入門講座

インデックス投資の始め方

インデックス投資の始め方
出典:ジェレミー・シーゲル著 株式投資

つみたてNISA「やっぱり買うべきじゃなかった」後悔されがちなインデックス投資信託4選とは

最近はネットで「運用」と検索すると、必ず出てくるのがつみたてNISA。かなり身近になったなと感じる方も多いのではないでしょうか。 【画像】知らないと後悔する投資の大原則「長期・積立・分散」の驚くべき効果を棒グラフで確認(出典・金融庁) つみたてNISA制度を利用すれば、通常は運用益に20.315%かかる税金が年40万円まで、最長20年間非課税になります。 ただし、運用には必ずリスクがありますし、金融商品によってパフォーマンスも異なります。そして、つみたてNISAはあくまで投資信託等を活用した制度ですので元本保証はありません。 SNSでみんながやっているからと、飛びついてしまう方も多いようです。今回はこれからつみたてNISAをはじめる人に向けて、買ってはいけないインデックス投信をご紹介します。

つみたてNISAは213本の商品から自分で選ぶことに

つみたてNISAでは金融庁が厳選した金融商品の中から自分で選び、毎月一定額を買い付けていきます。 金融庁によると、つみたてNISAの商品は213本あり、以下のように種類が分かれています。 ・指定インデックス投資信託:183本 ・指定インデックス投資信託以外の投資信託(アクティブ運用投資信託等):23本 ・上場株式投資信託(ETF):7本 出典:金融庁「つみたてNISAの対象商品」(2022年4月26日時点) 一番本数が多い「インデックス投資信託」は株価指数などのベンチマーク(指標)に連動する運用成績を目指す投資信託です。 例えば、日本株式ならTOPIXや日経平均、米国株式ならNYダウ、世界株式ならMSCI指数といった指標があります。 「アクティブ運用投資信託」とはベンチマークを上回る運用成績を目指すもので、一般的に手数料も高めに設定されています。 では、つみたてNISAで運用中の方はどちらのタイプを選んでいるのでしょうか。金融庁の「NISA 口座の利用状況調査(2021年6月末時点)」によると、つみたてNISAで実際に買付された商品別の割合は下記の通りです。 ・インデックス投資信託…80.8% ・アクティブ投資信託…12.9% ・ETF…0.02% この割合からみても、初心者の方が始めやすいのは、手数料も安く、投資対象の8割を占めるインデックス投信であるといえますね。 次では、選んではいけないインデックス投信の4つの特徴をお伝えしていきます。

インデックス投資の始め方をやさしく解説!|初心者でもできる優良投資術で資産形成をはじめよう

インデックス投資の始め方

【インデックス投資の管理も簡単に】資産管理アプリのおすすめは「マネーフォワード ME」 おすすめの資産管理アプリ「マネーフォワード ME」を紹介します。2年以上プレミアム会員で利用した実体験をもとに、インデックス投資との相性や導入のメリットをお伝えします。.

【STEP③】リスク許容度を知ろう

インデックス投資を始めるステップの写真(リスク許容度)

リスク許容度ってなに?

投資において、 「リスク」と「リターン」は必ず表裏一体 です。これは鉄則です。

  • どれくらいマイナスになっても生活に影響がないか?
  • どれくらいマイナスになってもメンタルに影響がないか?

ちなみに 目標リターンから投資計画を決められる方もおられますが、リスク許容度から投資計画を立てるを強くおすすめします。

自身のリスク許容度を知ろう

インデックス投資のリスク許容度診断表

インデックス投資のリスク許容度診断結果

「リスク許容度は一定ではなく、変動する」 ことを忘れないでください。

【STEP④】資産配分(アセットアロケーション)を決める

インデックス投資を始めるステップの写真(アセットアロケーション)

資産配分(アセットアロケーション)とは?

資産配分(アセットアロケーション) とは、投資で運用する資金を株や債券などの資産にどのような割合で投資するのか決めることをいいます。

投資の成果はほとんどこのアセットアロケーションによって決まると言われています。

  • 無リスク資産:現金や個人向け国債などの元本保証型の資産
  • 有リスク資産:国内外の株や海外債券など元本割れのリスクを負い、運用リターンを狙う資産

そして、無リスク資産には「生活防衛資金」を確保するようにしておきましょう。

生活防衛資金:急な病気や事故、リストラなどで収入が得られなくなったときに、一定期間生活を守るためのお金で、いかなるときも投資に回さない最後の砦。(目安は毎月の支出×6か月~長くて2年程度)

無リスク資産と有リスク資産の割合(具体例でイメージしよう)

  • 現在の資産総額は500万円
  • 毎月の収入は30万円
  • 毎月の支出は20万円
  • リスク許容度は「中」を参考に5割投資可
  • 生活防衛資金を6か月分確保

インデックス投資の資産配分、毎月投資額のイラスト

有リスク資産の内訳はどうする?

できるだけ手間をかけず、より広く分散投資をしたい方には、私は 全世界株式 をおすすめします。

世界中の企業に分散して投資することで世界経済全体の成長を取り込みつつ、 リバランスをというメンテナンスを自動化できる点が非常に魅力的だからです。

STEP0で述べたとおり、 インデックス投資は「いつどこが伸びるかわからないので市場全体を買う」という前提に立つ投資 であることを忘れないでください。

例えば、「新興国株式のインデックスファンドに全振り100%」は、広義の意味ではインデックス投資だと思いますが、特定の市場に肩入れするほど王道のインデックス投資から離れていってしまいます。

【STEP⑤】購入する商品(ポートフォリオ)を決める

インデックス投資を始めるステップの写真(ポートフォリオ)

  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
  • SBI-SBI・全世界株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

商品を選ぶ際は、手数料の低さと純資産総額を見ることが大事です。

【STEP⑥】シミュレーションしよう

インデックス投資を始めるステップの写真(シミュレーション)

おすすめの理由は、 毎月の積立額から運用結果をシミュレーションできるだけなく、目標金額から毎月必要な積立額を求めることもできるからです。(あと、見やすいです)

  • 毎月の積み立て額は5万円
  • 運用期間は20年間
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を購入
  • 全世界株式の今後20年間の平均利回りを年利5%と仮定
  • 初期の一括投資はしなかったものとする

インデックス投資のシミュレーション条件のキャプチャ

「増えた額」がインデックス投資によって得られた利益です。

インデックス投資のシミュレーション結果のキャプチャ

【STEP⑦】口座を開設して投資をしよう

インデックス投資を始めるステップの写真(口座開設)

証券口座の開設はどこがおすすめ?

結論から言うと、SBI証券もしくは 楽天証券 で開設することをおすすめします。

一番やってはいけないのは、ネット証券ではなくリアル店舗型の証券会社で口座を開設すること です。

インデックス投資は長期に渡るため、「手数料の低さ」が重要になってきます。

はじめての口座開設で不安という方向けに、SBI証券と楽天証券の口座開設方法を紹介しておりますので、よければ参考にしてみてください。

つみたてNISA?iDeCo?どれがいいの?

税制優遇の観点ではiDeCo優位だと考えますが、 投資初心者の方は、資金拘束力の インデックス投資の始め方 低い つみたてNISAから入ることをおすすめします。

  • 一般NISA(つみたてNISAとの選択型)
  • ジュニアNISA
  • 特定口座
  • iDeCo・企業型確定拠出年金(DC)
    インデックス投資の始め方
  • 100円/月など少額から毎月積み立て投資が可能
  • 積み立て投資額の変更がいつでもできる
  • いざとなったときすぐに現金化できる
  • 非課税期間が20年間と長期

とくに 「投資額の変更がいつでもできる」、「いざとなったときすぐに現金化できる」 点が投資初心者におすすめなポイントです。

公式LINE週報(2022/7/9)

LINE週報

【完全無料】☆知識ゼロでもたった20分で丸分かり☆やさしい株投資入門まとめ☆【株式投資初心者向け】

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/18)

LINE週報

公式LINE週報(2022/6/11)

・総フォロワー10万人超え!
・異次元の投資戦略と未来予測で爆益
・東大卒4年目の専業投資家
・総資産1億円超え
・海外不動産3500万円
・米国株ブログ村ランキング1位
・新卒でトップIT企業に就職
→1年目で資産2000万円突破
→独立して専業投資家
・投資で勝つための正しい知識を発信し、本気で日本を強くしたい!

インデックス投資とは【始め方やタイミング】間違うと儲からないよ!

僕の資産運用ノート


僕の資産運用ノートには、こう書かれています。

インデックス投資の始め方

投資初心者入門

インデックス投資 とは、 市場の平均値 と 同じ ような動きや投資成績を目指す投資法のことです。

代表的なのは、 日経平均株価に連動するインデックス投資 であり、投資信託のファンドにも、日経平均株価に連動するインデックス投資のファンドが売られています。

読者

読者

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

僕の資産運用ノート

読者

読者

【初心者必見】インデックス投資とは?基礎知識を徹底解説します。

株式リターン分布

出典:ジェレミー・シーゲル著 株式投資

メリット② やり方が簡単で再現性が高い

深く考えず、おおざっぱに継続していても、将来的に利益が見込めるのがインデックス投資のメリットです。

メリット③ 分散投資でリスクを抑える

以上のように、 インデックス投資の始め方 リスクが広く分散されており、特定企業の業績に頭を悩ませることなく、メンタル面でも余裕をもって投資ができます。

メリット④ 短期的な失敗を気にする必要がない

手数料の利回り影響

出所:楽天証券

インデックス投資のデメリット

デメリット① 短期でハイリターンは難しい

sp500のリセッションとリカバー

出典:Advisor CHANNEL 「The インデックス投資の始め方 Pyramid of Equity Returns: Almost 200 Years of U.S. Stock Performance」

利益を増やすには「入金力」が重要

勝率、利益に影響を与える「利回り」

ただ、 利回りについてはあまり意識する必要がありません。

というより、 コントロールができません。

インデックス投資の注意点

簡単に儲かるわけではない

短期で儲けたくなる

元本割れは耐える必要がありますが、 資産が増える期間は誘惑に耐える期間となります。

また、 インデックス投資は実力で勝っているというより、市場に勝たせてもらっているのです。

インデックス投資の始め方

インデックス投資とは?
指数に連動する成果を目指す投資手法のこと。
前提条件は下記のようになる。
・超長期運用が前提である。
・指数に連動することを目指す。
・長期的に株価は上がり続けることを想定する。
・損切りは不要。

インデックス投資のメリット
・メリット① 歴史的に儲かることが証明されている。
・メリット② やり方が簡単で再現性が高い。
・メリット③ 分散投資でリスクを抑える。
・メリット④ 短期的な失敗を気にする必要がない。
・メリット⑤ コストが低い。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる