FXの練習方法は

スリッページの主な2つのタイプ

スリッページの主な2つのタイプ
FBS

ワイン大国・フランスのワインについて

ワイン大国・フランスのワインについて

厳しい認証制度

A.O.C

A.O.C(アー・オー・セー)とは、Appellation d'Origine スリッページの主な2つのタイプ Contrôlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略称で、「原産地管理呼称(原産地呼称統制)」のことを指しています。産地や品種、剪定方法などの栽培法、収穫量や製法などを厳しく規定しています。

産地の詐称やワインの質の劣化が横行したことをきっかけに、1905年から始まった制度で、1935年にできたINAO(Institut National del’Origine et de la Qualité、 /国立原産地名称研究所)によって管理されています。

A.O.P

A.O.Cと混同しやすいものにA.O.P(アー・オー・ペー)があります。Appéllation d’Origine Protégée(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略で、フランスのA.スリッページの主な2つのタイプ O.Cを見本に1992年にEUに誕生した原産地保護呼称で、以降A.O.CはA.O.Pの一部を構成する制度となりました。

A.O.C法によって、かつてはA.O.スリッページの主な2つのタイプ Cワインに準ずる存在として分類されていたVDQS (Vin Délimité de Qualité Supérieure 、ヴァン・デリミテ・ドゥ・カリテ・シュペリウール)ワインはA.O.Pに該当することとなりました。

I.G.P

I.G.P(イー・ジェー・ペー)は Indication Géographique Protégée(アンディカシオン・ジェオグラフィック・プロテジェ)の略で、生産地域に着目したEUで規定された地理的表示です。A.O.スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ C(AOP)を頂点とし、I.G.Pはその下に位置づけされている規格となります。A.O.Cが産地との強い関連性が求められるのに対し、I.G.Pは社会的評価が高ければ登録が認められます。ぶどうの産地や品種の規定もそれほど厳しくなく、官能審査(人間の感覚を用いた検査)も任意で行います。

フランスではINAOが統括していて、以前はA.O.C法によって Vin de Pays(ヴァン・ド・ペイ/地方のワイン)に分類されていたワインはこのI.G.Pに該当します。

Vin de Table

Vin de Table(ヴァン・ド・ダーブル/テーブルワイン)はI.スリッページの主な2つのタイプ G.Pよりもさらにカジュアルなワインとして位置づけされていて、生産地域の表示のない一般消費用のテーブルワインとして分類されます。

フランスワインの2大生産地

ボルドー

ボルドー(Bordeaux)はフランス南西部に位置する地域で、ジロンド( Gironde )県に属しています。古語の Au bordde l’eau( 水のほとり)を意味する地名の通り、ガロンヌ川( Garonne )、ドルドーニュ川( Dordogne )の2つの大河が大西洋に流れこみ、港町として世界にワインを流通させてきました。

4世紀からブルゴーニュと並ぶワインの銘醸地でした。ジロンド県が属するアキテーヌ地域圏( Aquitaine )が英国領となった時代があり、イギリスとの交易でワイン産業が世界的に栄えたという歴史的背景があります。

ボルドーは赤・白・ロゼ・スパークリング、甘口から辛口まで、さまざまな種類のワインを生み出す産地ですが、最も有名なのがメドック地区(Medoc)の長期熟成型の赤ワインでしょう。また、ソーテルヌ地区 (Sauternes) の甘口貴腐ワインでも有名です。

ボルドーの赤ワインに使用できるぶどうの主な品種はカベルネ・ソーヴィニヨン (Cabernet Sauvignon) 、カベルネ・フラン (Cabernet Franc) 、マルベック (Malbec) 、プティ・ヴェルド (Petit Verdot) 、メルロー (Merlot) です。ちなみに、カベルネ・ソーヴィニヨンはボルドー原産のぶどうで、ワイン用ぶどうとして世界一有名だと言えるでしょう。小粒で皮が厚く、種が大きくて果肉は少なめなので、色の濃い、渋みの強いワインになります。

ボルドーの白ワインに使用されるぶどうの主な品種は、ソーヴィニヨン・ブラン (Sauvignon Blanc) 、セミヨン (Sémillon) などです。セミヨンは貴腐ワインの主役となる原料でもあります。

ボルドーの格付け

ボルドーの格付けは、ぶどう畑の所有者(シャトー、 château )ごとにあります。ボルドーのトップクラスの格付けワインは世界最高峰とされ、「5大シャトー」と呼ばれます。5大シャトーとは、「ラフィット・ロートシルト( Lafite Rothschild )」「 ラトゥール ( Latour )」「 ムートン・ロートシルト ( Mouton Rothschild )」「 マルゴー ( Margaux )」「 オー・ブリオン ( Haut Brion )」で、ワインマニア達の永遠の憧れの存在です。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(Bourgogne)はフランスの東部、パリ南東部に位置する地域です。ぶどうの栽培地域は北のシャブリ( Chablis )地区、北端のディジョン(Dijon)から南のリヨン(Lyon)まで細長く170kmの地域に集中しています。高級ワインとして知られる「ロマネ・コンティ( Romanée-conti) 」や、日本では風物詩となった「ボジョレー・ヌーボー(Beaujeu nouveau)」はブルゴーニュ産のワインです。

ボルドーとは違い、単一品種のぶどうで造られるものが主流で、赤ワインはピノ・ノワール (Pinot Noir) またはボジョレーの原料として知られるガメイ (Gamay) 、白ワインにはシャルドネ (Chardonnay) などの品種が使われます。ピノ・ノワールのワインは口当たりが絹のように滑らかで、渋みは柔らかく酸味がしっかりとしています。

ブルゴーニュの格付け

  • グラン・クリュ(Grands Cru/特級畑)・・・畑の名が表記される。ロマネコンティはピノ・ノワール種のグラン・クリュの名称。
  • ブルミエ・クリュ(Premier Cru/一級畑)・・・村名と畑の名が表記される。
  • 村名アペラシオン・・・村名が銘柄として表記される。
  • 地区アペラシオン・・・「ブルゴーニュ」が銘柄として表記される。

フランスの5大産地

ロワール

ロワール(Loire)は全長約1,000km、フランス最長のロワール川流域に点在する山地です。地域ごとに土壌や気候に違いがあり、すべてを把握するのが難しい地域でもあります。多くの品種のぶどうから多種多様なワインを造っている地域です。フランスのロゼワインの中で最も知られているロゼ・ダンジュー( Rose d'Anjou )はロワール地方で造られています。

アルザス

アルザスで造られるワインの90%が白ワインです。ドイツやアルザスの代表品種である、リースリング (Riesling) などを使った辛口ワインが多く造られていることで知られています。また、アルザスは自然派の生産者が多いことでも知られていて、天然酵母を使ったナチュラルな味わいのワインも数多く生産されています。

コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)はフランス南東部に位置するローヌ川( Le Rhone )流域にある、ボルドーに次ぐ生産量を誇る産地です。南北に長く広がる土地なので、多様なワインが造られています。

南部の産地ではグルナッシュ( Grenache )やシラー、ムールヴェドール (Mourvèdre) などの赤ワイン用品種8種と、クレレット・ブランシュ (Clairette blanche) ブールブーラン(Bourboulenc)や、ルーサンヌ( Roussanne )などの白ワイン用品種5種の使用が認められていて、それらの品種のぶどうをブレンドしてワインを醸造しています。

シャンパーニュ

1680年に修道士のドン・ペリニヨン( Dom Pierre Pérignon) が泡を瓶に封じ込める製法を確立させ、複数のヴィンテージのワインをアッサンブラージュする醸造法を生み出します。その後18世紀に瓶詰めのワインが輸送できるようになってからは世界中でシャンパーニュのワインが愛されるようになりました。

FBSの評判 メリット・デメリットの評価と安全性

FBS

FBS

FBSの評価 4.0

FBSの評判・口コミ

FBS 評判

参照:FBS

FBSの評判 未入金ボーナス・入金ボーナスが豊富

FBSの評判 3000倍のレバレッジ・100ドルの口座開設ボーナス

FBSの評判 ロスカット水準20%・追証無し・無料のVPSサーバーが使える

FBSの評判 ホームページの日本語力の弱さ・円口座非対応

FBSの評判 取引通貨ペアが少ない・ホームページの日本語の質の悪さ

FBSのボーナス・キャンペーン

FBS ボーナス

FBSボーナス Trade 100 Bonus(口座開設ボーナス)

fbs 口座開設ボーナス

Trade 100 Bonus口座 スタンダード口座 セント口座
100ドル
マイクロ口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座

  • 50日または30日の取引日数で消滅
    (トレードしなくても50日で口座が閉鎖になり、トレードした日数が30日になっても閉鎖となります)
  • 100ドルは条件を満たすと出金可能
  • 同時保有ポジションは5つまで
  • 取引プラットフォームはMT5のみ
  • EA使用不可

FBSのTrade 100 Bonusは100ドルがもらえる口座開設ボーナスです。

FBS 100%入金ボーナス

fbs 入金ボーナス

スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ
Trade 100 Bonus口座 スタンダード口座 セント口座
1万ドル(約110万円) 1万ドル(約110万円)
マイクロ口座 ゼロスプレッド口座ECN口座
1万ドル(約110万円) 1万ドル(約110万円)

「Trade 100 Bonus口座」では入金ボーナスは受け取ることができないため、Trade 100 Bonus口座でボーナスを獲得した後は「スタンダード口座、セント口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座」のどれかで追加口座するのをおすすめします。

FBSのキャッシュバック

fbs キャッシュバック

Trade 100 Bonus口座 スタンダード口座 セント口座
2ドル~15ドル 2ドル~15ドル
マイクロ口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座
2ドル~15ドル 2ドル~15ドル

FBSのキャッシュバック一覧

スリッページの主な2つのタイプ
スタンダード口座 セント口座 ゼロスプレッド口座 マイクロ口座
USDJPY 2ドル 2ドル 2ドル 5ドル
EURJPY 2ドル 2ドル 2ドル 5ドル
EURUSD 2ドル 2ドル 2ドル 5ドル
GBPJPY 3ドル 3ドル3ドル 6ドル
AUDJPY 6ドル 6ドル 6ドル 15ドル

FBSのレバレッジ

FBS レバレッジ

スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ
Trade 100 Bonus口座 スタンダード口座 セント口座
100倍 3000倍 1000倍
マイクロ口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座
3000倍 3000倍 500倍

FBSのレバレッジは「スタンダード口座、マイクロ口座、ゼロスプレッド口座」が3000倍、「セント口座」が1000倍、「ECN口座」が500倍、「Trade 100 Bonus」が100倍となります。

FBSのレバレッジ制限

口座残高 レバレッジ制限
200ドル 3,000倍
2,000ドル 2,000倍
5,000ドル 1,000倍
30,000ドル 500倍
150,000ドル 200倍

FBSのロスカット

FBS ロスカット

Trade 100 Bonus口座 スタンダード口座 セント口座
20% 20% 20%
マイクロ口座 ゼロスプレッド口座 ECN口座
20% 20% 20%

スリッページの主な2つのタイプ
レバレッジ ロスカット率 必要証拠金 ロスカット金額
1ドル=100円 3000倍 20% 3,スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ 333円 666円
1ドル=110円 3000倍 20% 3,666円 733円
1ドル=120円 3000倍 20% 4,000円 800円

FBSのスプレッド

FBS スプレッド

スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ
口座タイプ スタンダード セント マイクロ ゼロスプレッド ECN
スプレッドタイプ 変動 変動 固定 0pips 変動
手数料 0ドル 0ドル 0ドル 20ドル~ 6ドル
USDJPY 2.0pips 2.0pips 3.0pips 30ドル 0.9pips(0.3pips)
EURJPY 3.0pips 3.0pips 4.0pips 30ドル 1.1pips(0.5pips)
GBPJPY 4.0pips 4.0pips 7.0pips 80ドル 1.7pips(1.1pips)
AUDJPY 3.0pips 3.0pips 10pips 70ドル 1.1pips(0.5pips)
EURUSD 1.1pips 1.1pips 3.0pips 20ドル0.6pips(0.0pips)
GBPUSD 0.9pips 3.0pips 3.0pips 30ドル 1.1pips(0.5pips)

FBSの口座開設方法

fbs 口座開設

スリッページの主な2つのタイプ
口座タイプ Trade 100 Bonus スタンダード セント
口座開設ボーナス
入金ボーナス
レバレッジ 100倍 3000倍 1000倍
USDJPY 2.0pips 2.0pips 2.0pips
口座タイプ マイクロ ゼロスプレッド ECN
口座開設ボーナス
入金ボーナス
レバレッジ3000倍 3000倍 500倍
USDJPY 3.0pips 30ドル 0.9pips(0.3pips)

  • 最初は「Trade 100 Bonus口座」を開設して100ドルでトレードする
  • 次に「スタンダード口座」で入金ボーナス1万ドル分を受け取る
  • レバレッジ狙い → スタンダード口座、スプレッド重視 → ECN口座にする

このように、ボーナスを最大限に活かすのであれば「Trade スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ 100 Bonus口座」→「スタンダード口座」というように追加口座をして使い分けるようにしましょう。

FBSの入金方法

fbs 入金

入金の種類 特徴
1位 Bitwallet 入金手数料が少しかかるが、どんなカードでも入金でき、出金の時も手数料が安い
2位 クレジットカード 入金、出金ともに手数料がかからないが、エラーで入金できないことが多い
3位 STICPAY Bitwalletと似ているが金額が大きくなると出金手数料が少し高い

BitwalletやSTICPAYは「決済サービス」と呼ばれ、「振込 or スリッページの主な2つのタイプ スリッページの主な2つのタイプ カードでBitwalletに入金」→「BitwalletからFBSに入金」という2段階の方法を取ります。

外為どっとコムの評判|スワップポイントやアプリGFXを徹底解説

オールマイティー・少額アクティブ型のFX会社外為どっとコム

(※)表は外為どっとコム公式サイトより ・取扱通貨ペア全30種のうち「トルコリラ/円」、「米ドル/トルコリラ」、「ユーロ/トルコリラ」、「露ルーブル/円」は原則固定スプレッドの適用対象外 ・国内外の休日や平日早朝など市場の流動性が低い時間帯、主要経済指標の発表前後、ならびに天災地変または金融・経済関連の重大事件など予期せぬ突発的事象の発生時には、一時的にスプレッドが広告表示値よりも拡大する場合あり ・スプレッド表記は、提示率(全取引時間中に占める広告表示値以下のスプレッド提示時間の割合)を基に算出
・露ルーブル/円は新規注文受付停止中

なお、狭いスプレッドをしっかりと提示していることにおいても外為どっとコムは強みを有しているので、例えばドル円のスプレッドについても0.2銭*1、提示率94.55%と高めの数値です(2021年12月)。

なお、ドル円以外の通貨ペアの大半も、表示スプレッド範囲内、もしくはそれよりも狭いスプレッドの提示率は95%以上(*2)で高い数値を保っています(同期間)。

スプレッドの提示率は高ければ高いほど、FX会社が提示したスプレッド値で取引できることに繋がります。そのためスプレッド提示率が高い点も外為どっとコムの強みの一つといえるでしょう。

独自の為替研究機関による高い情報力

外為どっとコム総研

外為どっとコムは老舗のFX会社で、長きにわたってFXや外国為替の研究をしてきた会社でもあります。 「外為どっとコム総合研究所」 というシンクタンクを設立し、そこでの研究成果を含めてFX初心者に質の高い情報を発信する活動を続けています。

レベルに合わせた無料セミナーを定期開催

もちろんオンラインセミナーも充実しており、その中でも面白いのは、毎月第1金曜日に発表される アメリカの雇用統計に合わせて開催されるライブセミナー です。 発表1時間前から専属のアナリストが登場し、専門家によるトークを交えながら実際に雇用統計が発表された瞬間や、その後の値動きについても生中継でコメントを視聴することができます。

その他にも情報発信に力を入れている外為どっとコムらしく、 「マネ育チャンネル」 という独自コンテンツ満載の専門サイトを運営していて、そこには読み物によるコンテンツだけでなく動画による解説もあります。 FXをはじめたばかりの人は、最初に質の高い知識に触れることがとても大事だと言われますが、外為どっとコムはその意味での優位性がとても高く、FXを学べる環境が整っています。

強制ロスカットラインを自分で調整可能!

外為どっとコムでは、保有しているポジションの強制ロスカットラインを 50%から100%の範囲で自由に設定 することができます。なお、設定できるのは10%刻みです。多くのFX会社ではそのFX会社のルールに基づいて決められていることを考えると、顧客の投資スタンスを尊重している仕組みといえます。

外為どっとコムロスカット設定

  • 強制ロスカットになる水準を低くすると、含み損に耐えながら相場が反転して戻ってくるのを待つことができるので、結果として口座が生き残りやすくなります。しかしその分、強制ロスカットになったときには大きく抱え込んだ含み損が決済されるので(口座に残るお金が少なくなるので)、一長一短といえます。
  • そもそも強制ロスカットは、最後の安全装置で、車でいえばエアバッグのようなもの。もっと浅い水準に損切りを入れて、この仕組み自体を使わないことが望ましいです。

外為どっとコムのデメリット2つを解説

  • スワップポイントのロングショート差が大きい
  • 外為どっとコムはFX専門の会社

スワップポイントのロングショート差が大きい

特に日本円がらみの通貨ペアは日本が超低金利ということもあって買い、ポジションはスワップ受け取りになり、売りポジションはスワップ支払いになるのですが、外為どっとコムのスワップポイントはロングとショートの差がかなり大きいです。

スリッページの主な2つのタイプ

国内株情報ツール「カブ板」リリース

移管手数料キャッシュバックプログラム

信用金利優遇プログラム!最良優遇金利1.19%

紹介キャンペーン

サイト内検索

  • 購入者確定 INTLOOP 予定 モイ --> 受付中 モイ --> 受付終了 モイ --> 抽選終了 モイ --> 購入者確定 モイ -->
  • 予定銘柄はありません。 実施 バルニバービ(6/28) --> 実施 ハブ(5/10-5/12) --> 予定 ハブ(5/10-5/12) -->

重要なお知らせ

新着情報・キャンペーン

セキュリティについて

SBIグループのサービス

[PR] FOLIO ROBO PRO 暗号資産もSBI

リスクについて

SBIグループサービス

SBIグループサービス

株式会社SBIネオトレード証券 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第8号 加入協会 日本証券業協会 /一般社団法人 金融先物取引業協会 Copyright © SBI Neotrade Securities Co., Ltd. All Rights Reserved.株・信用取引に特化!SBIネオトレード証券

ワイン大国・フランスのワインについて

ワイン大国・フランスのワインについて

厳しい認証制度

A.O.C

A.O.C(アー・オー・セー)とは、Appellation d'Origine Contrôlée (アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略称で、「原産地管理呼称(原産地呼称統制)」のことを指しています。産地や品種、剪定方法などの栽培法、収穫量や製法などを厳しく規定しています。

産地の詐称やワインの質の劣化が横行したことをきっかけに、1905年から始まった制度で、1935年にできたINAO(Institut スリッページの主な2つのタイプ National del’Origine et de la Qualité、 /国立原産地名称研究所)によって管理されています。

A.O.P

A.O.Cと混同しやすいものにA.O.P(アー・オー・ペー)があります。Appéllation d’Origine Protégée(アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレ)の略で、フランスのA.O.Cを見本に1992年にEUに誕生した原産地保護呼称で、以降A.O.CはA.O.Pの一部を構成する制度となりました。

A.O.C法によって、かつてはA.O.Cワインに準ずる存在として分類されていたVDQS (Vin Délimité de Qualité Supérieure 、ヴァン・デリミテ・ドゥ・カリテ・シュペリウール)ワインはA.O.Pに該当することとなりました。

I.G.P

I.スリッページの主な2つのタイプ G.P(イー・ジェー・ペー)は Indication Géographique Protégée(アンディカシオン・ジェオグラフィック・プロテジェ)の略で、生産地域に着目したEUで規定された地理的表示です。A.O.C(AOP)を頂点とし、I.G.Pはその下に位置づけされている規格となります。A.O.Cが産地との強い関連性が求められるのに対し、I.G.Pは社会的評価が高ければ登録が認められます。ぶどうの産地や品種の規定もそれほど厳しくなく、官能審査(人間の感覚を用いた検査)も任意で行います。

フランスではINAOが統括していて、以前はA.O.C法によって Vin de Pays(ヴァン・ド・ペイ/地方のワイン)に分類されていたワインはこのI.G.Pに該当します。

Vin de Table

Vin de Table(ヴァン・ド・ダーブル/テーブルワイン)はI.G.Pよりもさらにカジュアルなワインとして位置づけされていて、生産地域の表示のない一般消費用のテーブルワインとして分類されます。

フランスワインの2大生産地

ボルドー

ボルドー(Bordeaux)はフランス南西部に位置する地域で、ジロンド( Gironde )県に属しています。古語の Au bordde l’eau( 水のほとり)を意味する地名の通り、ガロンヌ川( Garonne )、ドルドーニュ川( Dordogne )の2つの大河が大西洋に流れこみ、港町として世界にワインを流通させてきました。

4世紀からブルゴーニュと並ぶワインの銘醸地でした。ジロンド県が属するアキテーヌ地域圏( Aquitaine )が英国領となった時代があり、イギリスとの交易でワイン産業が世界的に栄えたという歴史的背景があります。

ボルドーは赤・白・ロゼ・スパークリング、甘口から辛口まで、さまざまな種類のワインを生み出す産地ですが、最も有名なのがメドック地区(Medoc)の長期熟成型の赤ワインでしょう。また、ソーテルヌ地区 (Sauternes) の甘口貴腐ワインでも有名です。

ボルドーの赤ワインに使用できるぶどうの主な品種はカベルネ・ソーヴィニヨン (Cabernet Sauvignon) 、カベルネ・フラン (Cabernet Franc) 、マルベック (Malbec) 、プティ・ヴェルド (Petit Verdot) 、メルロー (Merlot) です。ちなみに、カベルネ・ソーヴィニヨンはボルドー原産のぶどうで、ワイン用ぶどうとして世界一有名だと言えるでしょう。小粒で皮が厚く、種が大きくて果肉は少なめなので、色の濃い、渋みの強いワインになります。

ボルドーの白ワインに使用されるぶどうの主な品種は、ソーヴィニヨン・ブラン (Sauvignon Blanc) 、セミヨン (Sémillon) などです。セミヨンは貴腐ワインの主役となる原料でもあります。

ボルドーの格付け

ボルドーの格付けは、ぶどう畑の所有者(シャトー、 château )ごとにあります。ボルドーのトップクラスの格付けワインは世界最高峰とされ、「5大シャトー」と呼ばれます。5大シャトーとは、「ラフィット・ロートシルト( Lafite Rothschild )」「 ラトゥール ( Latour )」「 ムートン・ロートシルト ( Mouton スリッページの主な2つのタイプ Rothschild )」「 マルゴー ( Margaux )」「 オー・ブリオン ( Haut Brion )」で、ワインマニア達の永遠の憧れの存在です。

ブルゴーニュ

ブルゴーニュ(Bourgogne)はフランスの東部、パリ南東部に位置する地域です。ぶどうの栽培地域は北のシャブリ( Chablis )地区、北端のディジョン(Dijon)から南のリヨン(Lyon)まで細長く170kmの地域に集中しています。高級ワインとして知られる「ロマネ・コンティ( Romanée-conti) 」や、日本では風物詩となった「ボジョレー・ヌーボー(Beaujeu nouveau)」はブルゴーニュ産のワインです。

ボルドーとは違い、単一品種のぶどうで造られるものが主流で、赤ワインはピノ・ノワール (Pinot Noir) またはボジョレーの原料として知られるガメイ (Gamay) 、白ワインにはシャルドネ (Chardonnay) などの品種が使われます。ピノ・ノワールのワインは口当たりが絹のように滑らかで、渋みは柔らかく酸味がしっかりとしています。

ブルゴーニュの格付け

  • グラン・クリュ(Grands Cru/特級畑)・・・畑の名が表記される。ロマネコンティはピノ・ノワール種のグラン・クリュの名称。
  • ブルミエ・クリュ(Premier Cru/一級畑)・・・村名と畑の名が表記される。
  • 村名アペラシオン・・・村名が銘柄として表記される。
  • 地区アペラシオン・・・「ブルゴーニュ」が銘柄として表記される。

フランスの5大産地

ロワール

ロワール(Loire)は全長約1,000km、フランス最長のロワール川流域に点在する山地です。地域ごとに土壌や気候に違いがあり、すべてを把握するのが難しい地域でもあります。多くの品種のぶどうから多種多様なワインを造っている地域です。フランスのロゼワインの中で最も知られているロゼ・ダンジュー( Rose d'Anjou )はロワール地方で造られています。

アルザス

アルザスで造られるワインの90%が白ワインです。ドイツやアルザスの代表品種である、リースリング (Riesling) などを使った辛口ワインが多く造られていることで知られています。また、アルザスは自然派の生産者が多いことでも知られていて、天然酵母を使ったナチュラルな味わいのワインも数多く生産されています。

コート・デュ・ローヌ

コート・デュ・ローヌ(Cotes du Rhone)はフランス南東部に位置するローヌ川( Le Rhone )流域にある、ボルドーに次ぐ生産量を誇る産地です。南北に長く広がる土地なので、多様なワインが造られています。

南部の産地ではグルナッシュ( Grenache )やシラー、ムールヴェドール (Mourvèdre) などの赤ワイン用品種8種と、クレレット・ブランシュ (Clairette blanche) ブールブーラン(Bourboulenc)や、ルーサンヌ( Roussanne )などの白ワイン用品種5種の使用が認められていて、それらの品種のぶどうをブレンドしてワインを醸造しています。

シャンパーニュ

1680年に修道士のドン・ペリニヨン( Dom Pierre Pérignon) が泡を瓶に封じ込める製法を確立させ、複数のヴィンテージのワインをアッサンブラージュする醸造法を生み出します。その後18世紀に瓶詰めのワインが輸送できるようになってからは世界中でシャンパーニュのワインが愛されるようになりました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる