイナス面の即時サポートは19,000ドルレベル近くです。 サポート/レジスタンスレベルの表示 次の主要なサポートは現在18,700ドルレベル近くにあり、それを下回ると価格が大幅に下落する可能性があります。上記の場合、価格はおそらく$17,500レベルに向かって下落する可能性があります。 テクニカル指標: 毎時MACD–MACDは強気ゾーンでペースを失っています。 時間別RSI(相対力指数)– BTC/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 主要サポートレベル– $ 19,000、続いて$18,サポート/レジスタンスレベルの表示 700。 主要レジスタンスレベル– 19,500ドル、19,800ドル、20,サポート/レジスタンスレベルの表示 500ドル。

IT Info

ビットコインは$19Kで苦戦していますが、$ 17Kは次のターゲットですか?

ビットコインは最近非常に不安定で、キングコインは先週7%減少しました。今年の第2四半期にコインが50%近く減少したため、これはビットコインにとって最悪の四半期です。 6月以降、暗号通貨は最悪の弱気な価格行動を記録しました。 過去数日間で、BTCは$ 20,000を下回り、$19,000レベルに達しました。チャートの一貫した落下は、BTCを次のサポートラインに押し上げる可能性があります。購入力が大幅に低下し、過去24時間でBTCが低水準に押し下げられました。 ブルズはチャート上で復活を試み、コインを22,000ドルに引きずりましたが、激しい売りがコインを19,000ドルに引きずりました。コインの重要なサポートレベルは17,000ドルで、クマがより激しく苦しんでいるため、前述のレベルは、今後の取引セッションでのBTCの可能性になる可能性があります。 今日の世界の暗号通貨市場の上限は、0.3で9,140億ドルです。過去24時間の%増加。 ビットコイン価格分析:4時間チャート ビットコインの価格は4時間チャートで19,000ドルでした|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは4つで19,000ドルで取引されていました時間チャート。コインは数週間前に同じレベルで取引され、その後チャートで回復しようとしました。 BTCの抵抗は$20,000、次に$22,000でした。 BTCは、コインがかなりの期間同じ上で取引するのに苦労したため、$22,000で堅い抵抗を目撃しました。 BTCの現在の価格の勢いが続く場合、17,000ドルは時間の問題です。 取引されたビットコインの量は大幅に減少し、チャート上で弱気を示すバーが赤で表示されました。市場では売り圧力が引き継がれていました。 テクニカル分析 ビットコインは4時間足チャートで買い力の低下を示しました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは市場。相対力指数は、40マーク近くの半直線の下に駐車されました。この指標は、市場での購買力を示しています。指標は上昇を示しましたが、買い手は資産への信頼を取り戻していませんでした。 パラボリックSARは、暗号通貨の価格の方向性とトレンドの逆転を示しています。ローソク足の上の点線は、市場の弱気と価格方向の変化を示しています。これはビットコインのマイナスの価格行動を意味しました。 関連資料|ビットコインが28,000ドルに戻る可能性があるのに、2022年末までに ビットコインは4時間足チャートで購入シグナルを点滅させました|出典:TradingViewのBTCUSD BTCは、購買力の大幅な低下を指摘しましたが、 4時間足チャートでは、コインが買いシグナルを点滅させました。移動平均収束発散は強気のクロスオーバーを受けたため、チャート上で価格が一時的に上昇する可能性があります。 これはMACDで緑色のヒストグラムを形成し、チャート上の買いシグナルに結びついています。インディケータは買いシグナルを表示しましたが、買い手は依然として市場で苦戦していました。ボリンジャーバンドは、資産の価格のボラティリティを表しています。 バンドの狭まりは、市場のボラティリティの今後の可能性と結びついています。技術的な見通しは、BTCの価格がさらに下落し、17,000ドルを目指す可能性があることを示唆しています。 関連資料|このビットコイン比率は底にヒントを与えることができますか? Unsplash.comの注目の画像、 TradingView.com

IT Info

TA:イーサリアムが1,000ドルを下回ると、より大きな下降トレンドを引き起こす可能性があります

イーサリアムは、米ドルに対して1,080ドルを下回る水準で苦戦しています。 1,000ドルのサポートゾーンを下回ると、ETHは大幅に下落する可能性があります。 サポート/レジスタンスレベルの表示 イーサリアムは、1,100ドルと1,080ドルのレベルを下回る弱気ゾーンにとどまりました。価格は現在$1,100と100時間ごとの単純移動平均を下回って取引されています。 ETH/USDの時間足チャート(Kraken経由のデータフィード)には、1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインがあります。 1,120ドルのレジスタンスゾーンを超える明確な動きがない限り、ペアは再び減少する可能性があります。 イーサリアム価格はリスクにさらされている イーサリアムは弱気ゾーンにとどまり、1,000ドルのサポートゾーンを再テストしました。 ETHは1,000ドル近くのベースを形成し、最近より高く修正されました。 1,030ドルと1,050ドルのレベルを超えるマイナーな回復波がありました。イーサ価格は23.6%を超えて上昇しました。フィボナッチリトレースメントレベルは、1,236ドルの高値から997ドルの安値へと下落しました。それは$1,100レベルを超えて逆さまのブレークを試みましたが、失敗しました。 現在、$1,100と100時間の単純移動平均を下回っています。 ETH/USDの時間足チャートには1,050ドル近くのサポートで形成される主要な強気トレンドラインもあります。 上値の即時の抵抗は1,060ドルレベル近くです。次の大きな抵抗は$1,080ゾーンの近くです。最初の主要なハードルは、1,100ドルのゾーンの近く、またはキーの50%フィボナッチリトレースメントレベルが1,236ドルの高値から997ドルの低値に下落することです。 1,120ドルのレジスタンスゾーンのすぐ上で、まともな増加が始まる可能性があります。 出典:TradingView.comの ETHUSD 記載されているケースでは、価格は1,180ドルのレジスタンスに向かって上昇する可能性があります。これ以上の上昇は価格を$1,236の高値に向けて送る可能性があります。 ETHのさらなる損失? イーサリアムが$1,080の抵抗を上回らない場合、イーサリアムは下落し続ける可能性があります。マイナス面の最初のサポートは、1,050ドルのゾーンまたはトレンドラインの近くです。 次の主要なサポートは、1,000ドルのゾーンの近くです。 1,000ドルを下回ると、急激に下落する可能性があります。述べられたシナリオでは、エーテル価格はおそらく925ドルのレベルに向かってスライドするかもしれません。これ以上の損失は、880ドルのサポートゾーンに向けて価格を送る可能性があります。 テクニカル指標 サポート/レジスタンスレベルの表示 毎時MACD– ETH/USDのMACDは現在勢いを増しています。弱気ゾーン。 毎時RSI– ETH/USDのRSIは現在50レベルを下回っています。 メジャーサポートレベル– $ 1,000 主要レジスタンスレベル– $ 1,080

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる