FX初心者スレ

主な信用取引のルール

主な信用取引のルール

西尾信用金庫アプ‪リ‬ 4+

●主な機能
・登録口座の残高照会・入出金明細照会
・保有資産照会
・通帳レス口座
・プッシュ通知機能(入出金明細、キャンペーン情報等のご案内)
・個人インターネットバンキングへのログイン
・ATM・店舗検索
・住所変更届の受付
・個人インターネットバンキング各種申込、住所変更、喪失届
・喪失届の受付
・総合口座定期預金取引(通帳レス機能ご利用の方のみ)
●ご利用いただける方
西尾信用金庫で普通預金口座をご利用で、その口座のキャッシュカードをお持ちの個人のお客さま。
●対応機種
OSバージョン iOS13以降
●注意事項
・アプリのご利用は無料です。ただしアプリのダウンロードやお取引にかかる通信料はお客さまのご負担となります。
・本アプリでは西尾信用金庫の商品サービスに関するキャンペーン情報など情報配信することがあります。
・システムメンテナンスなどによりご利用できない時間帯があります。
・本アプリに詳しい内容は、西尾信用金庫ホームページをご覧ください。
・このアプリは現在の位置情報と連動して、アプリからのお知らせをプッシュ通知で送信します。
精度の高い位置情報に基づいて適切にお知らせを配信するため、初期設定ではGPSを使用する設定になっています。
GPSを使用しない設定にすることもできます。

Novedades

Privacidad de la app

El desarrollador ( 西尾信用金庫 ) indicó que, 主な信用取引のルール entre las prácticas de privacidad de la app, pueden incluirse el manejo 主な信用取引のルール de datos que se describe a continuación. Para obtener más información, consulta la política de privacidad del desarrollador.

Datos asociados con tu identidad

Los siguientes datos pueden recopilarse y asociarse con tu identidad:

Datos no asociados con tu identidad

Los siguientes datos pueden recopilarse, pero no están asociados con tu identidad:

Las prácticas de privacidad pueden variar; por ejemplo, según tu edad o las funciones que uses. Más información

Información

Compatibilidad iPhone Requiere iOS 10.主な信用取引のルール 0 o posterior. iPod touch Requiere iOS 10.0 o posterior. Mac Se necesita macOS 11.0 o posterior y una Mac con el chip M1 de Apple.

Ubicación Esta app podría utilizar tu ubicación aunque no la tengas abierta, lo cual puede consumir la batería de tu dispositivo.

月次 全国企業倒産状況 2022年5月の全国企業倒産524件

2022年5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が524件(前年同月比11.0%増)、負債総額は873億8,000万円(同48.1%減)だった。
件数 は、3月以来、2カ月ぶりに500件台に乗せ、2カ月連続で前年同月を上回った。件数は一進一退が続くが、2カ月連続の増加は2019年9月-2020年4月(8カ月間)以来、25カ月ぶり。また、5月度では2年連続で前年同月を上回り、倒産の底打ち感が強まった。
負債総額 は、前年5月の(株)東京商事(東京・負債1,004億8,300万円・特別清算・ホテル経営)の大型倒産の反動で大幅に減少、2カ月連続で前年同月を下回った。負債1億円未満が385件と7割(構成比73.4%)を占める一方で、同10億円以上は14件(前年同月11件)、同5億円以上10億円未満が21件(同13件)と、倒産が中規模にも広がっている。
5月の 「新型コロナウイルス」関連倒産 は、191件(前年同月比54.0%増、構成比36.4%)と急増した。集計を開始した2020年2月以降の累計は、3,284件に達した。

  • 「人手不足」関連倒産のうち、後継者難」が40件(前年同月36件)
  • 形態別件数:破産が473件。法的倒産の構成比は97.5%
  • 都道府県別件数:前年同月を上回ったのが25道府県、減少19都府県、同数3県
  • 負債別件数:負債1億円未満の構成比が73.4%、2カ月ぶりに70%台
  • 業種別件数:飲食料品製造業、繊維工業、医療,福祉事業、道路貨物運送業などが増加
  • 従業員数別件数:10人未満の構成比が88.1%、4カ月連続で80%台
  • 中小企業倒産件数(中小企業基本法に基づく)は524件で、10カ月連続で100.0%

産業別 10産業のうち、6産業で前年同月を上回る

2022年5月の産業別件数は、増加が製造業、卸売業、金融・保険業、運輸業、情報通信業、サービス業他の6産業、減少は農・林・漁・鉱業、建設業、小売業、不動産業の4産業。
最多はサービス業他の181件(前年同月比16.7%増)で、3カ月ぶりに前年同月を上回った。このほか、燃料価格の高止まりなどの影響が注目される運輸業は34件(同61.9%増)で、3カ月連続で前年同月を上回った。また、製造業63件(同40.0%増)は3カ月ぶり、卸売業62件(同5.0%増)、情報通信業20件(同53.8%増)は2カ月ぶり、金融・保険業6件(同200.0%増)は2カ月連続で、それぞれ前年同月を上回った。
一方、不動産業14件(同41.6%減)は4カ月連続、建設業94件(同1.0%減)が2カ月連続、小売業48件(同9.4%減)が2カ月ぶり、農・林・漁・鉱業2件(前年同月5件)は4カ月ぶりに、それぞれ前年同月を下回った。
製造業、金融・保険業、運輸業の3産業は、2022年では最多件数だった。

地区別 倒産件数、9地区のうち、8地区で前年同月を上回る

2022年5月の地区別件数は、北陸を除く8地区で前年同月を上回った。
東北22件(前年同月比57.1%増)は、2022年1月より5カ月連続で前年同月を上回った。
このほか、九州45件(同4.6%増)は4カ月連続、北海道22件(同144.4%増)は3カ月連続、中部66件(同10.0%増)、中国29件(同61.1%増)は2カ月連続、関東197件(同8.2%増)は4カ月ぶり、近畿121件(同3.4%増)、四国14件(同55.5%増)は3カ月ぶりに、それぞれ増加した。
一方、北陸8件(同60.0%減)は、2カ月連続で前年同月を下回った。

西尾信用金庫アプ‪リ‬ 4+

●主な機能
・登録口座の残高照会・入出金明細照会
・保有資産照会
・通帳レス口座
・プッシュ通知機能(入出金明細、キャンペーン情報等のご案内)
・個人インターネットバンキングへのログイン
・ATM・店舗検索
・住所変更届の受付
・個人インターネットバンキング各種申込、住所変更、喪失届
・喪失届の受付
・総合口座定期預金取引(通帳レス機能ご利用の方のみ)
●ご利用いただける方
西尾信用金庫で普通預金口座をご利用で、その口座のキャッシュカードをお持ちの個人のお客さま。
●対応機種
OSバージョン iOS13以降
●注意事項
・アプリのご利用は無料です。ただしアプリのダウンロードやお取引にかかる通信料はお客さまのご負担となります。
・本アプリでは西尾信用金庫の商品サービスに関するキャンペーン情報など情報配信することがあります。
・システムメンテナンスなどによりご利用できない時間帯があります。
・本アプリに詳しい内容は、西尾信用金庫ホームページをご覧ください。
・このアプリは現在の位置情報と連動して、アプリからのお知らせをプッシュ通知で送信します。
精度の高い位置情報に基づいて適切にお知らせを配信するため、初期設定ではGPSを使用する設定になっています。
GPSを使用しない設定にすることもできます。

Novedades

Privacidad de la app

El desarrollador ( 西尾信用金庫 ) indicó que, entre las prácticas de privacidad de la app, pueden incluirse el manejo de datos que se describe a continuación. Para obtener más información, consulta la política de privacidad del desarrollador.

Datos asociados con tu identidad

Los siguientes datos pueden 主な信用取引のルール recopilarse y asociarse con tu identidad:

Datos no asociados con tu identidad

Los siguientes datos pueden recopilarse, pero no están asociados 主な信用取引のルール con tu identidad:

Las prácticas de privacidad pueden variar; 主な信用取引のルール por ejemplo, según tu edad o las funciones que uses. Más información

Información

Compatibilidad 主な信用取引のルール iPhone Requiere iOS 10.0 o posterior. iPod touch Requiere iOS 10.0 o posterior. Mac Se necesita macOS 11.0 o posterior y una Mac con el chip 主な信用取引のルール M1 de Apple.

Ubicación Esta app podría utilizar tu ubicación aunque no la tengas abierta, lo cual puede consumir la batería de tu dispositivo.

楽天FXなら、レバレッジもロスカットも選択できます。

レバレッジコースは「マーケットスピードFX」、「iSPEED FX」、「楽天FX-WEB」で変更できます。
マーケットスピードFXの場合、メニューの「口座」>「各種設定」>「レバレッジ設定」より変更画面を呼び出します。
楽天FX-WEBの場合、メニューの「口座」>「各種設定」より変更画面を呼び出し「レバレッジ設定」のタブを選択します。
iSPEED FXの場合、メニューの「設定」>「レバレッジ設定」>「ブラウザを起動」より変更画面を呼び出し「レバレッジ設定」のタブを選択します。

レバレッジコースとは

外国為替証拠金取引は、レバレッジ効果を利用することで資金効率よく取引することが魅力のひとつです。楽天証券FXでは、5つのコースから自由にレバレッジを選択して取引できます。
一旦設定したレバレッジコースは、その後も24時間リアルタイム(※1)で変更可能。変更手続きに時間がかかり、その間新規取引ができないといった制約もありません。

  1. 建玉・注文無しの場合
    全てのレバレッジコース及びロスカット水準の選択が可能です。
    • ※ 法人コースは変更できません。
  2. 建玉・注文有りの場合
    選択できるレバレッジコースやロスカット水準は以下の通りです。
  • ※ 設定変更による強制ロスカットの発動を防ぐため、「現在のロスカット水準×(設定後レバレッジ÷現在レバレッジ)」を超えるロスカット水準を選択した場合はコース変更ができません。

ロスカット水準とは

ロスカット水準(%)とは、お客様が任意に設定できる強制ロスカットの水準です。
ロスカット水準の表示は、純資産額に占める必要証拠金の割合で算出されている「証拠金維持率」を利用しています。純資産額が必要証拠金額を割り込むと、「証拠金維持率」も100%を下回りますが、取引口座は追証(※1)あるいは強制ロスカットの対象となってきます。当社レバレッジ設定コースでは、お客様が20%から95%の範囲(※2)で予め定められたロスカット水準を設定することが可能です。

月次 全国企業倒産状況 2022年5月の全国企業倒産524件

2022年5月度の全国企業倒産(負債額1,000万円以上)は、件数が524件(前年同月比11.0%増)、負債総額は873億8,000万円(同48.1%減)だった。
件数 は、3月以来、2カ月ぶりに500件台に乗せ、2カ月連続で前年同月を上回った。件数は一進一退が続くが、2カ月連続の増加は2019年9月-2020年4月(8カ月間)以来、25カ月ぶり。また、5月度では2年連続で前年同月を上回り、倒産の底打ち感が強まった。
負債総額 は、前年5月の(株)東京商事(東京・負債1,004億8,300万円・特別清算・ホテル経営)の大型倒産の反動で大幅に減少、2カ月連続で前年同月を下回った。負債1億円未満が385件と7割(構成比73.4%)を占める一方で、同10億円以上は14件(前年同月11件)、同5億円以上10億円未満が21件(同13件)と、倒産が中規模にも広がっている。
5月の 「新型コロナウイルス」関連倒産 は、191件(前年同月比54.0%増、構成比36.4%)と急増した。集計を開始した2020年2月以降の累計は、3,284件に達した。

  • 「人手不足」関連倒産のうち、後継者難」が40件(前年同月36件)
  • 形態別件数:破産が473件。法的倒産の構成比は97.5%
  • 都道府県別件数:前年同月を上回ったのが25道府県、減少19都府県、同数3県
  • 負債別件数:負債1億円未満の構成比が73.4%、2カ月ぶりに70%台
  • 業種別件数:飲食料品製造業、繊維工業、医療,福祉事業、道路貨物運送業などが増加
  • 従業員数別件数:10人未満の構成比が88.1%、4カ月連続で80%台
  • 中小企業倒産件数(中小企業基本法に基づく)は524件で、10カ月連続で100.0%

産業別 10産業のうち、6産業で前年同月を上回る

2022年5月の産業別件数は、増加が製造業、卸売業、金融・保険業、運輸業、情報通信業、サービス業他の6産業、減少は農・林・漁・鉱業、建設業、小売業、不動産業の4産業。
最多はサービス業他の181件(前年同月比16.7%増)で、3カ月ぶりに前年同月を上回った。このほか、燃料価格の高止まりなどの影響が注目される運輸業は34件(同61.9%増)で、3カ月連続で前年同月を上回った。また、製造業63件(同40.0%増)は3カ月ぶり、卸売業62件(同5.0%増)、情報通信業20件(同53.8%増)は2カ月ぶり、金融・保険業6件(同200.0%増)は2カ月連続で、それぞれ前年同月を上回った。
一方、不動産業14件(同41.6%減)は4カ月連続、建設業94件(同1.0%減)が2カ月連続、小売業48件(同9.4%減)が2カ月ぶり、農・林・漁・鉱業2件(前年同月5件)は4カ月ぶりに、それぞれ前年同月を下回った。
製造業、金融・保険業、運輸業の3産業は、2022年では最多件数だった。

地区別 倒産件数、9地区のうち、8地区で前年同月を上回る

2022年5月の地区別件数は、北陸を除く8地区で前年同月を上回った。
東北22件(前年同月比57.1%増)は、2022年1月より5カ月連続で前年同月を上回った。
このほか、九州45件(同4.6%増)は4カ月連続、北海道22件(同144.4%増)は3カ月連続、中部66件(同10.0%増)、中国29件(同61.1%増)は2カ月連続、関東197件(同8.2%増)は4カ月ぶり、近畿121件(同3.4%増)、四国14件(同55.5%増)は3カ月ぶりに、それぞれ増加した。
一方、北陸8件(同60.0%減)は、2カ月連続で前年同月を下回った。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる