投資基礎講座

資金を増やすために必要な株情報は何

資金を増やすために必要な株情報は何

ニュースや新聞、雑誌で多くの用語が飛び交う中で、最近耳にする機会の増えた用語に、スタグフレーションがあります。

スタグフレーションって何?意味や原因、今後の対策法をわかりやすく解説します。


スタグフレーションは、物価が上昇しつつも景気の悪化が続く状態です。
原材料価格や生産コストが上がり続ければ、企業の利益も圧迫され、企業が利益を上げられなければ、社員に支払う給与も増やせません。

スタグフレーションの意味や経済への影響


ニュースや新聞、雑誌で多くの用語が飛び交う中で、最近耳にする機会の増えた用語に、スタグフレーションがあります。

株式市場や景気にもかかわる用語で、関心を持つ人もいるかもしれません。
また、言葉は聞いたことがあるものの、どのような意味なのかを知らない人もいるでしょう。
今回は、スタグフレーションの意味や経済への影響を紹介します。

スタグフレーションとは

スタグフレーションは、景気の停滞を意味する「stagnation(スタグネーション)」と、経済の価格水準が全般的に上昇することを意味する「inflation(インフレーション)」を組み合わせた合成語です。
経済活動が停滞しながら、物価が持続的に上昇している経済状態 を表す言葉です。

インフレとデフレについておさらいしよう

インフレは、 物価が上昇し続けて、通貨の価値が下がる 状態を指します。
インフレになる原因は、供給を上回る需要です。

一方で、 デフレは物価が継続的に下落する 状態を指し、商品やサービスが売れずに通貨の価値は上がります。
商品やサービスが売れなければ企業の業績は悪くなり、賃金も上がりません。

消費者の購買意欲も下がって、安い価格でしか購入しなくなります。
安くないと売れないため、企業は価格を引き下げていき、さらに不景気になる悪いサイクルです。
このサイクルは、デフレスパイラルと呼ばれています。

インフレ・デフレとの景気の関係

景気には、 物の値段が下がるデフレ時は景気が停滞しやすく、物の値段が上がるインフレ時は景気が安定・拡大しやすい 特徴があります。

インフレは、需要が供給を上回る時のほか、原材料価格が上昇する時に起こりやすい現象です。
需要が増えれば企業の生産活動が活発化し、給料が上がる好循環を招くため、緩やかなインフレは景気の安定化、拡大を促進します。
一方で、景気が停滞すれば物価が下落するデフレとなります。
この景気停滞と、インフレの物価上昇が掛け合わされた状態がスタグフレーションです。

スタグフレーションが与える家計への影響

賃金が据え置かれて消費が冷え込んだとしても、原油や穀物価格などが上昇すれば企業のコストは上がり続けます。
消費者にとっては、 日常的に購入する商品やサービスの値段が引き上げられ、生活のコストが増加して、家計は圧迫 されます。

日常生活で、家計への影響を認識しやすいのがガソリン価格です。
経済産業省資源エネルギー庁では、給油所小売価格調査(ガソリン・軽油・灯油)を実施しています。
2022年5月23日時点では、レギュラー現金価格の全国平均は168.8円でした。
同年3月14日の全国平均175.資金を増やすために必要な株情報は何 2円よりは下がったものの、それでも前年5月24日の全国平均額である152.6円と比較すると大きく上昇しています。

さらに、食料品の値上げも避けられません。
食パンや菓子パンを製造する大手パンメーカーは、同社が製造する141品目について、2022年7月1日出荷分から値上げすることを発表しました。
同社は、同年の1月にも食パンや菓子パンの値上げを行っています。

近年、コロナウイルス感染症の影響で失業者が増える状況で、 生活必需品の高騰は、生活が困窮している家庭にとって大きな打撃 です。
今後は、社会福祉による救済措置やサポートの役割も大きくなると考えられます。

どうしてスタグフレーションが起こるのか

また、戦争や紛争も供給不足の原因のひとつです。
ロシアがウクライナに軍事侵攻したことで、原油やガソリンなどのエネルギー、小麦やトウモロコシのような穀物など、コモディティ(商品先物)価格は急激に上昇 しました。

オイルショックから学ぶこと

日本も過去にスタグフレーションを経験したことがあります。
1970年代から1980年代前半のオイルショック(石油危機)は、スタグフレーションを引き起こしました。
1973年に第4次中央戦争が勃発し、石油輸出国機構(OPEC)が原油価格を引き上げたことがオイルショックの発端です。

この違いは、 政府が第1次オイルショックの経験から省エネ対策などのサポートを行った点と、国民が混乱せずに冷静だった 点が挙げられます。
対策の結果、景気の落ち込みも少なく株価が下支えられたと考えられます。

これらのオイルショックによる社会の変化や経済に与えた影響から、今後物価の上昇が起きたとしても、 政府の対策や、国民と企業の努力によって、社会の安定性や経済は維持できる 資金を増やすために必要な株情報は何 ことがわかるでしょう。

2022年にスタグフレーションになる?


2022年は、金融面で大きな転換期となる年だと予測されます。
新型コロナウイルス感染症が感染拡大してから、世界的には金融緩和が進められ、アメリカの中央銀行である米連邦準備理事会は、米連邦公開市場委員会で利上げを決定しました。
これは、さらなる物価高を抑制する目的があります。

また、ロシアのウクライナ侵攻についても、世界中が関心を寄せています。 資金を増やすために必要な株情報は何
両国は資源産出国であることから、今後も供給不足の懸念が続けば物価高を招いて景気を悪化させるかもしれません。
物価高や景気悪化が続けば、スタグフレーションがさらに深刻化する恐れも極めて高いと考えられます。

個人がスタグフレーションにできる対策

スタグフレーションは世界的な流れであり、個人では対処のしようがないと感じる人もいるかもしれません。
しかし、何の対策も講じないと、ただ家計が苦しくなるばかりです。
個人がスタグフレーションにできる対策があるのかどうかを説明します。

スタグフレーションだと投資はどうなるの?

ただし、スタグフレーションのリスクが高い中では投資家心理は冷え込みます。
不況になるリスクが高まり、社会不安が強くなるため、積極的に投資をしようと考えられない投資家も多いでしょう。
実際、アメリカでニクソン大統領政権にスタグフレーションが起こった際は、S&P500が下落しています。

株式市場の状況が芳しくないと、優良な銘柄でも下落してしまうこともあります。
投資にとっては悪い環境と捉えられがちではありますが、裏を返せば 優良株や高配当株を割安で購入しやすい 環境です。
投資家心理が冷え込む時期に、良い銘柄を仕込んでおく長期スタンスの投資が適しているといえます。

資産を守るために幅広く投資しよう

スタグフレーションは株式にとって必ずしも良い状況とはいえませんが、 スタグフレーションが起きた時にも強い投資商品も あります。
例えば、金や銀、プラチナなどは不況下でも価格変動が少なく、これらの商品を早めに購入しておくことも効果的です。

また、不動産も不況下でも価値が下落しにくい資産です。
いきなり不動産投資と聞くと、不動産を買うほどの資金が用意できないと感じる人もいるかもしれません。
そのような場合は、数万円からでも不動産投資ができる不動産投資信託(REIT)も検討してみましょう。
商品や不動産などに投資する投資信託を活用して、分散投資しておくこともスタグフレーションへの対策の有効な手段です。

スタグフレーションが起きた時のために企業ができること

スタグフレーションになった時、すべての企業が悪い状況に置かれるわけではありません。
スタグフレーション下でも、利益を増やしたり、ビジネスチャンスを掴んだりする企業もあります。
スタグフレーションの時に企業ができることには、何があるのかをまとめました。
景気や社会情勢が悪化に傾いた時でも、冷静に対応しましょう。

商品の付加価値やブランディングを高める

企業にできる対応は、 商品やサービスの価格を上げても選ばれ続けるだけのブランディングや商品づくり を行うことです。
値上げしても納得感がある商品づくりやブランディングで、スタグフレーションに対抗します。

ターゲットの市場を増やす

どれだけ良い商品やサービスがあったとしても、ターゲットにしている市場を間違えば利益になりません。
需要が縮小しているスタグフレーション下では特に、幅広い層をターゲットとして 市場拡大を目指し ます。

販売チャネルを増やす

店舗販売だけでなく、ECサイトをスタートしたり、SNSを使って集客したりチャレンジしてみてください。
購買意欲が減退する中で販売チャネルを限定していると、そのチャネルで売れなくなった時に全体に与える影響が大きくなってしまいます。
リスクを分散させるためにも、 多くのチャネルでの販売 を検討しましょう。

消費者ニーズに対応する

情報を得やすくなった消費者は、損をしないために、より効果的にニーズを満たせるような商品やサービスを探しています。
企業も消費者ニーズの変化に遅れることがないように、 短いスパンで商品やサービスを提供する ことが求められます。
よりフットワークを軽くして、顧客ニーズに対応しましょう。

経営を分析する

スタグフレーションに陥ると、企業が実施するビジネスにも大きく影響を与えます。
どのような影響があるのかをあらかじめシミュレーションすると同時に、企業の安全性を分析して、 継続的に経営できるかどうか、資金繰りに無理がないか を検討してください。

スタグフレーションって何?意味や原因、今後の対策法をわかりやすく解説します。


スタグフレーションは、物価が上昇しつつも景気の悪化が続く状態です。
原材料価格や生産コストが上がり続ければ、企業の利益も圧迫され、企業が利益を上げられなければ、社員に支払う給与も増やせません。

スタグフレーションの意味や経済への影響


ニュースや新聞、雑誌で多くの用語が飛び交う中で、最近耳にする機会の増えた用語に、スタグフレーションがあります。

株式市場や景気にもかかわる用語で、関心を持つ人もいるかもしれません。
また、言葉は聞いたことがあるものの、どのような意味なのかを知らない人もいるでしょう。 資金を増やすために必要な株情報は何
今回は、スタグフレーションの意味や経済への影響を紹介します。

スタグフレーションとは

スタグフレーションは、景気の停滞を意味する「stagnation(スタグネーション)」と、経済の価格水準が全般的に上昇することを意味する「inflation(インフレーション)」を組み合わせた合成語です。
経済活動が停滞しながら、物価が持続的に上昇している経済状態 を表す言葉です。

インフレとデフレについておさらいしよう

インフレは、 物価が上昇し続けて、通貨の価値が下がる 状態を指します。
インフレになる原因は、供給を上回る需要です。

一方で、 デフレは物価が継続的に下落する 状態を指し、商品やサービスが売れずに通貨の価値は上がります。
商品やサービスが売れなければ企業の業績は悪くなり、賃金も上がりません。

消費者の購買意欲も下がって、安い価格でしか購入しなくなります。
安くないと売れないため、企業は価格を引き下げていき、さらに不景気になる悪いサイクルです。
このサイクルは、デフレスパイラルと呼ばれています。

インフレ・デフレとの景気の関係

景気には、 物の値段が下がるデフレ時は景気が停滞しやすく、物の値段が上がるインフレ時は景気が安定・拡大しやすい 特徴があります。

インフレは、需要が供給を上回る時のほか、原材料価格が上昇する時に起こりやすい現象です。
需要が増えれば企業の生産活動が活発化し、給料が上がる好循環を招くため、緩やかなインフレは景気の安定化、拡大を促進します。
一方で、景気が停滞すれば物価が下落するデフレとなります。
この景気停滞と、インフレの物価上昇が掛け合わされた状態がスタグフレーションです。

スタグフレーションが与える家計への影響

賃金が据え置かれて消費が冷え込んだとしても、原油や穀物価格などが上昇すれば企業のコストは上がり続けます。
消費者にとっては、 日常的に購入する商品やサービスの値段が引き上げられ、生活のコストが増加して、家計は圧迫 されます。

日常生活で、家計への影響を認識しやすいのがガソリン価格です。
経済産業省資源エネルギー庁では、給油所小売価格調査(ガソリン・軽油・灯油)を実施しています。
2022年5月23日時点では、レギュラー現金価格の全国平均は168.8円でした。
同年3月14日の全国平均175.2円よりは下がったものの、それでも前年5月24日の全国平均額である152.6円と比較すると大きく上昇しています。

さらに、食料品の値上げも避けられません。
食パンや菓子パンを製造する大手パンメーカーは、同社が製造する141品目について、2022年7月1日出荷分から値上げすることを発表しました。 資金を増やすために必要な株情報は何
同社は、同年の1月にも食パンや菓子パンの値上げを行っています。

近年、コロナウイルス感染症の影響で失業者が増える状況で、 生活必需品の高騰は、生活が困窮している家庭にとって大きな打撃 です。
今後は、社会福祉による救済措置やサポートの役割も大きくなると考えられます。

どうしてスタグフレーションが起こるのか

また、戦争や紛争も供給不足の原因のひとつです。
ロシアがウクライナに軍事侵攻したことで、原油やガソリンなどのエネルギー、小麦やトウモロコシのような穀物など、コモディティ(商品先物)価格は急激に上昇 しました。

オイルショックから学ぶこと

日本も過去にスタグフレーションを経験したことがあります。
1970年代から1980年代前半のオイルショック(石油危機)は、スタグフレーションを引き起こしました。
1973年に第4次中央戦争が勃発し、石油輸出国機構(OPEC)が原油価格を引き上げたことがオイルショックの発端です。

この違いは、 政府が第1次オイルショックの経験から省エネ対策などのサポートを行った点と、国民が混乱せずに冷静だった 点が挙げられます。
対策の結果、景気の落ち込みも少なく株価が下支えられたと考えられます。

これらのオイルショックによる社会の変化や経済に与えた影響から、今後物価の上昇が起きたとしても、 政府の対策や、国民と企業の努力によって、社会の安定性や経済は維持できる 資金を増やすために必要な株情報は何 ことがわかるでしょう。

2022年にスタグフレーションになる?


2022年は、金融面で大きな転換期となる年だと予測されます。
新型コロナウイルス感染症が感染拡大してから、世界的には金融緩和が進められ、アメリカの中央銀行である米連邦準備理事会は、米連邦公開市場委員会で利上げを決定しました。
これは、さらなる物価高を抑制する目的があります。

また、ロシアのウクライナ侵攻についても、世界中が関心を寄せています。
両国は資源産出国であることから、今後も供給不足の懸念が続けば物価高を招いて景気を悪化させるかもしれません。
物価高や景気悪化が続けば、スタグフレーションがさらに深刻化する恐れも極めて高いと考えられます。

個人がスタグフレーションにできる対策

スタグフレーションは世界的な流れであり、個人では対処のしようがないと感じる人もいるかもしれません。
しかし、何の対策も講じないと、ただ家計が苦しくなるばかりです。
個人がスタグフレーションにできる対策があるのかどうかを説明します。

スタグフレーションだと投資はどうなるの?

ただし、スタグフレーションのリスクが高い中では投資家心理は冷え込みます。
不況になるリスクが高まり、社会不安が強くなるため、積極的に投資をしようと考えられない投資家も多いでしょう。
実際、アメリカでニクソン大統領政権にスタグフレーションが起こった際は、S&P500が下落しています。

株式市場の状況が芳しくないと、優良な銘柄でも下落してしまうこともあります。
投資にとっては悪い環境と捉えられがちではありますが、裏を返せば 優良株や高配当株を割安で購入しやすい 環境です。
投資家心理が冷え込む時期に、良い銘柄を仕込んでおく長期スタンスの投資が適しているといえます。

資産を守るために幅広く投資しよう

スタグフレーションは株式にとって必ずしも良い状況とはいえませんが、 スタグフレーションが起きた時にも強い投資商品も あります。
例えば、金や銀、プラチナなどは不況下でも価格変動が少なく、これらの商品を早めに購入しておくことも効果的です。

また、不動産も不況下でも価値が下落しにくい資産です。
いきなり不動産投資と聞くと、不動産を買うほどの資金が用意できないと感じる人もいるかもしれません。
そのような場合は、数万円からでも不動産投資ができる不動産投資信託(REIT)も検討してみましょう。 資金を増やすために必要な株情報は何
商品や不動産などに投資する投資信託を活用して、分散投資しておくこともスタグフレーションへの対策の有効な手段です。

スタグフレーションが起きた時のために企業ができること

スタグフレーションになった時、すべての企業が悪い状況に置かれるわけではありません。
スタグフレーション下でも、利益を増やしたり、ビジネスチャンスを掴んだりする企業もあります。
スタグフレーションの時に企業ができることには、何があるのかをまとめました。
景気や社会情勢が悪化に傾いた時でも、冷静に対応しましょう。

商品の付加価値やブランディングを高める

企業にできる対応は、 商品やサービスの価格を上げても選ばれ続けるだけのブランディングや商品づくり を行うことです。
値上げしても納得感がある商品づくりやブランディングで、スタグフレーションに対抗します。

ターゲットの市場を増やす

どれだけ良い商品やサービスがあったとしても、ターゲットにしている市場を間違えば利益になりません。
需要が縮小しているスタグフレーション下では特に、幅広い層をターゲットとして 市場拡大を目指し ます。

販売チャネルを増やす

店舗販売だけでなく、ECサイトをスタートしたり、SNSを使って集客したりチャレンジしてみてください。
購買意欲が減退する中で販売チャネルを限定していると、そのチャネルで売れなくなった時に全体に与える影響が大きくなってしまいます。
リスクを分散させるためにも、 多くのチャネルでの販売 を検討しましょう。

消費者ニーズに対応する

情報を得やすくなった消費者は、損をしないために、より効果的にニーズを満たせるような商品やサービスを探しています。
企業も消費者ニーズの変化に遅れることがないように、 短いスパンで商品やサービスを提供する ことが求められます。
よりフットワークを軽くして、顧客ニーズに対応しましょう。

経営を分析する

スタグフレーションに陥ると、企業が実施するビジネスにも大きく影響を与えます。
どのような影響があるのかをあらかじめシミュレーションすると同時に、企業の安全性を分析して、 継続的に経営できるかどうか、資金繰りに無理がないか を検討してください。

100万円を1000万円にする方法! お金を増やす賢い資産運用とは?


100万円を1000万円にする方法にはいろいろなものがありますが、この記事では 賢い資産運用の方法 として、以下の6つの方法を紹介します。

  1. NISA(ニーサ)
  2. iDeCo(確定拠出年金)
  3. 外国為替取引(FX)
  4. 投資信託(ファンド)
  5. 不動産投資
  6. 株式投資

方法①:NISA(ニーサ)

NISAを始めるには証券会社や銀行などで専用のNISA口座をつくり、株式や投資信託を購入するだけなので簡単です。NISA口座で投資した株式や投資信託に利益が出た場合、その所得税と住民税が非課税になります。

  • NISA口座は1人1つまで
  • 期間は最長で5年
  • 投資の上限額は年間で120万円

特に期間や投資額に上限があるのがNISAの特徴であり、注意が必要な点です。この点についてはのちほど詳しく説明します。

方法②:iDeCo(確定拠出年金)

iDeCo(イデコ)も、NISAと同様に老後資金の準備を目的につくられた制度です。NISAとの違いは、iDeCoは「年金」という位置づけのため、

  • 拠出した資金は原則として60歳になるまで引き出すことができない

に、税制上の優遇措置があり、またiDeCoを始める年齢にもよりますが原則として投資期間は60歳までと長いため、NISAよりも大きな節税効果が期待できるのが特徴です。

方法③:外国為替取引(FX)

  • レバレッジ(最大25倍)をかけることで、小さな金額で大きな取引ができる
  • 平日はほぼ24時間、取引ができる
  • 日本円よりも高金利の通貨を買えば金利収入が狙える

特に小さな金額から始められる点と、24時間取引ができる点が会社勤めなどで忙しい人にも支持されています。

方法④:投資信託(ファンド)

投資信託であれば、証券会社によっては100円から購入可能な場合もあるので、資金が少ない人や投資にあまり時間をかけられない人にも人気があります。

方法⑤:不動産投資

テナント(入居者)が見つかれば毎月決まった家賃収入が見込めるのが不動産投資の魅力で、不動産投資を専業にする人だけでなく、サラリーマンなどでも挑戦できる投資です。

方法⑥:株式投資

また他の投資にはない株式投資の特徴として、配当金や株主優待があります。

100万円を1000万円にする方法のメリット・デメリット


NISAのメリット:少額から始められる

NISAのデメリット:選べる金融商品が限定されている

実はNISA口座には 選べる金融商品が限定されている というデメリットがあります。NISAの対象となるのは上場株式等の金融商品と決められており、具体的には以下のような商品がNISA口座で取り扱い可能です。

  • 上場株式
  • 株式投資信託
  • 上場投資信託(ETF)
  • 不動産投資信託(J-REIT)など

iDeCoのメリット:積み立てた掛金が全額所得控除になる

資産形成を後押しするため、iDeCoにはいくつかの税制優遇措置が用意されていますが、なかでも 積み立てた掛け金が全額所得控除になる メリットは大きいです。

しかも全額所得控除による節税効果は毎年得られるので、運用期間が長くなれば長くなるほど大きなメリットが得られます。

iDeCoのデメリット:運用状況によって、資産が増減する

投資商品や銘柄によって資産の変動幅は異なるものの、どの金融商品もある程度、景気の影響を受けます。したがってiDeCoを利用する場合、 運用状況によって資産が増減する ことは避けられません。

FXのメリット:平日ほぼ24時間取引できる

FXのメリットは 平日はほぼ24時間取引できる ことですが、24時間いつも同じくらいの取引量があるわけではありません。

そのため、日中は仕事があるサラリーマンの人でも仕事のあとにFXの取引に参加しやすいのです。

FXのデメリット:寝ている間に損することもある

FXが平日24時間取引可能であることはメリットである反面、デメリットにもなります。それは日本が夜の間も市場が動き続けるため、 寝ている間に損をすることもある ということです。

寝ている間に大きな損をする可能性もあり、心が休まる暇がないのがFXのデメリットです。

投資信託のメリット:プロが代わりに運用してくれる

投資信託の最大のメリットが、自分に代わって プロのファンドマネージャーが資金を運用してくれる ことです。

しかし投資信託であれば100円などの少額から、投資をプロにおまかせすることができます。

投資信託のデメリット:コストがかかる

お金の運用をプロに頼むことができる投資信託ですが、デメリットはその分 コストがかかる ことです。

せっかく投資信託が良い成績を上げて資金が増えても、手数料で利益が減ってしまっては元も子もありませんね。

不動産投資のメリット:所得税・住民税の節税効果を得られる

不動産投資のデメリット:空室リスクがある

賃貸収入を目的に不動産投資をする場合、一番大きなデメリットは 空室リスク があることです。

入居者が退去してしまえば新しい入居者を募集するコストがかかりますし、なにより空室の間はまったく収入が得られなくなってしまいます

株式投資のメリット・配当金:株主優待がもらえる

株式投資のメリットの一つに、 配当金や株主優待がもらえる ことが挙げられます。株式は原則として売却しなければ利益を得ることができませんが、配当金や株主優待は株式を保有しているだけでもらえるものです。

配当金はその名の通り、企業が利益の一部を株主へ配当として支払うことです。投資している企業の業績が良ければ株価が上がり、さらに配当金額が増えることも期待できます。

例として自社製品の詰め合わせや、外食企業ではお食事券などを配布しているところがあり、株式投資の楽しみの一つとなっています。

株式投資のデメリット:初期投資額が比較的高い

株式投資のデメリットとしては、他の100万円を1000万円にする方法と比べて 資金を増やすために必要な株情報は何 初期投資額が高い ことがあります。

株式では単元株数が定められているため、ご自身が投資可能な資金に合わせて、たとえば1株だけ買うということは原則としてできません

それぞれの方法がおすすめな人とおすすめできない人


ここまでの記事では、以下の6つの100万円を1000万円にする方法について、それぞれの メリット・デメリット を解説しました。

    資金を増やすために必要な株情報は何
  • NISA(ニーサ)
  • iDeCo(確定拠出年金)
  • 外国為替取引(FX)
  • 投資信託(ファンド)
  • 不動産投資
  • 株式投資

どの方法にもメリット・デメリットがあり、すべての人におすすめできる方法は残念ながらありません。ここでは6つの100万円を1000万円にする方法について、メリット・デメリットをもとに、それぞれの方法がおすすめな人とおすすめできない人について紹介します。

NISAがおすすめな人:毎月の投資金額が少ない人

NISAがおすすめな人は 毎月の投資金額が少ない 人です。なぜなら、NISAは年間120万円という投資額の上限があるためです。

NISAの上限は1月から12月までの12ヶ月間で120万円です。単純に計算すると1ヶ月あたりの投資金額は最高で10万円になりますので、余裕資金で投資を始める分には十分な金額です。特に若い世代では、毎月10万円以上投資ができる人は多くないでしょう。

NISAがおすすめできない人:短期売買がしたい人

NISAでは年間の投資額の上限が120万円と決められており、毎年1月から12月まで、一度使ってしまった非課税投資枠は復活することはありません

アメリカで一般的なゴールベースアプローチとは?目標設定の大切さ

アメリカで一般的なゴールベースアプローチとは?目標設定の大切さ

ON COMPASSでは投資家にとって将来の目標(ゴール)に向かった資産の管理・運用(ゴールベースアプローチ)が大切であると考えます。そのために明確な目標金額を決められる仕組みがあったり、運用して貯めて、ある年齢から運用しながら引き出していくことができたりと、お客さまのさまざまなライフスタイルに応えるプランニングが可能です。
また、環境変化によっては明確で適切なゴールの設定を見直すことも必要となります。ON COMPASSでは、これらのサポートも達成確率の表示などを通じて行っています。投資家のゴールの実現を、共に目指していきたいという想いを持っています。

目標金額

将来の老後資金を貯めたい

子どもの教育資金を貯めたい

退職金を使いながら運用したい

ON COMPASSでは「ポケットの中に素晴らしい人生を」というタグラインをWEBサイトで使っています。これは資産運用によって、お客様の人生を素晴らしいものにしたいと考えているためです。
上記のような目標や夢を持って頑張る人を、ON COMPASSが全力でサポートします。

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 資金を増やすために必要な株情報は何 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 資金を増やすために必要な株情報は何 一般社団法人 投資信託協会

●ON COMPASS 留意事項 <リスク> ・投資一任契約に基づき買付対象となる投資信託は、主に値動きのある有価証券等を投資対象としています。 ・投資信託の基準価額は、組み入れた有価証券等の値動き等(組入商品が外貨建てである場合には為替相場の 変動を含む)の影響により上下するため、これにより元本損失が生じることがあります。 ・投資信託は、投資元本及び分配金の保証された商品ではありません。 <手数料・費用等> ・投資一任契約に基づき買付けされた投資信託については、申込手数料、解約手数料、信託財産留保額はかかりません。 当該投資信託の保有期間中に間接的にご負担いただく費用として、純資産総額に対して年率0.825%(税込0.9075%)を乗じた額の信託報酬(運用資産の純資産総額に対し年率0.60%(税込0.66%)の調整後投資一任報酬を含みます。)がかかります。また、当該投資信託が投資対象とする投資信託証券の純資産総額に対して年率0.10%(概算)程度を乗じた額の運用管理費用及びその他費用がかかります。その他費用については、運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限額等を示すことができません。・ON COMPASSの実質コストの合計は、運用資産残高に対して年率1.0075%程度(税抜0.925%程度)を想定しています。・投資一任口座の口座開設・維持費はかかりません。 資金を増やすために必要な株情報は何 <その他重要事項> ・お客様が投資一任口座を開設する口座管理金融機関は、投資一任契約締結の媒介業務をマネックス・アセットマネジメントから委託され、投資一任契約締結に係る勧誘や内容説明等を行います。 ・口座管理金融機関は媒介業務に係る報酬をお客様から頂くことはありません。 ・お取引の際は、契約締結前交付書面や交付目論見書等を必ずご確認ください。 (会社の概要) マネックス・アセットマネジメント株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商) 第2882号 加入協会 一般社団法人 日本投資顧問業協会 一般社団法人 投資信託協会

実物資産には何がある?安全に資産を増やせる実物資産投資を徹底解説!

現状、資産価値が安定している金は、預貯金のように長期間安定して持ち続けられる事がメリットです。
しかし価値が安定しているため、資産を増やす事には適していません。
同じ実物資産でも、不動産は家賃収入として毎月の収益が発生します。価値が下がらず、安全に長期的に安定した収入が見込めます。 資金を増やすために必要な株情報は何
これからの日本は高齢化問題や年金問題など様々な不安を抱えています。子供の教育費や自分の老後のために、今ある資産は絶対減らしたくないですし、増やせるのなら少しでも増やしていきたいですよね。

この記事では、実物資産と言われる物にはどのような物があるのか。
そしてその特徴や、メリット・デメリットをポイントごとにわかりやすくお伝えします。
あわせて資産のもう一つの種類である金融資産に関しても、実物資産と比較しつつご説明していきます。

これまで正しく知らなかった実物資産に関する知識を知って、各種ある実物資産に投資した場合の違いについて理解する手助けになればと思います。
今ある資産・将来の資産を安心安定して増やすために、自分がどの資産を運用すれば良いのかの選択肢が広がってほしいと思います。
ぜひご一読ください。

不動産投資相談受付

1.実物資産とは?

実物資産とは「実物」つまり形があり、それ自体に価値がある資産のことをいいます。 身近なものとしては金やプラチナなどの貴金属です。
また土地や建物などの不動産系、絵画・時計・ワインなど様々な種類のコレクション系の物があります。
それぞれの特徴・メリット・デメリットなど、資産のもうひとつの種類である「金融資産」と比較することで、より分かりやすく理解することが出来ます。

1-1. 「実物資産」=「形のある資産」

それぞれ特徴がありますが、全てにおいて言える事が、比較的価値が下がりにくく、かつ投資リスクが低い事です。
なぜならば、前述した通りそのもの自体に価値があるため、元本の減るリスクが少ないからです。
そして、価値が安定している事で大きく利益が出る事はありませんが、安定して長期的に運用する事が出来ます。
そのため、「安全資産」とも言われ、金融危機や世界情勢の変化によって金融資産が大きな影響を受ける中、安定して資産を保有したい方や堅実に増やしたい方、初めて投資を考える方などにおすすめ出来て、改めてその価値を注目される資産です。

1-2. 「金融資産」=「形のない資産」

「実物資産」と対象に、形を持たない資産が「金融資産」です。それ自体は実体を持ちませんが、比較的容易に現金化できる資産の事です。
金融資産には以下の種類があります。

自分が持っている資産を貯蓄・投資し、効率的に資産を増やしていくことを資産運用と言います。
「貯蓄」は、お金=資産を蓄える事。「投資」は、資産を使って利益を増やす事です。
金融資産の中で投資の対象になるのが、預貯金・株式・債権・投資信託になります。

では、その他の債権・株式・投資信託はどうでしょう。
株式・債権は個人が投資として購入できる商品で、投資信託は個人に代わって資産運用のプロが株式や債券などを運用して、成果に応じて投資家に分配する金融商品です。
債権は利息が定期預金よりも高く、満期返済時には満額保障が約束されています。金融資産の中では預貯金の次に安定している投資先と言われています。
株式・投資信託はどちらも価格変動が大きく元本割れするリスクも大きい商品で、取り扱う際には十分注意をする必要があります。半面、大きな利益につながることもあるため、リスクを承知でハイリターンを狙う方に向いています。

1-3.「実物資産」「金融資産」の投資的観点での比較

安全性:元本や利子の支払いの確実さ。
流動性:お金が必要になった時、すぐに現金化する事が出来るか。
収益性:期待できる収益の大きさ。
安定性:安定した利益が見込めるか。
レバレッジ効果:少額の投資資金で大きなリターンが期待できる事。

これらのポイントが全て優れているものはありません。どの商品も何かしらリスクがあり、それぞれの特徴を見ながら自分に合った投資先を見つける事が大切です。
特に安全性と収益性は相反するものが多く、一般的に収益性が高いものは安全性が低くなっています。

2.実物投資の4つのメリット

2-1. 資産価値がある

先述した通り、実物資産はそれ自体に価値がある資産です。
長期間にわたり比較的価値が落ちにくく、たとえ下がったとしても金融資産のように価値が0になる事は非常に考えにくく、うまく売却すればまとまったお金になります。
中でも金は古くから全世界共通で価値が認められており、価値も年々上昇傾向にあります。10年前と比べて約3倍、15年前と比べて約4.5倍に値上がりしています。月々数千円の少額から始められるため、投資初心者の方も安心して始めることが出来ます。

金の年次価格推移

2-2. 金融危機に強い

株価の歴史的上昇・下落

しかし、実物資産はそれ自体に価値があるため、景気の影響を受けにくく価値は落ちにくいです。中でも「金」は国際的に見て、金融市場が不安定になると価格が上昇する傾向があります。

金の過去20年月間最高値・最安値価格推移

2-3.インフレに強い

インフレとはインフレーションの略で、物価が上がることをいいます。物価が上がるということはお金の価値が下がるという事です。実物資産は物なので、インフレが起こると価値が上がる傾向にあります。特に不動産は物価が上がると比例して価値が上がると言われています。インフレに対応できる資産として、実物資産が安全資産と呼ばれる理由です。

2-4.レバレッジ効果がある

このレバレッジ効果が実物資産の不動産にも当てはまります。不動産においてのレバレッジ効果は銀行からの融資です。ローンを組むことで自己資金の何倍もの額の物件を購入する事が可能です。不動産投資は株やFXと違い、購入する物件の収益性や購入者の社会的信用性が銀行から評価されることによって、お金を借りることが可能となるのです。
また、家賃収入を月々のローンに充てることが出来るため、資産を持ちつつ、収入も得る事が出来るのが他にはない不動産の魅力です。

3.実物投資の4つのデメリット

3-1. 流動性が低い

実物資産は思ったときにすぐ換金できる金融資産と違い、すぐ換金する事は出来ません。中でも不動産は買い手が付かなければ売れませんし、高額なため買い手がなかなか見つからない事もあります。
また、不動産は保有するのにコストが発生します。税金や固定資産がそれにあたります。また、管理費や修繕費など長期にわたって保有すればその分のコストも大きくなってきます。

3-2. 収益を生みづらい

金融資産は株の配当金やわずかながらでも預貯金や債権の利子があります。
しかし、貴金属やコレクション系の実物資産は保有しているだけでは利益になりません。購入時より高額で売却できた場合の売買益(キャピタルゲイン)が出ることで利益になります。しかし、価値が安定しているためその収益を生みにくく、短期間で利益を出すことは難しいと言えます。
貴金属に関しては、有事の際に換金可能な資産として長期的に安定して保有するのに向いています。

ただし、実物資産の中でも不動産は入居者がいれば家賃収入という毎月の定期的な収益(インカムゲイン)が発生します。利益を手にしながら実物資産を所有したい方は、貴金属ではなく、不動産に投資するのが良いでしょう。

3-3. 盗難の危険性

貴金属やコレクションは手元に現物を保有できますが、盗難の可能性があります。
そのリスクを避けるために、銀行の貸金庫に預けるなど対策をとると安心です。また、貴金属同様、コレクション系もプレミアがつくような高額標品は盗難・破損・紛失を避けるため厳重な保管や保険に入る事も必要です。

3-4. 自然災害による損失

貴金属に盗難リスクがあるように、不動産には自然災害によるリスクがあります。
火災・地震・洪水などは未然に防ぐことは困難なため、被害を最小限に抑えるための対策を取ることが大切です。
物件購入時にハザードマップ(各市区町村で保管してある自然災害による被害を予測し、その被害範囲を地図化したもの。)などで比較的安全なエリアを購入する事でリスクを抑える事に繋がります。
また保険などの加入も災害リスクの備えになります。

4. 実物資産の「種類」と「特徴」

これまでも実物資産についていくつか種類や特徴について述べてきましたが、改めて詳しく説明していきたいと思います。
あなたが実物資産での投資を考えるのなら、それぞれ種類によってどのような違いがあるのかをより詳しく知る必要があるでしょう。

4-1.貴金属(金・銀・プラチナ・ダイヤモンドなど)

購入時よりも高い値段で売却をする事で利益を得る事ができますが、価値が安定しているため投資性は低いと言えます。
金に比べて安価な銀、希少性が高いプラチナは変動リスクがあり金と比べてハイリスクな商品です。
また、ダイヤモンドを実物資産として所有する方は多くありません。宝石としての資産価値は高いですが、金・銀・プラチナのような定価がなく市場での取引が不安定だからです。貴金属の投資を考えている方は、価格が安定しており流動性もある金がおすすめです。

4-2. 不動産(マンション・アパート・土地・一戸建てなど)

3つの実物資産の種類の中でもっとも投資として運用しやすいのが、この不動産系の実物資産です。
貴金属やコレクション系の実物資産の運用は保有か売却です。しかし不動産は家賃として毎月安定した利益が見込めるのが他と違って大きな特徴となります。

自己資金が少なくても銀行からの融資を受けて高額な物件の購入が可能です。家賃収入からローン返済が可能なため、初期費用を抑えられる面もあります。
また、社会情勢や経済情勢により大きな価格変動が考えられる金融資産と異なり、不動産投資の事業は入居者の家賃収入という生活に必要な需要の為、景気の変動で入居者が減る可能性は少ないです。
所有している物件に空室が発生した際は家賃収入が入らないので注意が必要ですが、長期的に運用が可能で、返済後は資産となり、売却の際にはまとまったお金が手に入ります。

この、安全に長期的に安定した収入が見込めるというのは資産運用の面で非常に大きな魅力です。 資金を増やすために必要な株情報は何
もちろんどんな物件でも良いという訳では無く、入居が付く立地選定や購入後の管理など個人では難しいため、信用できる不動産会社を見つける事が大きな鍵となります。

4-3.コレクション系(美術品・アンティークコイン・酒類など)

実物資産の中でも、たくさんのカテゴリーと豊富な種類があるのがコレクション系です。
月日が経つ中でプレミア価値がつく事もあり、欧米では様々なコレクション系の実物資産がプレミア価格で取引されています。
ただし、価値が安定しているとは言い難く、あくまで趣味の一つとしての所持がおすすめと言われており、投資で保有する事はお勧めしません。

この章では実物投資の種類とそれぞれの特徴についてお話ししました。
様々な種類がある実物資産ですが、安全に長期的に保有できるのは不動産と金です。
流動性が高く価値の下がりにくい金は安全資産として保有するのに向いています。
一方不動産は家賃収入が期待でき、安定して長期間資産運用するために向いています。

5. 実物資産に投資するなら金と不動産がおすすめ!

はじめて投資をする方は、株などの金融資産への投資やは不安も多いかと思います。
金はご説明してきた通り、世界的にも共通の安定した価値があります。小額からも始められて長期的に安定して保有可能で、なおかつ年々価値も上昇している為、初心者の方にもおすすめです。
資産を減らさず安全に保有したい方は預貯金と同じように安全な金投資がおすすめです。

5-2.資金を増やすために必要な株情報は何 不動産

まず安心できるのが、信用できる銀行からの融資で物件の購入が可能な事です。そして毎月のローンを居住者の家賃収入から返済でき、経済的な負担も少ない事が特徴です。短期間で売却して利益を出すのではなく、長期保有することで安定した利益を出しながら、資産を増やしていくのが良いでしょう。
安定した資産を保有しながら、資産を増やしていく事を目指す方には不動産投資がおすすめです。

少子高齢化問題・年金問題・老後資金問題、不安な要素が多い今の社会において、将来に向けての資産の確保はとても大切な問題です。
ハイリスクハイリターンで資産を減らすリスクより、時間をかけじっくりと資産を増やしていくことが、これからは重要と言えます。

【無料相談】サラリーマンが不動産投資で年収を120万円増やすための投資相談を受付中

  • サラリーマンが不動産投資を始めるなら何から手をつけるべき?
  • 区分マンションや一棟アパートなどあらゆる手段の中から何を選択すべき?
  • そもそも資金や融資に不安があるのだけど大丈夫?

過去3,000名ほどの投資相談に乗ってきましたが、その結果「120万円の家賃収入を手に入れました」「生活のレベルが1段階上がりました」といった嬉しいお言葉を受ける機会も増えてきました。

下記のボタンより、お気軽に無料投資相談をお申し込みください。
※無理な営業をしないことをお約束します。

アバター

PLAC株式会社 チーフスタッフ
愛知県名古屋市出身
2017年入社 集客・セミナー担当
セミナー企画・運営を担当し、年間約100セミナーを開催しています。
皆さまにとってお役に立つ情報を発信していければと思います。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる