プロが徹底解説

インデックス投資の始め方

インデックス投資の始め方

出典:SBI証券 ドイツDAX30株価指数

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

【初心者向け】投資のやり方|おすすめの投資と手順を解説

f:id:BRIDGESTONE:20201106102002j:plain

f:id:BRIDGESTONE:20201106105316j:plain


少額で投資をおこなうのであれば、NISAの税制優遇はぜひ覚えておいてください。

少額投資④ポイント投資

Tポイントや楽天ポイントなどを使って投資できるので、現金よりも気軽に資産運用ができます。
最低投資額も低く、100円分のポイントがあれば始められるサービスもありますよ。

初心者におすすめのやり方は投資信託

f:id:BRIDGESTONE:20201104100347j:plain

初心者向けの少額投資をいくつかご紹介しましたが、特におすすめな投資のやり方は投資信託です。

自分に合った投資信託の選び方

f:id:BRIDGESTONE:20201104161329j:plain

投資信託を選ぶときは、まず自分の運用方針を考えるやり方がおすすめ。

ここでは次の3タイプに分けて、おすすめの投資信託の種類をご紹介します。

  • 「とにかくリスクは最小限!」の方
  • 「長期間使う予定のないお金をうまく使いたい」方
  • 「とにかくコストはかけたくない」方

「とにかくリスクは最小限!」の方

リスクを抑えて堅実に運用したい方は、債券投資インデックスファンドを検討してみましょう。

債券投資は簡単に言うと、国や企業にお金を貸し、利息を付けて返してもらうこと。
もらえる利息は少ないですが、元本保証されているので損することはありません。

インデックスファンドとは、日経平均株価など一定の指標(ベンチマーク)に合わせて運用する投資信託のことです。
指標と同じ動きを目指して運用することで、大きな損失を防ぐ効果が期待できます。

「長期間使う予定のないお金をうまく使いたい」方

基本的に、投資信託は長期運用が適しているため、多少の損を覚悟でリターンを狙いたいなら、ヘッジファンドに挑戦してみるのも一つの手です。
ヘッジファンドの投資対象は、株式や債券のほか、先物取引など高いリターンを期待できる商品も含まれます。

また、ヘッジファンドの中にはアクティビストファンドという興味深い投資も。
アクティビストファンドでは、株主が株価の低い企業に提言や働きかけをすることで株価上昇を図ります。
その結果株価を上げることができれば、売買益や配当など多くの還元を受けることができます。

「とにかくコストはかけたくない」方

投資信託の手数料には、購入時手数料・信託報酬・監査報酬・売買委託手数料などがあります。
これらの手数料のうち、購入時手数料と信託報酬はコストが抑えやすいです。
コストを抑えたい方は、手数料の安さを基準にファンドの種類を選ぶやり方がいいでしょう。

まず購入時手数料については、ノーロード・ファンドという種類を選べば手数料がかかりません。

信託報酬を抑えるための方法は、アクティブファンドを選ばないこと。
アクティブファンドはインデックスファンドとは違い、指標を上回って積極的に利益を狙う投資信託です。
アクティブファンドは運用が難しいため、支払う信託報酬が高い傾向にあります。

投資のやり方を5ステップで解説!

f:id:BRIDGESTONE:20201104155147j:plain


自分に合った投資先や種類が分かったら、次は投資のやり方について理解しておきましょう。

ここでは、投資のやり方5ステップを解説します。

初心者におすすめの投資信託を例に解説しますが、基本的には投資全般に通じるやり方です。

1.資金の準備

投資信託は数千円という少額から始められますが、だからといって貯金がなくギリギリの生活で始めるのはおすすめできません。
投資にかける金額は、「仮になくなっても生活ができる余裕資産」で投資するのが本来のやり方。

2.口座開設

投資のやり方ステップ2は「口座開設」です。
投資を始めるには、金融機関で専用口座の開設が必要となります。

口座開設には大抵の金融機関で本人確認書類とマイナンバーが必要なので、準備しておきましょう。

また、NISAの税制優遇を受けたい場合は、投資信託口座以外にNISA口座の開設が必要。
NISAは1人1口座しか持てないので、金融機関ごとの取り扱い商品や手数料などを比較した上で開設しましょう。

3.目標設定から投資スタイルを決定

  • 投資の目的:マイホームの頭金として500万円
  • 投資期間:8年後までに
  • インデックス投資の始め方
  • 月々の投資額:4万円

このように目標を設定すると、目標を達成するために必要な利回りは何%なのかが分かります。

「増えれば増えるほどいい」とやみくもな投資をしないよう気をつけてくださいね。

4.投資商品を購入

投資信託の購入方法は金額買付・口数買付・積立買付の3種類ありますが、おすすめの買い方は積立買付
積立買付は毎月自動で一定額を購入するため、投資のタイミングを分散できます。
購入にかかる手間を省けるうえ、タイミングの分散効果により、大損する可能性が低くなります。

株式投資の場合も、入金までのやり方は投資信託と同様です。
株式銘柄の買い方は「指値(さしね)注文」「成行(なりゆき)注文」の2種類があります。
指値注文であれば、自分の希望した金額になったとき買うことができます。
ただし希望金額より株価が高いままだと、購入できない可能性も考えられます。
一方、成行注文は買いたい株数のみ決めて、購入金額はお任せという方法。
注文した時点で1番低い価格での購入となります。

投資信託の場合、運用はプロに任せておけば大丈夫です。
たまにファンドの値動きを確認したり、決算日に届く運用報告書を読んだりするといいでしょう。
換金したいときは、電話やネットバンキングから証券口座に換金申し込みをしてください。

株式投資の場合は、自分で売買のタイミングを見極める必要があります。
そのため、普段から株価のチェックや経済情勢に敏感でいることが大切。
また、大きな損失を防ぐために、損切りの成行注文を出しておくことも検討しておきましょう。

スマホを使った賢い投資のやり方

f:id:BRIDGESTONE:20201104161909j:plain

しかし最近では、スマホ1台あれば投資や資産管理をおこなうことが可能です。
場所や時間にとらわれず投資ができるので、スマホを活用しない手はありません。

投資ができるスマホアプリが増えている

このように、スマホの投資アプリはコストが安く手続きが簡単なので、初めての人でも投資を始めるハードルがぐっと下がります。

情報収集から運用までスマホアプリで一貫できる

証券会社の投資アプリでは、運用するだけでなくさまざまな投資情報が得られます。
そのため、新聞やニュースを利用しなくても、スマホアプリで情報収集が完結できるようになります。

また、アプリならではの操作性の良さも情報収集には便利。
銘柄をキーワードから検索して一括登録できる機能や、業績予測や株主優待の内容も見やすくまとまっています。

スマホのプッシュ通知で情報の確認漏れを防げるため、忙しくてもスキマ時間で情報収集が可能です。

資産管理が簡単にできる家計簿アプリを活用しよう

資産を増やすのに欠かせないのが収支の把握。
収支を把握するためには、手間なく資産管理できる家計簿アプリが優れモノです。

家計簿アプリで管理できるのは、銀行残高や支払い履歴だけではありません。
投資アプリと家計簿アプリを連携すれば、投資している資産もアプリでまとめて管理できます。

自分に最適な投資のやり方を選ぼう

f:id:BRIDGESTONE:20201104114510j:plain

初心者におすすめの投資のやり方は、リスクを抑えるため少額投資から始める方法。
その中でも投資信託は運用をプロにお任せできるので、始めやすいでしょう。

投資に関して不安や疑問点があれば、当サイトの「お金の健康診断」でFPに相談してみてください。

「お金の健康診断」は 、匿名かつ無料で お金のプロに直接相談する こともできるサービス。
チャット形式なので自分のタイミングで相談することができ、わざわざ外出する必要もありません。
ぜひ気軽にトライしてみてくださいね!

f:id:kenta_furumi_400f:20200406095816p:plain

お金の健康診断 - お金のプロと無料でチャット相談

  • My story アドバイザーってどんな人? (インデックス投資の始め方 143)
  • 投資 (87)
  • 資産運用 (78)
  • 投資信託 (15)インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方
  • お金の話 (19)
  • 税金 (3)
  • ライフプラン (8)
  • 最近の話題・ホットニュース (8)
  • 保険 (3)
  • _writer_オカネコ編集部 (81)
  • 節約術 (17)
  • _writer_ココザス株式会社 (4)
  • 老後 (4)
  • FP (3)
  • インデックス投資の始め方
  • 貯金 (82)
  • 相続 (2)
  • 家計簿 (23)
  • 子育て・教育 (6)
  • 節約 (8)
  • _writer_溝井英子 (4)
  • マネーセミナー (2)インデックス投資の始め方
  • _writer_西出滋 (43)
  • _writer_加藤映美 (10)
  • _writer_福永涼子 (1)
  • _writer_唐澤良 (1)
  • みんなのお悩み相談 (4)
  • _writer_砂川利行 (3)
  • _writer_ブロードマインド (インデックス投資の始め方 2)
  • _writer_渡邉浩子 (1)
  • _writer_武田拓也 (5)
  • _writer_氏家大輔 (8)インデックス投資の始め方
  • _writer_斉藤琢也 (4)
  • _writer_株式会社バリューアドバイザーズ (2)
  • _writer_志田正憲 (6)
  • _writer_白石定之 (1)
  • _writer_野尻哲史 (3)

お金のデザイン研究所所長 加藤康之

フィデリティ退職・投資教育研究所所長 野尻哲史

オカネコ編集部

ファイナンシャルプランナー 安藤宏和

ファイナンシャルプランナー 福永涼子

ファイナンシャルプランナー 武田拓也

ファイナンシャルプランナー 菅原良太

ファイナンシャルプランナー 白石定之

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)砂川利行

IFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)志田正憲

株式会社FPバンク

ライフプランナー テスト執筆者1

オカネコ みんなのおカネのこと

500万円を資産運用で2倍にできるおすすめの投資方法3選

1、500万円を資産運用で1000万円に倍増するための具体的なシミュレーション

「 500 万円を 1000 万円に倍増するなんて不可能なのでは?」と少しでも疑問に思った方のために、まずは具体的なシミュレーションを見てみましょう。

(1)500万円を25年間、利回り3%で資産運用すると倍になる

35歳の時点で始めた資産運用が 25 年後の 60 歳には倍増を達成していることが分かります。

500 万円が、まさに 1,046 万 8,874 円 にまで増えています。

上記は、資産運用をした結果であって、銀行に定期預金として預けた場合に得られる 0.01 %程度の金利では、このような結果にはなりません。

以上のように、 「 3 %で 25 インデックス投資の始め方 年の資産運用」 が達成できれば、500万円を倍の 1000 万円に増やせることが明らかになりました。

(2)資産運用において利回り3%は現実的なのか

マイナス金利時代である現代に、「利回り 3 %」は、現実的にありえるのでしょうか。 実際、長らく続く超低金利は、遂にマイナス金利に突入しています。

銀行にお金を預けていても、 ATM 手数料にすらならないと揶揄されています。

資産運用は、「お金に働かせる」という考え方が基本なので、お金が働けば利回り 3 %というのはそれほど珍しい数字ではありません。

本記事では、「インデックスファンド」や「 J-REIT 」などを活用した資産運用について解説していきます。

「 eMAXIS TOPIX インデックス 」という、有名なインデックスファンドを例に見てみましょう。

過去 4 年間の値動きを示すグラフを見ると、 16,インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方 000 円程度から 22,000 円になっており、 4 年間で 1.375 倍になっています。

4 インデックス投資の始め方 年前に当ファンドを購入していた人は、 4 年後に 135 %となります。

毎年の利回りに計算しなおすと、 8.3 %になります。

少々極端な例ではありますが、なんと 年利 8.3 % です。

次に、 J-REIT も見てみましょう。

詳しくは後述しますが、 J-REIT の利回り一覧を見ると、 6 %台から 4 %台まで上々の利回りが並んでいます。

(3)資産運用の利回りが3%か5%かで500万円は2倍から3倍になる

本章では、「利回り 3 %」という、資産運用の中では控えめな想定条件でシミュレーションをしました。
この記事で紹介するさまざまな資産運用法では、 4 %や 5 %といったそれ以上の利回りを実現することにも現実味があります。
シミュレーションをするとさらに魅力的なものになります。

同じく 500 万円を インデックス投資の始め方 4 %で 25 年間資産運用をすれば、 1,332 万 9,165 円、 インデックス投資の始め方 5 %であれば、 1,693 万 1,755 円です。
倍増どころか、 3 倍に増やすことも可能になります。

以上より、資産運用をすれば、 500 万円を 2 倍にすることが可能だということが、お分かりいただけたのではないのでしょうか。

2、「不動産投資の教科書」オススメの 500 万円資産運用法3

(1)インデックスファンド/ETF

冒頭でご紹介した「 eMAXIS TOPIX インデックス」は、インデックスファンドの 1 つです。

「インデックスファンド」とは、投資信託の一種で、日経平均株価や TOPIX 、ダウ平均など株価指数に連動するように運用されています。

(2) J-REIT

「 J-REIT 」は、 REIT の中でも証券取引所に上場されているもので、 いつでも自由に売買できます。

割安感のある株を活用して、 500 万円を中長期的な視野で増やすという視点に立った投資法を提案したいと思います。

3、おすすめの500万円資産運用その1「インデックスファンド/ETF」

(1)インデックスファンドやETFのメリット

インデックスファンドや ETF のメリットは、何といっても手数料の安さとリスクの低さです。
株価指数と連動するように運用するだけなので、運用の手間も少なく、その分手数料が安いので、維持しやすいのが大きなメリットといえるでしょう。

本記事では、インデックスファンドや ETF の 投資コストが安いので、長期的な投資に適している という点を押さえておいていただければ良いでしょう。

(2)インデックスファンド、 ETF で資産が増える仕組み

先進国は成長が鈍化してきているイメージもありますが、 BRICs など新興国は、目覚ましく経済成長しています。

以下は、日経平均株価の 10 年間チャートです。

途中で低迷している時期があるものの、 2 倍近くに上昇しています。

日本の株価は、他国と比べて低迷していた時期が長かったのですが、 2 倍も株価指数が上がっているのです。

日経平均株価よりもはるかに上昇率が高く、 10 年でおよそ 2.5 倍 です。

次は、ドイツの「 DAX30 」という株価指数です。


出典:SBI証券 ドイツDAX30株価指数

最後に、新興国の代表としてインドの「 インデックス投資の始め方 SENSEX 」という株価指数です。

インデックスファンドでの 資産運用 は、この経済成長を資産の倍増に取り込むことになるのです。

(3)インデックスファンド、 ETF 投資の具体的な始め方

インデックスファンドや ETF は、証券会社での購入をおすすめします。

(4)投資信託による資産運用には節税のメリットも

インデックスファンドなど投資信託を購入するのであれば、証券会社の通常の口座だけでなく、 iDeCo や NISA といった口座も検討の価値があります。

iDeCo や NISA などの口座で投資信託を購入すると、大きな節税メリットがあるからです。

「 NISA 」や「つみたて NISA 」は、運用益にかかる約 20 %の税金が非課税となる制度です。

上限金額が年間で 120 万円(つみたて NISA は 40 万円)と決まっていますが、範囲内であれば運用益が非課税になるのは、非常にお得ですよね。

「不動産投資の教科書」では、 iDeCo と NISA についてそれぞれ詳しく解説している記事があります。詳しく知りたいという方は、ぜひそちらもお読みください。

4、おすすめの500万円資産運用その2「 J-REIT」

(1) J-REIT の魅力と 500 万円投資の有望性

「 REIT 」とは不動産投資信託のことです。
現物不動産への投資と違って、少額で始められることや、 プロが運用をするので確実性が高い ことなどのメリットがあります。

REITの中でも、証券取引所に上場されている「 J-REIT 」は、流動性が高く手軽に売買できます。

REIT は 10 万円以下からでも始められるので、 500 万円もの資金があれば、かなり本格的な資産運用が可能になるでしょう。

(2) J-REIT で資産が増える仕組み

J-REITでの資産運用における利益は、決算時に支払われる分配金が主体となります。
例えば、「スターアジア不動産投資法人」の分配金を見てみましょう。
この REIT は、オフィスビルや住居、商業施設といったように幅広い不動産に投資をしている総合型と呼ばれるものです。
2021 年 5 月現在では、 5 %台 という 高い利回りが注目を集めています。

「スターアジア不動産投資法人」の分配金を見ると、 1,500 円前後となっています。
年に 2 回の決算月があるので、 1 口あたり年間で 3,000 円前後の分配金が入ってくることになります。

2021年 5 月 13 日時点で、 1 口あたりの価格が 54,900 円、分配金が 2,910 円( 1,455 円 +1,4550 円)なので、年間の利回りは以下のとおりです。

2,910円 ÷ 54,900 万円 = 5.30 %

表示されている利回りの「 5.30 %」というのは、上記の計算で得られた数値です。

仮に、 500 万円全額をスターアジア不動産投資法人の J-REIT で運用して、 5.3 %という利回りが 25 年間続いたとすると、 25 年後には 1,818 万 3,580 円となります。

(3) J-REIT 投資の具体的な始め方

SBI 証券

マネックス証券

口座を開設したら、購入する J-REIT の銘柄を選び、購入した後は分配金の入金をチェックするだけです。 REIT の銘柄選びについては、「不動産投資信託( REIT )で始める、資金 10 万円以下からの本格的な資産形成」で詳しく解説しています。

5、おすすめの500万円資産運用その3「現物株」

(1)現物株とは

現物株投資というと、 「安い時に買って高い時に売る」 という投資スタイルを連想される方が多いと思います。

基本的には、上記の考え方と同じですが、 500 万円の中長期的な資産運用という視点からは、短期間での売買は当てはまりません。

重要なのは、割安株という「 現在は株価が安く、中長期的に株価が上がる銘柄 」を探すことです。

(2)割安株とは何か

本来の実力よりも株価が割安になっている株には、主に 3 つの種類があります。

(3) 2 つの指標を使った割安株の探し方

指標を使ったシンプルな方法としては、「 PER (株価収益率)」と「 PBR (株価純資産倍率)」を使ったものがあります。

株価 ÷ 1 株あたりの当期純利益 = PER

上記計算式に登場する「 1 株あたりの当期純利益」は、株式情報に公開されています。

「株価」と「 1 株あたりの当期純利益」の 2 つの数値に、どれだけ開きがあるのかを計るのが、 PER です。

PERが低い、すなわち 1 株あたりの利益が企業の実力だとすれば、それに対して株価が大して高くなければ割安ということになります。

Yahoo!インデックス投資の始め方 ファイナンスには、「低 PER 」という項目で、ランキングを表示できる機能があります。

このランキングで、上から表示される銘柄は PER が低く、株価に割安感があるといえるでしょう。

市場の状況にもよりますが、 PER は 15 倍以上が一般的な水準です。

PER が 10 倍を下回っていれば、割安株であるとみて良いでしょう。

株価 ÷ 1 株あたりの純資産 = PBR

PERとよく似ていますが、 PBR は、株価を「会社の 1 株あたり純資産額」で割ったものです。

基準は 1 倍で、 1 倍を下回っている場合は割安感があると見なされます。

ただし、黒字経営だと、理論上は 1 倍を下回らないのが PBR です。

1 倍を下回っているということは、経営上の問題があるかもしれないので、 PBR だけを見て判断してしまうのは、リスクを伴います。

業績や会社の状況に特段の問題がないのに、 PBR が 1 倍を下回っている場合は、株価が出遅れているのかもしれず、割安株だと考えられます。

PBRについても、先ほどの Yahoo! ファイナンスで低い順に並べることができますが、著しく低い銘柄ばかりが上位に並んでしまいます。

あくまでも 1 倍を「少し下回っている」というのがポイントです。合わせて、会社の業績も確認するようにしてください。

資産運用初心者なら、まずは「 PER 」と「 PBR 」を活用して、割安株を購入しましょう。

(4)現物株投資の始め方

  • 株式会社DZHフィナンシャルリサーチ
  • 株式会社G&Dアドヴァイザーズ

① 株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

トレーダーズ・プレミアム 』 は 質・量ともに業界最高水準 の株式情報サービス です。

同等のサービスがすでに 100社以上 の証券会社・運用会社のトレーディングルームに提供されており、 プロフェッショナルには必須のアイテムとなっています。

② 株式会社G&Dアドヴァイザーズ

初心者の個人投資家からベテランの投資家まで、的確な投資情報を提供する、 株式情報サイト『勝ち株ナビ』の無料会員登録プログラムです。

(5)セミナーにて勉強しよう

以下のセミナーは、受講生の 7 割以上がプラスの運用成績があり、 本当に必要な知識だけをぎゅっと凝縮して学びたい方におすすめ です。

6、分散投資で500万円の資産を大切に運用する

(1)分散投資がリスク管理に役立つ理由

しかし、投資には預金のような元本保証はなく、一定の損失リスクがあるので、リスクもしっかりと管理して 500 万円を守る必要があります。

(2)500万円の運用におすすめのリスクを分散する代表的なポートフォリオ3選

当メディア・「不動産投資の教科書」では、資産運用のリスク選好度別に 3 つのポートフォリオを構成しました。

3つ目の夢を追うポートフォリオでは、人気沸騰中の「 ビットコイン 」を組み込んでおりますので、ぜひご参考にしてください。

①安全性重視

安全性とバランスを重視するポートフォリオ として、本記事で紹介している 3 インデックス投資の始め方 つの投資商品を等分で構成しました。

②若干のリスクを取りつつリターンを狙いたい

③ハイリスク商品を入れた「夢のあるポートフォリオ」

(3)投資対象だけでなく時間軸でもリスクを分散できる

1 回で全資金を投資してしまうのではなく、 5 回や 10 回に分けると価格変動のリスクを軽減することができます。

「 500万円を資産運用 で少しでも大きく増やしたいものの、リスクが大きいのは困る……」という方の願いをかなえるために、資産運用法を 4 つ紹介しました。

どの資産運用方法も、非常に現実味のあるもので、 500 万円を倍の 1000 万円にすることを本気で考えた結果です。
資産運用は、運用期間が長ければ長いほど、資産額が増えます。
豊かな老後を迎えるため、早い段階から 「豊かな老後のためにしっかり備えている」 という安心感を得るためにも、最も気になった方法から始めてみてください。

アバター

山本 尚宏

株式会社不動産投資の教科書 代表取締役
1982年神奈川県生まれ。2006年東京大学理学部数学科を中退。在学中に司法試験の勉強を開始(短答式試験合格)。その後、2007年法律事務所オーセンスに勤務。2010年オーセンスグループ株式会社(現弁護士ドットコム株式会社)にて法人営業などに従事。2012年より参議院議員(当時)で弁護士でもある丸山和也氏の秘書(国会議員秘書)を務める。2014年不動産投資に特化した専門サイト「不動産投資の教科書」を運営する株式会社不動産投資の教科書を設立。不動産投資家に、「本当に良質な不動産投資会社だけをお薦めする」という経営理念のもと、業界の健全化に貢献すべく日々奮闘中。

500万円を資産運用で2倍にできるおすすめの投資方法3選

1、500万円を資産運用で1000万円に倍増するための具体的なシミュレーション

「 500 万円を 1000 万円に倍増するなんて不可能なのでは?」と少しでも疑問に思った方のために、まずは具体的なシミュレーションを見てみましょう。

(1)500万円を25年間、利回り3%で資産運用すると倍になる

35歳の時点で始めた資産運用が インデックス投資の始め方 25 年後の 60 歳には倍増を達成していることが分かります。

500 万円が、まさに 1,046 万 8,874 円 にまで増えています。

上記は、資産運用をした結果であって、銀行に定期預金として預けた場合に得られる 0.01 %程度の金利では、このような結果にはなりません。

以上のように、 「 3 %で 25 年の資産運用」 が達成できれば、500万円を倍の 1000 万円に増やせることが明らかになりました。

(2)資産運用において利回り3%は現実的なのか

マイナス金利時代である現代に、「利回り 3 %」は、現実的にありえるのでしょうか。 実際、長らく続く超低金利は、遂にマイナス金利に突入しています。

銀行にお金を預けていても、 ATM 手数料にすらならないと揶揄されています。

資産運用は、「お金に働かせる」という考え方が基本なので、お金が働けば利回り 3 %というのはそれほど珍しい数字ではありません。

本記事では、「インデックスファンド」や「 J-REIT インデックス投資の始め方 」などを活用した資産運用について解説していきます。

「 eMAXIS TOPIX インデックス 」という、有名なインデックスファンドを例に見てみましょう。

過去 4 年間の値動きを示すグラフを見ると、 16,000 円程度から 22,000 円になっており、 4 年間で 1.375 倍になっています。

4 年前に当ファンドを購入していた人は、 4 年後に 135 %となります。

毎年の利回りに計算しなおすと、 8.3 %になります。

少々極端な例ではありますが、なんと 年利 8.3 % インデックス投資の始め方 です。

次に、 J-REIT も見てみましょう。

詳しくは後述しますが、 J-REIT の利回り一覧を見ると、 6 %台から 4 %台まで上々の利回りが並んでいます。

(3)資産運用の利回りが3%か5%かで500万円は2倍から3倍になる

本章では、「利回り 3 インデックス投資の始め方 %」という、資産運用の中では控えめな想定条件でシミュレーションをしました。
この記事で紹介するさまざまな資産運用法では、 4 %や 5 %といったそれ以上の利回りを実現することにも現実味があります。
シミュレーションをするとさらに魅力的なものになります。

同じく 500 万円を 4 %で 25 年間資産運用をすれば、 1,332 万 9,165 円、 5 %であれば、 1,693 万 1,755 円です。
倍増どころか、 3 倍に増やすことも可能になります。

以上より、資産運用をすれば、 500 万円を 2 倍にすることが可能だということが、お分かりいただけたのではないのでしょうか。

2、「不動産投資の教科書」オススメの 500 万円資産運用法3

(1)インデックスファンド/ETF

冒頭でご紹介した「 eMAXIS TOPIX インデックス」は、インデックスファンドの 1 インデックス投資の始め方 つです。

「インデックスファンド」とは、投資信託の一種で、日経平均株価や TOPIX 、ダウ平均など株価指数に連動するように運用されています。

(2) J-REIT

「 J-REIT 」は、 REIT の中でも証券取引所に上場されているもので、 いつでも自由に売買できます。

割安感のある株を活用して、 500 万円を中長期的な視野で増やすという視点に立った投資法を提案したいと思います。

3、おすすめの500万円資産運用その1「インデックスファンド/ETF」

(1)インデックスファンドやETFのメリット

インデックスファンドや ETF のメリットは、何といっても手数料の安さとリスクの低さです。
株価指数と連動するように運用するだけなので、運用の手間も少なく、その分手数料が安いので、維持しやすいのが大きなメリットといえるでしょう。

本記事では、インデックスファンドや ETF の 投資コストが安いので、長期的な投資に適している という点を押さえておいていただければ良いでしょう。

(2)インデックスファンド、 ETF インデックス投資の始め方 で資産が増える仕組み

先進国は成長が鈍化してきているイメージもありますが、 BRICs など新興国は、目覚ましく経済成長しています。

以下は、日経平均株価の 10 年間チャートです。

途中で低迷している時期があるものの、 2 倍近くに上昇しています。

日本の株価は、他国と比べて低迷していた時期が長かったのですが、 2 倍も株価指数が上がっているのです。

日経平均株価よりもはるかに上昇率が高く、 10 インデックス投資の始め方 年でおよそ 2.5 倍 です。

次は、ドイツの「 DAX30 」という株価指数です。


出典:SBI証券 ドイツDAX30株価指数

最後に、新興国の代表としてインドの「 SENSEX インデックス投資の始め方 」という株価指数です。

インデックスファンドでの 資産運用 は、この経済成長を資産の倍増に取り込むことになるのです。

(3)インデックスファンド、 ETF 投資の具体的な始め方

インデックスファンドや ETF は、証券会社での購入をおすすめします。

(4)投資信託による資産運用には節税のメリットも

インデックスファンドなど投資信託を購入するのであれば、証券会社の通常の口座だけでなく、 iDeCo や NISA といった口座も検討の価値があります。

iDeCo や NISA などの口座で投資信託を購入すると、大きな節税メリットがあるからです。

「 NISA 」や「つみたて NISA 」は、運用益にかかる約 20 %の税金が非課税となる制度です。

上限金額が年間で インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方 120 万円(つみたて NISA は 40 万円)と決まっていますが、範囲内であれば運用益が非課税になるのは、非常にお得ですよね。

「不動産投資の教科書」では、 iDeCo と NISA についてそれぞれ詳しく解説している記事があります。詳しく知りたいという方は、ぜひそちらもお読みください。

4、おすすめの500万円資産運用その2「 J-REIT」 インデックス投資の始め方

(1) J-REIT の魅力と 500 万円投資の有望性

「 REIT 」とは不動産投資信託のことです。
現物不動産への投資と違って、少額で始められることや、 プロが運用をするので確実性が高い ことなどのメリットがあります。

REITの中でも、証券取引所に上場されている「 J-REIT 」は、流動性が高く手軽に売買できます。

REIT は 10 万円以下からでも始められるので、 500 万円もの資金があれば、かなり本格的な資産運用が可能になるでしょう。

(2) J-REIT で資産が増える仕組み

J-REITでの資産運用における利益は、決算時に支払われる分配金が主体となります。
例えば、「スターアジア不動産投資法人」の分配金を見てみましょう。
この REIT は、オフィスビルや住居、商業施設といったように幅広い不動産に投資をしている総合型と呼ばれるものです。
2021 年 5 月現在では、 5 %台 という 高い利回りが注目を集めています。

「スターアジア不動産投資法人」の分配金を見ると、 1,500 円前後となっています。
年に 2 回の決算月があるので、 1 口あたり年間で 3,000 円前後の分配金が入ってくることになります。

2021年 5 月 13 日時点で、 1 口あたりの価格が 54,900 インデックス投資の始め方 円、分配金が 2,910 円( 1,455 円 +1,4550 円)なので、年間の利回りは以下のとおりです。

2,インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方 910円 ÷ 54,900 万円 = 5.30 %

表示されている利回りの「 5.30 %」というのは、上記の計算で得られた数値です。

仮に、 500 万円全額をスターアジア不動産投資法人の J-REIT で運用して、 5.3 %という利回りが 25 年間続いたとすると、 インデックス投資の始め方 インデックス投資の始め方 25 年後には 1,818 万 3,580 円となります。

(3) J-REIT 投資の具体的な始め方

SBI 証券

マネックス証券

口座を開設したら、購入する J-REIT の銘柄を選び、購入した後は分配金の入金をチェックするだけです。 REIT の銘柄選びについては、「不動産投資信託( REIT )で始める、資金 10 万円以下からの本格的な資産形成」で詳しく解説しています。

5、おすすめの500万円資産運用その3「現物株」

(1)現物株とは

現物株投資というと、 「安い時に買って高い時に売る」 という投資スタイルを連想される方が多いと思います。

基本的には、上記の考え方と同じですが、 500 万円の中長期的な資産運用という視点からは、短期間での売買は当てはまりません。

重要なのは、割安株という「 現在は株価が安く、中長期的に株価が上がる銘柄 」を探すことです。

(2)割安株とは何か

本来の実力よりも株価が割安になっている株には、主に 3 つの種類があります。

(3) 2 つの指標を使った割安株の探し方

指標を使ったシンプルな方法としては、「 PER (株価収益率)」と「 PBR (株価純資産倍率)」を使ったものがあります。

株価 ÷ 1 株あたりの当期純利益 = PER

上記計算式に登場する「 1 株あたりの当期純利益」は、株式情報に公開されています。

「株価」と「 1 株あたりの当期純利益」の 2 つの数値に、どれだけ開きがあるのかを計るのが、 PER です。

PERが低い、すなわち 1 株あたりの利益が企業の実力だとすれば、それに対して株価が大して高くなければ割安ということになります。

Yahoo!ファイナンスには、「低 インデックス投資の始め方 PER 」という項目で、ランキングを表示できる機能があります。

このランキングで、上から表示される銘柄は PER が低く、株価に割安感があるといえるでしょう。

市場の状況にもよりますが、 PER は 15 倍以上が一般的な水準です。

PER が 10 倍を下回っていれば、割安株であるとみて良いでしょう。

株価 ÷ 1 株あたりの純資産 = PBR

PERとよく似ていますが、 PBR は、株価を「会社の 1 株あたり純資産額」で割ったものです。

基準は 1 倍で、 1 倍を下回っている場合は割安感があると見なされます。

ただし、黒字経営だと、理論上は 1 倍を下回らないのが PBR です。

1 倍を下回っているということは、経営上の問題があるかもしれないので、 PBR だけを見て判断してしまうのは、リスクを伴います。

業績や会社の状況に特段の問題がないのに、 インデックス投資の始め方 PBR が 1 倍を下回っている場合は、株価が出遅れているのかもしれず、割安株だと考えられます。

PBRについても、先ほどの Yahoo! ファイナンスで低い順に並べることができますが、著しく低い銘柄ばかりが上位に並んでしまいます。

あくまでも 1 倍を「少し下回っている」というのがポイントです。合わせて、会社の業績も確認するようにしてください。

資産運用初心者なら、まずは「 PER 」と「 インデックス投資の始め方 PBR 」を活用して、割安株を購入しましょう。

(4)現物株投資の始め方

  • 株式会社DZHフィナンシャルリサーチ
  • 株式会社G&Dアドヴァイザーズ

① 株式会社DZHフィナンシャルリサーチ

トレーダーズ・プレミアム 』 は 質・量ともに業界最高水準 の株式情報サービス インデックス投資の始め方 です。

同等のサービスがすでに 100社以上 の証券会社・運用会社のトレーディングルームに提供されており、 プロフェッショナルには必須のアイテムとなっています。

② 株式会社G&Dアドヴァイザーズ

初心者の個人投資家からベテランの投資家まで、的確な投資情報を提供する、 株式情報サイト『勝ち株ナビ』の無料会員登録プログラムです。

(5)セミナーにて勉強しよう

以下のセミナーは、受講生の 7 割以上がプラスの運用成績があり、 本当に必要な知識だけをぎゅっと凝縮して学びたい方におすすめ です。

6、分散投資で500万円の資産を大切に運用する インデックス投資の始め方

(1)分散投資がリスク管理に役立つ理由

しかし、投資には預金のような元本保証はなく、一定の損失リスクがあるので、リスクもしっかりと管理して 500 万円を守る必要があります。

(2)500万円の運用におすすめのリスクを分散する代表的なポートフォリオ3選

当メディア・「不動産投資の教科書」では、資産運用のリスク選好度別に 3 つのポートフォリオを構成しました。

3つ目の夢を追うポートフォリオでは、人気沸騰中の「 ビットコイン 」を組み込んでおりますので、ぜひご参考にしてください。

①安全性重視

安全性とバランスを重視するポートフォリオ として、本記事で紹介している 3 つの投資商品を等分で構成しました。

②若干のリスクを取りつつリターンを狙いたい

③ハイリスク商品を入れた「夢のあるポートフォリオ」

(3)投資対象だけでなく時間軸でもリスクを分散できる

1 回で全資金を投資してしまうのではなく、 5 回や 10 回に分けると価格変動のリスクを軽減することができます。

「 500万円を資産運用 で少しでも大きく増やしたいものの、リスクが大きいのは困る……」という方の願いをかなえるために、資産運用法を インデックス投資の始め方 4 つ紹介しました。

どの資産運用方法も、非常に現実味のあるもので、 500 万円を倍の 1000 万円にすることを本気で考えた結果です。
資産運用は、運用期間が長ければ長いほど、資産額が増えます。
豊かな老後を迎えるため、早い段階から 「豊かな老後のためにしっかり備えている」 という安心感を得るためにも、最も気になった方法から始めてみてください。

アバター

山本 尚宏

株式会社不動産投資の教科書 代表取締役
1982年神奈川県生まれ。2006年東京大学理学部数学科を中退。在学中に司法試験の勉強を開始(短答式試験合格)。その後、2007年法律事務所オーセンスに勤務。2010年オーセンスグループ株式会社(現弁護士ドットコム株式会社)にて法人営業などに従事。2012年より参議院議員(当時)で弁護士でもある丸山和也氏の秘書(国会議員秘書)を務める。2014年不動産投資に特化した専門サイト「不動産投資の教科書」を運営する株式会社不動産投資の教科書を設立。不動産投資家に、「本当に良質な不動産投資会社だけをお薦めする」という経営理念のもと、業界の健全化に貢献すべく日々奮闘中。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/25)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/18)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる