弱気相場での取引

移動平均線とForceIndexとCCIになります

移動平均線とForceIndexとCCIになります
ラインを滑らかにしたのがこちら

本日の金相場プラチナ相場

国内金価格・プラチナ価格とNY金相場・プラチナ相場、為替・ドル円相場のチャートとテクニカル情報を日々チェック。独自の相場観とデータ分析を元に相場動向を分析します。

金プラチナ相場とドル円 NY市場4/8終値とチャート

2022年4月8日NY市場終値、金相場は前日比+7.8ドルとなりました。
プラチナ相場は前日比+17.6ドルとなりました。
ドル円は年初来高値を更新しました。

NY市場金相場推移 2022年4月8日

過去31日の高値:移動平均線とForceIndexとCCIになります 移動平均線とForceIndexとCCIになります 2,043.3(3/8) 安値:1,887.6(2/25) 変動値幅:155.7 変動率:8.0%

2022年4月8日終値 NY市場金相場:
■ PRICE(価格): 1,945.6 ドル/toz(前日比+7.8ドル・騰落率0.4%)
■ 9MA(9日移動平均):1,移動平均線とForceIndexとCCIになります 933.6ドル/toz(乖離率:0.6%)
■ 21MA(21日移動平均):1,938.3ドル/toz(乖離率:0.4%)
■ 90MA(90日移動平均):1,862.2ドル/toz(乖離率:4.5%)
■ RSI(9):52.2%
■ RSI(14):54.0%

NY市場プラチナ相場推移 2022年4月8日

過去31日の高値:移動平均線とForceIndexとCCIになります 1,153.2(3/8) 安値:953.1(4/6) 変動値幅:200.1 変動率:20.5%

2022年4月8日終値 NY市場プラチナ相場:
■ PRICE(価格): 975.6 ドル/toz(前日比+17.6ドル・騰落率1.8%)
■ 9MA(9日移動平均):979.5ドル/toz(乖離率:-0.4%) 移動平均線とForceIndexとCCIになります
■ 21MA(21日移動平均):1,007.4ドル/toz(乖離率:-3.2%)
■ 90MA(90日移動平均):1,005.4ドル/toz(乖離率:-3.0%)
■ RSI(9):43.0%
■ RSI(14):31.2%

為替ドル円推移 2022年4月8日

過去31日の高値:124.28(4/8) 安値:114.86(3/4) 変動値幅:9.42 変動率:7.6%

2022年4月8日終値 為替ドル円:
■ PRICE(価格): 124.28 円/ドル(前日比+0.32円・騰落率0.3%)
■ 9MA(9日移動平均):123.038円/ドル(乖離率:1.0%)
■ 21MA(21日移動平均):121.306円/ドル(乖離率:2.5%)
■ 90MA(90日移動平均):116.324円/ドル(乖離率:6.8%)
90日移動平均乖離率が要注意ゾーン5%に達しています.
■ RSI(9):53.移動平均線とForceIndexとCCIになります 7%
■ RSI(14):74.5%
※相場価格はNY市場終値。
※nMA(n日移動平均線)は過去n日間の単純移動平均値
※RSI(n):A/(A+B)×100
A:n日間の上昇値幅合計
B:n日間の下降値幅合計

★ NY金相場1ドル変動 => 国内金価格は約4.0円変動
★ ドル円10銭(0.1円)変動 => 国内金価格は約6.3円変動
★ NYプラチナ相場1ドル変動 => 国内プラチナ価格は約4.0円変動
★ ドル円10銭(0.1円)変動 => 移動平均線とForceIndexとCCIになります 国内プラチナ価格は約3.1円変動

月は地球から少しずつ離れているということですが、逆に、昔はもっと地球に近かったのでしょうか?月の見え方は今とは変わっていたのでしょうか?

月は地球から少しずつ離れているということですが、逆に、昔はもっと地球に近かったのでしょうか?月の見え方は今とは変わっていたのでしょうか?

ただ、月が離れていく速度が昔から一定だったのか、ということについては、実際のところよくわかっていません。
月が地球から離れていく大きな原因は、地球と月の間の潮汐力により、地球の自転が遅くなることが原因です(この質問も参照して下さい)。ところが、この潮汐の動きに大きな影響を与えるのは、海の水の流れです。
地球の自転にブレーキをかけていくのは、海水の運動、特に、海底との摩擦や、海流が大陸とぶつかることによる影響です。しかし、大陸はずっと今の位置にいたわけではありません。大陸は少しずつ移動していますし、それによって潮汐の影響なども少しずつ変わってきます。

この影響を計算に入れた上で、かつて地球の自転がどのくらい遅くなっていたのか、ちょうど時計の針を逆回しにするような計算を行ったのが、宇宙科学研究所の安部正真さんです。
計算の結果、やはり地球は、かつてもう少し今より近い位置にあったと考えられます。例えば、10億年前であれば今より約10パーセント近く、距離が短かったという結果が出ています。20億年前であれば約16パーセント、30億年前ですとおよそ30パーセント短かったという計算結果になっています。
また、計算の結果では、月が地球に非常に近かったのは43億年以前、という結果も出ています。これは、地球と月ができたのがおおよそ45億年前、という仮説ともほぼ一致する結果といえるでしょう。

ここで気になるのは、「では、その頃の月は大きく見えたのか」かと思います。
1〜2億年前は、今の地球―月の距離とほとんど差がありませんので、月の大きさは今みえているものとほとんど代わりがありません。では10億年前はどうでしょう。今と10パーセント近く距離が違うということであれば、月と地球の平均距離はおよそ34億キロということになります。
ところが、実は現在の月でさえ、距離は一定していないのです。現在の月までの距離は、平均すると大体地球から384400キロということになっていますが、月は地球から遠ざかるときは約40万キロ、近づくときは36万キロまで近づきます。この場合、見かけの大きさも10パーセントくらい違ってきます。 移動平均線とForceIndexとCCIになります
写真などで見ると明らかに大きさが違いますので、時折、地球に近いときの満月が「今年いちばんの大きな満月」などと紹介されることがありますが、実際夜空で満月を眺めたとき、その大きさをはっきりと実感できるかどうかは、微妙なものがあります。
30億年前、もし30パーセントも近いということになりますと、その距離は平均して27万キロくらいです。こうなると、夜空の月は今よりも少しくらい大きく見えてもいいかと思います。ただ、残念ながらそのような月を眺めた人は、人類としてはアポロ宇宙飛行士くらいだと思いますが…。

謝辞
本原稿の執筆にあたっては、安部正真さんから資料のご提供をはじめ、ご助言などをいただきました。この場を借りて感謝申し上げます。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.移動平均線とForceIndexとCCIになります 0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

移動平均線のEMAとボラティリティを示すATRを組み合わせたインジケーター

1 minute :1分足
5 minutes :5分足
15 minutes :15分足
30 minutes :30分足
1 hour :1時間足
4 hours :4時間足
Daily :日足
Weekly Monthly :週足

Monthly : 月足

First higher time frame :ひとつ上の時間足を表示
Second higher time frame :二つ上の時間足を表示
Third higher time frame :三つ上の時間足を表示

【参考チャート】ユーロ円5分足に15分足のMTFを入れたチャート

ラインの滑らかさ、アラートの位置などを調節したい場合のポイント

まず、デフォルトのチャートがこちら

ラインを滑らかにしたのがこちら

パラメーターの「ATR factor」をデフォルトの3.0から7.0に変更しただけで滑らかになります。ほかの値は変更しても大きな変化はなく微調整するのに使う感じかなと思います。

MetaTrader4のEAの作り方(前編)

自動売買04

にゃんた

にゃんた

Dr.EA

Dr.EA

EAテンプレートのコード解説

下記のコード部分は、 OnInit()関数 といい、EA稼働開始時に実行される関数です。

つぎのコード部分は、 OnDeinit()関数 といい、EA稼働終了時に実行される関数です。

最後の関数が、 OnTick()関数 といい、ティック(値動き)毎に実行される関数です。

メタエディタでコードを入力

Dr.EA

Dr.EA

にゃんた

にゃんた

Dr.EA

Dr.EA

にゃんた

にゃんた

EAのパラメーターを設置

データ型には、「 int 」整数型、「 double 」実数型、「 bool 」真偽型、「 string 移動平均線とForceIndexとCCIになります 」文字列型などがあります。

ここでは、取引数量を設定する 実数型のLots と、マジックナンバーを設定する 整数型のMagicNumber をパラメーターとして設置するため、次のコードを追加します。

グローバル変数を宣言

どの関数内でもないこの位置で宣言する変数は、どの関数からも参照できて格納された値を記憶する特別な変数「 グローバル変数 」となります。

OnTick()移動平均線とForceIndexとCCIになります 関数内の構成

ドテン取引を1ティック内で実行できるように、「 決済処理 」→「 エントリー処理 」の順にしています。

ローカル変数を宣言

保有ポジションを確認

コード内のforを選択してキーボードのF1キーを押すとfor()文の解説が見られます。
コード内のOrderSelectを選択してキーボードのF1キーを押すとOrderSelect()関数の解説が見られます。
MQL4リファレンスを上手に活用してMQL4を覚えていくのもEA作成スキル上達にとって大切なことです。

“MetaTrader4のEAの作り方(前編)” への22件のフィードバック

kkさん
こんにちわ!
平均足の返す数値にはシグナルがありませんが、カスタムインディケータをEAにする方法の記事を参考に、平均足の各インデックスがどうなれば、表示が陽線かなどを調べるとわかります。
具体的なプログラムは来年度開催予定の勉強会の1つに盛り込みたいと思いますので、ぜひご連絡ください^^

はじめまして、ど初心者のJackyです
基本練習どおりにやりはじめて、最初の1行目でつまづきました
//変数の宣言
のところで日本語の文字を入れようとすると見たことのないような文字が出てきて日本語を書くことができませんが、どこがまちがっているのでしょうか?
初歩的な質問ですみません

Jackyさん
こんにちわ!
日本語を書きたいときは、
Tools→Options→fontで 移動平均線とForceIndexとCCIになります
Script:日本語
にします。
fontによっては日本語がないものもありますのでご注意ください。
ちなみに私は、MS ゴシックを使用してます^^

おひさしぶりです 先日はサイコロジカルラインのご提示ありがとうございました
今回も、厚かましく、お願いがあるのですが、気が向いたらご返答よろしくです
ひとつのEA内で、パラメータの違いによっての、ふたつのポジションで運用するポートフォリオ化をしたい場合、どのようなプログラムになるのかご指導願えますでしょうか
まことにプログラム素人の不勉強の致すところ恥ずかしいのですけど。
あのランダムエントリーでも利益を出すATRストップで例えていただけるとうれしいのですが。

始めまして、Jakiと申します。
貴殿のブログは大変勉強になっております。
初心者なのでまだまだ勉強しないとだめだと思っています。
お忙しい中、ひとつ教授していただきたい件がありメールしました。 移動平均線とForceIndexとCCIになります
CCI(Commodity Channel Index)を使って、
+100及び-100で買われすぎ・売られすぎを判断するとの事のようですが、
その値を超えたらトレードをしないようにするコードの書き方を
御教授していただきたくメールしました。 移動平均線とForceIndexとCCIになります
また、+100及び-100はパラメーターで変更可能にするようにするにはどうしたらいいのか、
初歩的な質問で申し訳ありません。
何卒、明快なご指導をお願いします。

Jakiさん
こんにちわ^^
パラメータにするには、
{}の無いところ、#property・・・の下あたりに、
例えば、 移動平均線とForceIndexとCCIになります
extern double CCI_UpperLimit = 100;
extern double CCI_LowerLimit =-100;
として、
start()関数の{}内に、
int sign; 移動平均線とForceIndexとCCIになります 移動平均線とForceIndexとCCIになります
//シグナル計算でsignに1や-1などのシグナルを代入する
省略
double cci0 = iCCI(NULL,0,14,PRICE_TYPICAL,0);
if(cci0CCI_UpperLimit) sign = 0;
もし、CCI(14)の現在の値が、CCI_LowerLimitより小さい、または、
CCI_UpperLimitより大きい場合、
signに0を代入。
としてあげると、シグナル計算でsignに0以外の数値が代入されていても、
CCIのフィルタ条件に当てはまったときは、signには0が代入されます。
そして、その後に、
sign が 1のとき買い注文を出す等のコードがつづきますね^^

始めまして、いつも楽しく拝見させていただいてます。
VQのEAのパラメータをいろいろ変更してバックテストしていた所、驚くほどすばらしく(?)右肩下がりの結果が出るパラメータがありました。
そのまま逆にポジションを取ったら、うまく右肩上がりになるのか実験してみたいのですが、どこをいじればいいのか、皆目検討もつきません。
図々しいお願いで申し訳ありませんが、ご指導いただけないでしょうか。
よろしくお願いします。

慶次さん こんにちは
いつもEAの勉強の参考にさせていただいてます。
質問させてください。現在62SMA>200SMA>800SMAをトレンド発生とみなして5SMAと25SMAの交差するところで売買するEAを作成中なのですがコンパイルしてもエラーが出ないのでバックテストしてみたらTestGenerator: unmatched 移動平均線とForceIndexとCCIになります data error (low value 113.5300 at 移動平均線とForceIndexとCCIになります 移動平均線とForceIndexとCCIになります 2010.10.15 00:00 is not reached from the least timeframe, low price 移動平均線とForceIndexとCCIになります 114.0910 mismatches)というメッセージが出て動かないので頭をかかえています。あまり難しくないEAだと思うのですが、ご教示願えないでしょうか?
//利食い損切りピプス
extern int TakeProfit = 100;
extern int StopLoss =100;
//ロット数
extern double lots=0.1;
//移動平均の計算期間
extern int FastMAPeriod =5;
extern int SlowMAPeriod =25; 移動平均線とForceIndexとCCIになります
extern int A_SMA=62;
extern int B_SMA=200;
extern int C_SMA=800;
int bar,LastType;
int start()
//現在の移動平均線の値
double FastSMA0 = iMA(NULL,0,FastMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,0);
//1つ前の移動平均線の値
double FastSMA1 = iMA(NULL,0,FastMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
//
double SlowSMA0 = iMA(NULL,0,SlowMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,0);
//
double SlowSMA1 = iMA(NULL,0,SlowMAPeriod,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
//
double A_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,A_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
double B_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,B_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
double C_SMA = iMA(NULL,PERIOD_D1,C_SMA,0,MODE_SMA,PRICE_CLOSE,1);
if(FastSMA0>SlowSMA0 移動平均線とForceIndexとCCIになります && A_SMA>B_SMA>C_SMA) int sign=1;
if(FastSMA1 // オーダーチェック(ポジションなどのデータ)
int CurrentPosition=-1;
for(int cnt=0;cnt0) 移動平均線とForceIndexとCCIになります
bar=Bars;
LastType=1;
>
>
//売り条件
if(bar!=Bars && LastType!=-1 && sign==-1 )
//売りポジションを取る
Ticket = OrderSend(Symbol(), OP_SELL, lots, Bid, 3, Bid+(StopLoss*Point), Bid-(TakeProfit*Point), “移動平均線とForceIndexとCCIになります test”, 123, 0, Red);
if(Ticket>0)
bar=Bars;
LastType=-1;
>
>
>
// ポジション有り
else
//ポジションの選択
OrderSelect(CurrentPosition,SELECT_BY_POS);
//もし買いポジションで売りシグナルがでたら
if(OrderType()==OP_BUY && sign==-1)
//手仕舞い
OrderClose(OrderTicket(),OrderLots(),OrderClosePrice(),3,Green);
//ドテン売り
Ticket = OrderSend(Symbol(), OP_SELL, lots, Bid, 移動平均線とForceIndexとCCIになります 3, Bid+(StopLoss*Point), Bid-(TakeProfit*Point), “test”, 123, 移動平均線とForceIndexとCCIになります 0, Red);
if(Ticket>0)
bar=Bars;
LastType=-1;
>
>
//もし売りポジションで買いシグナルがでたら
if(OrderType()==OP_SELL && sign==1)
//手仕舞い
OrderClose(OrderTicket(),OrderLots(),OrderClosePrice(),移動平均線とForceIndexとCCIになります 3,Green);
//ドテン買い
Ticket = OrderSend(Symbol(), OP_BUY,lots, Ask, 3, Ask-(StopLoss*Point), Ask+(TakeProfit*Point), “test”, 123, 0, Blue);
if(Ticket>0)
bar=Bars;
LastType=1;
>
>
>
return(0);
>

saruoyajiさん
こんにちわ^^
TestGenerator: unmatched data errorは、
テストで使う時間足と稼動させる時間足のデータが違うときに出力されます。
1分足をもとに、各時間足を生成すると出なくなります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる