無料体験講座

スキャルピング手法で投資成功者へ

スキャルピング手法で投資成功者へ
2

超速で資産拡大中のカリスマトレーダー テスタに直撃インタビュー 後編 超速で資産拡大中のカリスマトレーダー テスタに直撃インタビュー 後編

テスタ氏

テスタ 僕が主に用いている スキャルピングという手法では、その日のうちにできるだけ株価が大きく動くことが重要 となってきます。日経平均株価やトヨタ自動車が1日に10%以上動くことは滅多にありませんが、中小型の盛り上がっている銘柄ならよくあることです。たとえばゲーム株なら、任天堂やミクシィ、ガンホー・オンライン・エンターテイメント、DeNAなどは、時価総額が千億~兆の単位で大きすぎて手掛けづらい。百億台の前半だと理想的ですが、アカツキのように百億台の後半でも妙味があったものには資金を投入します。もちろん、時価総額が小さすぎると大きな資金を入れるのが困難で、数十億台の銘柄では板が薄すぎてなかなか手を出せません。平均すると1つの銘柄に投入するのは1億円ぐらいの資金で、自信の度合いに応じて増減しています。何が起こるかわかりませんから、1銘柄に対してむやみに大きな資金を入れすぎるのは考えものでしょう。

未来に大きな期待をもてる銘柄に注目

窪田 特に盛り上がったのは、どのようなゲーム株でしたか?

テスタ 一例として挙げられるのがKLabですね。今までこの会社のゲームは当初の予定よりもリリースが遅延しがちだったのですが、「キャプテン翼」という誰もが知っているコンテンツがランキングで高位につけているのに加えて、次の大作も予定通りに出る可能性が高まったことから市場で注目されました。そもそも大相場が始まったのは、こうした話題作の投入前から好決算となったことが好感された地点からです。ただ、これはゲーム株に限ったことではありませんが、現時点で実績を上げているケースよりも、 スキャルピング手法で投資成功者へ 未来に大きな期待をもてるケースのほうが株価は上がりやすくなります。 もちろん、期待が過剰だったら、いずれ大きな調整が待っていますが、目先の上昇は派手になりやすい。僕が今年前半にかなり儲けたアエリアという銘柄にしても、期待が高まって一気に上昇したものの、決算が出てから大きく調整が入りました。ゲーム株以外では、トレイダーズやエス・サイエンス(旧志村化工)も材料がらみで6月から7月にかけて急騰したので、そういった動きに乗っていきました。やはり買われすぎていたようで、どちらもその後は売り込まれていますね。

その日に攻める銘柄はどうやって選んでいる?

仕掛けるべき銘柄をいち早く察知できるデイトレ適性ランキング

窪田 その日にトレードのターゲットとする銘柄は、どうやって探し出しているのでしょうか?

テスタ 長い時間軸で保有するのは怖い銘柄であっても、ファンダメンタルズを無視して短期的に急騰するケースはよくあります。つまり、投機的な資金が殺到しているわけで、そういった銘柄はトレーダー同士のツイッターなどでも話題に上っています。スキャルピングのように 短い時間軸のトレードでは、足元の需給に注目するのが一番 ですね。

窪田 ネットストック・ハイスピードやQUICK情報、ネットストック・スマートで見られる スキャルピング手法で投資成功者へ デイトレ適性ランキング もぜひ参考にしていただきたいですね。足元の値動きが大きく、相応の出来高を伴って流動性も高い銘柄がランキング表示されるようになっています。引け後もデータを閲覧可能です(前場ランキングは9時00分〜29時35分、後場ランキングは12時30分〜36時29分まで)。

テスタ スキャルピング手法で投資成功者へ なるほど、それなら翌日の銘柄選びの参考にもなりそうですね。

松井証券オリジナルのサービスで、一般的にデイトレード向きとされる、値幅が大きく・流動性が高い銘柄のランキングです。
ネットストック・ハイスピードの場合、取引時間中は10秒間隔で更新されるため、簡単な操作で『今盛り上がっている銘柄』を探せます。
また、寄り前気配ランキングやTick回数ランキングといった情報も掲載しておりますので、取引の銘柄選びの参考にしてはいかがでしょうか。

平日の昼下がり。 1日の中で僕が一番好きな時間です。すっかりテレワークも定着して、最近は家で仕事されてる方も多くなってきたと思います。朝から一仕事終えてランチも済ませ、そろそろ一息つきたいと感じる頃ではないでしょうか?よかったら僕と一緒に午後のひと時を過ごしてみませんか? この動画は 京都に暮らす日経225先物ト.

【Beautiful four seasons and colors of Kyoto】京都の美しい四季と色彩京都・八瀬・栖賢寺Seikenji Temple栖賢寺を撮影しました。-------------------------------------------------------------------.

本日は週明けから「サービスデー」でしたね。
入ったぞー!取ったぞー!なんて報告が続々入ってきております。
取ったぞー...てあなた、競馬じゃないんだから(笑)

今日の状況判断から建てられるシナリオは2つ。
そしてそのどちらで行くのかは寄り付き位置で決まりますから、簡単だったわけですが、報告の中で何と解説まで書いてる人が居られました。
流石、うちのセミナー生はみんな優秀です。

● FX トレード +179,200円

ニューヨーク市場最新状況

7/1 引け

NYダウ 31,097.スキャルピング手法で投資成功者へ 26 ▲1.05% +321.83
NASDAQ 11,127.84 ▲0.90% +99.11
S&P500 3,825.33 ▲1.06% +39.95

スキャルピングの意味とは?メリット・デメリットや注意点を徹底解

スキャルピングの3つのメリット

これから紹介するスキャルピングの3つのメリットを理解することで流行になる理由や少額の利益の裏側が見えてきます。

効率が良い

スキャルピングは、株の保有期間が極端に短い上に少額資産を効率的に回せるので、順調に利益を積み上げれば短期間で多くの資産を築き上げられます。

また、1日数時間で何度も取引ができるので時間に制約がある方は時間の有効活用ができます。

損失額を抑えられる

スキャルピングは、1回の取引での損失額を少なく抑えられると考えられています。

しかしこのような大事件的な変化は、一瞬の内に起きるのではなくある程度一定の期間かかります。

なので、数秒から数分といったわずかな時間で取引を完了するスキャルピングは、株式市場の大きな変動にはあまり影響されません

③成長速度が早い

スキャルピングは、数時間で何度も取引をすることで短期間で失敗と成功を繰り返し、どんどん経験値を積めます

スキャルピングの3つのデメリット

これからスキャルピングをする上で事前に把握しておく必要があるデメリットを3つ紹介します。ぜひ参考にしてください。

「板読み」株のデイトレード・スキャルピングで使える基礎知識

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

ご注意ください

当サイトの提供しているコンテンツの投資対象や投資手法は元本や利益を保証するものではな く、相場の変動や金利差により損失が生じる場合がございます。投資対象や取引の仕組およびリスクについて十分ご理解の上、お客様ご自身の判断と責任におい てお取引いただきますようお願い申し上げます。信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。また外国為替証拠金取引の取引レートには売値と買値に差が生じます。 (※外国為替証拠金取引の取引レートには通貨毎に売付価格と買付価格に差額(スプレッド)があります)

当サイトで提供しているコンテンツは、作成時点で得られる情報を元に、細心の注意を払って作 成しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また、株式投資等の知識向上、学習のための参考となる情報の提供を目的としたもので、 特定の銘柄や投資対象や、特定の投資行動、運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、情報提供者及び当社(オープンエデュケーション株 式会社)は一切の責任を負うことはありませんのでご了承下さい。また、当サイトのコンテンツのすべての情報について当社(オープンエデュケーション株式会社)の許可なく転載・ 掲載することを禁じます。

テスタ氏のスキャルピング手法を銘柄選びから解説

テスタ

★★テスタ氏の経歴★★
★テスタ氏が株式投資を始めたのは2005年、20代のころ。
★当時フリーターだったが、書店で見つけた株式投資の本を手に取ったのがきっかけでトレードを始める。
★ポジションの持ち越しがこわかったので、デイトレードでたたかうことを選択する。
★テスタ氏の資産推移
2005年:投資資金300万円で投資スタート
2011年:投資資金1億円を突破
2013年:年利5億円を突破
2016年:中長期投資をスタート
2020年:投資資金40憶円を突破

管理人アイコン

テスタ流スキャルピング手法【銘柄編選び編】

テスタ氏の株の銘柄選びの手法

テスタ氏はインタビューなどで同じ銘柄を数日取引するのが得意と語っています。

時価総額100億円台前半の銘柄が理想

株価変動率(ボラティリティ)の大きな銘柄

盛り上がっている(出来高急増)銘柄

テスタ流スキャルピングに不向きの銘柄

大型株(ボラティリティが低い)

時価総額数十億円の小型株(板が薄い)

日経平均に準じて動く銘柄は不向き

スキャルピングの重要条件には、株価変動率(ボラティリティ)の大きな銘柄を選ぶことが一般的には挙げられます。

テスタ流手法では相性の悪い銘柄はスキャルピングしない

・寄り天になりやすい銘柄
・後場に急騰しやすい銘柄
・キリの良い株価になるとたたき売られる銘柄

個別株やコンピュータのアルゴリズムと自分のトレード手法の相性がよければOKですが、悪い場合には即撤退。

テスタ流スキャルピング手法【エントリー編】

テスタ氏は板によって買い方を変える

相場に勝つためには、いかに他の投資家の心理を読めるかという要素が重要になります。

板情報から投資家心理を読み取ることで、臨機応変に株の買い方を変えるスタイルを貫いています。

テスタ氏は一度に買えなかったら分散投資

副管理人アイコン

テスタ氏は損切りを決めてからエントリー

損切りを決めるということは、リスクを限定すること。

テスタ氏は利確について、「購入時に決めるべき」「悩んでいる時点でダメ」という発言をYouTube動画の中でしています。

テスタ流スキャルピングするタイミング判断

テスタ氏はスキャルピングするタイミングについて、「チャートや板情報などを見た瞬間に買いか売りかを判断できないと厳しい」と語っています。

管理人アイコン

テスタ氏の手法では「買い」から入ることが多い

では、テスタ氏のスキャルピングの手法は「買い」と「売り」のどちらの方が多いのでしょうか?

結論からいうと、「買い」の方が多いのです。

その理由は、信用取引できない銘柄が多いからです。

テスタ流スキャルピングのエントリー回数

・多い日で3~400回以上
・少ない日は100回程度

テスタ流スキャルピング手法【時間足編】

テスタ氏がメインに使うのは3分足

テスタ氏がメインに使う時間足は3分足です。

テスタ氏のスキャルピングのおすすめは5分足

テスタ スキャルピング時間足

<トレーディングビュー>

テスタ流スキャルピング手法【リスクの考え方】

テスタ手法1:勝てない場所で戦う必要性はない

副管理人アイコン

テスタ手法2:不向きと思うならやらない

テスタ氏のスキャルピング手法には、「不向きと思うならやらない」というものがあります。

テスタ手法3:逆行する値幅・時間を狭くして損を限定

テスタ氏は動画の質問コーナーのなかで、リスク管理の一環として「逆行する値幅・時間を狭くして損を限定する」と回答しています。

MAE(最大逆行幅、Maximum Adverse Excursion)とは、統計学を用いることで損失点(損益分岐点)を正確に見積もることを可能にする概念です。

テスタ スキャルピング 参考図書

テスタ手法4:想定外はカット、想定通りの値動きだけ伸ばす

想定外の株価の値動きした時は即カット、想定通りの値動きだけ伸ばす

テスタ 想定外

スキャルピングで気をつける時間帯

テスタ流スキャルピングの注意時間9時~9時半

9時からのシミュレーションをする

テスタ氏いわく「何も考えないのとでは始まりが違う」とのこと。

テスタ流株スキャルピング手法【ツール編】

ブログ:取引記録をつけて復習&反省

ツイッター(Twitter):情報収集ツール

テスタ愛用の株ツール「T plus plus」

テスタ氏がスキャルピング取引をするのに愛用しているツールが「T plus plus」です。

テスタ ツール

・通信障害リスクなどを避ける
・用途によって口座を使い分ける

1つのPC画面で全ての証券口座を管理できると時間短縮にもなりますし、お金の流れを把握しやすいのでT plus plusは非常に有効的なツールといえるでしょう。

T plus plusは有名デイトレーダーcis氏も愛用しています。

テスタ流ブログの使い方

<テスタ流ブログの活用術>
・スキャルピングの取引記録を文章化して復習&反省
・勝っているトレーダーと負けているトレーダーのブログを見て比較

取引記録を文章化して深く考えて反省

仮説 スキャルピング手法で投資成功者へ → 実行 → 検証・復習 → 改善

テスタ氏はトレードを始めたころ、ブログに取引記録を書いて復習と反省を繰り返したそうです。

文章化することで、自分の頭の中が整理されて後で何度も読み返せるのでメリットは大きいですね。

勝っている人と負けている人のブログを見て勉強

なぜ勝ち組トレーダーだけでなく、負けている人のブログまで見るのか?

その理由は、いろんな人の勝敗の理由や違いを比較することで見えてくるもの(気づき)があるからです。

テスタ流ツイッター(Twitter)の使い方

テスタ ツイッター

・株専用アカウントを持つ
・株の情報だけを場中に流して自動更新でチェックする

スキャルピングお役立ち情報

2件のコメントがあります

>テスタロックさん
コメントをありがとうございます。
そうですね、テスタ氏は徹底的にリスクを排除したスキャルピング手法を取っています。
個人的な感想ですが、勝つというよりは負けない投資というイメージがしています。

この記事にコメントする

コメントをキャンセル

このブログも読むと良いかも!

押し目買い

ボリンジャーバンド 設定

バンドウォーク

よく読まれているブログ

バルチック海運指数

バークシャーハサウェイ ポートフォリオ

「投資家」の人気記事トップ3

あのジェイコム男、小手川隆氏(BNF)が不動産会社ランドの大株主に転身したことが判明…! BNFは現在、デイトレーダーをやめてしまったのでしょうか? 小手川隆氏(BNF/ジェイコム男)といえば、2005年に超有名になった […]

BNF 小手川隆

このページにたどりついたあなたは、バフェット太郎という投資家に少なからずご興味があることとお察しします。 米国株投資家として有名なバフェット太郎氏の正体、ポートフォリオなどに迫っていきます。 「バフェット太郎10種(銘柄 […]

バフェット太郎

cisこと投資家、森貴義氏の経歴・ツイッター名言 ※BNF対談あり (最終更新日:2021/9/2、元記事:2018/12/27) 超有名投資家、森貴義氏をご存じでしょうか? デイトレーダーcis(シス)といえばわかるか […]

cis 森貴義

よく読まれているブログ

最新のブログ

ブログ記事を検索する

よく検索される注目キーワード

おとなの株ラウンジの管理人

「おとなの株ラウンジ」運営責任者。日本株投資歴15年。投資診断士。テクニカルアナリスト一次試験合格!バフェットとPリンチが心の師。リーマン・ショックで運用資産半減⇒1度は株から足を洗うが、バリュー投資+テクニカル投資で復活。バリューグロース+テクニカルを組み合わせた投資が得意。座右の銘は未練残すな、金残せ
【note始めました】
初回は22年後半も期待の海運株を紹介しています。
note記事「業績絶好調!まだまだ伸びる海運株」

人気のブログランキング

東証プライム企業一覧

1

テンバガー候補 2022

2

米国株 テンバガー候補

3

天然ガスETF

4

出来高急増

5

BNF 小手川隆

6

増し担保解除

7

メタバース銘柄 本命 日本

8

MACD 設定

9

スキャルピング 手法 コツ

10

カテゴリー

免責事項 掲載している情報や口コミについては、万全を期しておりますが、その内容の安全性や正確性などを保証するものではありません。
ならびに、当サイト介した外部ウェブサイトの閲覧、ご利用は、お客様の責任で行っていただきますようお願いいたします。
万一、外部ウェブサイトの利用につき問題が生じた場合、
その責任はリンク先の外部ウェブサイトが負っていますので、外部ウェブサイトと利用者ご自身の責任で対処してください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる