外国為替市場

ディナポリ式MT4

ディナポリ式MT4
1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。
vol.502017-2018シーズン/レアル・マドリー ~前人未到のCL3連覇~
(C)CWS Brians,LTD.
監督:ジネディーヌ・ジダン 獲得タイトル:チャンピオンズリーグ 攻撃力10:★★★★★★★★★★ 守備力8:★★★★★★★★☆☆ ディナポリ式MT4 タレント9:★★★★★★★★★☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層10:★★★★★★★★★★
前人未到のCL3連覇
ジダン監督は、2015-16シーズン途中に、解任されたラファエル・ベニテスの後釜として監督に就任した。しかし、当時はレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でしか監督経験がなく、その手腕の程は全くの未知数だった。就任当初、目指すべきものとしてはチーム再建やタイトルが掲げられていたが、周囲からのハードルはそれほど高く設定されていなかったのだが、ジダン監督はその期待をいい意味で裏切っていく。 中でも、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝ヴォルフスブルク戦がターニングポイントに挙げられる。マドリーはアウェイでの1stレグを0-2で落とし、絶体絶命となっていた。しかし、2ndレグではFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを記録し、3-0で終えて逆転突破。ヴォルフスブルクを劇的な形で破ったマドリーは、勢いそのままに欧州制覇。その後も一切チャンピオンの座を渡すことなく、前人未到のCL3連覇を果たした。
ジダンの編み出したローテーション制
基本となった布陣は守備的MFカゼミロをアンカーに据えた[4-3-3]だが、対戦相手によって複数のフォーメーションを使い分けることとなる。 イスコをトップ下に配した[4-3-1-2]や、MFルーカス・バスケスとMFアセンシオを両サイドに置き安定感を重視した[4-4-2]など、多くのパターンを有した。 特に、クリスティアーノ・ロナウドをサイドでなく中央で起用するアイデアは、多くの得点をもたらしており、前線の組み合わせや相手によって、どんな時でもマドリーらしさを保ちつつも、変化を求めて行った。 さらに、2年目の2016-17シーズンにはAチーム、Bチームと言われる2つのチームを組み、ローテーション。主力のコンディション、若手を含む全選手の試合勘を保ち、あらゆる大会を勝ち抜く総力を培った。 そして3シーズン目の2017-18シーズンは若手を起用しつつも、前年までのレギュラーを重宝。戦術理解度に加え、連携もしっかりと構築されたチームは、就任した2015-16シーズンから73試合連続得点という世界最多タイ記録達成という偉業もチームは成し遂げ、ジダンはチームを去った。
ピックアップ・プレイヤー
MF:カゼミロ(25) ジダン・マドリーの功績の陰の立役者。ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”や、ルカ・モドリッチなど欠かせない選手は複数いたものの、カゼミロがいるいないではマドリーの戦い方に大きな変化をもたらした。 アンカーの位置で起用され、フィルター役として守備に専念。カゼミロの働きにより、モドリッチやクロースら他のMFたちがスムーズに攻撃できていた。時には、自身も強烈なミドルシュートを放つなど、チーム内での存在感を群を抜いていた。 2019.04.30 21:00 Tue

Advertising Guidelines

Reuters is committed to unbiased, independent journalism. Accepting funds for advertising or sponsored content allows Reuters to ディナポリ式MT4 expand our coverage of global news and events consistent with the Trust Principles. The following guidelines explain how Reuters protects our journalistic integrity and the trust of our readers and customers while working with advertisers and sponsors.

The following guidelines apply to all advertisements published on any Reuters platform, including ディナポリ式MT4 advertisements created by our advertisers or in collaboration with Reuters Solutions. An advertisement is content controlled and paid for by a third party.

  • No relationship with an advertiser or advertising deal will compromise Reuters’ strict compliance with the Trust Principles, which require independence, integrity and freedom from bias.
  • ディナポリ式MT4
  • Reuters’ editorial staff will not create, edit, influence or otherwise contribute to the production of advertising.
  • Advertisements will be clearly distinguishable from content created by Reuters’ editorial staff. If ディナポリ式MT4 necessary to make the distinction, an advertisement will be prominently marked as "Advertisement."
  • Advertisers are responsible for the content ディナポリ式MT4 of their advertisements. Their advertising must comply with all applicable laws, regulations and guidelines and must not be false or ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 misleading.
  • Advertisements do not reflect the views of Reuters ディナポリ式MT4 or its editorial staff. Even so, Reuters reserves the right ディナポリ式MT4 to reject or remove any advertisement if in Reuters’ opinion ディナポリ式MT4 the advertisement is inaccurate, misleading or could harm Reuters’ reputation.ディナポリ式MT4

The following guidelines apply to content independently created by Reuters’ news department, but funded in whole or in part by a paying sponsor:

  • Accepting funding from sponsors to create editorially-independent content may allow Reuters to enrich our news file, expand our offerings for readers and customers, or explore previously examined news subjects in a new way or with ディナポリ式MT4 a more in-depth analysis.
  • Reuters may accept funding from paying sponsors if we would produce the content even without the funding because it is newsworthy.
  • Reuters will agree to accept funding for content if the editorial leadership of Reuters News, including the Editor-in-Chief, agrees that the sponsorship deal is consistent with Reuters’ editorial standards and the Trust Principles.
  • Sponsored content must be editorially independent content that is just as valuable, unbiased and reliable as all other Reuters ディナポリ式MT4 news content. This means:

Представляем Android 11

Встречайте операционную систему, которая будет помогать вам во всем: от управления звонками и чатами до организации планов на день. Новые инструменты и настройки конфиденциальности помогут вам держать все под контролем.

Защита и контроль

Google Play Защита, регулярные обновления системы безопасности и управление доступом к данным – эти и другие возможности позволяют защитить более двух с половиной миллиардов Android-устройств и сохранить конфиденциальность информации.

Мир без барьеров

Программы чтения с экрана, распознавание речи и новые специальные возможности помогут любым пользователям общаться и открывать для себя мир.

Устройства на любой вкус и для любых целей

Какое устройство вы ищете: для работы, игр или с поддержкой 5G? Среди 24 000 телефонов и планшетов на базе Android каждый, вероятно, найдет то, что ему подходит.

Откройте для себя Android Go

Облегченная версия операционной системы Android предназначена для бюджетных смартфонов, а новые приложения позволяют по максимуму использовать ее потенциал.

Android Auto – ваш помощник за ディナポリ式MT4 рулем

Управляйте навигацией и обменивайтесь сообщениями с помощью голосовых команд. Просто ディナポリ式MT4 подключите телефон и отправляйтесь в путь.

Android для разработчиков

Свежая документация, руководства по практической работе и предварительные обзоры.

Android для бизнеса

Посмотрите, ディナポリ式MT4 какие устройства стоит выбрать, что можно почитать и где найти ディナポリ式MT4 технические описания.

Наш блог

Последние обновления ОС, самые важные объявления и свежие новости о платформе – всю актуальную информацию из мира Android можно найти здесь.

ディナポリ式MT4

DAYTONA SPEEDER X

DAYTONA SPEEDER X

DAYTONA SPEEDERから新たに中元調子の「DAYTONA X」が仲間入り。異次元のスピード感を継承し、なめらかな振りやすさを追求したプレミアムモデルを、ファッション誌など、数々の雑誌で編集長を務めてきたジャック高橋氏、戸賀敬城氏に体感していただき、飛距離性能に評価いただきました。また、ティーチングプロの堀尾研仁氏と勝又優美氏にもDAYTONA Xを検証していただきました。

VENTUS TR

VENTUS ディナポリ式MT4 TR

世界中のトッププロから信頼を勝ち得たVENTUSシリーズに“VENTUS TR”が登場!優れたボールコントロール性能を実現した「VelocoreTechnology」がさらに進化。最外層に開繊クロス材を採用することにより、中間部の剛性を高め、さらなる安定性を追求。新たに仲間入りした“VENTUS TR”を体感していただきたく、今回は5人のツアープロコーチにインプレッションしていただきました。

SPEEDER NX

SPEEDER NX

多くのゴルファーから好評を博した、「SPEEDER EVOLUTION」シリーズから、8年振りのブランドチェンジ。これまでのシャフトの概念を覆し、新たな次元への変革を遂げた「SPEEDER NX」が誕生。「SPEEDER NX」とはどんなシャフトなのか「5人の有識者によるインプレッション」、「開発者、ツアー担当者へのインタビュー」、「テクノロジー説明動画」など徹底解説。

MT4トレーダー必見!ロジック非搭載の本物ツール

手法はトレーダーの数だけ存在しますが、ほとんどの手法が共通して注視するのが”キリ番”です。なので、キリ番は必要、というよりも、当たり前に把握して忘れてはいけない価格帯です。このため多くのキリ番ツールが開発されていますが、このツールは キリ番アラート も可能で、また他ツールがチャート上の全キリ番を表示するのに対し、自動的に現在価格付近のキリ番のみを変動的に表示させ不必要な表示を排しチャートの負荷軽減にも役立ちます。

MT4標準アラートより勝る点

毎日のルーチンワークが軽減
ダウンロード

3 ライントレーダーの必需品「アラート×メール×トレンドラインN」

ナナメラインこそアラートし隊

MT4の標準機能にはナナメ線アラートが無い為、スキャルパーもデイトレーダーもロングホルダーも、 ライントレード するなら外部ツールが 必須 になります。

MT4なのにマウスジェスチャー!?

フリフリ水平線

トレンドラインをマウスドラッグで上下に振ると瞬時に水平線化する”フリフリ水平線”のついた 唯一 のインジケーターです。標準の水平線が不要に思えるほど使用場面の多い機能です。 ドラッグ感覚にコツがいりますが、下の動画を真似てフリ練すればすぐマスターできる筈です。

ダウンロード

4 好きなラインでエントリー装置を作る「ProEN3」

任意の トレンドラインやバンド タッチ *1 をエントリートリガーに変えられる 裁量トレーダー用エントリー強化ツール *2。

ユーザー希望の集合体

こんなエントリーを実現したかった

例えば価格の上下に「トライアングル状に引いたトレンドラインのどちらかを抜けたらエントリー」という ”ディナポリ式MT4 三角持ち合いイフダン” のような高度な自動エントリーも、 プログラムを一行も書かず に実現できる。
実行可能な 戦術 ・選択肢が格段に増えます。選択肢のないトレーダーに比べ、トレード環境ベースの アドバンテージ を得られます。

対応力を底上げるパワードツール

保有ポジション平均値 (ブレイクイーブン価格) をチャート上に ライン表示 したり、純正MT4では不可能な 金額ベースの投資額 設定 (定率/定額投資メモリー) 、 トレード一回当りの リスク金額表示 など、、トレーダーの エントリー能力 を基から強化する。

ダウンロード

XM専用IBツール *3 口座番号・名義を販売者に開示せずに使える 方式で、一般IBツールに懸念される運用プライバシーを覗かれる危険がない。

*1:ProEN単体でトレンドラインエントリーを実現できる他、別ツール(無料)の併用でボリンジャーバンドタッチ・移動平均線タッチ・水平線タッチ・時間軸タッチでもエントリー可能。
*2:ProENはEAです。利用にはEAに関わる一般的な知識が必要です。
*3:ディナポリ式MT4 XM口座のみ有効(現XMユーザーは追加口座可)。

5 トレードフォームを改善する「TradeView」

チャート上に売買履歴を投錨して、 プライスアクション と トレードアクション の 妥当性 を視覚的に検証できる ディナポリ式MT4 自己分析型 ツール。

そのトレード。正しいですか?

自己トレードは客観視して気づくことが多い。スポーツの練習同様、知識はあるのに勝てない人は自分の トレードフォーム をチェックしてみるといい。

この、、トレード、オレ、マジか。。。

ポイントは「チャートに ツールを入れる だけで効果を感じられる」ということ。チャートを開けば同時に(半ば強制的に)自己トレードを振り返ることになる為、自然にPDCFを回す 好循環 を体験できます。トレード日記が続かないおおらかな人にもおススメです。

ダウンロード

※相場分析でなく相場+自己分析の希少ツール

プロがうなる極選ツール3選!(有料)

1 ・多重移動平均線「ProMA4」

4本のMA (移動平均線) をひとつのツールでコントロールできる多重描写対応移動平均線 ( MMA =マルチプルムービングアベレージ) 。さらに MTFMA 表示 (マルチタイムフレームムービングアベレージ) も可能な為、マルチタイムフレームでかつマルチプル表示といったレア表示もひとつのツールで実現可能です。
また、価格がMAに接触したら知らせる MAタッチアラート の他、MA☓MA クロスアラート 、MA パーフェクオーダーアラート で通知を受け取る事も可能。
アラート判定は、 ディナポリ式MT4 終値確定 、上下別タッチ判別、ワイドタッチ、一方向タッチなど複数タイプを選択でき、手法に合わせて 柔軟に適用 できます。ユーティリティとしてのカスタマイズも豊富で視認性も改良。LINE通知も可

兼業トレーダーのため、LINE通知がとてもありがたいです。 また、1インジで4本のMAが簡単に表示・設定が可能であるため、チャート設定が飛躍的に楽になりました。 素晴らしいアップデート版をリリースしていただき、ありがとうございました。

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.2“マラドーナ・ナポリ”マラドーナによる栄冠/ナポリ[1989-90]

ロマーリオvsロナウジーニョが実現! ブラジル代表レジェンドによるフットバレー対決の結果は…

ディナポリ式MT4

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.50 ジダンが起こした奇跡、“前人未到”のCL3連覇/レアル・マドリー[2017-18]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。

vol.50

2017-2018シーズン/レアル・マドリー ~前人未到のCL3連覇~

ディナポリ式MT4
(C)CWS Brians,LTD.

監督:ジネディーヌ・ジダン 獲得タイトル:チャンピオンズリーグ 攻撃力10:ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 ★★★★★★★★★★ 守備力8:★★★★★★★★☆☆ タレント9:★★★★★★★★★☆ 連係8:★★★★★★★★☆☆ 選手層10:★★★★★★★★★★

前人未到のCL3連覇
ジダン監督は、2015-16シーズン途中に、解任されたラファエル・ベニテスの後釜として監督に就任した。しかし、当時はレアル・マドリー・カスティージャ(Bチーム)でしか監督経験がなく、その手腕の程は全くの未知数だった。就任当初、目指すべきものとしてはチーム再建やタイトルが掲げられていたが、周囲からのハードルはそれほど高く設定されていなかったのだが、ジダン監督はその期待をいい意味で裏切っていく。 中でも、2015-16シーズンのチャンピオンズリーグ準々決勝ヴォルフスブルク戦がターニングポイントに挙げられる。マドリーはアウェイでの1stレグを0-2で落とし、絶体絶命となっていた。しかし、2ndレグではFWクリスティアーノ・ロナウドがハットトリックを記録し、3-0で終えて逆転突破。ヴォルフスブルクを劇的な形で破ったマドリーは、勢いそのままに欧州制覇。その後も一切チャンピオンの座を渡すことなく、前人未到のCL3連覇を果たした。
ジダンの編み出したローテーション制
基本となった布陣は守備的MFカゼミロをアンカーに据えた[4-3-3]だが、対戦相手によって複数のフォーメーションを使い分けることとなる。 イスコをトップ下に配した[4-3-1-2]や、MFルーカス・バスケスとMFアセンシオを両サイドに置き安定感を重視した[4-4-2]など、多くのパターンを有した。 特に、クリスティアーノ・ロナウドをサイドでなく中央で起用するアイデアは、多くの得点をもたらしており、前線の組み合わせや相手によって、どんな時でもマドリーらしさを保ちつつも、変化を求めて行った。 さらに、2年目の2016-17シーズンにはAチーム、Bチームと言われる2つのチームを組み、ローテーション。主力のコンディション、若手を含む全選手の試合勘を保ち、あらゆる大会を勝ち抜く総力を培った。 ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 そして3シーズン目の2017-18シーズンは若手を起用しつつも、前年までのレギュラーを重宝。戦術理解度に加え、連携もしっかりと構築されたチームは、就任した2015-16シーズンから73試合連続得点という世界最多タイ記録達成という偉業もチームは成し遂げ、ジダンはチームを去った。
ピックアップ・プレイヤー
MF:カゼミロ(25) ジダン・マドリーの功績の陰の立役者。ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの“BBC”や、ルカ・モドリッチなど欠かせない選手は複数いたものの、カゼミロがいるいないではマドリーの戦い方に大きな変化をもたらした。 アンカーの位置で起用され、フィルター役として守備に専念。カゼミロの働きにより、モドリッチやクロースら他のMFたちがスムーズに攻撃できていた。時には、自身も強烈なミドルシュートを放つなど、チーム内での存在感を群を抜いていた。 ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 2019.04.30 21:00 Tue

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.49“プレミア新定番3バック”破竹の13連勝/チェルシー[2016-17]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。

vol.49

2016-2017シーズン/チェルシー ~影響力大の3バック~

(C)CWS Brians,LTD.

監督:ディナポリ式MT4 アントニオ・コンテ 獲得タイトル:プレミアリーグ 攻撃力8:★★★★★★★★☆☆ 守備力7:★★★★★★★☆☆☆ タレント8:★★★★★★★★☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層6:★★★★★★☆☆☆☆

首位で駆け抜けたプレミアリーグ
この年、前シーズンに失意の10位に終わったチェルシーがプレミアリーグを制覇できた理由はコンテ監督の手腕に他ならない。気短なオーナーの9人目の正式指揮官に採用されたイタリア人監督は、ユベントスでセリエA3連覇を、イタリア代表ではユーロ2016でベスト8に導いた実績を持っていた。 しかし、そんな名将も世界最高と言われるプレミアリーグの荒波を簡単に乗り越えられたわけではない。ビッグマッチ連戦となった第5節と第6節のリバプール、アーセナル戦では大きな力の差を見せ付けられ連敗を喫した。だがここで、コンテ監督は大胆な策に打って出た。 続く第7節のハル・シティ戦。コンテ監督はそれまでの4バックから3バックに変更。するとその試合を2-0でモノにしたチームはそこから破竹の勢いで13連勝を記録。1シーズンにおける記録では、この翌シーズンにマンチェスター・シティが18連勝するまで、アーセナルと並ぶリーグ記録だった。 第20節でトッテナムに土をつけられるものの、勢いはとどまることなく白星を重ねた。初めて首位に立った第12節から一度もその座を譲ることなく、最終的にチェルシーは勝ち点93を積み上げて2シーズンぶりの優勝を成し遂げた。プレミア初挑戦だったイタリア人指揮官は、英国でもその辣腕を遺憾なく発揮したのだった。
プレミアの新定番となった3バック
コンテ監督が急遽採用した3バック。それまで4バックが主流だった近年のプレミアリーグでは、下位チームがビッグクラブ相手に採用する以外なかなか例を見ないものだった。 そんな奇策を弄したブルーズだったが、選手たちは見事に順応してみせた。とりわけ、この布陣で重要となった両ウイングバックでは、右にはこれまで不遇の時を過ごしていたMFヴィクター・モーゼスが、左には新加入のDFマルコス・アロンソがかっちりハマり、豊富な運動量を持った攻撃的な両者のタイミング抜群の攻め上がりは、相手に止める術はなかった。 また、守備ではその夏に前年度優勝のレスター・シティから獲得したMFエンゴロ・カンテが規格外の存在感を発揮。ボールを追わせれば確実に回収してくれるという安心感を全選手が感じていた。パリ・サンジェルマンから2年ぶりに復帰したDFダビド・ルイスも3バックの一角として、DFギャリーケイヒル、DFセサール・アスピリクエタらと共に堅い守備を構築。時折見せる高精度のロングフィードは一つの武器だった。 そして、プレミアに旋風を巻き起こした3バックは他のチームにも影響を与え、かつてアーセナルを率いていたアーセン・ヴェンゲル監督までもが3バックを採用したほどだった。
ピックアップ・プレイヤー
DF:マルコス・アロンソ(26) 快進撃を見せたチェルシーのキーマンとしてこの男は外せない。レアル・マドリー出身だというスペイン人DFは、それまでボルトンやサンダーランドに在籍していた経歴を持っているものの、イングランドではあまり名の知られていないプレイヤーだった。 ディナポリ式MT4 移籍後初出場となった第6節のアーセナル戦は苦いデビュー戦となったものの、そこから彼の評価は一変することになる。前述したように左ウイングバックで価値を見出したマルコス・アロンソは、そこから急ピッチで成長。ウイングバックということだけあって目立ったのはその攻撃力だ。同サイドのMFエデン・アザールの恩恵も受け、効果的な攻撃参加でチームをサポート。大成功を収めた初年度はリーグ戦31試合で6ゴール3アシストを記録した。 2019.04.30 12:00 Tue

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.48 誰もが驚き、賞賛した“ミラクル・レスター”/レスター・シティ[2015-16]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。

vol.48

2015-2016シーズン/レスター・シティ ~“ミラクル・レスター”~

(C)ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 CWS Brians,LTD.

監督:クラウディオ・ラニエリ 獲得タイトル:プレミアリーグ 攻撃力7:★★★★★★★☆☆☆ 守備力8:★★★★★★★★☆☆ タレント7:★★★★★★☆☆☆ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層7:★★★★★★★☆☆☆

目標は残留のはずだったが…
レスター・シティが躍進したこのシーズンの1年前、2014-15シーズンに11年ぶりのプレミアリーグに復帰したが、前半戦を終えて最下位に終わり、降格間違いなしといわれていた。ところが、当時のナイジェル・ピアソン監督率いるレスターは、後半戦に8戦7勝1分を記録するなど巻き返しを見せ、「華麗なる脱出」を遂げていた。 1年での降格を免れたレスターだったが、その立役者であったピアソン監督をシーズン開幕直前に解任し、クラウディオ・ラニエリ監督を招へいした。就任後のラニエリ監督は、「目標は残留。勝ち点40を目指す」とコメント。すると、開幕後5戦を無敗で終えた後も、11月末に単独首位に躍り出たときも、その目標は変わらなかった。 それでも前半戦を2位で終えたとき、ラニエリ監督は初めて残留以外の目標を口にする。「上位を維持したい。前半戦で勝ち点39を積み上げたから、後半戦でも勝ち点40を目指す」。前代未聞となる目標の2倍を掲げ、いよいよ“優勝”が現実味を帯びていく。 『遅かれ早かれ彼らは失速するだろう』と思われながらも、後半戦も順調に勝ち点を重ねていったレスターは勝てば自力優勝が決まる36節のマンチェスター・ユナイテッド戦を引き分けるも、優勝を争うトッテナムも勝利を逃し、優勝が決定した。こうして開幕前優勝オッズ5001倍だったレスター・シティが「ミラクル・レスター」として後世に名を遺した。
噛み合った戦術とメンバー
ピアソン監督の解任を受けて今季開幕前にレスターの指揮官に就任したラニエリ監督に対して、当初は懐疑的な意見も出ていたが、見事な手腕で奇跡的な優勝に導いた。パス成功率やポゼッション率はリーグ最低クラスでも、選手たちの特長を生かすカウンター型の組織的なチームを構築した。 中でもサプライズとなったのは、フランス2部のカーンからレスター入りした小柄なフランス人MFエンゴロ・カンテだ。カンテは、開幕からの5試合のうち4試合がベンチスタートだった。しかし、そこからラニエリ監督の信頼を掴むと、不動のレギュラーとして君臨。驚異的なスタミナと圧倒的な運動量で“新たなマケレレ”と称されると、フランス代表にも定着。シーズン後にチェルシーへとステップアップした。 ディナポリ式MT4 ディナポリ式MT4 攻撃陣は、プレミア新記録の11戦連発を含む24ゴールを叩き出したジェイミー・ヴァーディと、17得点11アシストをマークしたリヤド・マフレズがチームの“飛車角”だった。 前線から守備のスイッチとなった岡崎慎司や、ヴァーディとのホットラインが光ったダニエル・ドリンクウォーターなど、ラニエリ監督はカウンター戦術の最適解となるイレブンを選び出した。
ピックアップ・プレイヤー
FW:ジェイミー・ヴァーディ(28) レスター・シティの絶対的エースとして君臨したヴァーディ。シーズン前には主力選手の1人に過ぎなかったヴァーディだが、このシーズンで完全に一皮向けた。 最終的にリーグ戦で24ゴール。11月には、ファン・ニステルローイ氏の記録を上回る11試合連続ゴールの新記録を樹立。PFA(イギリスプロフットボール選手協会)最優秀選手賞はマフレズに譲ったが、FWA(イギリスフットボール記者協会)選出の最優秀選手賞を受賞。イングランド代表としても活躍した。 2019.04.29 21:00 Mon

【平成史に残るレジェンドチーム50選】vol.47 “MSN”ここにあり、2度目の3冠達成!/バルセロナ[2014-15]

1989年1月8日に日本で始まった「平成」。日本では31年にわたって使用されてきたが、2019年4月30日をもってその時代が終わりを告げる。 日本サッカーにおいても激動の時代であった「平成」だが、目をヨーロッパに向け、同じ時代で印象に残ったレジェンドチームを超ワールドサッカー編集部が選出。記憶や記録に残る50チームを紹介していく。

vol.47

2014-2015シーズン/バルセロナ ~“MSN”ここにあり&3冠~

(C)CWS Brians,LTD.

監督:ルイス・エンリケ 獲得タイトル:リーガエスパニョーラ、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ 攻撃力10:★★★★★★★★★★ 守備力9:★★★★★★★★★☆ タレント10:★★★★★★★★★ 連係9:★★★★★★★★★☆ 選手層9:★★★★★★★★★☆

バルサ復活を遂げる3冠
2013-14シーズンに指揮を執ったヘラルド・マルティーノ監督の下では、リーガエスパニョーラ2位、コパ・デル・レイ準優勝、チャンピオンズリーグベスト8と無冠に終わっていた。これはフランク・ライカールト監督が率いていた2007-08シーズン以来の出来事であり、タイトル獲得に慣れてきたチームとしては、屈辱のシーズンでもあった。 このシーズンは、前年の王者であるアトレティコ・マドリーがつまづく中、レアル・マドリーとの一騎打ちのシーズンとなった。両者の差を分けたのはアウェイゲームの戦績。シーズン終了時の勝ち点差は「2」であり、優勝争いは第37節まで続いていた。 シーズン序盤はバルセロナ、バレンシア、セビージャがリーグを牽引。一方でマドリーは開幕5試合で2敗を喫するなど、躓いたスタートとなる。そのままバルセロナが首位をキープしていく中、迎えた第9節のクラシコでマドリーが3-1と快勝。バルセロナにとってリーグ初黒星となり、ここから調子を落とす。続くセルタ戦でも敗れ連敗を喫すると、マドリーが首位に浮上。ここからはマドリーが常にリードしたまま終盤に入る。 迎えた第26節でバルセロナが首位に返り咲くと、そのまま首位を守りきり2シーズンぶりのリーグ優勝。コパ・デル・レイでもアスレティック・ビルバオを決勝で下し、国内2冠を達成する。 チャンピオンズリーグでは、史上初の快挙が。グループステージではアヤックス、パリ・サンジェルマン、APOELと各国リーグの王者と同居。決勝トーナメントでは、マンチェスター・シティ、パリ・サンジェルマン、バイエルンとこれまた各国王者と対戦。決勝まで勝ち上がると、待ち受けていたのはイタリア王者のユベントスだった。決勝でも王者を倒したバルセロナが、史上初となる各国王者を全て下しての優勝。また、史上初の2度目の3冠達成を果たし、無冠から見事に返り咲いた。
“MSN”が誕生
クラブOBであるルイス・エンリケを監督に迎え、ジョゼップ・マリア・バルトメウ会長としても正式に会長職についた1年目。夏の移籍市場では、落ち目であったセスク・ファブレガス、アレクシス・サンチェスを放出し、当時のクラブ市場最高額でウルグアイ代表FWルイス・スアレスを獲得。これが後に大当たりの補強となる。また、マルク=アンドレ・テア・シュテーゲンやイバン・ラキティッチなど補強に動いた。 リオネル・メッシ、ネイマールに加え、リバプールから加入したスアレスの影響で攻撃力が増大。3人はそれぞれ、58ゴール(メッシ)、39ゴール(ネイマール)、25ゴール(スアレス)を記録し、公式戦合計122ゴールを記録。スペインサッカー史上最多ゴールの3トップとなり、3人の頭文字をとって“MSN"ディナポリ式MT4 と名付けられた。 攻撃陣の破壊力に目がいってしまいがちだが、守備陣もかなり強固だったことを忘れてはいけない。リーガエスパニョーラでは、シーズンで21失点とリーグ最少。チャンピオンズリーグでも決勝までの13試合を戦い11失点と堅い守備をみせ、見事にタイトルを獲得している。 また、このシーズンから加入したテア・シュテーゲンとクラウディオ・ブラーボの両守護神をルイス・エンリケ監督は完全分業制に。テア・シュテーゲンはカップ戦で、ブラーボはリーグ戦で起用し、それぞれの活躍で全タイトルを獲得したことも注目すべきポイントとなった。 なお、チームの生え抜き選手であり、このシーズンもチームを支え続けたチャビ・エルナンデスがシーズン終了後に対談。カタールのアル・サッドへと活躍の場を移している。
ピックアップ・プレイヤー
FW:リオネル・メッシ(27) このシーズンのバルセロナを語る上では、この3人を外すことはできない。どの1人が欠けていても、3冠は達成できなかったと言えるだろう。しかし、その中でも“ディナポリ式MT4 MSN”を機能させたのはメッシ以外にはあり得ない。 このシーズンから加わった「S」ことスアレスは、ブラジル・ワールドカップでの噛みつき事件の影響でシーズン序盤が出場停止に。出場機会を得ても、メッシとネイマールのコンビネーションにどことなく遠慮気味であった。一方の「N」ことネイマールは、バルセロナで2シーズン目のシーズンを過ごしていた。チームのスタイルに慣れ、ゴール数も増加。その多くを助けたのはメッシだった。 そもそも、メッシはスアレスの加入にも影響を与えている。ワールドクラスのFWを獲得してほしいという要望に対し、クラブが獲得したのがスアレス。アルゼンチン代表のチームメイトであるセルヒオ・アグエロが第一希望だったとのことだが、スアレスという相棒は今となっては欠かせない存在だ。 シーズン中にはルイス・エンリケ監督との確執も明るみに出たものの、シーズン後半戦で21試合28ゴールという驚異的なペースでゴールを記録。また、3トップの並びもスアレスに中央を譲ること、そしてスアレスへのアシストを増やすことで、チームに3つのタイトルをもたらせた。 2019.04.28 12:10 Sun

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる