ポイント投資

仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース

ロケットニュース24

というわけで、仮想通貨を初めての送金先へ送金する場合、まずは試しに少額から送ることをオススメしたい。特に、海外への送金となる場合は、反映が遅れたりもするので、いきなり全部送金したらヒヤヒヤ感が半端じゃないから気をつけろ(体験談)。さて置き、これでついに靴が買える! ついにステップできる!!

と思ったのだが、別にアプリのウォレットとバイナンスが紐づいているわけではない。現状は、バイナンスのウォレットにビットコインが入ったにすぎないので、これをBNBに交換した後、アプリのウォレットに送金する必要がある。って、また送金かーーーーーーい

・BTCをBNBに交換する方法(バイナンス)

購入がスマホ料金から引かれるだけの日本のアプリに慣れた身からすると送金2回はなかなかだ。これが世界。甘くない。とりあえず、ビットコインをバイナンスでBNBに交換してみた。やり方は以下の通り。

1. バイナンスのコインの中で「ビットコイン(BTC)」をタップ

2. ビットコインの相場画面で「コンバート」をタップ

3. 振替元「BTC」振替先「BNB」にしてコンバートする額を入力し、「コンバージョンプレビュー」をタップ

4. コンバートをタップ

──以上。もはや、海外取引所のコンバートに余裕すら感じるのは、送金の際の緊張感を知っているからかもしれない。まだ一歩も歩いてないのに成長があった。『STEPN』スゲエ。

・バイナンスからSTEPNに送金する方法

さて、それではこの成長をもってして最後の壁を越えようか。Open my eys. Open my sky. 水を得たようにアプリのWalletへ送金じゃァァァアアアッ!

1. STEPNの『Wallet』を開く

2. 所持BNBの上に表示されているマルチチェーンを確認し、下に表示されている文字列をコピー

3. バイナンスでウォレットを表示

4. 出金タブをタップ

5. 仮想通貨でBNBを選択

6. アドレスをペーストし、ネットワークを選択、金額を入力して「出金」をタップ

7. 注文確認画面で「確認」をタップ

8. 認証画面でコードを入力して「提出」をタップ

──と操作が終わると、アプリのWalletに金額が表示された。やったー! ついに靴が買える……と思いきや!!

なぜかホーム画面の所持BNBには表示されない……!

何を隠そう、アプリでBNBを使用するには、WalletからSpendingアカウントにアプリ内でも送金する必要があるのだ。もうこの際だからハッキリ言わせてもらうぞ。面倒くせェェェエエエ!! なんぼほど送金させるねん! 資金洗浄かよ! したことないけど!!

・WalletからSpendingへ送金する方法

1. STEPNの「Wallet」を開く

2.「Transfer」をタップ

3.「To Spending」をタップ

4. 金額を入力して「CONFIRM TRANSFER」をタップ

5.「CONFIRM」をタップすると完了

とは言え、ようやく準備は整った。あとは、靴を買って歩くだけ! はたして、歩くことで仮想通貨がもらえるというアプリ『STEPN』は本当に稼げるのか? ついに次回は歩く! ……のか?

参考リンク:STEPN、Binance、Coincheck
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
screenshot:STEPN、Binance、Coincheck(iOS)

ロケットニュース24

というわけで、仮想通貨を初めての送金先へ送金する場合、まずは試しに少額から送ることをオススメしたい。特に、海外への送金となる場合は、反映が遅れたりもするので、いきなり全部送金したらヒヤヒヤ感が半端じゃないから気をつけろ(体験談)。さて置き、これでついに靴が買える! ついにステップできる!!

と思ったのだが、別にアプリのウォレットとバイナンスが紐づいているわけではない。現状は、バイナンスのウォレットにビットコインが入ったにすぎないので、これをBNBに交換した後、アプリのウォレットに送金する必要がある。って、また送金かーーーーーーい

・BTCをBNBに交換する方法(バイナンス)

購入がスマホ料金から引かれるだけの日本のアプリに慣れた身からすると送金2回はなかなかだ。これが世界。甘くない。とりあえず、ビットコインをバイナンスでBNBに交換してみた。やり方は以下の通り。

1. バイナンスのコインの中で「ビットコイン(BTC)」をタップ

2. ビットコインの相場画面で「コンバート」をタップ

3. 振替元「BTC」振替先「BNB」にしてコンバートする額を入力し、「コンバージョンプレビュー」をタップ

4. コンバートをタップ

──以上。もはや、海外取引所のコンバートに余裕すら感じるのは、送金の際の緊張感を知っているからかもしれない。まだ一歩も歩いてないのに成長があった。『STEPN』スゲエ。

・バイナンスからSTEPNに送金する方法

さて、それではこの成長をもってして最後の壁を越えようか。Open my eys. Open my sky. 水を得たようにアプリのWalletへ送金じゃァァァアアアッ!

1. STEPNの『Wallet』を開く

2. 所持BNBの上に表示されているマルチチェーンを確認し、下に表示されている文字列をコピー

3.仮想通貨ニュース バイナンスでウォレットを表示

4. 出金タブをタップ

5. 仮想通貨でBNBを選択

6. アドレスをペーストし、ネットワークを選択、金額を入力して「出金」をタップ

7. 注文確認画面で「確認」をタップ

8. 認証画面でコードを入力して「提出」をタップ

──と操作が終わると、アプリのWalletに金額が表示された。やったー! ついに靴が買える……と思いきや!!

なぜかホーム画面の所持BNBには表示されない……!

何を隠そう、アプリでBNBを使用するには、WalletからSpendingアカウントにアプリ内でも送金する必要があるのだ。もうこの際だからハッキリ言わせてもらうぞ。面倒くせェェェエエエ!! なんぼほど送金させるねん! 資金洗浄かよ! したことないけど!!

・WalletからSpendingへ送金する方法

1.仮想通貨ニュース STEPNの「Wallet」を開く

2.「Transfer」をタップ

3.仮想通貨ニュース 「To Spending」をタップ

4. 金額を入力して「CONFIRM TRANSFER」をタップ

5.「CONFIRM」をタップすると完了

とは言え、ようやく準備は整った。あとは、靴を買って歩くだけ! はたして、歩くことで仮想通貨がもらえるというアプリ『STEPN』は本当に稼げるのか? ついに次回は歩く! ……のか?

参考リンク:STEPN、Binance、Coincheck
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
screenshot:STEPN、Binance、Coincheck(iOS)

ロケットニュース24

というわけで、仮想通貨を初めての送金先へ送金する場合、まずは試しに少額から送ることをオススメしたい。特に、海外への送金となる場合は、反映が遅れたりもするので、いきなり全部送金したらヒヤヒヤ感が半端じゃないから気をつけろ(体験談)。さて置き、これでついに靴が買える! ついにステップできる!!

と思ったのだが、別にアプリのウォレットとバイナンスが紐づいているわけではない。現状は、バイナンスのウォレットにビットコインが入ったにすぎないので、これをBNBに交換した後、アプリのウォレットに送金する必要がある。って、また送金かーーーーーーい

・BTCをBNBに交換する方法(バイナンス)

購入がスマホ料金から引かれるだけの日本のアプリに慣れた身からすると送金2回はなかなかだ。これが世界。甘くない。とりあえず、ビットコインをバイナンスでBNBに交換してみた。やり方は以下の通り。

1. バイナンスのコインの中で「ビットコイン(BTC)」をタップ

2. ビットコインの相場画面で「コンバート」をタップ

3. 振替元「BTC」振替先「BNB」にしてコンバートする額を入力し、「コンバージョンプレビュー」をタップ

4. コンバートをタップ

──以上。もはや、海外取引所のコンバートに余裕すら感じるのは、送金の際の緊張感を知っているからかもしれない。まだ一歩も歩いてないのに成長があった。『STEPN』スゲエ。

・バイナンスからSTEPNに送金する方法

さて、それではこの成長をもってして最後の壁を越えようか。Open my eys. Open my sky. 水を得たようにアプリのWalletへ送金じゃァァァアアアッ!

1. STEPNの『Wallet』を開く

2. 所持BNBの上に表示されているマルチチェーンを確認し、下に表示されている文字列をコピー

3. バイナンスでウォレットを表示

4. 出金タブをタップ

5. 仮想通貨でBNBを選択

6. アドレスをペーストし、ネットワークを選択、金額を入力して「出金」をタップ

7. 注文確認画面で「確認」をタップ

8. 認証画面でコードを入力して「提出」をタップ

──と操作が終わると、アプリのWalletに金額が表示された。やったー! ついに靴が買える……と思いきや!!

なぜかホーム画面の所持BNBには表示されない……!

何を隠そう、アプリでBNBを使用するには、WalletからSpendingアカウントにアプリ内でも送金する必要があるのだ。もうこの際だからハッキリ言わせてもらうぞ。面倒くせェェェエエエ!! なんぼほど送金させるねん! 資金洗浄かよ! したことないけど!!

・WalletからSpendingへ送金する方法

1. STEPNの「Wallet」を開く

2.「Transfer」をタップ

3.「To Spending」をタップ

4. 金額を入力して「CONFIRM TRANSFER」をタップ

5.「CONFIRM」をタップすると完了

とは言え、ようやく準備は整った。あとは、靴を買って歩くだけ! はたして、歩くことで仮想通貨がもらえるというアプリ『STEPN』は本当に稼げるのか? ついに次回は歩く! ……のか?

参考リンク:STEPN、Binance、Coincheck
執筆:中澤星児
Photo:Rocketnews24.
screenshot:STEPN、Binance、Coincheck(iOS)

【特集】 ビットコイン最高値圏、「仮想通貨関連株」が再飛躍ステージを舞う <株探トップ特集>

ビットコイン価格の堅調が続いている。仮想通貨取引所の運営を手掛ける銘柄群の業績は概ね好調で、改めて関連銘柄に目を向けてみたい。

CAICA DIGITAL [JQ]は仮想通貨取引所「Zaif」を運営するZaif Holdingsを傘下に持つ。今年3月、ZaifHDのもともとの親会社であったフィスコ [JQG]との提携関係強化に伴い、それまで持ち分法関連会社だったZaifHDを連結子会社化した。仮想通貨事業でのシナジー創出を見込んでおり、この子会社化が寄与する形で21年10月期の売上高は前期比15.6%増の69億4000万円と2ケタ増収を見込む。営業利益は4期ぶりに黒字転換する見通しだ。

仮想通貨保有企業としてはこのほか、ネクソン やコロプラ 仮想通貨ニュース 、ユナイテッド [東証M]に加え、Eストアー [JQ]、きちりホールディングス 、ガーラ [JQ]、グローバルウェイ [東証M]などが挙げられる。

  • ・7-9月期【利益3倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 37社選出 <成長株特集> (11/21)
  • ・横山利香「令和時代の稼ぎたい人の超実践! 株式投資術」― (14) 仮想通貨ニュース 株の売り時を.. (11/22)
  • ・安定第一主義だから、米国株にシフトを始める (11/22)
  • ・【仮想通貨】関連の銘柄
  • ・馬渕治好氏【2021年も年末相場が接近、強調展開は続くか】(2) <相場観特集> (11/22)
  • ・【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─不動産テック企業の成長性に期待! (11/21)
  • ・【杉村富生の短期相場観測】 ─サプライチェーンの混乱は解消に向かう! (11/21)
  • ・リベンジ消費の波に乗る「外食関連」、GoToが鳴らす復活の鐘 <株探トップ特集> (11/20)
  • ・個人投資家・有限亭玉介:好業績&テーマでチェック中の個別株.. (11/21)
  • ・利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕 26社選出 <成長株特集> (11/18)

株探からのお知らせ

  • 6月23日開催!株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分)
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月19日版
  • 採れたて“好決算”を探る! 2-4月期【2ケタ増益】銘柄リスト <成長株特集>
  • 世界株暴落の予兆、レッドシグナル点灯前夜の東京市場に見えたもの <株探トップ特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─外国人買いのターゲットとなるか?! 日本を代表するグループ企業
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─大荒れの株式市場! この局面での投資作戦は?
  • 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月17日現在)
  • 10万円以下で買える、財務健全&低PER 28社【スタンダード】編 <割安株特集>

人気ニュース【ベスト5】

  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分)
  • 【杉村富生の短期相場観測】 ─大荒れの株式市場! この局面での投資作戦は?
  • 採れたて“好決算”を探る! 2-4月期【2ケタ増益】銘柄リスト <成長株特集>
  • 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─外国人買いのターゲットとなるか?! 日本を代表するグループ企業
  • 世界株暴落の予兆、レッドシグナル点灯前夜の東京市場に見えたもの <株探トップ特集>

お薦めコラム・特集

  • 採れたて“好決算”を探る! 2-4月期【2ケタ増益】銘柄リスト <成長株特集>
  • 世界株暴落の予兆、レッドシグナル点灯前夜の東京市場に見えたもの <株探トップ特集>
  • 反騰期待【RSI(20%以下)】低PER 50社選出 <テクニカル特集> 6月17日版
  • 10万円以下で買える、財務健全&低PER 28社【スタンダード】編 <割安株特集>
  • 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月19日版

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

仮想通貨KyberNetwork(KNC)とは?特徴・買い方・取引所・将来性・チャート・マイニング・ニュースを解説

​KyberNetworkには、分散型取引所(DEX)という機能があります。Coincheckの大規模NEM盗難事件以降、取引所ウォレットの秘密鍵を自分で管理することから、大規模GOXのリスクを減らせるとして分散型取引所は注目を集めています。また、Bancorが数式モデルを利用してトークンの価格決定を行っているのに対し、KyberNetworkでは価格決定をユーザーが行うため、実際の市場価値との乖離の縮小がしやすいという特徴があります。

また、取引通貨のボラティリティが大きいことによってユーザーに生じるリスクを極力小さくするため、暗号資産(仮想通貨)デリバティブ(金融商品)の取り扱いもしています。これによって、価格の急変動に対する保険がかけられるのです。

リザーバーによるレート決定

​取引レートの決定は、リザーバーと呼ばれる一部のユーザーによって行われます。トークンの売買はそのリザーバーによって行われ、その見返りとしてリザーバーは取引のスプレッドを自由に決定できます。リザーバーは複数存在しており、リザーバー同士がスプレッドの拡大を牽制し合う事でレートの健全化が行われます。

決済API機能

​KyberNetworkにはもう一つ、決済APIという機能があります。これは、ICO(Initial Coin Offering)仮想通貨ニュース の際に、イーサリアムでコインを購入する代わりに、他のイーサリアムトークンを用いて購入することができるという機能です。これは、APIを通じで即座にイーサリアムトークンをETHに両替する機能で、いちいち取引所などを介する必要がありません。

KyberNetwork(KNC)の最新チャート!相場からみる価格推移

しかし、4月にBithumbに上場すると価格は高騰、現在は2.4ドル前後を推移しています。(仮想通貨ニュース 2018年5月11日現在)

【KyberNetwork(KNC)の買い方】取引所で購入する​

​Binance

Binanceは香港に本拠地を置く暗号資産(仮想通貨)取引所で、手数料が0.1%と非常に安いのが特徴です。

取扱通貨数は70種類以上で、どれも非常に将来性の高いものばかりです。海外取引所での暗号資産(仮想通貨)取引を行う場合は、ぜひとも登録しておきたい取引所ですね。月に一度、ユーザーによる投票で新規上場通貨を決めるイベントも行われておりユーザーの意見を反映してくれる取引所でもあります。

【KyberNetwork(KNC)の保管方法】ウォレット​

Ledger Nano S

Ledjer Nano Sはハードウェアウォレットといって、非常にセキュリティの高いウォレットです。ハッキングへの耐性が非常に高いので、大きな額の資産をお持ちの方にとてもオススメの暗号資産(仮想通貨)ウォレットです。ただし、価格が約9800円と少し高く、任期のため品薄が続いているというデメリットがあります。

My Ether Wallet

My Ether WalletはEthereum系トークンを管理するウォレットの中で最も人気の高いウォレットです。秘密鍵を自分のPC内で管理するため、安全性もかなり高いというメリットがあります。しかしながら、自分のPCがハッキングされてしまった場合に資産を盗まれる可能性があるので、PCの安全管理に気を使わなくてはなりません。

KyberNetwork(KNC)の将来性​

KyberNetworkの将来性を語る上で最も重要な点は、マーケティングがうまくいくかどうかだと思います。というのもKyberNetworkの目玉となる特徴の一つである分散型取引所は、その特性上GOXがおきにくい代わりに、ユーザ不足になった場合円滑な取引が行えなくなるというリスクや、リザーバーの数が不足した場合、スプレッドの縮小が行われなくなり、レートが取引者に不利になってしまう可能性があるというリスクが存在します。これは他の分散型暗号資産(仮想通貨)取引所(Bancorなど)にも共通している問題で、このような問題が発生しないようにするためにはうまくマーケティングをおこなって知名度を上げ、一定のユーザー(リザーバーを含む)及び取引量を確保する必要があります。

さて、そのマーケティングの点から見てKyberNetworkはどうでしょうか?個人的には成功しているのではないかと思います。その最大の理由は、アドバイザーにイーサリアムの創始者であるVitalik氏を擁している点です。暗号資産(仮想通貨)界でも屈指のインフルエンサーであるVitalik氏はが開発にかかわっているという事実から、実際に注目を集めています。また、アジア最大規模の暗号資産(仮想通貨)取引所であるHuobi、Binance、BithumbにKNCが上場しているという点からもある程度の知名度は確保できているといえるでしょう。

ただし、プロジェクトがまだ始まって間もないため、テストネットでの運用しか始まっていません今後ちゃんとユーザー数を増やしていけるかどうかに注目していきたいところです。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる