プロが徹底解説

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

細かく利益を確定するスキャルピングでは、トレンドが継続する場合に再エントリーする場面を探すことが多く、押し目買いと戻り売りでpipsを稼げる技術は重要 になります。

テクニカル分析を組み合わせるスキャルピングFX技法

テクニカル分析ごとの目的や役割・強みを知る

移動平均線のサイン


1本だけでは一時的な値動きで上もしくは下に流れているだけかもしれないので、複数本で見極めることが基本です。

また、 どちらの線も平行に推移しているということは、短期的に見ても長期的に見ても方向感を持って動いていないことを示唆しているので、レンジ相場と判断 できます。

ストキャスティクスと移動平均線のサイン

逆張り手法「ボリンジャーバンド×MACD」

逆張り手法「ボリンジャーバンド×MACD」

バンド自体がズレるボリンジャーの弱点

ボリンジャーバンドの例

ただし、この法則に従ったとしても±3σにタッチ後にバンド自体が傾いてしまい、バンド内に収まっているのにズルズルと損失が拡大するというケースがあります。

ボリンジャーバンドの弱点

MACDの逆張りサインでボリンジャーを補う

MACDの買いサイン&売りサイン

ボリンジャーバンドとMACDを組み合わせて場合のトレードする場合は、 ローソク足がボリンジャーバンドのバンド付近にあり、なおかつMACDがエントリーサインを出した時にエントリー します。

ボリンジャーバンドの欠点をMACDが補足

順張り手法「移動平均線×水平線」

順張り手法「移動平均線×水平線」

押し目&戻り売りの定番となる組み合わせ

調整局面


細かく利益を確定するスキャルピングでは、トレンドが継続する場合に再エントリーする場面を探すことが多く、押し目買いと戻り売りでpipsを稼げる技術は重要 になります。

エントリーのタイミングが難しい上昇相場

調整の反発ポイントとなる抵抗線まで待つ

抵抗線(レジスタンスライン)の役割と機能


例えば、上のチャートの場合、一度下落したチャートが抵抗線付近で一度跳ね返されています。

このように 抵抗線が反発のポイントとなる理由は、その価格帯に投資家たちの意識が集まると同時に、その付近には注文が貯まっているから です。

結果的に、 その抵抗線を超えた場合は、損切りによる買い戻しが発生し、その付近のレート帯(画像赤丸)の付近では上昇しやすくなります。

暗号資産(仮想通貨)の現物取引とは?信用取引との違いとおすすめ取引所

一般的に、 取引時の時価で株や債券を売買する ことを「現物取引(現物)」といいます。

暗号資産(仮想通貨)にも「現物取引」という手法があります。投資対象となる暗号資産(仮想通貨)を購入し、価格の上昇幅によって収益をあげるやり方のこと。

  • 現物取引とは、取引時の時価で株や債券を売買すること
  • 暗号資産(仮想通貨)においては、購入した通貨で収益を上げる手法のこと

(仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 1)買いから入る

自分の持っていないものを売ることができないように、暗号資産(仮想通貨)の現物取引も「まず暗号資産(仮想通貨)を購入し、価格が上がったら売る」というオーソドックスな手法となります。

(2)自己資金内で投資

自分の持っているお金以上の買い物ができないように、自分の口座にある日本円以上の暗号資産(仮想通貨)を購入することはできません

取扱仮想通貨 ビットコイン イーサリアム イーサリアムクラシック リップル ライトコイン ビットコインキャッシュ 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 リスク ファクトム ネム モナコイン ステラルーメン クアンタム ベーシックアテンショントークン アイオーエスティー エンジンコイン オーエムジー
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆
(少し高い)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐⭐

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 ここがオススメ!

  1. 大手マネックス参加で正式金融庁認可取得
  2. 豊富な取扱通貨の種類
  3. アプリ・サイトが初心者にも使いやすい

暗号資産(仮想通貨)FX(信用取引)との違い

現物取引信用取引
投資方法実際に現物を買う借りて運用する
投資金額買った金額証拠金の数倍
ポジション買い買い・売り

暗号資産(仮想通貨)におけるFX(信用取引)とは、暗号資産(仮想通貨)取引所に証拠金を預け、暗号資産(仮想通貨)を借りて運用することをいいます。

信用取引を行うためには、 取扱手数料・借入手数料・(利益が出た場合)利益手数料といった各種手数料が必要となる ので注意しましょう。

  • FXと同じ方法で取引可能
  • 証拠金を預けて、暗号資産(仮想通貨)を借りて運用する
  • 各種手数料が必要となる

(仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 1)レバレッジを使える

レバレッジは「てこ」という意味。小さい力で大きな物体を動かすことができる「てこ」のように、 自分の口座にある資金の数倍もの暗号資産(仮想通貨)を購入することができるのです。

しかし 利益が何倍にもなるぶん、損失も大きくなる ので注意しましょう。

(2)売り・買いの両方から入れる

自分の口座資金を担保(証拠金)とすることで、「取引所から現在のレートで暗号資産(仮想通貨)を借りて売り、後で買い戻して取引所に返す」という仕組み。

信用取引ではこの手法を用いて、 価格が下がった時にも利益を出すことが可能 です。また取引所の資金を借りるわけですから、現物取引のように暗号資産(仮想通貨)を 決済したり送金したりといったことはできません 。

暗号資産(仮想通貨)の信用取引でおすすめの取引所

順位取引所名レバレッジポイント
1位Coincheck5倍経営改善による安心安全のセキュリティ
2位BITPoint1倍 2倍 4倍手数料が安価!
3位Liquid2倍 4倍最大レバレッジが4倍
4位GMOコインレバレッジ取引:5倍 10倍
その他:上限5倍
スマホ、PC共にツールが充実
5位DMM Bitcoin4倍取扱通貨が豊富
6位bitFlyer1~4倍取引量・資本金が大きく信頼性が高い

取扱仮想通貨 ビットコイン
リップル
イーサリアム
モナコイン
ビットコインキャッュ
ライトコイン
ベーシックアテンショントークン
ステラルーメン
クアンタム
オーエムジー
シンボル
リンク
メイカー
ボバネットワーク
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐⭐
(無料)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐⭐☆ 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
(ほぼなし)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 手数料が安い
  2. 国内一リップルが安く買える
  3. セキュリティ性が高い

暗号資産(仮想通貨)の現物取引をオススメする理由

その理由は、暗号資産(仮想通貨)の値動きは時に激しく変動するため、為替によるFX以上にリスクが高くなる傾向があるため。

まずは現物取引で投資をはじめて、 ハイリスク・ハイリターンの投資にチャレンジする準備ができたら、信用取引に挑戦 してみましょう。

  1. 損失が想定内におさまる
  2. 手数料がかからない
  3. 投資の難易度が低い

(1)損失が想定内に

損失が出ても、自分の想定内の額におさまるのが現物取引のメリットです。

購入金額によっても変わりますが、あくまで 購入金額の範囲内 であるため、じゅうぶん想定することができるでしょう。

(2)手数料がかからない

現物取引では手数料がかからない、というのもメリット。

信用取引の場合は、ポジション管理料と呼ばれる手数料がかかります。それ以外にも手数料を設けている場合があるため、 手数料コストを差し引いても利益が残る ように、取引を行わなければなりません。

(3)初心者が始めやすい投資

暗号資産(仮想通貨)の信用取引(FX)はハイリスク・ハイリターンなうえ、仕組みが複雑なために難易度が高いという面があります。

(4)現物取引ならではの運用方法で投資

  • トレンドに乗って値上がり益を積み重ねる
  • ボックス相場で逆張り投資を細かく行う
  • 中長期投資を行い少額の元本を少しずつ大きくする

現物取引はレバレッジや空売りができないかわりに、中長期投資やトレンドに乗った取引方法を選ぶことが可能。市場の価格変動に影響される点は共通していますが、レバレッジがかかっていないぶん、 含み損の変動も少なくなります 。

ザイフ(Zaif)

取扱仮想通貨 ビットコイン イーサリアム ネム モナコイン ビットコインキャッシュ
手数料の安さ⭐⭐⭐⭐☆
(-0.05%~0.3%)
スプレッドの低さ⭐⭐⭐☆☆
(5.19%)
セキュリティ性⭐⭐⭐⭐☆

ここがオススメ!

  1. 設定した取引値で売買できる(取引が成立すれば)
  2. ビットコインを購入するとキャッシュバックがある
  3. 低リスクな積立ができる

暗号資産(仮想通貨)の現物取引におすすめの取引所

現物取引で暗号資産(仮想通貨)を手に入れたい場合、おすすめの暗号資産(仮想通貨)取引所は以下のとおりです。

初心者におすすめのコインチェック

暗号資産(仮想通貨)現物取引でおすすめの取引所の1つは、コインチェックです。コインチェックは各サービスを徐々に再開させていて、2019年6月時点ではビットコイン取引所とビットコイン・アルトコイン販売所を利用可能。

アルトコインは販売所だけですが、 9種類ものアルトコインを取り扱っている のはコインチェックだけ。ただし取引所で取引したい場合は、ビットコインのみです。

販売所形式の手数料(スプレッド)は、他社と同様に常に変動します。 取引所形式の手数料は無料 ですので、手数料を節約したいのであれば、取引所を利用しましょう。

アルトコイン取引なら「bitbank」

ビットコイン以外の暗号資産(仮想通貨)であるアルトコインを、bitbankでは「販売所」ではなく「取引所」で売買できます。

「取引所」のメリットは、 手数料を安く抑えられる こと。「販売所」は暗号資産(仮想通貨)取引所が設定した価格で売買を行うため、実質的な手数料である売値と買値の差が大きくなってしまいます。

安定した取引所である「bitFlyer」

bitFlyerは、ユーザー数・取引量ともに日本一で、大手企業や銀行からも多数出資を受けている安定した取引所です。

bitFlyerでは、 ビットコインの売買手数料が0.01%~0.15% と低めの設定。また アルトコインも、「販売所」での手数料が無料 と、利用者にとってやさしくなっています。

現物取引の取引手数料は無料の「Zaif」

Zaifはテックビューロ株式会社が運営している取引所でしたが、現在はフィスコに事業移管されています。Zaifを利用するメリットは、現物取引手数料が無料という点。

現物取引の投資方法

テクニカル分析を使った投資方法

現物取引でテクニカル分析を使った投資方法は、主にトレンドに沿った取引とトレンド転換時に売買を行う取引が考えられます。なぜならテクニカル指標には、オシレーター指標(買われ過ぎ・売られ過ぎを示す)とトレンド指標があるからです。

オシレーター指標は現在の相場を買われ過ぎなどで判断するため、トレンド転換時に役立ちます。 下落局面で底値を打ったか確認したり、上昇相場でタイミングよく売り抜けるために天井を読んだり といったように活用できますね。

トレンド系指標は文字通りトレンドを示す指標のことで、 上昇相場と下落相場のどちらに向かっているのか を判断する際に用います。現物取引は空売りできないので、上昇相場かどうかを分析するだけでよく、比較的シンプル。暗号資産(仮想通貨)初心者にとっては、わかりやすい分析方法といえるでしょう。

ファンダメンタル分析を使った投資方法

中長期投資では、ファンダメンタル分析を使った投資方法が有効。ファンダメンタルに関する情報は、 相場の動きに影響を与えるまで時間差があるから です。

そのため即効性という点ではデメリットが大きく、現物取引でデイトレードやスキャルピングをする場合には向いていません。時間をかけて利益を積み重ねていく 中長期投資であれば、ファンダメンタル指標を活用できる時間をじゅうぶんに設ける ことができます。

ボックス相場で細かく売買

ボックス相場とは、ある価格帯で上昇と下落を繰り返している状況のことです。

売買タイミングが複数あるので、 利益を積み重ねやすい のがメリット。しかし値幅が小さいので、 大きな利益を得ることは難しい でしょう。現物取引で逆張り投資を行いたい方は、ボックス相場で取引を行うのもおすすめです。

オシレーター指標を活用し、 反落して底値を打ったところで購入 。 レジスタンスライン付近で売り抜ける 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 といったことを繰り返し、利益を積み重ねるという方法です。空売りができないので、反落したところで利益を得ることはできませんが、逆張り投資の経験やデータを得ることができる、貴重な機会といえるでしょう。

【FX入門】デイトレードの重要事項!テクニカル分析とは?

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-01-06


上記のチャートはゴールデンクロス時にエントリーチャンスが出た良い例で
赤の短期線と緑の長期線が逆転しない限りは、買いの流れは継続していたことも示している。

現実的に私は、あまりスキャルピングはしないのですが、 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
エントリー時、利食い時、ロスカット時の目安として非常に確率が高いので
上記のようなローソク足と移動平均のコンビチャートは、常時開いている画面の一つです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-01-27

RSI はRelative Strength Index、相対力指数と呼ばれ、
オシレータ指標の代表的なものですが、
一定期間の値動きの強さ、弱さを数値で表した指標です。

あえて計算方法はご紹介し ませんが、0%~100%の間で推移しますが、
数値が大きいほど上昇分の値幅が大きくなり強い相場に突入していると判断されますが、
逆に0%に近くなると弱い相場であると判断できます。

判断基準としては、 RSIの数値が70-80%を超えてくると買われ過ぎ、
20-30%を下回ると売ら れ過ぎのサインを示し、
エントリーチャンスや決済ポイント、逆張りの目安として利用します。

ストキャスティックス

下記のチャートはストキャスティクスのチャートですが、
何と1950年代に米国で考案されたチャートで基本的にトレンドが発生していない時に
買われ過ぎ売られ過ぎのサインを確認できるオシレータ―系テクニカルツールです。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-04-18-01-36

特徴は2本の線の相関関係からRSI同様に
買われ過ぎや売られ過ぎを判断する便利なチャートで 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効
直近の終値が一定期間の価格レンジで相対的にどのレベルに置かれているかを0%-100%で表現しています。

今回ご紹介するのは、スローストキャスティックスというもので
ファーストストキャスティックスという種類もありますが、
チャートのジグザグが激しすぎて(反応過剰)読みにくいのでスローバージョンをご説明します。

%D単体の見方

%Dが80%以上では買われ過ぎ、20%以下では売られ過ぎが示唆されます。
また、%Dが80%以上の位置でダブルトップを形成した場合は売り、
20%以下の位置でダブルボトムを形成した場合は買い
となります。

%DとSDの交差

SDを%Dが下から上へ抜けた時(ゴールデンクロス)が買い、
逆に上から下に抜けた時(デッドクロス)が売り
となります。
また、この交差が売られ過ぎ買われ過ぎの水準(20%以下と80%以上)で発生した場合は
より信頼性が高い
といえます

以上、テクニカル分析ではトレンド系の移動平均線、一目均衡表、
ボリンジャーバンド、ポイント%フィギア等があり、
オシレータ系では今回ご紹介した RSI,ストキャス、MACD,DMI等代表的な物の他にも
多種多様なチャートがありますが、個人の好みで何を参考にしてもかまいません。

尚、テクニカル分析は100%完璧ではないことを頭に入れておいてください。
あくまでもデータに基本とした有効なツールとの認識が必要です。

その時間を利用して上記のファンダメンタル分析で重要な事柄を勉強して
期間の長いテクニカルツールを参照して長めのポジション構築のアイデアを模索するなど
相場に前向きに親しむ姿勢を養いましょう。

あなたをデイトレードの天才にする無料「及川式FX講座」

一度使ったら手放せない!FXism及川圭哉愛用のインジゲーター
『FX天才チャート』無料プレゼント!&デイトレ講座付き!

及川圭哉のYOUTUBEでお馴染みの「FX天才チャート」 この最強のトレード環境をスペシャル入門バージョンとしてパッケージングしたインジゲーターを無料プレゼントいたします!
あなたも及川圭哉と同じチャート環境でトレードができるこのチャンスをお見逃しなく!
FXism公式ライン@に登録して数々の億トレーダーを生み出した奇跡のツールを今すぐ手に入れよう!

仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効

FX投資を行なっている方の42%は正社員・会社員(役員は含まない)

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

若い方が儲かるFXって本当なのか?

FXは『-20 万円未満~20 万円未満』 の間で全体の6割以上となっています。

FXはみんなどれくらい儲けている?『-20 万円未満〜20 万円未満』が最も多い60%の層

初心者が聞きたいFXで取引する通貨ペア

初心者が聞きたいFX、保有期間はどれくらい?

FXはデイトレードでも持ち入りやすいので1分以内という層もいますが、基本的には新規建玉の保有期間は意外にも中長期の投資家が多く、3割以上が1ヶ月以上保有しています。

FXの短期トレードは儲からない?

『1日未満』の短期保有層の比率は年収 400 万円未満が40%占めています。

FX投資で損失を出してしまう理由

もっともFXで稼ぐためのスキルは『損切り』

FXは利益を出す・稼ぐより損切りによる損失の圧縮が重要

損切りができる投資家は儲かる・稼げる成功する

両建てやナンピンは相場に自信がない限り、注意

損切りのタイミングを自己判断できない

なぜ、損切りができないのか?

誰でも上手くなる損切りテクニック

IFD注文の活用

IFO注文で応用する

初心者が聞きたいFXって儲かる投資なのか

実際、男女全世代で6割以上は儲けています。

ファンダメンタルズとテニクカル分析とは?

FXでMT4などのツールを使う必要はあるのか?

そのため、一般的には取引所や証券会社のツール・チャートを利用しますが、MT4は50種類以上の指標やインジケーターを同時に確認・表示ができ、一度に獲得できる情報量は他のチャート分析ツールとは雲泥の差があると言えます。

MT4とは

FXで自動売買ツールを使うと儲かるのか

FXなどでの自動売買ツール・コピートレードツールは、取引手法を完全に他人に任せるため、投資によって収益をあげられるか・儲かるかは選ぶ投資家 トレーダーの実力次第です。

自動売買ツールとは

自動売買ツールとは『 どのような条件・タイミングで買うか または売るか 』『 どのような条件・タイミングで利益を確定するか または損切るか 』などトレードにおけるエントリー(新規注文)とイグジット(決済注文)のルールを決めて自動実行させるのが自動売買ツールです。

FXとCFD取引 儲かるのはどっち?

CFD取引とFXは、そもそも投資先・対象の種類に違いがあり、FXは外国為替の通貨ペアだけに限られますが、CFD取引は株価指数や原油価格・金価格など様々な投資対象があります。

研究開発支援に用いられるコレクティブNFT 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 – Microbes NFTとは?

DeSci DashboardはDeSciWorldにとっての主要プロダクトです。現在、DeSciは黎明期であり、様々な情報が散乱しています。これを解決するために、現在はDeSci WikiというGoogleドキュメントで情報が集約されています。しかし、Googleは中央集権的だと考える人が多いため、Googleドキュメントを活用することに嫌悪感を抱く人も多く見られていました。これに対しDeSci Dashboardは、DeSciに特化した無料で使用することができる情報アグリゲータとなるべく、現在開発が進められています。

DeSciプロジェクトは申請することでDeSci Dashboardに無料で情報を掲載することができ、ユーザーはリストアップされているDeSciプロジェクトを検索、フィルタリングすることができます。DeSciプロジェクト側は、トークンやガバナンスの提案に関する情報、メディア情報、プロジェクトに関する簡潔な説明、その他の重要事項は何でも掲載することができ、ユーザーはコミュニティに飛び込む前にプロジェクトの全体概要を簡単に知ることができます。DeSci 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 Dashboardの表示画面は以下の通りです。

  1. Snapshot 仮想通貨はどのようなテクニカル分析が有効 APIを通じて測定された、DeSciWorldに掲載されている各プロジェクトごとのガバナンスに関与しているユーザー数の合計値
  2. DeSciWorldのダッシュボードにリストアップされたプロジェクトの合計値
  3. P2P助成金プラットフォームが取り扱った助成金の総額

NFT Spotlight

Events Calendar

現在、DeSciだけに留まらず、様々なWeb3関連のイベントがTwitter Spaces、Discord、Twitch等の媒体で行われています。それぞれのプロジェクトが自律分散的にイベントを行っているのは業界にとっても望ましい姿ではありますが、それと同時にイベントに関する情報が分散してしまっています。現在の解決策として、Web3 Women In ScienceのファウンダーであるAriellaが情報をGoogle Calendarに整理してくれています。しかし、Googleは中央集権的な存在と認知されているため、コミュニティから嫌悪感を持たれています。そこでDeSciWorldでは、Backdropを利用することでこれを解決しようとしています。BackdropはWeb3ツールであり、ウォレットに持っているトークンに紐づいてイベント情報を通知したりすることができます。

Microbes NFT

Microbes NFTは、サイエンスコミュニティとWeb3コミュニティの架け橋になることを目標にした、ウイルス、微生物等が描かれたNFTアートです。Imperial College Londonの研究室にかつて所属していた博士課程の卒業生が、これまでの研究から得られた画像を提供し、このコレクションの源泉となりました。この提供された画像データを基に、DeSciWorldの初期メンバーである微生物学博士のKira Eiliersがコンセプトを定め、アートチームと共同で創り上げたものです。詳細については次章でご説明させていただきます。

Microbes NFTがどのように研究開発支援を行っているのか?

Microbes NFTで得られた売上は主にDeSciWorldで発生する初期の費用と、 DeSciWorldDAOへの寄付に利用されます。具体的には、チームメンバーの採用、UXやデザインの改善、研究者へのフィーとして利用されています。DeSciWorldDAOの資金を効率的に使用することで、DeSciに関わる人々の数を増やし、より発展させることが目標として掲げられています。また、Microbes NFTを所有することで、アーリーアダプターと認識され、様々な待遇を受けることができます。

  • Snapshotを通じて、DeSciWorldの今後行われていくガバナンスに参加することができます。
  • NFT Launchpadの優先権を得ることができ、優先的にホワイトリストに登録することができます。
  • DeSciWorldやDeSciが発展していくにつれて、メタバース空間を利用していく未来が予想されます。Microbes NFTを所有することで、VIPチャット機能や、DeSciに関する特別イベントの参加、エアドロップ、グッズ配布などの待遇を受ける事ができます。
  • DeSciWorldのホームページにはIPFS経由でロックされているコンテンツがあります。Microbes NFTが含まれたウォレットを接続することで、研究データ、レポート、画像ファイルなどを閲覧することができます。

今回はDeSciのコミュニティを統合し、エコシステム全体を発展させていくことを目指したDeSciWorldと、そこで活用されているMicrobes NFTについてご説明させていただきました。現在DeSciは黎明期にあるため数多くのプロジェクトが散見されていますが、DeSciWorldのようなコミュニティのインフラとなりうるプロジェクトは非常に有望視できるかと思います。また、Microbes NFTを所有することでアーリーアダプターとして認知されることは、数年後DeSciが発展した時に大きな信用を得ることができると思います。今後のDeSciWorldの動きに注目必須です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる