取引スキーム

外国為替(FX)

外国為替(FX)

→FXブロードネットの口コミを見てみる

【2022年】豪ドル(オーストラリアドル)の金利を徹底解説!利上げの可能性は?

お金マン

・本ウェブサイトは、株式会社デジタルアイデンティティ(以下、「弊社」と表記します。)によって運営されており、その著作権その他の知的財産権は弊社に帰属します。本ウェブサイトの全部又は一部を無断で転用・複製することはできません。
・本ウェブサイトは、情報提供及び解説を目的としたものであり、FXその他の金融商品に関する契約締結の代理、媒介、斡旋、勧誘や投資・運用等の助言を行うものではありません。本ウェブサイトの情報の利用及び投資に関する最終的な決定は利用者の判断によるものとし、弊社はこれに一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトに含まれる記述・計算等はあくまでも例に過ぎず、弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに含まれる情報には将来の業績や事象に関する記述が含まれている可能性がありますが、それらの記述は予想であり、その内容の正確性等を保証するものではありません。弊社はその使用等に関して一切の責任を負うものではありません。
・本ウェブサイトに掲載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、弊社はその内容について保証するものではなく、その使用等に関して弊社は一切の責任を負いません。
・本ウェブサイトの内容は予告なしに変更、削除する場合があるほか、システムメンテナンス等のため一時的に公開、情報提供を停止する場合があります。
・その他、弊社は利用者が本ウェブサイトを用いて行う一切の行為について何ら責任を負うものではありません。

LIGHTFX


→当サイト限定レポートがもらえる!

トラッキングトレード


→FXブロードネットの口コミを見てみる

FX取引に関する様々な問題への積極的な取り組み。法律相談は無料。

問い合わせ問い合わせ

FX取引において現在顕在化している問題は,(広義の)システムトラブルです。相場が乱高下する場面で,取引画面がフリーズしてしまったり,注文が出せなくなったり,といった事象が多く発生しているようです。
また,システムの正常さ・公正さが外部から見えにくいこともあって,スプレッドが恣意的に拡大されたり,スリッページが相当と考えられる範囲を超える頻度・範囲で生じたり,俗に「ロスカット狩り」と呼ばれるような手法が用いられているのではないかとの疑念が生じるような状況もしばしば見られます(このことは,いわゆるトレール注文についても見られます。)。
当法律事務所の弁護士は,FX取引において,ロスカットの発動が適切になされなかったという事案について,適切にロスカットがされていたであろう場合との差額の賠償を求めた訴訟を担当し,同事件の判決である東京地判平成20年7月16日金融法務事情1871号51頁はロスカットルールに関する初の司法判断として大きな注目を集めています(司法試験受験生にもなじみの深い判例百選に取り上げられています)。高いレバレッジをかけて,海外の株式市場の動向等により我が国における取引レートが急激に変動することが当然に予想されるFX取引において,未曾有とでも言うべき相場混乱が生じたわけでもないのに瞬時の約定ができないというのでは,正常な金融商品であると評価することは難しいでしょう。
「安全性」をうたい文句にしてきた取引所取引においてもシステムトラブルは少なくない頻度で生じているようです。
相対取引業者においてはこの種のシステムトラブルは後を絶ちませんし,提示レート(スワップを含む)が誤りであったなどとして事後的に取引益金の出金を拒まれるという事案も相当数あります。当法律事務所でも,このような事案についてFX取引業者の主張に理由がないことを(金融庁にも併せて)指摘し,取引益金の支払いをさせることができたことがあります。
システムトラブルの問題とは離れますが,FX取引業者は利益を出す顧客を閉め出してしまうという姿勢を採っているのではないかと思われる節があり,不正取引をしたなどと強弁して口座を強制解約したり,いわゆる「キャッシュバックキャンペーン」で約束した金員(取引量に応じて支払を約した「キャッシュバック金」)の支払いを拒むという事例も多く生じているようです。当法律事務所の弁護士が担当した,この点に関する訴訟について,興味深い初の司法判断として,東京地判平成26年6月19日があります。

COLUMN 値下がりしていないのに!? ?投資取引のもっとも大きなリスクは価格変動ではない?
米国時間2005年10月17日,突然,米レフコエフエックス社のFX取引口座から証拠金が引き出せなくなった。グループ会社を含めて米国連邦倒産法第11章(チャプターイレブン)の適用が申請され,口座が凍結されたのだ。同グループは,独立系先物・証券グループで世界第4位の規模を誇るともいわれた巨大金融グループであった。同社の関連会社は我が国で積極的な営業活動を行い,本邦在住者の証拠金拠出額はおよそ40億円にものぼっていた。我が国の投資家の多くは,同グループの知名度や関係会社のホームページに,預り金を分別して管理しているから仮にレフコグループが倒産しても証拠金はきちんと返還されるかのような記載があったことなどから,あえて同社での取引を選んでいた。にもかかわらず,同社での取引を選んだ結果,皮肉にも証拠金の凍結という目に遭ってしまったのである。被害者らは集団で訴訟を提起し,当初の配当金の予測を大きく上回る金銭の返還を勝ち取ったが,それでも,証拠金の全額返金は達し得なかった。
我が国にも同じような例には事欠かない。平成19年11月9日,関東財務局は,外国為替証拠金取引業者であるアルファエフエックス社に対して,証拠金等を自己の固有資産と区分して管理していないなどとして,6か月の業務停止命令の行政処分をした。しかし,このときすでに同社は20億円以上の預り証拠金を流用した挙げ句に失い,行政処分に先立つ同月6日に自己破産の申立をしていた。登録を経ている業者が,預り証拠金を全部消失させて自己破産の申立をし,その後にようやく行政が業務停止(登録取消でもない)の処分をするという,滑稽とすらいえる事態が生じたのである。すでに法令(内閣府令)の改正により顧客の預り資産の区分管理は,一応の制度化が完了したとされていた時期であった。
このような事態は,上記事件の発生後改正された現在の法令の下でも,生じ続ける可能性がある。投資は自己責任であるといわれるが,このような被害は自己責任の結果であるとはいいにくいだろう。しかし,自己責任でないといってはみても,国を含む誰かが被害を補填してくれる訳ではない。価格が上がったり下がったりすれば利益が出たり損失が生じたりする。このことが投資や投機のリスクであるということは比較的理解しやすい。しかし,本当のリスクは,そんなところにのみあるものではない。重大なリスクは,むしろ,見えないところにこそあるのである。

サルでも見れば解る「FX図鑑」

初心者専用!おさるの「モンチ」と FX を「絵」で観ながら勉強できるホームページ

厳選のおすすめFX会社

DMM FX FXプライム byGMO SBI FXTRADE GMOクリック証券

モンチの気になるFX情報

第1章 FXってナニ?

第2章 FXってどうやって始めるの?

第3章 FXってあぶないの?

第4章 もっとFXを知りたい

第5章 初心者のFX取引学

第6章 FX会社の学習

第7章 ビットコインでFX取引

モンチのキャッシュバック情報

10,000円以上のキャッシュバック

モンチの主要FX会社の[米ドル/円]スプレッド比較

モンチのおすすめFX会社

取引コスト重視派にオススメ
会社の信頼性重視派にオススメ
簡単な取引ツールが使える会社
情報の豊富さ重視派にオススメ

FXって難しそう!と思っている初心者の方に使ってもらいたい!
FX図鑑は、FX取引や投資に興味あっても、FX初心者の方などは「難しそう?」「どうせ解らない」と諦めてしまっているような方に使ってもらいたいと考えて制作したサイトです。私も最初は「FXって難しいんでしょ?」「私には無理だ…」と思っていました。でも、1つずつ理解していくと、実は覚えることも思っていたほど多くないし、意外と簡単だと気付きました。当サイトでは入門的な基本中の基本からFXのはじめ方、さらにはFX会社の選び方や口座開設方法まで学習出来ます。そして勉強をさらに深める為のおすすめFX書籍まで紹介してます。是非FXの入門に当サイトを使って勉強して行って下さい!

為替で生活できるか?

教えて!goo グレード

結局は、無限に繰り返せばコスト分だけマイナスになって、やがては退場を余儀なくされるでしょう。
利益が出れば、税金とFX会社に手数料を支払い、損をしても税金は戻りませんしFX会社に手数料を払います(3年間の繰り越し控除は可能ですが)。
FXでは流動性が極めて高く、プロがうじゃうじゃいるので、外国為替は効率的であり、どんなポジションがはっきりと有利になると言うものでは無くて、自分の相場観で儲かりそうなポジションを立てる程度の話です。

  • 回答者: mr-bab
  • 回答日時: 2013/03/17 18:10

FXで生計を立てるのは可能です。

ですが、相当キツイですよ。
現在は定職に付いているのですよね?
その場合、1000円でも利益が出たら、利益になります。
ですが、専業となるとそうはいきません。
月20日間、2~2.5万の利益を取ろうと考えているのならば1000円でもマイナスなんです。
これが、一週間続いたと想像してみて下さい。
なんら特別なことではありませんし、何度も経験することになるでしょう。
そんな時でも冷静に、いつもと変わらずトレード出来ますか?
つい、小さなチャンスに手を出してしまったり、トレード時間を長くしたり、トレード回数を増やしてしまったりしない自信はありますか?

また順調に行っていても、ちょっとしたことでトレードに狂いは生じます。
トレードで生計を立てようとするならば、狂いを自覚できること、狂いを調整出来ることがとても重要になってきます。
その技術はありますか?

それと「スキャルピングで毎日確実にコツコツと利益を重ねていく」一聴すると堅実でリスクの少ない方法に聞こえますが、実は相当リスクが高い方法ですよ。
「勝率は悪いが一発当たればデカイ」実はこっちの方が断然リスクが低いのです。
そのことを理解出来ていますか?

  • 回答者: goropiyo
  • 回答日時: 2013/03/17 10:20

一般的サラリーマンと異なる点といえば

・確定申告が必要(そんなに難しくないです、少し面倒くさいが)
・新規で住宅ローンは無理(今あるクレジットカードはそのまま使えます) 外国為替(FX)
・健康保険が国保になる、全額負担になる(厚生は労使折半)
・年金も自分で払う
・世間的に無職扱い、なのでハローワークから雇用保険を貰うことができます(就職活動しないと詐欺になります)
・負けたら路頭に迷う、働いてマイナス収入は無いが、トレードはマイナスがある

しかし人生は様々なできごとがあり、その事がトレードに精神的に影響しがちです。
社会的に異端な生き方である事を認識しながらも周りの人たちがその生き方を理解していないと厳しいでしょう。
また、スポーツ選手のように体に染み付くほどの技術がないと、つまり反射的に正しい対応ができないといけません。
時には心で感じる事と逆の事をしなければならず、これは非常に精神負担になります。
今は楽しくFXをしているかもしれませんが、生きる糧として行った場合トレードが苦痛に感じてきます。

他の要因に影響されないのが最善とすれば一人暮らしの方が成功の可能性は高いです。
家族と一緒の場合は貴方を理解してくれる事、支援してくれる事が前提となります。
少し勝ったとしても贅沢をしてはいけません、常に資金をプールし最悪の事態を想定してください。
専業になる事は簡単ですが、勝ち続けることは非常に難しいです。

ありがとうございます。
今のところ副業の軸として勉強しています。
考えるのが好きで、表現力は無いので、一番向いているかなあと思います。

ニュースなどで「東京外国為替市場」という言葉を見聞きされたことがあると思います。主に金融機関などが通貨の取引を行う所ですが、市場といっても専用の取引所があるわけではありません。電話やコンピュータ回線などを通じて取引されるネットワーク市場なのです。
こうした外国為替市場は、東京のほか、ニューヨーク、ロンドン、パリ、香港、シドニーなどにもあり、世界のさまざまな通貨が、おおよそ常時、いつもどこかで取引されています。
そして「為替レート」とは、こうした外国為替市場において取引された通貨の売買価格を示します。

売買価格の決定要因

為替レートを動かす要因は、このほかにも色々ある

・「貿易収支」
日本企業が海外にモノを輸出して、代金として受け取った米ドルを円に換えるときには、米ドルを売り、円を買うことになります。この取引が多くなれば「円高・米ドル安」につながります。逆に、日本企業が海外からモノを輸入して、円を米ドルに換えて代金を支払う取引が多くなれば「円安・米ドル高」につながります。こうした動きを国全体で見たのが貿易収支です。
貿易収支が黒字というのは、輸入より輸出が多いことであり、つまり上記の例であれば、円を売る取引より円を買う取引が多くなるため円高要因になります。
貿易収支が黒字の国の通貨は高くなる傾向がありますが、実際には発表された貿易収支の黒字額が予想より大きいとその通貨が値上がりするというように、予測から買われる場合があります。貿易赤字の場合はその逆となります。

・「投資収支」
日本の投資家が米国の株や債券を買うためには、円を米ドルに換える必要があります。逆に米国の投資家が日本の株や債券を買うためには米ドルを円に換える必要があります。これを国全体でとらえたのが投資収支です。つまり株や債券が買われる国の通貨は上がりやすく、売られる国の通貨には下がる要因となります。日本の株や債券が買われる場合には「円高」要因、日本の株や債券が売られる場合には「円安」要因となります。

・「景気動向」
景気が良いということは、経済活動が活発であるということを意味しますので、株価の値上がりを見込んでその国の株式市場に海外の投資家の資金も入ってくるなど、通貨高要因になります。たとえば米国に関しては、原則毎月第一金曜日に発表される「雇用統計」が米国の景気動向を見る指標として大きな注目を集めます。この指標の数値が予測より高ければ米ドル高、低ければ米ドル安となる傾向があります。

・「金利」
外貨預金の魅力のひとつは相対的に金利が高いことです。日本では低金利が続いていますので、たとえば相対的に金利の高い国の通貨で預金をすれば、円預金よりも高い金利が外貨建てで受取れます(*1)。このように低金利の円を売って金利の高い国の通貨を買う取引が増えれば円安要因となります。つまり、金利の低い国の通貨は売られやすく、金利の高い国の通貨は買われやすいということになります。
(*1 為替レートの変動によっては高い金利がそのまま収益となる訳ではないことにも注意が必要です)

・「物価」
高金利=通貨高とならない場合もあります。
物価が上昇するということはモノの価値が上がり通貨の価値が下がるということです。つまり物価上昇率が高い国の通貨は価値が下がることにつながるため、売られやすくなります。物価が上がり過ぎるとその国の政府や中央銀行は金利を上げて物価上昇を抑えようとします。新興国の通貨は金利が高いことが多いのですが、それは物価上昇率が高いからという場合もあり、その場合は、たとえ金利が高くても通貨の上昇要因とはなりにくく、長期的には通貨の価値の下落につながる可能性があります。

・「金融政策の動向」
各国の中央銀行は、上記の物価や景気安定化のために金融政策を実施しています。各国は経済成長率や物価の低下・下落が見込まれる場合には、金融緩和を実施します。その結果、経済成長率、物価が上昇する傾向があります。このように金融政策の動向によって相場は大きく変動しうるため、各国の中央銀行の景気・物価の判断、金融政策の見通しは為替市場でも大きな注目材料となっています。

・「地域紛争や自然災害など」
地域紛争やテロ事件、自然災害などの有事があると経済が混乱すると考えられて、その当事国の通貨が下落することがあります。

・「市場心理」
現在、通貨の取引は貿易など実際のモノなど(財やサービス)の輸出入に伴う需給に基づいたものよりも、投資や投機など通貨の売買そのものによって利益を得ようとする取引のほうが圧倒的に多くなっています。そのため、上がったから買う、下がったから売るというように為替レートの動き自体が買いや売りにつながったり、特段の理由もなく乱高下したり、何かの情報でパニック売りが起こって大きく下落したりするといったこともあります。

予測は困難なので長期スタンスで

そして長期的なスタンスで臨む際には、ここに挙げたような各要因をニュースなどでチェックしておくことで各通貨の長期的なトレンドを把握しやすくなります。
これらの各要因を個人ですべて確実にチェックし、理解・把握するのは大変なことと思いますが、たとえば金融機関の窓口で質問するなど、専門家に聞いたりしながら、少しずつでも学んでいきましょう。
こういったことを継続すれば、世界経済の動向にも知識が深まり、為替のことはもちろん、そのほかの資産運用にもきっと役立つはずです。

馬養雅子

CFP®、社会保険労務士。神戸市生まれ。 関西と東京に事務所を持ち、年50回以上搭乗するフリークエント・フライヤー。講演や執筆、テレビ、ラジオ出演などを通じ、生活に身近な経済問題をはじめ、年金・社会保障問題を専門とする。社会保障審議会企業年金部会委員。経済エッセイストとして活動し、人生の神髄はシンプルライフにあると信じる。
『世界一やさしい年金の本』(東洋経済新報社)『お金が貯まる人となぜか貯まらない人の習慣』(明日香出版社)『知らないと損をする国からもらえるお金の本』(角川SSC新書)『現役女子のおカネ計画』(時事通信社)など著書多数。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる