無料セミナー

一目均衡表とは

一目均衡表とは

上図チャートはこの転換線と基準線のみを太いラインで示したもので、2つの相場の転換点を丸印で示しています。このようなところでトレンドを判断するようになります。

FXの一目均衡表は雲の存在で直感的にわかりやすいテクニカル指標

FXのテクニカル分析もいよいよ佳境に入りました。今回説明する一目均衡表は名前が漢字なのからもわかりますが、ローソク足と同じように日本人によって考案されたジャパン・オリジナル・ツールです。英語名が “itimoku-kinko-hyo” とローマ字読みでそのまんまなのも逆輸入されたからですね。この一目均衡表はFXの分析だけでなく、株式投資や先物取引など全ての相場で幅広く使われている 非常に人気の高い分析方法 です。

昭和時代に手書きで作られた

一目均衡表は、都新聞(現在の東京新聞)兜町担当記者であった一目山人(いちもくさんじん)こと細田悟一によって、なんと 戦前の1936年に考案された テクニカル指標です。この一目山人(ペンネーム)は自分で研究所を設立して2000人のスタッフを使って7年かけて完成させたといわれています。まだコンピュータなど存在さえしなかった昭和の時代ですから、その努力と人手の必要さがうかがいしれますね。現在もこの研究所は株式会社経済変動総研として存在しているらしく、ホームページもあります。

完全習得は不可能?

この一目均衡表は非常に習得の難しいテクニカル指標といわれています。一目山人(ペンネーム)の解説本は全7巻も存在し、時間論・波動論・値幅観測論などを総合的に理解する必要があるためです。さらにいえば一部の本が絶版になっているために完全習得した人はほとんどいないとされています。ただし何度もいいますが、別に完全習得をする必要性というのはあまりなく、おおよその 概念とシグナルさえ覚えておけばよい のは変わりありません。特にこの一目均衡表は完全習得できそうにないですからね。

一目均衡表(雲)の計算のしかた

一目均衡表の特徴は従来のテクニカル指標が現在の価格とその平均をもとに売買度合いや標準偏差から分析をしたのに対して、過去の価格と未来の保有度合いをチャートに描き、価格と時間との均衡関係を一目でわかるようにした画期的な指標です。要するに 時間を重視したテクニカル指標 ってことです。ちょっと難しいかもしれませんが、一目均衡表のグラフは全部で5つあります。基準線・転換線・先行スパン1・先行スパン2・遅行スパンの5つです。

一目均衡表5つのグラフの算出方法
転換線 = (過去9日間の高値 + 安値) ÷ 2
基準線 = (過去26日間の高値 + 安値) ÷ 2
先行スパン1 = { (転換値+基準値) ÷ 2 }を26日先にずらしたもの
先行スパン2 = { (過去52日間の高値+安値) ÷ 2 }を26日先にずらしたもの
遅行スパン = (本日の終値)を26日前にずらしたもの
ちなみに9日、26日、52日はあくまで一般的なもの

この一目均衡表5つのグラフにはそれぞれ特徴があります。まず基準線は相場の方向性を示しています。横這いなら方向感はなし、上昇なら強気相場、下降なら弱気相場を示しているということです。そして転換線はいわゆる移動平均線のシグナルのようなものであり、基準線とクロスすることで買いシグナルや売りシグナルを表します。次に2つの先行スパンの間に構成されるものを ” 雲 ” といい抵抗線や支持線になったりします。一目均衡表で一番目立ち、一番わかりやすいところですね。最後に当日より26日前の価格を表す遅行スパンは、以前に買った人や売った人の心理を分析できるグラフであり、売買の心理を分析できます。

一目均衡表(雲)のシグナル

基準線のシグナル

一目均衡表には5つのグラフがあるために、売買シグナルも複数あるのです。したがってシグナルが重複することが結構あり、重複するシグナルが多ければ多いほど、シグナルの信頼性は高いものになります。まずは基準線です。この基準線は過去26日間平均を表しており、横這いなら方向感はなし、 上昇なら強気相場 、 下降なら弱気相場 を示しているということです。

基準線と転換線のクロス

転換線はいわゆる移動平均線のシグナルのようなものであり、基準線とクロスすることで買いシグナルや売りシグナルを表します。移動平均線やストキャスティクス、MACDのように転換線が基準線を上抜けるようなときが ゴールデンクロスであり買いシグナル となります。一目均衡表では ”好転” といいます。日本語らしいですね。同じように転換線が基準線を下抜けるようなときが デッドクロスであり売りシグナル となります。一目均衡表では ”逆転” といわれます。

ローソク足と遅行スパン

遅行スパンとは26日前の終値のグラフになりますね。つまり遅行スパンがローソク足の下にあれば、買った人がまだ大勢いるために買い優勢の状況と判断できます。逆に遅行スパンがローソク足の上にきてしまったら、売った人のほうがまだ多いという判断ができるので売り優勢というわけです。株式投資でいう、信用取引の買い残高・売り残高のようなものですね。投資家のポジションが今どちらに傾いているかから、買い・売りを判断するわけです。ただし、信用取引とは違い FXには取引の期限というものがありません 。要するに取引した人みんながそろって26日で反対売買をするわけではないんですね。だからこの遅行スパンとローソク足の関係が間違い、いわゆるダマシを示すことも結構多いのです。あまり信頼できるシグナルではありませんね。

一目均衡表の雲の見方

雲は投資家の心理

では一目均衡表の最大のポイントである雲について見てみましょう。雲は先行スパン1と先行スパン2の間に形成されるものです。この雲は、見事というほどにローソク足の支持線や抵抗線になってくれるのです。なぜそうなるかというと、この雲は先行スパンからもわかるように、以前に取引した人のポジションの残高水準を表しているんですね。つまり買いポジションをもっている人が多ければ、相場が下がってほしくないと思う人がたくさんいるわけです。そういった投資家たちの心理を表すかように相場を支持する雲が形成されるのです。逆の場合も同じです。売りポジションをもっている人がたくさんいるために、相場が上がってほしくないと思う人がたくさんいるわけです。だから、相場の抵抗となるような雲が形成されるのです。 雲とは過去のデータから未来の投資家の心理を的確に表している 非常に優れた存在なのです。まったく一目千人はすごいですね。

雲の厚さ = 支持・抵抗の強さ

雲の概念がわかればチャートの雲の見方もわかりますよね。雲がローソク足の上にあれば、その雲が強い抵抗となって相場をおさえつけます。また雲がローソク足の下にあれば、その雲が強い支持となって相場をささえます。その雲が厚ければ厚いほど、 そっちに行ってほしくない投資家たちがいっぱいいる ということで強い抵抗となるのです。雲の厚さ=抵抗・支持の強さということです。逆に相場の転換点などの、雲が薄いところでは結構カンタンに雲を突き抜けることがあります。

一目均衡表ではローソク足は飛行機

特に ローソク足と雲の位置関係 は非常に直感的でわかりやすいものだと思います。この場合、ローソク足を ” 飛行機 ” に例えて見てみると面白いですよ。雲が下にあれば、飛行機は雲に支えられるように下がりません。逆に雲が上にあると、飛行機は上昇をさえぎられるように上昇できません。

プロも絶賛!株初心者のためのチャート『一目均衡表』の使い方

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 一目均衡表とは 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

一目均衡表とは(弟一弾)

FX実践レポート

FX実践

一目均衡表とは(弟一弾)

テクニカル分析のなかで、多くのトレーダーが好んで使っているものに、 一目均衡表 があります。

ということは、日本生まれのこのテクニカル指標を使いこなせている人は、世界でもほとんどいない、ということになります。

さくら

一目山人さんを知ろう

一目均衡表は、1935年、 一目均衡表とは 細田 悟一 さん(ペンネーム・一目山人)によって考案されたテクニカル分析指標です。

一目山人語録とは

トレードをするうえで、いろいろ示唆に富んだものがたくさんあります。まず、「 相場の現在性を知る 一目均衡表とは 」という言葉が、原著のなかによくでてきます。

相場というのは、売り方と買い方が闘っている場です。

二つ目は「 時間論 」です。

これは、時間そのものが相場そのものである、という考え方のことです。

三つ目は「 単純なものにこそ真理がある 」ということです。

単純なものにこそ真理がひそんでいます

四つ目は「 任運自在 」です。これは仏教用語です。運びに任せて自由自在にやりましょうということを意味しています。

そして、トレーダーならば、刻一刻変化する状況をチャートのなかから感じ取らなければならない、ということを教えています。

一目均衡表の基本とは

一目均衡表の5つの線

基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つですが、一目均衡表をぱっと見たときにどれがそれぞれの線であるかを見分けられなかったら話になりません。

そして、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「 」と称しています。しかし、一目均衡表の原著には、雲という言葉はいっさいでてきません。

5つの線の計算式

なぜなら、計算式がわからなければ、一目均衡表を正しく使えないからです。

そして、すべての計算には、「 当日を含める 」ということになっています。

買いサインと売りサイン

まず買いサインですが、一つは、転換線が基準線を上抜けした場合には、「 均衡表の好転 」といって、買いポイントになります。

さらに、二つ目は、遅行スパンがローソク足を上抜けした場合には、これを「 遅行スパンの好転 」といって、買いポイントになります。三つ目は、「 三役好転 」です。

以上、ここまででを一言でまとめると、一目均衡表は、「一目で均衡がわかるチャート」だということです。

一目均衡表基本図

つまり、三役好転にたどりつくまでには、これだけの時間がかかっているというわけです。

半値の大事さ

一目山人さんは毎日、ノートに 半値 をつけていました。

転換線、基準線、先行スパン2です。

  • 転換線:そこで、均衡点がわかると、転換線よりローソク足が上にあると短期トレンドでは買い方が優勢となり、転換線よりローソク足が下にあれば、売り方が優勢となります。
  • 基準線:基準線よりローソク足が上にあれば、中期トレンドは買い方が優勢で、基準線より下にローソク足があれば、中期勢力は売り方が優勢となります。
  • 先行スパン2:26日先の先行スパン2よりローソク足が上にあれば、長期トレンドは買い方が優勢で、ローソク足が下にあれば、長期勢力は売りが優勢になります。

転換線とは

これは何を現しているかといえば、短期トレンドの「 相場水準 」を現しています。

そういう状態がしばらくすると、押し目買いや戻り売りのチャンスがやってきます。

基準線とは

基準線は 過去26日間 の最高値と最安値を割った数値(半値)を毎日つないでいった線であることも前述しました。

そして、上昇トレンドから下降トレンドに変わるときには、転換線が基準線を下抜けしたときですし、下降トレンドから上昇トレンドに変化するときは、転換線が基準線を上抜けたときです。

遅行スパン

つまり、ポジションをもちつづけられる限界が26日ということです。

26日前の人が儲かっている時代を「 買い時代 一目均衡表とは 」、26日前の人が損している時代を「 売り時代 」としますと、それを均衡表の好転、逆転という言い方で現しています。

先行スパン2

先行スパン1とは

転換線と基準線の半値を26日先に描いたものです。

辻秀雄氏プロフィール

辻秀雄氏
ジャーナリスト。リーマンショックに世界が揺れた2008年に、日本で初めて誕生したFX(外国為替証拠金取引)の専門誌、月刊「FX攻略.com」の初代編集長を務める。出版社社員からフリーになり、総合雑誌「月刊宝石」や「ダカーポ」「月刊太陽」「とらばーゆ」などで取材・執筆活動を行う。また、『ビジネスマン戦略戦術講座(全20巻)』などビジネス書の編集にも携わる。著書に『インターネット・スキル』『危ない金融機関の見分け方』『半世紀を経てなお息吹くヤマギシの村』など。共著に『我らチェルノブイリの虜囚』『ドルよ驕るなかれ』『横浜を拓いた男たち』など。辻秀雄氏の詳しいプロフィールは、こちらから

【元トレーダーが解説】暗号資産を一目均衡表で分析しよう

Ichimoku 1


上記はGMOコインのBTCJPYの日足チャートです。GMOコインはTradingViewを採用しており、テクニカル指標が豊富に揃っているためとてもテクニカル分析が行いやすい暗号資産取引所なのでおすすめできる取引所の一つです。

Ichimoku 2


上図チャートはこの転換線と基準線のみを太いラインで示したもので、2つの相場の転換点を丸印で示しています。このようなところでトレンドを判断するようになります。

先行スパン1と先行スパン2

Ichimoku 3


上図は雲と先行スパン1、先行スパン2を表しています。2つのラインの間の空間が雲となります。

②一目均衡表のみではなく併用してトレード判断を

Ichimoku 4


上図は一目均衡表とMACDを組み合わせたチャートです。5月末頃を見ると、ローソク足が緩やかに上昇しているものの、MACDは切り下がっており、強気の勢いが低下していることがわかります。このようにテクニカルを併用することによって、複合的に相場を判断することができるようになります。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

一目均衡表とは(弟一弾)

FX実践レポート

FX実践

一目均衡表とは(弟一弾)

テクニカル分析のなかで、多くのトレーダーが好んで使っているものに、 一目均衡表 があります。

ということは、日本生まれのこのテクニカル指標を使いこなせている人は、世界でもほとんどいない、ということになります。

さくら

一目山人さんを知ろう

一目均衡表は、1935年、 細田 悟一 さん(ペンネーム・一目山人)によって考案されたテクニカル分析指標です。

一目山人語録とは

トレードをするうえで、いろいろ示唆に富んだものがたくさんあります。まず、「 相場の現在性を知る 」という言葉が、原著のなかによくでてきます。

相場というのは、売り方と買い方が闘っている場です。

二つ目は「 時間論 」です。

これは、時間そのものが相場そのものである、という考え方のことです。

三つ目は「 単純なものにこそ真理がある 」ということです。

単純なものにこそ真理がひそんでいます

四つ目は「 任運自在 」です。これは仏教用語です。運びに任せて自由自在にやりましょうということを意味しています。

そして、トレーダーならば、刻一刻変化する状況をチャートのなかから感じ取らなければならない、ということを教えています。

一目均衡表の基本とは

一目均衡表の5つの線

基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパンの5つですが、一目均衡表をぱっと見たときにどれがそれぞれの線であるかを見分けられなかったら話になりません。

そして、先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「 」と称しています。しかし、一目均衡表の原著には、雲という言葉はいっさいでてきません。

5つの線の計算式

なぜなら、計算式がわからなければ、一目均衡表を正しく使えないからです。

そして、すべての計算には、「 一目均衡表とは 当日を含める 」ということになっています。

買いサインと売りサイン

まず買いサインですが、一つは、転換線が基準線を上抜けした場合には、「 均衡表の好転 」といって、買いポイントになります。

さらに、二つ目は、遅行スパンがローソク足を上抜けした場合には、これを「 遅行スパンの好転 」といって、買いポイントになります。三つ目は、「 三役好転 」です。

以上、ここまででを一言でまとめると、一目均衡表は、「一目で均衡がわかるチャート」だということです。

一目均衡表基本図

つまり、三役好転にたどりつくまでには、これだけの時間がかかっているというわけです。

半値の大事さ

一目山人さんは毎日、ノートに 半値 をつけていました。

転換線、基準線、先行スパン2です。

  • 転換線:そこで、均衡点がわかると、転換線よりローソク足が上にあると短期トレンドでは買い方が優勢となり、転換線よりローソク足が下にあれば、売り方が優勢となります。
  • 基準線:基準線よりローソク足が上にあれば、中期トレンドは買い方が優勢で、基準線より下にローソク足があれば、中期勢力は売り方が優勢となります。
  • 先行スパン2:26日先の先行スパン2よりローソク足が上にあれば、長期トレンドは買い方が優勢で、ローソク足が下にあれば、長期勢力は売りが優勢になります。

転換線とは

これは何を現しているかといえば、短期トレンドの「 相場水準 」を現しています。

そういう状態がしばらくすると、押し目買いや戻り売りのチャンスがやってきます。

基準線とは

基準線は 過去26日間 の最高値と最安値を割った数値(半値)を毎日つないでいった線であることも前述しました。

そして、上昇トレンドから下降トレンドに変わるときには、転換線が基準線を下抜けしたときですし、下降トレンドから上昇トレンドに変化するときは、転換線が基準線を上抜けたときです。

遅行スパン

つまり、ポジションをもちつづけられる限界が26日ということです。

26日前の人が儲かっている時代を「 買い時代 」、26日前の人が損している時代を「 売り時代 」としますと、それを均衡表の好転、逆転という言い方で現しています。

先行スパン2

先行スパン1とは

転換線と基準線の半値を26日先に描いたものです。

辻秀雄氏プロフィール

辻秀雄氏
ジャーナリスト。リーマンショックに世界が揺れた2008年に、日本で初めて誕生したFX(外国為替証拠金取引)の専門誌、月刊「FX攻略.com」の初代編集長を務める。出版社社員からフリーになり、総合雑誌「月刊宝石」や「ダカーポ」「月刊太陽」「とらばーゆ」などで取材・執筆活動を行う。また、『ビジネスマン戦略戦術講座(全20巻)』などビジネス書の編集にも携わる。著書に『インターネット・スキル』『危ない金融機関の見分け方』『半世紀を経てなお息吹くヤマギシの村』など。共著に『我らチェルノブイリの虜囚』『ドルよ驕るなかれ』『横浜を拓いた男たち』など。辻秀雄氏の詳しいプロフィールは、こちらから

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる