投資

投資信託の分配金とは

投資信託の分配金とは
ファンド検索

投資科ドクター オルソ100% の生き方カルテ

サイドFIREを目指す医師が投資に目覚め、会社やお金に縛られない自由な生き方・働き方をポジティブに追い求めていくブログです。

高配当ETF(VYM)で6月分配金ゲット。再投資へ 【医師の年間配当金額公開!22年6月】

高配当ETF気になりませんか?

ETFで分配金を手に入れてみてはいかがでしょうか?

そして2022年6月の配当金・分配金実績を公開します。

ETFとは?

ETFとは、米国や中国、インド、ASEAN諸国等、海外の代表的なインデックス(指数)との連動を目指した海外の取引所に上場している 投資信託(ETF)です。投資信託ではあるものの、市場に上場しているため、株式のようにリアルタイムで取引できるなどの柔軟性があります。

米国ETFの特徴

1.様々な投資対象へリスク分散投資

2.リアルタイムで取引可能

3.低コストで運用できる

4.最低手数料0円

私の米国ETF投資方針・投資実績はこちら

配当金(分配金)の良さ

それは何といっても 不労所得感が得られるから です。

お金がお金を生む、 マネーマシーン を育てる楽しさがあります。

おすすめ高配当ETF

VYM (FTSEハイディビデンド・イールド指数」との連動を目指した高配当ETF)

VYM構成銘柄

ジョンソン・エンド・ジョンソン (JNJ)

JPモルガン・チェース・アンド・カンパニー (JPM)

ホーム・デポ(HD)

経費率は 0.06 投資信託の分配金とは %

高配当ETFで配当金を楽しみつつ、値上がりも期待してVYM

配当金(分配金)はどう使う?

今のところ配当金を生活費に利用する予定はないので、 分配金の再投資先 として VIG に投資しています。

VIGは 10年以上連続増配 の実績を持つ米国株に投資するバンガード・米国増配株式ETFのことです。

ベンチマークは「NASDAQ US Dividend Achievers 投資信託の分配金とは Select Index」で、約240銘柄に厳選され、リバランスは毎年行われています。

投資信託はどう選ぶ?おすすめの選び方や失敗しないポイント【FP監修】

写真:村井 英一

投資信託の運用には手数料(コスト)がかかります。投資信託を選ぶときに注目すべき手数料は、購入時手数料と信託報酬(毎年かかるコスト)です。複数の投資信託を比較する際は、特に信託報酬に注目し、できるだけコストのかからないものを選びましょう。
また、初心者は少額投資から始めるのがおすすめです。例えばネット証券であれば100円程度から始めることができます。
さらに、初心者が投資信託を選ぶときは、値動きの要因が分かりやすいシンプルな商品を選ぶことで、何が要因になってどんな値動きが起こるのかを学びやすくなるため、投資の勉強になります。投資信託にはさまざまな種類があり、運用の方針もまちまちです。中には、複雑な仕組みになっているものもありますが、そのような投資信託は値動きがわかりにくく、初心者には向きません。
なお、投資信託には、日本以外の債券や株式に投資しているものもあります。このようなものには「為替変動リスク」がありますので注意しましょう。債券や株式の価格が上がっていても、為替レート次第では資産価値が下がってしまう可能性があります。

3. おすすめの投資信託はどれ?選び方のコツ

3-1. 投資信託の特徴を把握する

インデックスファンド

インデックスファンド(イメージ)

アクティブファンド

アクティブファンド(イメージ)

バランスファンド

バランスファンド(イメージ)

3-2. 投資信託の種類とリスク・リターンのバランスを把握する

投資信託の分配金とは 投資信託の分配金とは
投資対象地域
国内 海外
投資対象資産 債券 国内債券型 海外債券型
株式国内株式型 海外株式型
不動産投資信託
(REIT)
日本の不動産投資信託 海外の不動産投資信託
その他の資産 コモディティ、ヘッジファンドなどの上記以外
リスクとリターン(イメージ) こちらも読まれています

3-3. 純資産総額の大きいファンドを選ぶ

投資初心者におすすめの選び方は、純資産総額の大きなファンドに注目することです。純資産総額が大きいということは、それだけ多くの投資家が投資しているファンドであるということです。また、純資産総額が大きいファンドの方が効率的な運用ができるため、運用にかかるコストを抑えられるというメリットもあります。
ただし、純資産総額が大きいファンドであれば安心というわけではありません。解約が多いファンドや分配金などで資産を切り崩しているファンドは、いくら純資産総額が大きくても効率的な運用ができません。
純資産総額でファンドを選ぶときは、純資産総額が大きく、かつ純資産が増えているファンドを選ぶことが大切です。

3-4. 少額から投資できるファンドを選ぶ

3-5. 自動積立ができるファンドを選ぶ

3-6. 売買手数料や信託報酬が高いファンドは避ける

こちらも読まれています

3-7. 毎月分配にこだわらない

投資信託の分配金とは、運用によって得た利益を一定期間ごとに投資家へ分配することを言います。投資信託の分配金には、「普通分配金」と「特別分配金」という2つの種類があり、普通分配金とは運用によって得た利益から分配されるもの、特別分配金とは運用資産を切り崩して投資家に払い戻しているものをいいます。
分配金を受け取るタイミングは、毎月や年1回などファンドによって異なります。毎月分配金を受け取れる毎月分配型の方が、運用が上手くいっているような印象を受けるかもしれません。しかし、毎月分配型の場合、運用が上手くいかなくなってくると、運用資産を切り崩して分配金を支払うこともあります。運用資産を切り崩して分配することで、元本が減るため、効率的な運用ができないというデメリットがあります。
定期的に現金を受け取りたいという方は毎月分配型が向いていますが、そうでなければ、毎月分配にこだわる必要はないでしょう。

3-8. 過去の運用実績で値動きの大きすぎるファンドは避ける

4. 最後に

また、初心者でも始めやすい資産運用の方法としては、投資信託だけでなく「不動産小口化商品」もおすすめです。
弊社の不動産小口化商品「Vシェア」は、個人では購入することが難しい都心エリアの商業地にあるオフィスビルを弊社が小口化し、1口100万円単位・5口以上(最低口数は変更となる場合があります)から不動産の小口購入を実現した商品です。「Vシェア」は、長期分散投資のために設計された商品で、少額な資金からでも不動産投資が可能になります。「毎月の賃料収入の分配」と「一定期間運用後の売却代金の分配」が投資家の皆様の利益となります。
もちろん、購入したオフィスビルなどの管理・運用は弊社が責任を持って実行しますので、不動産の維持管理のために何かをしなければいけないという手間は発生しません。さらに、株式投資などに比べて不動産は価格の変動率が低く安定しているため、日々の値動きを気にする必要がなく、長期間運用することで、安定的な収入が見込めます。
また、現物不動産を保有することになるため、生前贈与や相続対策としてもご活用いただいております。
少額から始めることができる長期分散投資のために設計された弊社の不動産小口化商品「Vシェア」を、分散投資のひとつとして、ぜひご検討ください。
「Vシェア」について、より詳しくご覧になられたい場合は、下記ページをご参照ください。

投資信託の分配金とは

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

当社取扱開始日 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益)
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

ETFの配当金(分配金)を再投資する方法

ETFの配当金(分配金)を再投資する方法

みなさまは、我々が受け取る分配金が 2種類 あることをご存知でしょうか? 分配金には、 普通分配金 と 特別分配金(.

松井証券、iシェアーズETF東証上場シリーズ分配金の軽減税率適用!

MAXISトピックス上場投信(1348)ETFの分配金・配当金(2015年7月期)

おすすめ証券会社ランキング【インデックスファンド編】
順位証券会社名証券会社の特徴無料口座開設
1位SBI証券

コメントをどうぞ コメントをキャンセル

気になるキーワードを記事内検索

プロフィール

  • 名前:S. Ryotaro
  • 年齢:30代
  • 投資方針:投資方針・投資商品
  • 2014年7月から資産運用を始めました。本ブログではインデックス投資を用いた資産運用の話を中心に、その他運用術・投資方法、節約術や子育てなどの事柄を綴っていきます。サテライト株式投資として昇格期待の株主優待バリュー投資も行っています。

投資信託の分配金とは

投資信託については、幅広いお客さまの中長期の資産形成のお役に立つよう、「長期・分散・継続」投資に資する良質な商品をご提供いたします。
〈みずほ〉の調査力を活かし、系列運用会社の商品に限らず、海外の運用会社の商品も含めて良質な商品を採用します。また、商品導入後も
厳格なモニタリングを行い、随時見直しを行っております。

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

投資信託に関するお知らせ

新ファンドのご紹介

設定日 2021年12月22日

設定日 2021年10月25日

当社取扱開始日 2021年2月1日
設定日 2012年10月26日

みずほ証券では、フィデューシャリー・デューティーの観点を踏まえ、顧客本位の目線に立って取り扱い投資信託の選定を行っています。
投資信託の選定にあたっては、あらかじめ検証項目(※)を定め評価を行っています。
※手数料の合理性や運用会社との利益相反等

投資信託販売金額ランキング

ファンドをさがす

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド検索

ファンド一覧

その他投資信託

MRF・外貨建MMFの年換算利回り一覧

外国投資信託の運用報告書(全体版)

お取引にあたって

当ページのランキングについて

  • 当ランキングは、特定の投資信託の推奨・勧誘を目的としたものではありません。投資に際してはお客さまご自身でご判断ください。
  • 当ランキングには、「通貨選択型投資信託」および「毎月分配型投資信託」が含まれている場合があります。
  • 通貨選択型投資信託は、株式や債券等といった投資対象資産に加えて、為替取引の対象となる円以外の通貨も選択することができるよう設計された投資信託です。通貨選択型投資信託の損益の源泉に相応して以下のリスク等が内在していることに留意が必要です。
    【投資対象資産】投資対象資産の価格変動リスク
    投資対象資産による損益(値上がり益/値下がり益+利子・配当等収益) 投資信託の分配金とは
    【通貨】選択した通貨の為替変動リスク
    選択した通貨の為替取引による損益(選択した通貨の価値の値上がり/値下がり)
    為替取引によるプレミアム/コスト>>>金利差相当分の収益/金利差相当分の費用

投資信託にかかるリスクと費用

(注)上記は、みずほ証券にてご購入いただける公募国内投資信託について記載したものです。外国投資信託の場合も、購入時手数料や換金時手数料のほか、運用管理費用等、保有期間中に間接的にご負担いただく費用があります。また、上記は今後予告なく変更される場合があります。ご投資にあたっては、投資信託説明書(交付目論見書)または投資法人説明書(交付目論見書)ならびに契約締結前交付書面等(目論見書補完書面含む)をよくお読みいただき、ご自身でご判断ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる