オプション取引とは

RSIとストキャスティクス

RSIとストキャスティクス
追記で、ストキャスティクスの角度が鋭角な時を狙おうという説があります。

移動平均線&ストキャスティクスでトレンド発生を察知する

移動平均線とストキャスティクスを組み合わせた場合のエントリー方法

以下は、DMM FXのチャートで、移動平均線とストキャスティクスを合わせて表示させたものです。

しかし、このチャートで横長い白矢印部分のストキャスティクスを見てみると、
黄色線の%Dが、青色線のSlow%Dを上から下に抜けているタイミングは逆張り(売り)エントリーポイントですが、
トレンド発生時、移動平均線は上向きになっているのが分かります。

この性質を利用すると、レンジ相場のみで 慎重にトレードをするなら、 ストキャスティクスと移動平均線が異なる方向を向いていたらエントリーをしない 、などの判断基準にすることもできます。

10MAが25MAを下から上に抜けていて、 RSIとストキャスティクス
かつストキャスティクスが上昇をしていたら、
それは上昇トレンドが発生する可能性があります。

DMM FXは国内FX口座数No.1!

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大20,000円のキャッシュバック特典! DMM.com証券のDMM FXは、※ 国内のFX口座数第1位。 業界最狭水準スプレッドや初心者からプロまで使える取引ツールが魅力のFX会社です。短期トレードに最適。(※2017年1月末時点)

FXネオはFX取引高5連続世界第1位!RSIとストキャスティクス

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大30,000円のキャッシュバック特典! GMOクリック証券のFXネオは、 FX取引高5連続世界第1位。 高機能取引ツールやスマホアプリも使えます。短期トレードも、スワップを活かした中長期投資も◎。DMM FX等と組み合わせて口座開設をする事で、短期・中長期用と、資金管理が容易に。

外為ジャパンは1000通貨取引が全通貨で可能!

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大20,000円のキャッシュバック特典! 外為ジャパンは業界最狭水準スプレッド&取引ツールも快適でPCやスマホで楽々トレード。 1,000通貨より全通貨で取引可能 だから初心者からプロまで幅広く選ばれている!

ストキャスティクスでバイナリーオプションを攻略。MT4の設定方法他

ストキャスティクスでバイナリーオプションを攻略。MT4の設定方法他

ストキャスティクスのサイン


実際に、ストキャスティクスが示した売りのサイン通りにドル円相場は下落をしました。

MT4での設定方法

stchasticsoscillator4

設定値はデフォルトで

2本のラインがストキャスティクスの人気の秘訣

ストキャスティクスの設定

FXをする人は、2本の線が大好きです。 ゴールデンクロス・デッドクロスが大好きです。

  • 赤・・%D線といいます
  • 青・・%K線といいます
  1. 20%か、80%を超えていて
  2. 青い線が赤い線をクロスして転換してきた時
  3. 買いのサイン

他のインジケーターと併用で使われることが多い

ボリンジャーバンドとストキャスティクス併用

実際に使ったレビュー・評価

実際に使った取引例


使い方としては、 国内業者の場合 は1時間足単位で見て、例えば80%を超えて山を描いて下に向かいそうだなという時に、目標レートを設定してローを狙うという使い方が良いでしょう。

より具体的にどのタイミングで取引するのか

ストキャスティクスの上昇サイン

例えば、

20%より下まで来たら、↑上昇のサイン。しかもクロスしているからエントリーポイントだという事は分かったとして、

  1. クロスした時なのか
  2. 戻り始めたのを確認した時なのか
  3. 20%の点線という目安があってこれを超えた時なのか
  • 相場が落ち着いている時
  • ドル円相場の5分足で表示
  • ハイローオーストラリアという業者の3分取引

という条件の場合は、 2の戻り始めたのを確認した時 が勝率高かったです。

stchasticsoscillator8


例えばドル円5分足での1場面ですが1のあたりでLOWを買ったら、また上昇してきた時の負けパターンです。

意外と騙されることが多く、やはり多くの人がそうしているように 他のツールと併用すると良い でしょう。

ストキャスティクスは角度が鋭角な時が真の狙い目説

ストキャスティクスの角度

追記で、ストキャスティクスの角度が鋭角な時を狙おうという説があります。

黄色い四角で囲った時のように、青い線が鋭角にするどく突っ込もうとしている時が 真の狙い目 だという説です。

20140415d

つまり、 今がチャンス!! という事です。 この後の経過を追ってみましょう。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

ストキャスティクスRSIとは何ですか? Binanceではどのように機能しますか

ストキャスティクスRSIとは何ですか? Binanceではどのように機能しますか


ストキャスティクスRSIとは何ですか?

ストキャスティクスRSI、または単にStochRSIは、資産が買われ過ぎか売られ過ぎかを判断し、現在の市場動向を特定するために使用されるテクニカル分析指標です。 名前が示すように、StochRSIは標準相対力指数(RSI)の派生物であり、そのため、指標の指標と見なされます。 これは一種の発振器であり、中心線の上下で変動することを意味します。


StochRSIはどのように機能しますか?

標準のRSIと同様に、StochRSIに使用される最も一般的な時間設定は14期間です。 StochRSIの計算に含まれる14の期間は、チャートの時間枠に基づいています。 したがって、日足チャートは過去14日間(ローソク足)を考慮しますが、時間足チャートは過去14時間に基づいてStochRSIを生成します。

期間は日、時間、または分に設定することができ、それらの使用はトレーダーごとに大幅に異なります(プロファイルと戦略に応じて)。 期間の数は、長期または短期の傾向を識別するために上下に調整することもできます。 20期間の設定は、StochRSIインジケーターのもう1つのかなり一般的なオプションです。

前述のように、一部のStochRSIグラフパターンでは、0から1ではなく0から100の範囲の値が割り当てられます。これらのグラフでは、中心線は0.5ではなく50になっています。 したがって、通常0.8で発生する買われ過ぎのシグナルは80で示され、売られ過ぎのシグナルは0.2ではなく20で示されます。 0〜100に設定されたグラフは少し異なって見える場合がありますが、実際の解釈は基本的に同じです。

StochRSIの使い方は?


StochRSI対RSI

ただし、ストキャスティクスRSIと比較すると、標準RSIは比較的動きの遅いインジケーターであり、少数のトレーディングシグナルを生成します。 ストキャスティクス公式を通常のRSIに適用することで、感度を高めた指標としてStochRSIを作成することができました。 その結果、それが生成するシグナルの数ははるかに多く、トレーダーは市場のトレンドと潜在的な買いまたは売りのポイントを特定する機会が増えます。

結びの考え

ストキャスティクスRSIは、市場の動きに対するスピードと感度が高いため、アナリスト、トレーダー、投資家にとって、短期分析と長期分析の両方で非常に有用な指標になります。 ただし、シグナルが多いほどリスクも高くなるため、StochRSIは、作成するシグナルの確認に役立つ可能性のある他のテクニカル分析ツールと一緒に使用する必要があります。 暗号通貨市場は従来の市場よりも不安定であり、そのため、誤ったシグナルの数が増える可能性があることを覚えておくことも重要です。

軟調な日米株式市場の今後は?テクニカル分析目線で予測【2022年6月】


上記はS&P500指数の月足チャートです。

日経平均株価(月足)

続いて日経平均株価をチェックします。

日経平均株価ではRSIは50以上の水準で維持しており、ストキャスティクスも一度売られ過ぎの水準に到達してから、再度反発してきているという状態です。

S&P500(週足)


週足のRSIは売られ過ぎの水準にまでは到達していませんが、ある程度調整が進んでいる状況です。もう少し下落したタイミングがいい押し目となりそうなため、調整する余地はまだあると言えるでしょう。

日経平均株価(週足)

次に日経平均株価の週足チャートです。

日経平均株価の週足を見るとRSIも横ばいとなっており、ストキャスティクスも中心あたりで推移しているため、オシレーターを見る限りは買いの水準かどうかを判断するのは難しい位置です。

S&P500(日足)


50日単純移動平均線と200日単純移動平均線を表示させています。

日経平均株価(日足)


次に日本株ですが、S&P500指数と同様にデッドクロスはしているものの、下落圧力は米国と比較して強い動きにはなっていません。元々日本株自体の上昇幅が米国と比較して弱かったという面もあり、上昇幅が元々小さかった分、下落幅も小さいという考え方もできるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる