タダで投資

トレードカルテFX

トレードカルテFX
トレードカルテFX
ここからは、具体的な仮想通貨の作り方を確認していきましょう。仮想通貨には以下のような作り方があります。

イーサリアムの歴史や価格推移をリリース時から現在まで解説

イーサリアム開発チームは、新たなブロックチェーンを分岐させ、盗まれた記録のあるブロックチェーンを破棄するハードフォークを決定。しかしこのハードフォークに対して開発者の一部が反発し、盗まれた記録のある従来のブロックチェーンを使用し続けました。こうしてイーサリアムは、新たなブロックチェーンの通貨を「イーサリアム」、従来のブロックチェーンの通貨を「イーサリアムクラシック (ETC) 」として分裂することとなったのです。

2017年2月 「イーサリアム企業連合 (EEA)」の発足

2017年2月、Enterprise Ethereum Alliance (イーサリアム企業連合:略称EEA) という団体が正式に発足しました。このEEAの目的は、イーサリアムブロックチェーンをもとにした、企業向けブロックチェーンを開発することです。

EEA発足当時の参加企業は約30社で、英石油大手のBP社や米金融大手のJPモルガン 、米マイクロソフト社といった大手企業が名を連ねました。なお現時点 (2021年5月) のEEA参加企業数は200社以上。野村総合研究所やNTTデータなど、日本企業も参加しています。

2017年7月 ハッカーによる盗難事件

2017年7月、英スタートアップ企業Parity Technologies社製のウォレットを利用していたユーザーから、総額約34億円相当のイーサ (ETH) が盗まれる事件が起こりました。原因は、ウォレットの脆弱性です。

さらに深刻な事態を招いたのは、Parity社の対応です。Parity社の開発者が誤ってコードライブラリを削除したため、ウォレットユーザーの資金が永久に引き出せなくなってしまったのです。引き出せなくなってしまったイーサ (ETH) の総額は、1億6000万ドル (約176億円) にものぼりました。

2017年10月 ビザンチウムアップデート

2018年4月 G20サミットの開催による暴落

2018年3月19日から20日にかけて、アルゼンチンのブエノスアイレスでG20財務大臣・中央銀行総裁会議が開催されました。このおよそ2ヶ月前に日本国内の取引所であるコインチェックで仮想通貨が盗難された事件があったことから、G20開催時点でイーサ (ETH) はピーク時から約40%価格が減少し約97,000円となっていました。

【保全版】あなただけのオリジナル自作仮想通貨の作り方を徹底解説

仮想通貨の作り方6選


ここからは、具体的な仮想通貨の作り方を確認していきましょう。仮想通貨には以下のような作り方があります。

  • オープンソースを使って作る
  • 取引所を利用して作る
  • イーサリアムやNEO(ネオ)のようなdappsプラットフォームで作る
  • カウンターパーティーやWAVES(ウェーブズ)のような仮想通貨作成用のプラットフォームで作る

作り方その1 取引所を使って作る

作り方その2 オープンソースの仮想通貨をもとに作る

特徴やメリット

現在発行されている仮想通貨のほとんどは、オープンソースで作られています。そのため、発行元が機能の改善やプログラムの再配布なども自由に行うことができます。これは特徴でもあり、メリットとも言えるでしょう。

また、最大のメリットはオープンソースのコードに対して、自分が追加したい、または、必要と感じている部分のみ追加して作成できる点も魅力です。わざわざ0から作らなくても、機能を追加できる点は労力の削減と、機能の向上に大きくプラスに働きます。

このように、プラットフォームごと開発するのではなく、自分がやりたいことに対してのみ集中することができる点は、オープンソースを活用するメリットと言えます。

デメリット

オープンソースにはメリットに対して、デメリットも存在しています。自由度が高い開発を行える分、技術的な難易度が高いのです。具体的には、プログラミングの知識を持っていることが前提条件となります。それだけでなく、自身でサーバーを保有する必要があるので、サーバーを構築するための知識も必要です。さらには、Linuxなどのソフトウェアの専門知識も必要です。

このように、オープンソースは仮想通貨を開発する上でもっともオーソドックスな方法ですが、昨日今日でできるようになる方法と言えるくらいのお手軽感はないのです。こういったデメリットが存在していることも覚えておきましょう。

作り方その3 カウンターパーティー (XCP)でトークンを作る

ちなみにですが、仮想通貨とトークンは混同しやすいポイントなので、どこが違うのかも確認しておきましょう。

トークンとは特定の仮想通貨のプラットフォームを使って作られた、別の仮想通貨のことです。

特徴やメリット

カウンターパーティーはビットコインのブロックチェーン上に構築されています。基本的な特徴や特性はビットコインと同じと考えて良いです。そこに加えて、イーサリアムに代表されるようなスマートコントラクトの機能も付加されており、より高い拡張性を備えています。

また、パソコンがなくてもスマートフォンで作成することもでき、知識がなくても手軽に発行できる点も魅力です。

カウンターパーティーは金融庁が認可した日本で合法的に取引できる仮想通貨の1つです。信頼性の高さや安全性は実証済みと言うことができます。国内取引所ではZaif(ザイフ)で購入することができ、取引高自体も、もっとも高くなっています。

作り方(スマホ編)

  • 0.トレードカルテFX 5XCP
  • 0.0005BTC
  • 「IndieSquare Wallet」のアカウント
  1. カウンターパーティ(XCP)の公式スマホウォレットアプリである「IndieSquareWallet」のアカウントを作成する
  2. XCP(カウンターパーティ)をZaifなどの取引所で0.5XCP購入し作成したウォレットに送金する
  3. XCPがウォレットに送金されたら、アプリ画面の左上にある「トークン新規発行」をタップ
  4. 発行手数料である0.5XCPを支払い、名前や通貨単位、発行量を設定する

作り方(パソコン編)

  • 0.5XCP
  • 0.0005BTC
  • 「Counterwallet」のアカウント
  1. カウンターパーティ(XCP)の公式ウォレット「Counterwallet」のアカウントを作成する
  2. トレードカルテFX
  3. Zaifなどの取引所で0.5XCP購入し作成した作成したウォレットのアカウントに送金する
  4. Counterwalletの「My Account Balances」にある「Address Actions>Create a Token(Asset)」をクリックする
  5. スマホ版と同じく発行手数料である0.5XCPを支払い、トークン名を設定する

作り方その4 イーサリアム(ETH)でオリジナルトークンを作る

オリジナルの仮想通貨を発行する方法として、非常に多く用いられているのがイーサリアムを使ったトークン作成です。

特徴やメリット

dappsとは分散型アプリケーションのことです。既存のアプリとは違い、運営元や開発元などに権力が集中しないことが特徴です。

  • 0.15ETH
  • GoogleChrome(グーグルクロム)
  • MyEtherWallet(マイイーサウォレット)
  • METAMASK(メタマスク)
  1. 仮想通貨取引所で0.15ETHを購入する
  2. イーサリアムの公式ウォレットである「MyEtherWallet」のアカウントを作成する
  3. GoogleChromeの拡張機能である「METAMASK」をダウンロードする
  4. イーサリアムのトークンが発行できるソフト「Token Factry(トークンファクトリー)」が使えるようになるので、検索してサイトにアクセスする
  5. サイト画面の上部にある「Create Token Contract」をクリックする
  6. 発行するトークン名、通貨の数量単位(ETH、BTCなど)、発行枚数、小数点以下の桁数を設定し、「Create Token」をクリックする

作り方その5 ウェーブス(WAVES)で独自トークンを作る

この作り方の特徴・メリット

ウェーブスの特徴は「カスタムアプリケーショントークン」という機能を持っていることです。この機能を使うことで、ウェーブスのプラットフォームを使ったアプリやトークンの発行が簡単に行うことができます。

このように、すでに実生活でも取り入れられている点を含めても、ウェーブスは非常に大きな将来性を持った仮想通貨であるということができます。

本来は1WAVESあれば作成できるのですが、送金にかかる手数料なども考慮して、1.5WAVES用意していおきましょう。また、ウェーブスは国内取引所では取り扱いがありません。そのため海外取引所で購入する必要があります。

ブロックチェーンのビジネスモデル・活用事例〜非金融など応用領域も解説〜

そして、近年、Ethereumのtps(トランザクション速度)の遅さを改善したEOS(エオス)、toB企業向け開発に特化したQuorum(クオラム)やHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)などのプラットフォームが登場し、またブロックチェーン技術の有用性に対する社会の関心が高まったことを背景に、非金融領域へのビジネス活用が急速に進み始めています(ブロックチェーン3.0)。

ブロックチェーンのビジネス活用が進む3つの応用領域

ブロックチェーンの応用領域は金融/非金融/ハイブリッドの3つに分類できる

具体的には、2020年現在のブロックチェーン応用領域は、ブロックチェーン1.0、2.0の金融を軸に、3.0の非金融、両者のハイブリッドの3つに分類できます。

ブロックチェーンの応用領域①:金融領域(フィンテック)

ブロックチェーンビジネスの第一の領域は、「金融領域」です。

「金融領域」とは、平たく言えば「Fintech(フィンテック)」と言われる領域のことで、より正確には「暗号資産(=仮想通貨)を活用した領域」と考えてください。

  • 暗号資産取引
    • ブロックチェーン技術を応用した法定通貨以外の新通貨の売買等を通して、キャピタルゲインを獲得することをインセンティブとしたビジネス
    • 企業が仮想通貨を発行し、それを購入してもらうことで資金調達を行う方法
    • 「クラウドセール」「トークンセール」「トークンオークション」とも呼ばれる
    • ICOの仕組みを悪用した詐欺事件なども起こってしまったこともあり、近年では、一時期の勢いは見られない
    • 有価証券の機能が付与されたトークンによる資金調達方法
    • ICOの問題点であったスキャム(いわゆる詐欺)や仕組み自体の投機的性質を解消する、新しい資金調達方法として注目を集めている
    • 金融領域におけるブロックチェーンビジネスの注目株で、1兆ドル以上のマーケットになるとの予想もなされている

    ブロックチェーンの応用領域②:非金融領域

    ブロックチェーンビジネス第二の領域は、「非金融領域」です。

    非金融領域とは、暗号資産(仮想通貨)を使わない領域のことで、台帳共有や真贋証明、窓口業務の自動化など、既存産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の文脈で、今、最も注目を集めている領域と言えるでしょう。

    1. 適用範囲が非常に広い(どの産業にも可能性がある)
    2. したがって適用領域の市場規模が大きくなる可能性が高い(政府予想では数十兆円規模)
    3. これまでに実現してこなかった産業レベルでのイノベーションが起こりうる可能性がある

    門戸が広がったとは言え、まだまだ参加できるプレイヤーが限られている金融領域と比べて、非金融領域では、業務課題レベルからの解決が十分に可能です。

    そのため、新規事業立ち上げや経営企画の方だけでなく、あらゆる職種の方にとって、この領域について理解しておくことは自社の役に立つかと思います。

    ブロックチェーンの応用領域③:ハイブリッド領域(非金融×暗号資産)

    ブロックチェーンビジネス第三の領域は、「ハイブリッド領域」です。

    ハイブリッド領域とは、金融×非金融、つまり暗号資産を非金融領域での課題解決へと応用している領域です。

    わかりやすい例としては、いわゆる「トークンエコノミー」がこの領域のビジネスと考えられます。

    この手の取り組みで言えば、MUFGコイン(発表当時の名称、現在はcoin)がこれに該当するでしょう。

    • 新興基盤の多くは1年ももたずに消えていく
    • いざサービス開発をしようという時に過去のユースケースが少ないため、バグやシステムトラブルが発生した時にエンジニアがお手上げになるケースが多
    • 仮想通貨の値上がり益がインセンティブになる場合は、事業課題の解決のためのインセンティブがおろそかになってしまい誇大広告や詐欺の温床になるケースが多い

    そのため、事業企画担当者として「トークンエコノミー」などのハイブリッド領域におけるブロックチェーンビジネスを検討しているのであれば、提案を受けた開発基盤の「過去のケース数」を確認することをおすすめします(GitHubなどで)。

    また、この領域は資金決済法の適用を受けるので、事業企画においても繊細な配慮が必要な点について法務部門から「突っ込まれる」可能性が高いため、注意しておく必要があるでしょう。

    ブロックチェーンの応用領域拡大を支える技術発展

    • Smart Contract(スマートコントラクト、契約自動化)
    • Traceability(トレーサビリティ、履歴追跡)
    • Tokenization(トークナイゼーション、トークン化)
    • Self Sovereign Identity(セルフソブリンアイデンティティ、自己主権型ID)

    Smart Contract(スマートコントラクト)

    スマートコントラクトとは、1994年にニック・スザボという暗号学者が提唱した「契約の自動化」を意味するコンピュータプロトコルです。

    後に、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)がEthereum基盤上で開発・提供し始めたことから、ブロックチェーンの代表技術としてビジネスに活用されるようになりました。

    代表的な事例は自動販売機で、「飲料の売買取引」をベンダーマシンを使って自動化していることから、スマートコントラクトのわかりやすい例として挙げられます。

    ブロックチェーンの文脈では、フィンテックにおける送金業務の自動化DEX(分散型取引所)、非金融領域では投票システム国際貿易プラットフォームなど、多岐にわたるビジネスへの応用が進んでいます。

    こうした形で、スマートコントラクトがビジネスプロセス上に実装されることで、取引プロセスのデジタル化・自動化による取引コスト削減が期待できます。

    Tokenization(トークン化)

    トークンは、ビジネスの文脈上では「交換対象を限定した小さな経済圏を回すための使い捨て貨幣」といった意味で用いられる概念で、非中央集権的なブロックチェーンとセットでビジネス活用されます。

    ブロックチェーンのビジネスモデル・活用事例〜非金融など応用領域も解説〜

    そして、近年、Ethereumのtps(トランザクション速度)の遅さを改善したEOS(エオス)、toB企業向け開発に特化したQuorum(クオラム)やHyperledger Fabric(ハイパーレジャーファブリック)などのプラットフォームが登場し、またブロックチェーン技術の有用性に対する社会の関心が高まったことを背景に、非金融領域へのビジネス活用が急速に進み始めています(ブロックチェーン3.トレードカルテFX 0)。

    ブロックチェーンのビジネス活用が進む3つの応用領域

    ブロックチェーンの応用領域は金融/非金融/ハイブリッドの3つに分類できる

    具体的には、2020年現在のブロックチェーン応用領域は、ブロックチェーン1.0、2.0の金融を軸に、3.0の非金融、両者のハイブリッドの3つに分類できます。

    ブロックチェーンの応用領域①:金融領域(フィンテック)

    ブロックチェーンビジネスの第一の領域は、「金融領域」です。

    「金融領域」とは、平たく言えば「Fintech(フィンテック)」と言われる領域のことで、より正確には「暗号資産(=仮想通貨)を活用した領域」と考えてください。

      トレードカルテFX
    • 暗号資産取引
      • ブロックチェーン技術を応用した法定通貨以外の新通貨の売買等を通して、キャピタルゲインを獲得することをインセンティブとしたビジネス
      • 企業が仮想通貨を発行し、それを購入してもらうことで資金調達を行う方法
      • 「クラウドセール」「トークンセール」「トークンオークション」とも呼ばれる
      • ICOの仕組みを悪用した詐欺事件なども起こってしまったこともあり、近年では、一時期の勢いは見られない
      • 有価証券の機能が付与されたトークンによる資金調達方法
      • ICOの問題点であったスキャム(いわゆる詐欺)や仕組み自体の投機的性質を解消する、新しい資金調達方法として注目を集めている
      • 金融領域におけるブロックチェーンビジネスの注目株で、1兆ドル以上のマーケットになるとの予想もなされている

      ブロックチェーンの応用領域②:非金融領域

      ブロックチェーンビジネス第二の領域は、「非金融領域」です。

      非金融領域とは、暗号資産(仮想通貨)を使わない領域のことで、台帳共有や真贋証明、窓口業務の自動化など、既存産業のDX(デジタルトランスフォーメーション)の文脈で、今、最も注目を集めている領域と言えるでしょう。

      1. 適用範囲が非常に広い(どの産業にも可能性がある)
      2. したがって適用領域の市場規模が大きくなる可能性が高い(政府予想では数十兆円規模)
      3. これまでに実現してこなかった産業レベルでのイノベーションが起こりうる可能性がある

      門戸が広がったとは言え、まだまだ参加できるプレイヤーが限られている金融領域と比べて、非金融領域では、業務課題レベルからの解決が十分に可能です。

      そのため、新規事業立ち上げや経営企画の方だけでなく、あらゆる職種の方にとって、この領域について理解しておくことは自社の役に立つかと思います。

      ブロックチェーンの応用領域③:ハイブリッド領域(非金融×暗号資産)

      ブロックチェーンビジネス第三の領域は、「ハイブリッド領域」です。

      ハイブリッド領域とは、金融×非金融、つまり暗号資産を非金融領域での課題解決へと応用している領域です。

      わかりやすい例としては、いわゆる「トークンエコノミー」がこの領域のビジネスと考えられます。

      この手の取り組みで言えば、MUFGコイン(発表当時の名称、現在はcoin)がこれに該当するでしょう。

      • 新興基盤の多くは1年ももたずに消えていく
      • いざサービス開発をしようという時に過去のユースケースが少ないため、バグやシステムトラブルが発生した時にエンジニアがお手上げになるケースが多
      • 仮想通貨の値上がり益がインセンティブになる場合は、事業課題の解決のためのインセンティブがおろそかになってしまい誇大広告や詐欺の温床になるケースが多い

      そのため、事業企画担当者として「トークンエコノミー」などのハイブリッド領域におけるブロックチェーンビジネスを検討しているのであれば、提案を受けた開発基盤の「過去のケース数」を確認することをおすすめします(GitHubなどで)。

      また、この領域は資金決済法の適用を受けるので、事業企画においても繊細な配慮が必要な点について法務部門から「突っ込まれる」可能性が高いため、注意しておく必要があるでしょう。

      ブロックチェーンの応用領域拡大を支える技術発展

      • Smart Contract(スマートコントラクト、契約自動化)
      • Traceability(トレーサビリティ、履歴追跡)
      • Tokenization(トークナイゼーション、トークン化)
      • Self Sovereign Identity(セルフソブリンアイデンティティ、自己主権型ID)

      Smart Contract(スマートコントラクト)

      スマートコントラクトとは、1994年にニック・スザボという暗号学者が提唱した「契約の自動化」を意味するコンピュータプロトコルです。

      後に、Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブリテン)がEthereum基盤上で開発・提供し始めたことから、ブロックチェーンの代表技術としてビジネスに活用されるようになりました。

      代表的な事例は自動販売機で、「飲料の売買取引」をベンダーマシンを使って自動化していることから、スマートコントラクトのわかりやすい例として挙げられます。

      ブロックチェーンの文脈では、フィンテックにおける送金業務の自動化DEX(分散型取引所)、非金融領域では投票システム国際貿易プラットフォームなど、多岐にわたるビジネスへの応用が進んでいます。

      こうした形で、スマートコントラクトがビジネスプロセス上に実装されることで、取引プロセスのデジタル化・自動化による取引コスト削減が期待できます。

      Tokenization(トークン化)

      トークンは、ビジネスの文脈上では「交換対象を限定した小さな経済圏を回すための使い捨て貨幣」といった意味で用いられる概念で、非中央集権的なブロックチェーンとセットでビジネス活用されます。

      トレードカルテFX

      ビットコイン(BTC)
      リアルタイム【価格・相場】

      ビットコイン(BTC)
      リアルタイムチャート【価格・相場】

      匿名集団がプライバシー保護を推進する企業らに7500万ドル寄付へ 「Unknown Fund」を名乗る匿名の団体が、個人データの保護・オンラインの匿名化ツール・暗号通貨・ブロックチェーン上のプライバシーの保護の4分野に取り組むスタートアップなどに対して合計75. 2019.11.14

      暗号資産(仮想通貨)の価格チャート

      暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
      暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。
      暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
      暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

      関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる