お取引ガイド

外国為替取引に関するお取り扱い方針

外国為替取引に関するお取り扱い方針
ファンド検索

4月の国内CPIと黒田総裁の出方に注目

田嶋 智太郎

1964年東京都生まれ。1988年慶応義塾大学卒業後、(現)三菱UFJモルガン・スタンレー証券勤務を経て独立転身。名古屋文化短期大学にて「経営学概論」「生活情報論」の講座を受け持った後、経済ジャーナリストとして主に金融・経済全般から戦略的な企業経営、引いては個人の資産形成、資金運用まで幅広い範囲を分析・研究してきた。民間企業や金融機関、新聞社、自治体、各種商工団体等の主催する講演会、セミナー、研修等の講師を数多く務め、これまでの累計講演回数は3000回前後に上る。新聞・雑誌・WEB等の連載も数あり、現在は、日経BizGate(https:外国為替取引に関するお取り扱い方針 //bizgate.nikkei.co.jp/)にて「先読み&深読み 経済トレンドウォッチ」などの執筆を担当。ほかに、自由国民社『現代用語の基礎知識』の「貯蓄・投資」欄の執筆も手掛ける一方、定期的に日経CNBCコメンテーターも務める。 閉じる

4月の国内CPIと黒田総裁の出方に注目

  • 円安を誘発する黒田総裁発言
  • インフレ高進を示唆する米国経済指標
  • 加速するユーロ売り・米ドル買い
  • 米ドル/円は125-128円レンジ内の動きを想定

円安を誘発する黒田総裁発言

インフレ高進を示唆する米国経済指標

加速するユーロ売り・米ドル買い

米ドル/円は125-128円レンジ内の動きを想定

陳満咲杜流 FXプライスアクション

吉田恒の為替ウイークリー

吉田恒の為替デイリー

世界的インフレの波 バフェットに学ぶ 円安局面の投資の考え方 高配当株の選び方

ご留意事項

本コンテンツは、情報提供を目的として行っております。
本コンテンツは、当社や当社が信頼できると考える情報源から提供されたものを提供していますが、当社はその正確性や完全性について意見を表明し、また保証するものではございません。有価証券の購入、売却、デリバティブ取引、その他の取引を推奨し、勧誘するものではありません。また、過去の実績や予想・意見は、将来の結果を保証するものではございません。提供する情報等は作成時現在のものであり、今後予告なしに変更または削除されることがございます。当社は本コンテンツの内容に依拠してお客様が取った行動の結果に対し責任を負うものではございません。投資にかかる最終決定は、お客様ご自身の判断と責任でなさるようお願いいたします。
本コンテンツでは当社でお取扱している商品・サービス等について言及している部分があります。商品ごとに手数料等およびリスクは異なりますので、詳しくは「契約締結前交付書面」、「上場有価証券等書面」、「目論見書」、「目論見書補完書面」または当社ウェブサイトの「リスク・手数料などの重要事項に関する説明」をよくお読みください。

外国為替取引に関するお取り扱い方針

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2022年6月24日

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

設定日 2021年4月26日

当社取扱開始日 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益)
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

外国為替取引に関するお取り扱い方針

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2022年6月24日

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

設定日 2021年4月26日

当社取扱開始日 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧 外国為替取引に関するお取り扱い方針

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益)
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

非居住者のお客さまに係る国内送金のお取り扱いについて

銀⾏には、外国為替及び外国貿易法(以下「外為法」といいます)第17条において、非居住者のお客さまが⾏う為替取引等が、規制対象取引等に該当しないことの確認が義務付けられています。
当⾏では、当該確認義務の確実な履⾏のため、2022年5月6⽇(⾦)から、同法に基づく非居住者のお客さまが関連する国内送⾦について、原則、国際送⾦としてお取り扱いしております。そのため、非居住者のお客さまが関連する、⼀部の国内送⾦の取扱場所や送⾦料⾦が国際送⾦と同様になります。
お客さまにはお⼿数をお掛けいたしますが、ご理解とご協⼒のほどよろしくお願い申し上げます。

  • 外為法とはどのような法律ですか。また、許可が必要な送金とは、どのようなものですか。

対象のお取り扱い

  • 取扱変更に関するよくあるご質問(PDF/61KB) (PDFファイル)

1.口座からの送金(ゆうちょ銀行および他行の口座への送金)

取扱場所 お取り扱いの可否 送金料金
貯金窓口 ゆうちょ銀行直営店・
国際送金取扱郵便局 ※1
お取り扱いいたします ※2 7,500円
国際送金の取り扱いがない郵便局 お取り扱いできません -
ATM お取り扱いできません -
ゆうちょ通帳アプリ ※3 お取り扱いいたします ※2 3,000円
ゆうちょダイレクト ※3※4 お取り扱いいたします ※2 3,000円
ゆうちょBizダイレクト ※5 お取り扱いできません -

被仕向振込(他の金融機関口座からゆうちょ銀行口座への振込)について

ゆうちょ銀行口座(受取人さま)が、外為法上の非居住者であることが判明した際には、振込資金を一時保留し、振込依頼人に振込内容を追加で確認させて頂く場合がございます。
その場合、振込依頼人へ追加確認を行い、外為法上の適法性確認が出来次第、口座への入金処理を行いますので、着金が遅くなる可能性があります。
また、振込依頼人へ追加確認が出来ない場合(連絡が取れない場合を含む)は口座への入金ができない可能性がございますので、ご了承ください。

外国為替取引に関するお取り扱い方針

お手続きの流れ

ご利用可能店舗

サービスの内容

※ ご来店日、送金ご希望日の2営業日前にご入力を完了してください。
ご利用頂けるお客さま みなと銀行の口座をお持ちの個人・個人事業主・法人のお客さま
ご利用時間 平日8:00~23:00
(土日祝・振替休日・12/31~1/3・5/3~5/5を除く)
お取扱可能通貨 日本円・米ドル・ユーロ・英ポンド・カナダドル・オーストラリアドル
スイスフラン・ニュージーランドドル・デンマーククローネ
ノルウェークローネ・スウェーデンクローネ・香港ドル・シンガポールドル
タイバーツ・インドネシアルピア・中国元・新台湾ドル・韓国ウォン
手数料 送金取扱手数料 外国送金7,500円、国内送金4,000円
リフティングチャージ 送金通貨がお支払通貨と同一の場合
送金金額の0.05%(最低金額2,500円)
支払銀行手数料 支払銀行手数料(依頼人負担の場合)2,500円 ※ 海外の送金支払銀行等からの手数料請求金(円換算額)が2,500円を上回った場合には、その差額を後日追加でご請求させていただく場合があります。
送金レート 送金取組日の店頭TTSレート

ご利用にあたっての注意事項

  • 海外向の送金は、個人番号のお届けが必要となります。
  • 「外国為替および外国貿易法」「米国OFAC規制」「犯罪による収益の移転防止に関する法律」などの法律・規制に抵触しているとき・抵触している可能性があると弊社が判断した場合は、送金のお断りをさせて頂きます。
  • 本サービスをご利用いただいた場合でも、ご来店時に送金内容のご確認、資料のご提示などが必要となる場合がございます。
    また、ご依頼内容によっては最終的に送金をお断りさせて頂く場合がございます。ご理解とご協力をお願いします。
  • ご来店日および送金希望日は、入力日から2営業日以降の日をご指定いただくようお願いいたします。
    送金の内容を確認させて頂くお時間によっては、ご希望日以降の取り扱いになる可能性がございます。
  • 送金内容を確認後、みなと外国送金サポートデスクから画面上登録頂いた電話番号に連絡させて頂きます。
    ご対応時間は銀行営業日の9:00~17:00となりますので、予めご了承ください。
    お電話が繋がらない等、連絡がとれない場合には、ご来店日および送金希望日の変更をお願いすることがあります。

ご利用環境に関するご注意

繰り返しのご送金のために、データファイル(CSV形式)のダウンロード保存およびアップロードできるパソコン環境での ご利用をお奨めします。
スマートフォン・タブレットの場合、QRコードで呼び出しできる送金内容の有効期限は90日です。
外国送金依頼書の印刷には、アドビシステムズ社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる