取引のメリット

外国為替リスク

外国為替リスク

大幅続落、リスク回避が圧迫=NY金概況

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group 外国為替リスク Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 外国為替リスク 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

外国為替道

イメージ

週足のポンド/ドルは急落フォ-メ-ションの逆バ-ジョンを、 形成している可能性があります。 H&Sを形成しているからと言っても、なかなか思った方向に行ってくれないものです。 外国為替リスク H&Sは同じような形似たような形が頻繁に出てくるので、 どれが本物と判断するのは難しいものですが、 今回のポンド/ドル週足チャ-トは本物に近い形をしています。 現在は最後の下値確認の段階で、この波動はほとんどが単純なジグザグで動くので 複雑に動くのは確率的には低いです(ないわけではない)。 これが終われば相場は反転して上昇に転じスピ-ドも加速して来るので急伸します。 最終的にはグリ-ンラインの高値を突破してきますが、 稀に同値で折り返す場合がありますが最終的には突破します。 注意してほしいのがレッドラインの下値を割り込むと、 このフォ-メ-ションは消滅しますのでこの記事も鵜呑みにしないでください。 これまでの経験から、最後の下落確認がこのレッドラインぎりぎりまで来る ような事はありません。 なのでいつ反転してもおかしくない状況で、MACDもサポ-トに近づいています。 急落フォ-メ-ションは(今回は逆ですが)上に下に振り回され、 ほとんどの人は逆のポジションをつかまされます。 外国為替リスク ちょっとコツをつかむと回避できるので、この機会に観察をしてみてください。 週足なのでポジション取りは走り出してからでも遅くはないです。

ドル円 超長期から見た円安相場 外国為替リスク

  • リンクを取得
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • メール
  • 他のアプリ

イメージ

超長期の円高相場の歴史は推進波の5波動によって終わっています。 4波の大きなトライアングルは4波目の典型的な波動の形であり、 2011年10月に大底を付けました。 そしてここから超長期の円安相場の始まりです。 現在では377SMAをブレイクして、歴史的経験のなかった377SMAから上の上昇トレンドが始まっています。 重要なのはここから見えるのは、推進波4波で付けたトライアングルのA波を必ず超えるという事です。1998年8月に付けた147.50円の突破は約束された長期のトレンドです。 突破は一直線ではなく、年月単位の長期視点ですのでその点は注意してください。(ただし超長期視点から見て、1~2年で到達突破をしても不思議ではない)

ユーロ/ドル ブレイクチャンスを待つ

  • リンクを取得
  • Facebook
  • Twitter
  • Pinterest
  • メール
  • 他のアプリ

イメージ

図1は日足です。 W-X-Yの修正波は典型的なダブルジグザグで終盤を迎えていると推測されます。 上昇姿勢を示している所(チャート参照)から一度突破を試していて、 この時上抜けすると踏んでいたのですが失敗、叩かれて下落に転じました。 3月から再度レンジ相場になり、レンジの期間が長いほどW-X-Yで終わる可能性が高く すぐに動いていまう相場になればW-X-Y-X-Zになるケースもあります。 外国為替リスク 注意点としてW-X-Y-X-Zになった場合、上昇後に再度下落をして安値を更新して来て 中期的な期間がかかりやっかいな相場になりますが、ここでもう少しもみ合ってくれれば 底打ちの可能性が高まります。長期的にはビッグチャンス待ちです。 図2は2時間足です。 トライアングルは未完成ですが方向としては、トライアングル終了後は上昇を示しています。 この見方は省略しますが、また頃合いを見て説明出来たらと思っています。 仮に見込みが外れ下落したとしても値幅は大きくなく、ガンガン落ちていく相場ではない筈です。 大事な事はショートは長期的な大底を掴んでしまうリスクがあり、 私も経験があるのですが、過去の↓から↑へのトレンド転換ではなかなか転換しないのですが 上昇はゆっくり進む場合とぶっ飛ぶ場合と極端で、ここ数年はおとなしい相場ですが ユーロ/ドルはぶっ飛ぶ場合1000pips程度一瞬(一秒)で飛びます。 そうなった場合でも乗り遅れる事はないので、ブレイクチャンスを待つのが得策です。 過去のトレード経験談 2009年上旬マーケットはドル高の恐怖に支配されていました。 当時はユーロ/ドル中心にトレードをやっていたのでよく覚えているのですが、 当時の浅はかな知識から「この下落(ドル高)は続かない上昇に転じる筈」 とロングを取っても下落は止まらず当然マイナスポジションは膨らんでいくばかり、 落ちるナイフを拾ってしまって怪我の拡大。 「自分の読みは間違っていたのか・・」と後悔しても後の祭り FX4年目で大きな損失拡大、今思えばもっと待つべきだったと思います。 損切りも覚悟を決めていました。 ある朝ポジションを確認してみると、損益がプラス100万円を超えていて 「いったいなにが起こったんだ. 」と確認してみると、寝ていた夜の内にユーロ/ドルが暴騰していて その日の朝も暴騰が止まらない。そのあとは調整で落ちてき

ユーロはガス危機、ドル、円高に大きく打撃を受けた

ヨーロッパでは、執筆時点で、FTSEは-1.91%下落しています。 DAXは-2.47%下落しています。 CACは-2.47%減少しています。 ドイツの10年利回りは1.006で-1.234減少しています。 アジアでは、日経平均株価は1.03%上昇しました。 香港のHSIは0.10%上昇しました。 中国上海SSEは-0.04%下落しました。 シンガポールストレーツタイムズは-0.52%下落しました。 日本の10年国債利回りは-0.0080から0.218に低下しました。

ノルウェーのストライキで欧州のガス価格が急騰

ノルウェーのEquinorは、労働者がストライキを行った後、13つの油田とガス田を一時的に閉鎖しています。 ノルウェー石油ガス協会は、国の毎日のガス輸出を20%削減する可能性があると警告しています。 国はヨーロッパのガス需要の25-XNUMX%を供給しました。 ヨーロッパがウクライナの侵略に対応した後、ロシアがすでにガス供給を武器にしているので、混乱は時に起こります。

英国のPMIサービスは54.3で終了し、拡大を続けました

UK PMIサービスは、54.3月の53.4から、2020月に53.7で終了しました。 S&Pグローバルは、事業活動は着実に増加したが、新しい仕事は勢いを失ったと述べた。 ビジネスの期待は53.1年XNUMX月以来の最も弱いレベルに落ち込みました。投入コストのインフレはXNUMX月の調査記録に近い高水準を維持しました。 PMIコンポジットはXNUMX月のXNUMXからXNUMXで確定しました。

S&Pグローバルマーケットインテリジェンスの経済ディレクター、ティム・ムーアは次のように述べています。 26年前に調査が開始されて以来の投入価格は、激しい賃金圧力と燃料費の急激な上昇に牽引されています…サービスプロバイダーは、販売の勢いと先物予約に神経質な目を向けています。 2020年XNUMX月。」

ユーロ圏のPMIコンポジットは52月に3で終了し、第XNUMX四半期に景気後退のリスクがあります

一部の加盟国を見ると、スペインのPMIコンポジットは3か月ぶりの安値である53.6に低下しました。 アイルランドは16で52.8か月の安値に落ちました。 フランスは14で52.5ヶ月の安値に落ちました。 ドイツは6で51.3か月の安値に落ちました。 イタリアは5で51.3か月の安値に落ちました。

RBAは50bpsを1.35%に引き上げ、今後さらに引き上げる

また、締め付けバイアスを維持します。 「理事会は、今後数ヶ月にわたってオーストラリアの金融情勢を正常化するプロセスにおいてさらなる措置を講じることを期待している」と述べた。 将来のハイキングのタイミングと規模は、インフレと労働市場の見通しの入ってくるデータと評価によって導かれます。

RBAはまた、国内の「継続的な不確実性」のXNUMXつの原因として、「家計支出の行動」を指摘した。 世界的な見通しは、ウクライナでの戦争とエネルギーおよび農業価格の影響によって「曇ったまま」です。 特に中国では、COVIDに関連する不確実性も続いています。

ニュージーランドの企業信頼感は第65四半期に-2に低下しました

ニュージーランドのNZIERのビジネス信頼度は、第40四半期に-65から-2に低下しました。 調査対象の企業の純65%は、一般的なビジネス状況が悪化すると予想していました。 これは1年第2020四半期以来の最も弱いレベルです。

中国財新PMIサービスは54.5月に55.3に上昇し、コンポジットはXNUMXに上昇しました

China Caixin PMIサービスは41.4月に54.5から49.0に上昇し、予想の2021を上回りました。 これは11年42.2月以来の最高水準であり、55.3か月間の事業活動の最も強い好転を示しています。 輸出受注はわずかに減少したものの、全体の売上高は新たに増加しました。 インフレ圧力が弱まった。 PMIコンポジットはXNUMXからXNUMXに上昇しました。

Caixin InsightGroupのシニアエコノミストであるWangZhe氏は、次のように述べています。 供給側は生産とロジスティクスの改善を最初に反映しましたが、需要の回復にはもっと時間がかかります。 Covidの発生により大きな打撃を受けたサービス部門のリバウンドは、製造部門のリバウンドよりも強かった。 雇用創出はこれらの前向きな進展に遅れをとっており、雇用のゲージは縮小領域にとどまっています。 メーカーは依然として高いコスト圧力と利益の課題に直面していました。」

EUR / USD中間日の見通し

EUR / USDの下降トレンドがようやく再開し、日中のバイアスは下降傾向に戻っています。 次の目標は1.0090の長期予測レベルです。 逆に、1.0448を超えると、わずかな抵抗が弱気のケースを遅らせ、日中のバイアスを再びニュートラルにします。

全体像では、1.0339のロングタームサポート(2017年の安値)のブレークは、1.6039(2008年の高値)から全体的な下降トレンドの再開を示しています。 次の目標は、61.8の1.3993から1.0339への1.2348の1.0090%の予測です。 そこでの持続的な休憩は、100で0.8694%の予測への道を開くでしょう。 いずれにせよ、回復の場合、1.0786の抵抗が維持される限り、見通しは弱気のままです。

大幅続落、リスク回避が圧迫=NY金概況

【ご注意】『みんかぶ』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc.、東京商品取引所、大阪堂島商品取引所、 S&P Global、S&P Dow Jones Indices、Hang Seng Indexes、bitFlyer、NTTデータエービック、ICE Data Services等から情報の提供を受けています。 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんかぶ』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。掲載しているFX会社の評価やランキングは、各FX会社の公式サイトの掲載情報や、実際の取引画面の調査、個人投資家へのアンケートに基づいています。ただし、必ずしもサービスの内容、正確性、信頼性等を保証するものではございません。また、ランキングの評価項目は各カテゴリの比較ページに掲載しています。 総合ランキングについてはスプレッド比較、スワップ比較、PCツール比較、スマホアプリ比較、取引ルール比較、ニュース・コラム比較の評価をもとにランキングを作成しています。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「 証券取引等監視委員会への情報提供 」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんかぶ』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

ユーロはガス危機、ドル、円高に大きく打撃を受けた

ヨーロッパでは、執筆時点で、FTSEは-1.91%下落しています。 DAXは-2.47%下落しています。 CACは-2.47%減少しています。 ドイツの10年利回りは1.006で-1.234減少しています。 アジアでは、日経平均株価は1.03%上昇しました。 香港のHSIは0.10%上昇しました。 中国上海SSEは-0.04%下落しました。 シンガポールストレーツタイムズは-0.52%下落しました。 日本の10年国債利回りは-0.0080から0.218に低下しました。

ノルウェーのストライキで欧州のガス価格が急騰

ノルウェーのEquinorは、労働者がストライキを行った後、13つの油田とガス田を一時的に閉鎖しています。 ノルウェー石油ガス協会は、国の毎日のガス輸出を20%削減する可能性があると警告しています。 国はヨーロッパのガス需要の25-XNUMX%を供給しました。 ヨーロッパがウクライナの侵略に対応した後、ロシアがすでにガス供給を武器にしているので、混乱は時に起こります。

英国のPMIサービスは54.3で終了し、拡大を続けました

UK PMIサービスは、54.3月の53.4から、2020月に53.7で終了しました。 S&Pグローバルは、事業活動は着実に増加したが、新しい仕事は勢いを失ったと述べた。 ビジネスの期待は53.1年XNUMX月以来の最も弱いレベルに落ち込みました。投入コストのインフレはXNUMX月の調査記録に近い高水準を維持しました。 PMIコンポジットはXNUMX月のXNUMXからXNUMXで確定しました。

S&Pグローバルマーケットインテリジェンスの経済ディレクター、ティム・ムーアは次のように述べています。 26年前に調査が開始されて以来の投入価格は、激しい賃金圧力と燃料費の急激な上昇に牽引されています…サービスプロバイダーは、販売の勢いと先物予約に神経質な目を向けています。 2020年XNUMX月。」

ユーロ圏のPMIコンポジットは52月に3で終了し、第XNUMX四半期に景気後退のリスクがあります

一部の加盟国を見ると、スペインのPMIコンポジットは3か月ぶりの安値である53.6に低下しました。 アイルランドは16で52.8か月の安値に落ちました。 フランスは14で52.5ヶ月の安値に落ちました。 ドイツは6で51.3か月の安値に落ちました。 イタリアは5で51.3か月の安値に落ちました。

RBAは50bpsを1.35%に引き上げ、今後さらに引き上げる

また、締め付けバイアスを維持します。 「理事会は、今後数ヶ月にわたってオーストラリアの金融情勢を正常化するプロセスにおいてさらなる措置を講じることを期待している」と述べた。 将来のハイキングのタイミングと規模は、インフレと労働市場の見通しの入ってくるデータと評価によって導かれます。

RBAはまた、国内の「継続的な不確実性」のXNUMXつの原因として、「家計支出の行動」を指摘した。 世界的な見通しは、ウクライナでの戦争とエネルギーおよび農業価格の影響によって「曇ったまま」です。 特に中国では、COVIDに関連する不確実性も続いています。

ニュージーランドの企業信頼感は第65四半期に-2に低下しました

ニュージーランドのNZIERのビジネス信頼度は、第40四半期に-65から-2に低下しました。 調査対象の企業の純65%は、一般的なビジネス状況が悪化すると予想していました。 これは1年第2020四半期以来の最も弱いレベルです。

中国財新PMIサービスは54.5月に55.3に上昇し、コンポジットはXNUMXに上昇しました

China Caixin PMIサービスは41.4月に54.5から49.0に上昇し、予想の2021を上回りました。 これは11年42.2月以来の最高水準であり、55.3か月間の事業活動の最も強い好転を示しています。 輸出受注はわずかに減少したものの、全体の売上高は新たに増加しました。 インフレ圧力が弱まった。 PMIコンポジットはXNUMXからXNUMXに上昇しました。

Caixin InsightGroupのシニアエコノミストであるWangZhe氏は、次のように述べています。 供給側は生産とロジスティクスの改善を最初に反映しましたが、需要の回復にはもっと時間がかかります。 Covidの発生により大きな打撃を受けたサービス部門のリバウンドは、製造部門のリバウンドよりも強かった。 雇用創出はこれらの前向きな進展に遅れをとっており、雇用のゲージは縮小領域にとどまっています。 メーカーは依然として高いコスト圧力と利益の課題に直面していました。」

EUR / USD中間日の見通し

EUR / USDの下降トレンドがようやく再開し、日中のバイアスは下降傾向に戻っています。 次の目標は1.0090の長期予測レベルです。 逆に、1.0448を超えると、わずかな抵抗が弱気のケースを遅らせ、日中のバイアスを再びニュートラルにします。

全体像では、1.0339のロングタームサポート(2017年の安値)のブレークは、1.6039(2008年の高値)から全体的な下降トレンドの再開を示しています。 次の目標は、61.8の1.3993から1.0339への1.2348の1.0090%の予測です。 そこでの持続的な休憩は、100で0.8694%の予測への道を開くでしょう。 いずれにせよ、回復の場合、1.0786の抵抗が維持される限り、見通しは弱気のままです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる